フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月31日 (火)

大殺界?不思議ワールド-2

はぁ、やっと5月が終わります。ホッ...実は4月5月は私の大殺界だそうな。
正確にいうと、6月も入るらしいですが...
かの有名な細木数子大先生によると、私は「天王星人」で、辰年、巳年、午年。そして毎年4月5月6月が、「天が味方をしない時期」。

過去をさかのぼってみてもやはり、悪いことは辰と、巳に集中しているようです。良い事が起こる年というのもズバズバと当たっているし、これはもう信用しないわけにはいかないようです。

前回の大殺界は辰年である2000年から3年間続きました。まぁ、アンラッキーなことは2000年~2001年にかけてほとんど消化しました、と言ってもよいほど「泣きっ面に蜂」状態でした。

逆に自分が殺界の時は、もう先行きがみえなくてにっちもさっちもいかないように見えても、これが過ぎるまで少し様子をみてみようと思うので、目安にはなります。心の準備にもなります。

殺界に入った時は現世的な欲望を抱かずに、一見無意味と思われることにエネルギーを徹底して使っていくという方法でゆるくする手もあるそうです。

まぁ、占いについては色々考えることはあるのですが、自分が殺界の時に新しく大きなことは起こさないようにはしています。

あなたは、自分のついてない時期を知っていますか?

2005年5月30日 (月)

チワワのこぶ丸今日はフィラリアの薬をのむ日

2005 一日中雨は降りやみません。
雨の日はお散歩取りやめのこともありますが、こぶの様子を見て5時ごろお散歩をしてきました。

雨を気にする日もありますが、まったくお構いなしで「もっともっと歩こう」の日もあり、よくわからないのですが、レインコートを着せてあげても喜ばないし、こちらとしては雨をまともに受けてつるつるの頭がもっと禿げ上がってしまわないかそれが冗談半分ですが心配です。

今日は30日ということで、フィラリアの錠剤をのませることになっています。トンマな我が家のヒト族は、ケロッと忘れてしまうことが心配なので毎年、月末が近くなると薬を1錠セロテープでTVのフレームの所に貼っておくことにしています。これなら絶対忘れません。

薬をのませるのはちゃんぴーの方が上手です。ちゃんぴーのやり方は食べ物でつるでもなしの正攻法です。頭のうしろのほうからサッと2本の指でこぶの口を開け、こぶがエッと思っているうちに喉の奥深くにサッと薬を置き、口を閉じさせて鼻にフッと息を吹きかけます。これでこぶがゴクンとしたら終了。
「よーし、お前はいい子だ」なんて仲良くしている2匹をみるとかすかな羨望と嫉妬を感じます。
私が同じことをやろうとしても、私の手が小さいせいかあまり1回でうまくいったためしがないのです。口をあける所まではいいのですが、薬を奥深くに置くというのがどうもいけません。大体はあわてて中途半端なところに放り投げるかたちになり、こぶときたら駅のホームにいるおっさんのようにかかかーーーーっ!えーーーっ!となるのです。
きょうは、ちゃんぴー帰宅前に散歩から帰ってきた時、夕べのこーちゃん用の特製ワンバーグを少し残してあったので、それで錠剤をくるみ小指の先程にかためてあげたら、噛まずに飲み込んでいました。しめしめ...フッフッフッ...

2005年5月29日 (日)

小田原梅まつり梅シロップレシピつき

2005 小田原のロビンソン百貨店で「梅」の祭典をやっていました。
梅は自分の体質にとてもあっている食品とはわかっていて、この頃「梅シロップ」という言葉がすごく気になっていたところへこのデパートの折り込みチラシ。なんと良いタイミングなのでしょう!軟弱な私のお腹にも効きそうです。

梅ジャム、梅シロップ、梅酒などの作り方講習会に加え、物販では、生梅や梅の加工品などもありました。
私は小田原産の青梅(梅酒用)白加賀というのを1kg買ってきました。600円です。お目当ての梅シロップの試飲をやっていて、いただくことができました。喉が渇いていたせいもあってか、とてもおいしかったです。梅酒と違いアルコールは入っていないので、いつでも楽しめます。水、ソーダなどで5~6倍に薄めて飲んでもよし、かき氷のシロップにもよさそうです。

梅酒、梅エキス、梅シロップ、梅ジャム、梅ゼリー、梅干のレシピをいただいてきました。「梅エキス」を作ろうかと思いましたが、これは生梅1キロから20グラムしかできないそうです。やはり最初の「梅シロップ」でいこうと思います。

------- 材料 -------
青梅...500g  砂糖...300~500g   ●1.5ℓの保存びん(広口)

①青梅を洗って竹串で軸を取り除きます。ふきんで水気をよくふきとります。
②保存びんをきれいに洗って乾燥させ、青梅と砂糖を交互に入れ、ふたをして日の当たらない涼しい場所へ
③1日1回びんごと振って砂糖を溶かします。
④約2週間たつと梅がシワシワになりますので、実を取り出します。シロップは細口びんにうつして冷蔵庫へ。

★ 保存...必ず冷蔵庫へ。2~3ヶ月もちます。
★ 漬け込む時に、梅の両端を包丁などで切ったり、竹串で実に穴を開けるとエキスがでやすくなります。また、青梅を一晩冷凍庫で凍らせてから漬け込むと、早く出来上がります。
★ 実をひき上げる時期が大事。全部の実が完全にしぼんだらすぐにとり除いて冷蔵庫へ。実を入れたまま長くおくと、実が再び液を吸ってふくらみ、シロップの量が減ってしまいます。

家に「ベターホーム」の「手づくり食品」という本がありましたが、こちらにも詳しく載っています。

2005年5月28日 (土)

にゃん登場と夜のちょっとした騒動

2005 きのうのクイズの答えは『にゃん』でした。

石碑の奥から出てきたのはなんと、写真のかわいらしいにゃんにゃんでした。
こぶがあきらめてトボトボ歩き始めたら、もう安心と思ったのかおもむろに姿をあらわしました。

夕べのこぶ家はちょっとした大騒ぎになりました。

こぶと悪ふざけしていたらまちがって私の指が少しこぶの目に触れてしまってその時は大丈夫だったのですが、しばらくしてこぶを見るとなんとさっきの左目をつぶったままに、右目だけで私を見るので「これは大変だ」と気が動転し、急ぎ抱きかかえて動物病院へ向かいました。

病院は今の時期、すごく混んでいてしばらく待っていたのですが、待っている間に私を見るこぶの目はパッチリして、涙も出ていません。「なんだー、こーちゃん大丈夫?」と聞くと「チャンチャン!」と言われたようだったので、受付にもどり「様子をみて明日きます」と引き揚げでした。せっかく作った親子丼がすっかり冷めてしまいました。

きょう、まるっきり平気そうに目をクリクリしてTVを見ています。

2005年5月27日 (金)

きょうの散歩

2005 フロントライン済みのこぶと晴れやかな気分で山へと登りました。
何もつけてない時の少しやましいような気分から開放されて久しぶりの羊牧場です。
こんなに安心なら1年中付ければ良いのですけど、強い薬はこの時期からしばらくだけにして、あとはハーブか何かで少しは対策を考えた方がいいのかもしれません。

木々の緑はますますフレッシュさを増し、はじけそうなほどに元気でした。本当に山はいいです。呼吸も意識して深くしてみます。(ウッ..このムッとくる新緑のにおいは少し苦手)

ロンリーなかんじのおじさんに会いました。ロンリーではあるけれど、なかなか饒舌で私とこぶをみつけるなり「奥さん、(私奥さんという言われ方嫌いよー)奥さんもきれいだけどさぁ、悪いけど犬の方が勝ってんよー。わっはははー」とセルフうけしてました。こぶに勝ちは譲りましたけど、自分の犬をおせじでも褒められると、悪い気はしません。まぁいい。私の今の幸せは、こぶがおいしくごはんを食べて、元気に走り、良いう○ちをしてくれることです。なんて親ばかな私。

こぶは、よりワイルドなワイルドな険しい道を選んで走ってゆくので、私も覆いかぶさる木々の葉を手で払いながら少年のように走って行きましたが、私にはフロントラインは必要ないのでしょうか?それにこぶのフロントラインって、つけてからどれくらいで効果がでるのでしょう。まぁいいや。2005

途中でこぶが石碑の奥をなにやら鼻をクンクンしながら気にしていました。

「どうしたの?なにかあるの?」と言ってもこちらを見ようともせず、かといって吠えもせず...

こういう時は大体、自分より体の小さな小動物がいるか、おいしそうなものが落ちているかです。

さて、こぶは何が気になっていたのでしょう。

正解は明日の更新時に...

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さいね!

2005年5月26日 (木)

バス停でサイダーを飲んで涙をぬぐう

団子の翌日は涙なんです。どうもまとまりがつかなくてごめんなさい。

きょうは、散歩のついでに郵便局によって振込みをした。

のどが渇いていたので自販機で三ツ矢サイダーを買って、近くにイスがないか探したがないので立って飲もうとプシュッと栓を開けた。

こぶがバス停のイスにかけていた初老のご婦人のほうを見てヒインヒインと言っている。

2005 ご婦人は、とても犬が好きそうなかんじで、私にこぶを触っていいか聞くと愛おしそうに撫でていた。その方の話を聞くと先月、17年間一緒に暮らしたシェットランドがお星様になってしまったという。

実は、先日私の叔母のところのチワワも15歳でお星様になった。夫婦で大の犬好き。その前の子もやはりチワワで、叔父の仕事の関係でロンドン、アメリカ、日本と3カ国をまたにかけて暮らした去勢なしの男の子だったが、けが、病気なしの老衰で18歳でお星様になった。
叔父はその男の子が最期の時、仕事の都合で日本にいなかったために、みとれなかった。
叔母は、もうこんな悲しい目は二度とごめんだからもう犬はいい、と言ったのに大の犬好きである叔父が、ある日無断で今回お星様になった女の子を連れ帰ったらしい。

それで、自分とこんなに長い間暮らした犬の最期をみとったのは初めてで、ペットロスどころではない大変なショックにおちいってしまい、もう犬やペット関係のTVもだめらしい。

そのご婦人も同じパターンで一人目を亡くした時に、もう死ぬまで生きててもこんな悲しい目にはあわないだろうと思うくらいだったので、犬を見るのもいやで外出は犬のいそうな時間帯は避けていたそうだが、やはり、犬のいない生活が考えられなくて結局今回亡くなった子を迎えたらしい。

ご婦人は涙ぽろぽろで、庭に埋めて、雨の日ごとに土が下がっていってそのくぼみを見ていると掘り返したくなる、とか、最期の日のごはんを食べていた様子などをとつとつと話されるので、私までどっと涙が沸いてきた。

私は本当は魂ひとつで身軽な生き方をしたかった。色々と別れを経験し、もう手足をもがれるようなこんな経験はいやなので、余計な荷物はいらないと思ったのです。なのにこんなにかわいい子が来てしまった。正直しまったと思った。
こぶとも間違いなくお別れの日はやってくるのだろう。
そんなことはわかっている。だからこそ最初の日にダンボールの中にいたこの子を見て、辛くなるから深入りはしないで適度な距離でつきあおうと心に決めたのだ。

が、適度な距離?そんなことできないよ。できなくなっちゃった。
もし、この子がお星様になったら私は、感情的にはならないと思うけど私の中で静かに何かが終わってしまうと思う。人間の子供にはどうしても興味を持てない私の、どこからこんなに愛しい気持ちが湧いてくるのか。

そこにバスが来て、ご婦人は「じゃぁ、うんとかわいがってもらうのよ」とこぶに言い、涙まみれの私を残して乗り込んだ。お星様になったすべての動物たちが、お友達のいっぱいいる天国で楽しく暮らしますように!心からご冥福をお祈りします。

そして「サイダー片手にバス停で泣いていた変な女」なんて記事がきょうのブログのネタになっていないことも祈ります。

2005年5月25日 (水)

京絵巻総本舗のみたらし団子

2005

「京都味めぐり」 「沖縄、九州フェア」同じ日に開催されていたら、どちらに行きたいですか?

私は、朝は沖縄気分だったのですが、土壇場で京都が逆転勝訴でした。

京絵巻総本舗のみたらし団子です。

撮影後、即一本いただきました。

こぶが俺にも、とそそくさと来たので、たれのついていないお団子の所だけあげたら、匂いを嗅いでトボトボ去っていきました。

みたらし団子はいつも、某パン屋さんの大量生産のを買ってくるので、きょうみたいな竹の皮でくるまれた、ちょっと小振りなこんなものは、とてもうれしいです。お味もgood!でした。

2005年5月24日 (火)

夕べの夢ときょうの散歩

2005 またまたこぶ丸です。いやぁ、夕べは緊張したせいか晩ご飯食べたらすっかり眠くなっちゃってね。それで、俺をおさまえてくれた素敵なナースの夢を見ちゃって...

俺はいつもこんな格好で寝ているんだけど、お母さんとお父さんは「ローストチキンみたいだ」なんて言ってるみたい。うっかりすると、今にクリスマスの時の鶏の足につける白いヒラヒラの飾り物つけられそうで...用心用心。

きょうはね、お母さんが少し遠くまで連れていってくれたの。2005 そこは手打ち蕎麦の店とかもあるし、お花や果物、お野菜、焼き芋なんかを売っている公園なんだよ。お母さん、こないだ来た時もおそばを食べたがってたけど「あぁ、犬がいちゃだめなのね」なんて静かにあきらめてたみたい。お蕎麦がだめとなったら、今度は焼き芋の所に行って鼻をくんくんしてるもんだから、もうたまに連れて歩くの恥ずかしくなっちゃうよ。

そんなお母さんの目を覚ましてあげようと思って、きょうは公園のちょっと深い池にダッポ~~~ンって落ちたの。俺が近くまで行ってもお母さんは「まさか池に入ることはないだろう」なんて油断してたからさ。そしたら、服はびしょびしょになるし、お母さんはオタオタして最高におもしろかった!俺、昔も足柄S.Aのドッグランの足洗いみたいな浅いプールに飛び込んだことがあってね。その時1月ですごく寒かったから心臓が止まるかと思った。なぁにそれにくらべりゃ、きょうのなんか、ほんのご愛嬌さ2005

お母さんたら、いつも写真ばっかり撮ってるからいけないんだよ。

きょうも「へんな雲だなぁ、べつに飛行機が通ったあとでもなさそうなのに」なんていいながら、バシャバシャ撮ってたみたい。

ところでこの雲へんかなぁ。俺にはよくわからないけど。

2005年5月23日 (月)

動物病院の巻

2005毎度どうも、こぶ丸です。きょうはお母さんがなんか「フィラリア」がどうのこうの、「フロントライン」がなんだかんだと、僕に話しかけるんだけど、なにかおいしいものなんだろうか?

いつものように、車に乗っけてくれたけど、いつもの道とちがうぞ?

アヤヤ!!??なんだかこのおうちに来る時はいつも痛い目にあうんだったよ。いやな予感...

俺、ガタガタ震えてきちゃった。よくわかんないけど、家に帰りてぇ。

ひょっとすると、俺「動物病院」に来てるんじゃないの?2005

きれいなナースのお姉さんに抱っこされたのはいいけど、誰か俺の足つかんでない!!??
でも、ここで泣くわけにはいかんのな、俺だって強いんだってとこ、皆に見せてやんなきゃ。

あぁ、良かった。もうちょっとで泣こうかと思ったけどもちこたえたぜぃ。

先生がちょっと待っててねって、部屋出てったけど、今度はなに?まだ痛いことが待ってるの?

ヒ~~~!俺、もうだめかも!はやくお家に帰りたい!2005 もうわがまま言いません...

ご飯の肉の量増やせとかも言いませんから。

なんか、お母さんと先生がマイナス、マイナスとか言ってるけど、なんだろう。

あぁ、よかった。解放だ!

お会計終わったら、今度はお母さんのしっぽが丸くなってたけど、なんでだろう?

2005年5月22日 (日)

こぶ丸という名前について

2005 「こぶ丸」という名前を、以前にパソコンで検索したことがあります。その時はどこかのお煎餅やさんのお煎餅がヒットしたように記憶しています。

「こぶ丸」の名付け親は、私の弟です。この子がうちに来た時に、何か和名がいいなと言ったらなぜか「こぶ丸」と一発で出た名前だったので、「そうそう、そんなの」と即採用でした。

「ぶり」という魚は成長にしたがい呼び方が、わかし→はまち→いなだ→わらさと変わり、最終的な成魚がぶりとなるそうですが、こぶ丸の名前も成長につれて変化するというのも面白いのかもしれません。

今、まわりには8割方「こぶちゃん」と呼ばれています。身内は「こぶ」と言っています。
私とちゃんぴーは「こーちゃん」が多いでしょうか。そのほか、「こぶへい」「こぶちん」「こーち」とか...

5歳くらいになったら襲名披露をして「こぶすけ」なんていうのに変わるのはどうかな?
10歳になったら「こぶきち」で、15歳くらいのおじいさんになったら「こぶ蔵」。

専用ソファでウトウトしていたこぶに「こぶ蔵じいちゃん」と呼びかけたら、写真の表情をしました。意外と気に入ったのかな?

2005年5月21日 (土)

地味めなしかし疲労困憊な土曜日

きょうは、面倒くさいことを一気に片付ける日にしました。バスルームのかびとりや、鬼のようにたまったアイロンがけ、その他古雑誌の整理、不燃ゴミをまとめたり、そんなこんなです。

「なぜ、こんな天気の良い土曜日に?」
天気の良い土曜日だからです。給料日あとの天気の良い休日ほどこわいものはありません。
ふだんよりも、気が大きくなっているところへもってきて、この天気。お調子者のおまぬけ3匹組が、もっとも財布の紐がゆるくなる危険日です。
こういう余裕のある日は普段より地味なことをするに限ります。
なんて言っても、ほとんどは出掛けてしまいますが...

家計簿をつけていますか?私は、細かーく書いていた時期と、全くつけていなくて、レシートなんか捨てていた時期と色々なのですが、この2~3年アバウトにつけるようになってきてからは、書き方はほぼ決まりつつあり、続くようになりました。2005 写真のノートは「家計簿」として売られていたものではありません。普通のノートです。店で見つけた時はチワワだと思い即買いでしたが、家に帰ってきてから見ると、ひょっとしてこれはブタ?
話がそれましたが、このノート4ページに1ヶ月を4等分し日付を書き、1ページの半分のところに縦線をひいて、食料品とその他での出費を書いていくだけです。

すごく簡単なんですが、見返すと給料日あとの休日の太っ腹振りが顕著に現れていて、ここをもっと上手にするともう少しマシかと、気付いたのです。

それで、きょうの土曜日でした。

きょうは、そういえば買い物に行ったときに、山バナナの販促レディがバナナコーナーの所にいらっしゃいました。前に、川バナナについての記事をUPしたことがありましたが、その時は「ほかのバナナよりおいしい」という解説をいただきました。その後「島バナナ」の存在を新聞で知り、なにかと話題のバナナですが...
きょうの販促レディは、前のレディに比べ若干oldlady(失礼)な感じでした。
きょうも、つっこもうかと思いましたが、こんな暇な主婦につまらないことをつっこまれて、せっかく一生懸命にお仕事をしているあのお方が、答えにつまって一日の労働意欲が失せてしまったりしたらどうする、と思いとどまりました。
静かに山バナナを、山バナナだけをかごに入れ、その場を速やかにおいとましようとしたその時、50歳くらいの女性がその販促oldladyに向かって「山バナナは、普通のバナナとどうちがうのですか?」と問いかけたではないですか。
「ああっ!やめろ!せっかくご機嫌に仕事をなさっているのだ。よけいなつっこみをしてどうするーーっ」と、思ったその時、なんとそのladyは、とうとうと、山バナナ談義を始めたのでした。
進みつつあった私の買い物カートは、速やかに素早く山バナナコーナーへと戻りました。
さりげなく、つつましやかに拝聴してはおりましたが、その博識ぶりにあまりに驚き、所々しか覚えていません。
「山の中腹300から600メートルの」というのは記憶に残っています。
明日は山バナナコーナーだと、きっと昨夜検索をし暗記なさったに違いありません。
いやぁ、お見事!あなたは寅さんにも負けない日本一のバナナ売りです!

買い物から帰り、こぶくんには留守番をしてもらって今度はヒト2匹で出掛けましたが、思わぬことから(車中喧嘩ではありませぬ)私だけ電車1駅分歩くことになり、今は氷結洋ナシを飲んでいますが、疲労困憊です。

2005年5月20日 (金)

「嗚呼、懐かしの車の」だって!?

ショック...JAF Mateという会員誌が毎月送られてくる。JAFとは、日本自動車連盟のこと。ロードサービスを利用されている方も多い。
その6月号をなにげに手に取り、見ると「嗚呼、懐かしの車の装備」というコーナーがあって、何台かの車について書かれている中、今も現役でバリバリ毎日活躍してくれている私の愛車も掲載されていた。色違いにしても..(私のは赤)確かに同じ。我が愛するホンダ社のCR-Xデルソル。

まだ車にクーラーがない頃、三角窓なんてものがあったのね、とか、105キロになるとキンコンカンとなったものよ、とか書かれている車の装備は筆者いわく、「華々しく姿を消した」部類に入る。
でも、どうやら私の車の装備はそうではなく「普及する前に志半ばで消滅した、ちょっとマヌケな装備」に分類されている。(と、よんだぞ!)

多分、サンダーバードのように後ろのトランクが電動でワ~~~ンって真上に開くって装備、これを言いたいのでしょう。自分ではすっかり忘れていたけれど、そういえばこの車はオープンにもなるのでした。

まぁ確かに、この車は今から12年前に買ったもの。だからといって、「消えたオマヌケ装備」だなんて...悲しい。トホホ。悲しいです。
苦心して貯めた添乗員の給料は、この車を買って、あとマンションの頭金ですっかり使い果たしたというのに。2005
もう廃盤になったというのは前に聞いた。買った当時も、しばらくするとショールームからは姿を消し、よく日曜日なんか家にいると、ディーラーのなじみの営業さんに「見たいって人が来ちゃっているんでちょっとすみません」なんて電話がかかってきたものです。それで、お礼にと、ファミレスで使えるお食事券なんかもらっちゃって結構うれしかったりした。

他に、この記事の巻き添えになった車の何がおまぬけなのか、引用してみます。(JAFMate6月号よりの引用)

『消えた装備の代表格として不動の地位にあるのが、80年代の日産ブルーバードにオプションで設定されていた、セーフティードライブアドバイザーです。居眠りでハンドルがフラついたり、2時間を越える連続運転をしたりすると、コーヒーカップ型の警告灯が点灯して休憩を勧めてくれるというものでした。』
これなんか、いいなぁ。うちのメンバーは4時間くらいなら休憩なしで走るから、そういう人はコーヒーカップが2個点灯するのかな?

『あるいはシーマやマークⅡにあったドアミラーワイパー。~~~~~試乗車で実際にその動きを目の当たりにした時は、あまりのかわいらしさに心底感動したものです。』
これは、見たことないなぁ。是非見てみたかったです。

やっぱり、車ってどんどん乗り換えていくべきものなのかな。よくわからないけど、あまりそういう考えには馴染めないし、この車は壊れるまで乗ろうと思っている。

これは、もう乗り終える時はお金を払って引き取ってもらうのかと思っていたけど、ちゃんぴーが、この記事の話を聞いて「けっこう、アンティークコレクションマニアみたいな人に売れたりするんじゃないの?」とか言い出した。

多分、この記事を書いたお方は、書きっぱなしでプリウスか何かに乗っているのかなぁ。
「オマヌケで消えた」車に乗ってる人が、まだいるよーーー。
こぶと私を毎日せっせと楽しませているよー。
しかし、トンマ2匹を乗せている車まで、こんどは「オマヌケ」ですか...
(掲載の写真はこぶママの作ったプラモデルです)

2005年5月19日 (木)

新しい散歩コース誕生

2005 ずっと開園待ちで、工事中の縄が張られて進入禁止になっていた新しい公園ができあがっていた。

沼があり、蛍もくるらしい。

まだフィラリアの薬も飲ませていないし、フロントラインもさしていない。
迷ったが少し歩いた。

誰もいない。階段があったので、登ると今度は、レンガ敷きの散歩道がこさえてあった。

ところどころに街路灯。街のようすを見渡すことができる。

あっ!これは前に迷子になったところの近くなのか。新しい分譲地、きれいな家。

でも、こぶは暑さに弱い。2005 私が付近を観察している間もきょうは日差しも特別なせいか、日陰をみつけてはそこで一休みばかりする。

そうか、もう今日は歩きたくないんだね。

ためしに日の当たっている道路を自分の手で触ってみる。

あち~~~~、ごめんよ、こぶ。
こりゃ、おかんが悪かった!

2005年5月18日 (水)

毎日お弁当作っている人って

2005大変だなぁと、思います。うちなんかお弁当作りっていうと年に3回あるかないかだけなのでいいですけど。

ちゃんぴー(夫)がお弁当がいるというので私の分もついでに。

んー、こうして写真で見てみると、大人のお弁当って感じじゃないですね。少し品性に欠けているというか。

ちゃんぴーのお弁当はこれに明太子のあぶったのを添付です。

よく見ると、手作りって鶏の竜田揚げと、卵焼きだけですね!あとは、レタスとさくらんぼを洗うぐらいで、なぜいつもより1時間も早く起きなきゃならなかったのでしょう。(起床5:30)
おまけに5:30に起きるのだというプレッシャーで、2時に目が覚めてそのあとは、あまりよく寝ていません。

ところで、これを作りながら考えていたのは、「鶏の唐揚げ」と「竜田揚げ」ってどう違うのかということでした。結婚前、実家にいた頃は「唐揚げ」と言っていましたが、なんだか、自分が料理をするようになってからは「竜田揚げ」という言い方のほうが多いような気がします。気分的に後者のほうが、おいしそうな気がして。
きょうのこれは、多めのにんにくとしょうが、お酒と醤油で、夕べから下味をつけておきました。
中まで火が通ったかなぁなんて一応言い訳的な試食をしてみたら、うまっ!
6つも入れておいてあげました。
ついでに、これをコンビニで買ったらいくらかなぁなんてことも考えました。

2005年5月17日 (火)

凝っているのね、今時の犬おもちゃ

2005 先日牧場行きの帰りに寄ったペット用品やさんでおもちゃを買ったのだが、別にふつうの輪っかのおもちゃだと思ってこぶ丸に遊ばせていた。
でも、こぶが遊んでいる時、輪っかの4つそれぞれにしかけがあるのを発見した。

1は、なにやらカランカランという音
2は、押すとキュウキュウと音がする
3は、鈴が入っている。
4は、ビニールのガサガサという音がする。

セールだったとはいえ、480円は安い!すごくうれしくなってしまった。

このうち、うちの犬が一番反応するのは、ビニールのガサガサである。普段でもおかしの袋のガサガサには敏感に反応する。袋を開ける音のガサガサの「サ」が終わる前には、どこにいようと一目散に駆けつけてきてちゃんと目の前に待機している。
場合によっては、右手までピシャッと上げて!2005たまーに寝ていて「サ」に間に合わない時もノロノロ寝ぼけ眼で歩いてくるほど。

こういう良い時の反応が早いのはまだいいが、耳の薬(たまに外耳炎になるので)を挿そうと、容器を軽く振る音にも敏感で、チャポッと一振りしただけで、耳をもよりの壁にぴたっとくっつけて(ソファにいる時はソファに)薬から逃げようとするのだ。

「~に行こうか」という会話にも敏感に反応して、一瞬目がパッときらめいて、「さぁ、こちらですこちらです」と玄関に誘導する。

犬って本当は、私達が思っている以上に色々なことを聞き分けているような気がしてならない。

2005年5月16日 (月)

新緑におもうこと

                      『2005 かえるが沢山、牛乳の入ってるびんに落っこちてしまって、みんなおぼれてしまったけれど、一匹だけあきらめずに足をバタバタさせていたら、牛乳が固まっていつのまにかチーズになり、そのチーズを足場にして無事助かった』

そんなたとえ話をきいたことがある。

一方、『運命にかなっていることならば、じたばたしなくても、最初からレールが敷かれていたかのごとくスムーズにゆく』また、『あまりにも障害が多い、ということは、やめなさいのサイン』

これはどちらかといえばニューエイジ系の考え方。
スピリチュアル派もこちらかな?

この二つの考え、何をもって、どこで折り合いをつけるのか。

皿を洗いながら考える。

2005年5月15日 (日)

今晩は、スパゲッティミートソース

2005 きょうの晩ごはんはこれです。

うちの特徴は、にんにくのみじん切りが多めということくらいです。

ソースの色は、トマト缶とトマトピューレがベースになっています。

ナツメグ、オレガノ、月桂樹の葉、赤ワインなど、調味料は色々使います。隠し味にカレー粉も少し。

きょうは、パスタを茹でる時にそらまめも一緒に茹でてしまった為、パスタが小豆色に色移りしてしまいました。それに、ミートソースにしてはパスタ細めでしょうか。

2005年5月14日 (土)

牧場でのびのびの巻

2005 修理に出していたPCが直ったとFAXが入っていた。長期保証のおかげで修理代はただだった。
天気のいいこんな土曜日、PCを取りに行くだけではもったいないね、といささか足を伸ばしすぎたが、服部牧場という前々から一度は見てみようと話していた牧場へ行ってみることにした。

最初の渋滞でもう私は引き返す気になったが、ちゃんぴーに「本当に短気ねー」といやおうにも連れて行かれる。

思ったほど広くはなかったが、立派な牧場。かわいい羊たちや、ジャージー牛、いのししや、お馬さんなどが、皆元気に過ごしていた。2005

小さな女の子がえさをあげようとすると、それらの動物達が皆いっせいに寄ってきて、女の子はこわくなったらしくて、乾燥とうもろこしみたいなえさを投げつけるようにばらまいていた。
小さな羊は網の間に必死で顔をつっこんで、えさをもらおうとする。

こぶは、たまにうちのそばの羊牧場に散歩に連れて行くせいかそれほどこわがらないし、それほど興味もないんです、といった感じだった。

牧場には、「犬と入れるレストラン」どころか、「そこいらじゅうが、どこでも犬と食べて下さいレストラン」で、バーべキューをしている人もいたし、売店でパンを買ってベンチで気持ちよさそうに食べている人もいた。

私達はカレーを食べることに。人気があるらしくすごい行列だが、最後尾についた。
ちゃんぴーはビーフカレー、私はチーズカレーにした。
ご飯に麦ご飯を使っているところが珍しかった。カレーに福神漬け、お好きなだけどうぞと言われたので二人分ピンセットみたいなのでいただいたが、ふいにまちがって料金皿の上に落としてしまい、「あっ!ごめんなさい」なんて、かっこ悪いことになった。店の人は「あはは、いいですよ」なんて言ってくれたけど、すみませんでした。がっつきすぎたのが悪いのです。
最初は辛くないね、なんて言っていたが、あとになりジワジワきだして、あわててそれぞれ、お茶とリンゴジュースを自販機で買った。

デザートにジャージー牛のソフトクリーム、とても心惹かれたが、私は例のごとくじっと我慢。ちゃんぴーはなんでもないから食べればいいのに、1回清里のそれを食べた時に大変な目にあったことがあるので(機会があったらいつか書きます)、普通のジェラートのコーヒー味をおいしそうに人の前でなめていた。2005 あぁ、私、牛乳の味もにおいも大好きなのに、
本当にいつも出先でこういったものを食べられないのは、なんかすごい損をしているようで残念極まりない。くやしい!!!!

気を取り直して、食後はこぶと広い所で走り回った。こぶはとても喜んでいつも公園の広い場所で走っているのに、それの3倍くらいフィーバーしているように見えた。で、お陰でこっちはくたくたになった。

帰り道、大きなペットショップができたと聞いたので、寄ってみる。こぶに、ボーンと豚耳、砂肝のおやつと、おもちゃを買う。おもちゃは、モンキーの輪投げみたいなぬいぐるみで、1480円が480円でワゴンに並んでいたので。

PCを引き取り、ちゃんぴーは「インストールし直し」と張り切っていたが、写真のデータも残っていたし、その他もろもろけっこう残っているとびっくりしていたようだ。
うっ!ってことは、クレジットカードや、銀行口座のナンバー、等の個人情報すべてが野ざらしだったということ!ただ、nifty関係のものはすべて消えていた。その直った私の使っていた古いデスクトップ型PCを明日、職場に持っていくそうだ。その古いのでは、もうインターネットはやらないほうがいいと。がらんどうになったパソコンラックの上に広々このノートを置いている。これはもらった。

2005年5月13日 (金)

犬とタンデムサイクリング?

2005 今、ペット用品通販会社からのメールに目を通していたら、「ワンコと乗れる自転車」という見出しがのっていて、クリックして写真を見るまでの間、真剣に次のような質問事項が浮かんだ。

ワンコと乗れるっていうことは、タンデムで?
犬の座席は前か後ろか?
ペダルまで足が届かないことになるけど、それはどうやって解消?
イスから落ちないように囲いでもあるのか?
もちろん、こげるように訓練してからの話でしょ?

全部杞憂でした。それにしても、まじめにこんな心配をするなんて、どこか変なのか。

でも、なまじ、犬が自転車に乗ってジャーキーを買いに行くCMなんかあるからいけないのだ!

クリックしてみて、な~んだ。普通の自転車の前かごの部分が犬仕様になってるだけなんじゃん。びっくりしたなもう!

自転車に乗れない私にとっては、どっちみち関係ない話なんだけどね。

2005年5月12日 (木)

ホテル選びますます泥沼化するの巻

DSCF1304 6月のこぶ丸の誕生日に毎年旅行に行くことにしています。
その宿選びに悶絶しています。

鳥羽旅行が終わった辺りからネットで調べたりガイドブックを見たりしてはいるのですが、なんだか、考えれば考えるほど泥沼化して、全然決まりません。

こぶがうちに来る前は(ヒトだけの時は)すぐに決まってしまっていたのに。
多分、犬の犬生はヒトより短いし、元気で旅行できる年月も考えると、そうそう失敗も許されないからなんだと思います。永遠に楽しい悶絶ができるよう元気で長生きしてもらいたいのは言うまでもないです。DSCF1277

6月は夏休みよりまだヒトが少ないと思うので、こぶのようなガウガウ犬も、ペンションのように皆でひとところに集まって食事をする宿に泊まるチャンスなのです。
私は、大きいホテルは好きですが、ペンションも、ペンションらしい雰囲気が好きです。特に、犬ペンションともなればそれこそ、こぶがいてくれる間しか泊まれない所もあることだし。

夏休みは、ヒトも増えるでしょうから、独立型のコテージスタイルのようなところや、部屋食のところのほうが正解です。

このところ、旅行先での食事は和食が続いていたので、久々に絵本に出てくるような、「森のペンションの洋食ディナー」にお目にかかりたい気もします。朝は焼きたてのパン、といったような。

でも、難問はまだあるのです。笑わないで下さい。それは五黄殺や、悪い方角にあたる場所には行きたくない、ということです。それらを考えると、うちのメンバーにとって今年は、夏は北方面か南方面、または東南。6月は西南方面に行く場所は限られてきます。

はぁー、文を書いているうちに気持ちが固まるかもと思ったのですが...
いつもギリギリまで迷って大体決まるのは、1週間を切ってからあわててTELすることが多いので今回は、もう少しマシな顛末にしたいです。

(写真は軽井沢旅行先、スカイパークの頂上の風景です)

2005年5月11日 (水)

やっぱり山はいいです

2005 久々にT公園に行ってきました。バベシアの不安については、教えていただいた方よりそれほど心配をすることはないのだということをまたまた教えていただきましたので、まだフロントラインをつけてもいないのですが、行ってきました。

平日だったので駐車場はただだし、人もまばらで、思う存分写真をとることもできました。この公園で撮った写真で、そのうち丹沢植物園のアルバムでも作ってみようかなぁと思います。本当は下手なスケッチなどもしてみたいのですが、こぶと一緒だと、2005

なにかと、大変なのです。なにしろ精力があり余っているためにじっと待っていてくれるかどうか。よくあるような、おじいさんが絵を描いているそばに寄り添う忠実な犬には、こぶは向いていません。

でも、デジカメで撮って、自宅のパソコンに取り込み、それをベースに色々といじれるソフトというのがあるんですね。初めて知りました。ワンクリックで輪郭線の抽出も可能だそうです。「水彩」「舞筆」というのがそれだそうです。輪郭線を抽出してそれにパソコン上で彩色するらしいです。
わたしだったらパソコンはちょっと苦手なので、輪郭線だけもらったら、あとは画用紙にコピーして自分の水彩絵の具で薄くきれいに、色をつけていきたいです。2005
考えてみたら、昔、そのようなソフトを知る前からその真似事のようなことを自分でやっていたのを思い出しました。仕事で訪れた土地のきれいな景色を写真に撮ったり、絵葉書を買って帰って、家に帰ってからその輪郭をそっくりそのまま移して水彩絵の具で色をつけて遊んだりしていました。

それでつくったハガキで懸賞に応募すると、なぜかよく当たったなぁ。覚えているもので小さなものは、雑誌「旅の手帖」の仁丹から、ちょっと良いものは、クラシックのコンサートなんか。
コンサートは5回以上当たっていたから、今考えれば、誰でも当たったのかも?

こぶと二人でのびのび散歩していたら一人の女性に話しかけられ、しばらく話していたのですが、なぜかなかなか開放してくれなく、話を引き伸ばそう引き伸ばそうとしていました。
挙句の果てには、「これからどちらのほうへ歩いて行かれるんですか」というので、「上の方へ」と答えると、ついてきそうなかんじでまいったなぁ。せっかく久しぶりに山にきたのに。

2005年5月10日 (火)

お騒がせコーギーの巻

2005 こぶには、ちょっと長いお留守番をしてもらって、用事を済ませ、スタバでわけのわからないコーヒーを注文したところ、予想以上にたっぷりのミルクが入っていて、さあこれは早く家路につかねばモードで運転をしていましたが、洗濯用洗剤がきれそうだったことを思い出し、薬局でとまりました。

急ぎ足で店に入ろうとすると、なにやら人が4~5人、通りの向こうを見てああだ、こうだと言っています。どうしたのかと、その人たちと同じ方に視線をやると、首輪もしていないおでぶなコーギーちゃんがどこかからか逃げてきたらしく、所在なげに不安そうに車道に下りたり、歩道に上がったりで困り果てていたのでした。車はひっきりなしに来ているし、これはいかんわモードでした。

別にいい子ぶっているわけではないですが、なぜみんなが何もしないで見ているのかが少し不思議な気もしました。少なくとも私は犬が轢かれるのなんて見たくはなかったので、「あの犬、連れに行きます」というと、おばさんのうちの一人が「けがしてんといけないから箱持ってきな」と、店から大きな箱を持たせてくれました。すると、大学生くらいの男の子が「自分も一緒に行きます」と来てくれました。

連れに行った後はどうするつもり?交番なんかに持っていったら保健所行きになるかもしれないし、この店になんかは預けられない。じゃ、うちで一時保護して、しかるべき所すべてに連絡を入れて「保護しています」のポスターとタウンニュースに記事を書いてもらうか。うちで保護って言ったって、あのこぶ介がなんと言うだろうか。飼い主が見つからない場合、家で暮らすことに?
いろいろなことが頭をかすめましたが、とにかく車に轢かれるのだけは絶対だめと、大急ぎで通りを渡りました。

あれっ?さっきまでいるはずだったおでぶコーギーはどこに行ったのでしょう?

私達の心配をよそに、まんまとよその家の駐車場のコンクリの上に大の字になって仰向けに寝て天を拝んでいます。上機嫌そうに!

あぁっ!大学生風の男の子も同じことを考えたようでした。
「多分、ここんちの犬っすね」「なんか、こんなリラックスしてるっちゅうことは..」

おでぶコーギーは、私達に気付くとあせってそこの家の玄関へと通じる階段を急いで上がって、中に向かってすごい声で「ワンワンワン!!!」なんて吠えています。「あやしい奴らが来たよ!」ってなもんでしょうか。

はぁー、でもよかったよかった...
それにしても、危なすぎ。家の人どうなっちゃてるんでしょうかねぇ。
(写真はおでぶコーギーとは関係ありませんが)

2005年5月 9日 (月)

カレンダースマイル

2005 実は前から気になっていたことがありまして...
あなたのおうちのワンちゃんは、よくカレンダーに出てくるような、にっこりと舌を出して笑うような、そういうお顔をしますか?

うちのこぶ介ですが、彼はいつもなぜか「納得がいかない」という表情をしていることが多いのです。探究心旺盛な性格なのでしょうか。

ずっと前にそれが気になってniftyのチワワフォーラムにお伺いを書き込んだことがありました。そうすると、結構同じことを考えている方もいるもので、「うちもそうです。前から気になっていました。」「うちもです。飼い主の笑顔が足りないのかと思って『○○ちゃーん!』と意識的に作り笑いなどをしてみるのですがそれもへんなのでやめてしまいました。」というコメントをいただきました。

普段は甘えん坊ではありますが、いたってほがらかな子です。どうしてでしょう。

でも、そんなこぶ坊でも、だんだん暑くなってくると特にお散歩の時は、この頃は舌が出るせいか笑顔のように見える時があります。でもこれは、ただ暑いだけのせいだと思うのです。2005

お部屋の中でもニコッと笑ってくれると私としては少しうれしいのですが、たいしておかしいこともないのにヘラヘラと笑ってなんかいられない、というのが男盛りの彼としての気持ちなのでしょうか。
そうなの?こぶ君...

2005年5月 8日 (日)

横浜ベイサイドマリーナでお茶

005 横浜の実家へ行く。高速はガラガラ、その他一般道もガラガラで、ありえないほどの短時間で着いてしまった。新記録だ!
いつもは、横浜町田ICを出てから、鬼のように混んでいる道もサラリサラリと小川のように流れる。
待っていた母みーちゃんが「いつもあなた達ゆっくりだから、きょうもそうだと思って、なにも届いてないのよ」なんてあっけにとられている。
着いたほうも、迎えたほうもポカンとしていると、PIZZA-LAが届く。大人5人でピザはあっというまになくなり、デザートのアップルパイや、いちごを食べた。そしてお茶を飲む。
きょうは母の日だから母は楽をしたらしく出前だったが、ピザについてきたおまけのヨンさまマグネットをもらって、大好きなグァヴァジュースも飲んだし、母は喜んだし、これで良かった。
日曜まで運転させるのは悪いと思ってちゃんぴーには、おこずかいをあげるから一日どこかで遊んでおいでよと言ったのに、俺も俺もと付いて来た。ちゃんぴーとみーちゃんは仲が良いので、母の日をお祝いしたかったのだろう。
ちゃんぴーの母にはもうプレゼントを渡してある。

みーちゃんを連れて横浜ベイサイドマリーナへ行く。
005 みーちゃんにはプレゼントをあげたが、マリーナでいいものがあれば、何か買ってあげようとしたのに、何がいいか聞くと「もういい」とか「ココアを飲ませて」とか、へんなことばかり言う。みーちゃんは私みたいに威張らない、実に控えめな人だ。

ちゃんぴーが夏の散歩用のキャップが欲しいというので適当なのを探し回り、結局DOGDEPTの犬のロゴ入りのがみつかった。私の分とで2つ、逆にみーちゃんが買ってくれた。

人ごみの中を何かいいものはないかと歩き回った。
みーちゃんは子猫のようにちょろちょろとすぐにいなくなるので目が離せない。
SALE最終日とかで、色々なものが信じられないくらい安かった。ミントンのマグカップをつい買いそうになったが、やめた。
疲れたのでお茶にしようと、こぶも入れる行きつけのカフェに入ろうとしたが、どこもテラス席満席で、カフェではないLONGというチャイニーズレストランの人にお茶ができるか聞くとOKということだったのでテラス席におちついた。そこで、3人ともライチ紅茶をオーダーし、思い思いの話をしてくつろいだ。
店内からおいしそうな中華料理のにおいがしてきたので、あんかけやきそばでもオーダーして3人で取り分けて食べるのはどうかと提案したところ、それは絶対に食べすぎだからやめたほうがいいと2人から強く言われ、引き下がった。

みーちゃんを家におくり、帰路についた。途中海老名S.Aで上海餅や、焼き鳥、牛串、豚串などをつまみ、こぶと散歩をした。しかし、調子がどうもとか言いながら、なぜまたこんなに食べてしまうのだろう。

2005年5月 7日 (土)

夫婦喧嘩をこぶ丸が食うの巻

2005 お昼前、3匹散歩にでかける。きょうもU公園。

車中、『地価は値下がりしているにもかかわらず、なぜ固定資産税が下がらないか、不愉快である』『マンションの需要と供給、そして売り時、買い時について』『去年は引越しのチャンスだったのに、なぜ及び腰だったか』以上3点について国会集中論議をしていると、双方の意見が合わない。それどころか、最初は静かなフィーバーのつもりが、だんだん腹がたってきた。しまいには「私のペンスタンドに勝手に自分のを混ぜてぐちゃぐちゃにしないで」「クロゼットに適当に物をつっこむからいつも扉が引っかかって開かなくて苦労しているんだ」とかなんとか、自分でもわけがわからなく、関係ないことまで頭にきた。

U公園に着く頃には私は「もうあなたと散歩をしたくはないので、こぶを渡せ」と言ったが、「やだべー」とか言ってサッサと車からこぶを連れて2匹でスタスタと走っていってしまった。「こぶ、あなたはパパとママのどちらをとるの」なんて言っている暇もなく...

「こぶ、もう明日からあなたのう○この世話はしないよ」心の中でそっとつぶやく。

ムカムカするので一人歩くことにする。こうして、一人でU公園を歩くことはない。いつもはこぶ介がいるから。
いつも、こぶが拾い食いをしないか、きたないものを踏まないか等、けっこうつまらぬことに気を使い、木々の緑など見ているようで見ていなかったのかもしれない。朝方の雨で、5月の新緑が目にまぶしい。写真とりまくりで結構長い時間が過ぎた。2005

駐車場にもどると、私がまだ戻っていないからと、もう一回りしようと、車をあとにずっと先を行く2匹の姿が見えた。おもしろいから気付かれないように付いてゆこう。そう意地悪心がめばえた。

途中、茂みに隠れたりしていたが、またつい、我を忘れて木の写真を撮っているところをこぶにみつかった。
ちゃんぴーのロングリードがシュルシュルと伸びて、こぶ坊がこちらめがけて一目散に走ってくる。

屋外でこぶが私めがけて全力で走るというシーンは普段あまりないので、結構心地よいものだなぁと、変な感慨に浸ってしまったのであった。


2005年5月 6日 (金)

こぶも飼い主もノックダウン

午後から雨が降るということだったので、さっさと家事をすませ、さっさと散歩に行き、母の日のプレゼントの追加探索を行い、そのあと買い物をし、銀行に行き税金を払う。帰宅後アイロン.....の予定だった。

夕べ、バナナカルピスを飲みすぎたせいか、朝から調子がへん。もともと、最近山へ近づいていないため、パワーチャージがうまくいっていなく、エンプティーだということはわかっていた。なんというか、体全体がピシャッとしない。理想にとてもついてこないのだ。やりたいこと、やらなければならないことは山ほどあるのに、本当にもどかしいとは、このこと。年か...

それでも、こぶは散歩に連れて行ってと催促するので、かわいそうだから痛いみずおちを何気にかばいながら一番近いU公園へ連れてゆく。

2005 いつものように、こぶは絶好調!この子はいつもそうだ。にくいほどに絶好調!元気すぎ!

そこへ、突然陸上競技場のほうからパーンという大きな音がした。こぶは、音に弱い。案の定もうびっくりしてしまって、尻尾巻き込みモードに突入してしまった。
いくら私が「大丈夫!お兄さんたちがね、かけっこの練習をしてて、スタートの合図のピストルの音なんだよ」と説明したってわかるわけなし...

2005 もう、散歩を続行したくないらしい。
「ダッコヲシテクレ」「ハヤクタノムカラ」...

いつもは、散歩中私におかまいなしで、グイグイひっぱって行くくせに、ちょっとこわいと、もうこれだわ。
「だめだめ、こぶママは、具合悪いからあなたの抱っこなんかできない。」としばらく様子を見たが、写真のこの顔でずっと抱っこするまで粘る粘る...
体は震えている。

2005 しかたないか...おもむろに抱えあげると、やはりガタガタが止まらないようだ。

「アアコワカッタ、ナンダヨアノオトハ」

ビクビクこぶを抱え、ヨタヨタと駐車場へ向かう。

家に帰ると、ポストに何か。

うわーーー!まだ税金か!きょう払う予定だった税金に加え、またも税金の請求書!

もともと痛かったお腹がギュンと動き、なにやら貧血気味になってきた。

こぶもこぶママも完全にやられた一日だった。

2005年5月 5日 (木)

バナナカルピス-期間限定

2005 きょうみつけたのはこんなもの。

カルピスはもともと大好きだけど、期間限定ものに弱い私にとっては、これをはずすわけにはいきませぬ。

カルピスいちご練乳のもまだ飲みきってないけれど、即買いです。

バナナは、本物も好きだけど、加工された「バナナ味」のものも、つい手が出ます。

で、今、氷をたっぷり入れて飲んでるのですが、人工的なバナナ味、おいしい!

2005 そして、追加購入は、メロンパン風トーストスプレッド。

これは、もうかなり前からありましたよね。いつか試してみようと思っていました。

明日の朝を楽しみにしています。

きょうは、母の日のプレゼントを求めて、人ごみをウロウロしていました。2人分。良いものがみつかりましたが、明日も引き続き探し続けます。一つのものをバン!とあげるのもいいのですけれど、2つ以上のものをこちゃこちゃとあげるのが、結構好きです。

もしも、こぶ丸が私に母の日のプレゼントをくれたらどうでしょう。想像しちゃいました。

「いつも、僕にごはん作ってくれてありがとうね。ワン!」とかって。キューーン!

2005年5月 4日 (水)

インド料理SARA-きょうもこぶと一緒

2005 東京方面から伊豆方面にいらっしゃる方は、あの車の渋滞にはさぞやうんざりされていることでしょう。

でも、田舎住まいには渋滞も途中合流でよいというメリットがあります。なので、きょうも比較的のんびりの出発で、真鶴方面のインド料理やさん『サラ』に行ってきました。

小田原の江の浦というところに犬と泊まれるペンション『ジョディー&プリン』というのがありますが、そのすぐ近くです。もっと小さな所を想像して行ったのですが、駐車場だけで15台以上はあり、お店自体も2階建てで、1階には、とっても古びた大テーブルもあり、ティータイムも楽しめます。小物や、陶器、スパイス、テイクアウトのケーキなどもあって、私はインド風のビーズのブレスレットを買いました。

2005 私たちは、こぶがいるので、料理は屋外ポーチでいただきます。注文は、バターチキンカリー、ひき肉となすのカリー、ガーリックのナンと、チーズのナンです。もう、お腹がペコリンで、一行はシュンとしていましたが、ここでは、本物のインド人の方がナンを焼いてくださるそうで、30分以上は待ったでしょうか。あまりのおいしさに、2人同時に「うわーーー」とはもってしまいました。カレーも、超一級のおいしさです。自信をもっておすすめ!最初は「犬連れのレストランだから...」なんて、あまり期待をしていなかったのが、今にして思えば申し訳ない。デザートのババロアと飲み物で満足し、絶対にまた来たいね、と意見は一致しました。

お腹がいっぱいになったあとは、ちょっとあぶなかったですが、道路を隔てたところにあるペンション『ジョディー&プリン』を見に行きました。とても見晴らしが良く、気持ちのいい2005場所にありました。急な坂を下ったところに宿泊者専用のドッグランもあり、ワンちゃんと飼い主が楽しそうに遊んでいるのが見えました。

ここから見る海があまりにも素敵だったので、記念撮影!

このあたりは、犬と入れるレストランなどもどんどん増えてきているようなので、新しいお楽しみスポットになりそうです。

2005年5月 3日 (火)

カフェでチワワと一休みでした

2005 本当は富士山に行く予定だったのです。

でも、道が予想以上に混雑でしたので、あきらめの早いわれらこぶ丸部隊は、早々に引き返し、平塚にあるドッグラン併設のカフェにランチを食べに行くことに。

そこは、園芸専門店も敷地内にあるので、きのう書いた、ベランダブルーの花計画作戦の視察も兼ねて。

混雑で駐車場は待たされました。

『カフェナチュール』ワンもOKです。初めて利用してみました。セルフサービスで自分でレジまでオーダーを言いに行きます。

2005 私たちは鶏丼と、イエローカレー、オレンジジュースと、レーベンブロイ(ノンアルコールのビール)をいただきました。イエローカレーは、日本人に媚びないカレー。ちょっとスパイシーで、サラサラとした黄色いカレーでした。タイのバンコクのホテルで食べたカレーを彷彿とさせるような味...鶏丼は、鶏ひき肉や、ごぼうが甘く煮てあってそれがごはんにかかっていて、上に半熟卵が乗っていました。ちゃんぴーと半分ずつトレードして、2種類食べてみました。

こぶにも何かと思ったのですが、レジで聞いて実物を見てみたら、本当の犬用クッキーと、ドッグフードだったのでやめました。こぶは、犬用クッキーは『愛情物語チーズ味』しか食べないし、ドッグフードにも気を惹かれなかったので。

食事の後は、お花をいろいろ見ました。ブルーのお花は、やっぱり赤や他の色に比べて少し少なかったような...ううん、どうするかなぁ...

2005 たくさんのお花を目にして思ったことは、「青も赤があって引き立つ。赤は青があるから引き立つ」でした。これはきっと色々なことにいえるのかも。

『ドックフォレスト湘南』も覗いてみました。

フェンス越しに、こぶは、大好きな大型犬と挨拶をかわしていました。小さな6ヶ月のチワワのさくらちゃんともお友達に!こぶは、チワワを見ると血相を変えて怒りだしますが、きょうは相手が女の子ということと、まだ6ヶ月であるということで、OKだったようです。さくらちゃんは、とてもかわいかった。肉球もまだプヨプヨ、お顔もあどけなく、からだもヘラヘラでした。さくらちゃんに比べると、うちのこぶは、まるで野犬のようでした。

ドッグランの掲示板を見ると、ややっ!迷い犬の張り紙がっ!なんでも、付近のホームセンターの駐車場内で、犬を車内にお留守番させていたところをさらわれてしまったようです。かわいいパピヨンです。あぁ、こわかっただろうに...。想像したら気持ちが落ち込んできました。早くみつかればいいな。私も気をつけねばいけない。

きょうのこぶ丸一家のようすでした。

2005年5月 2日 (月)

ブルーなベランダ叶うのか...

2005 花粉症からも開放され、そろそろベランダのお花を計画しようかなと、ホームセンターなどのちらしを見ながら毎日考えています。

そんなある日、散歩をしていると、なんとも涼しげなブルーのお花を発見!

なんという名前かは、わからないのですが、そのブルーに吸い込まれていきそうに見入ってしまいました。そしてその時、思わぬアイディアが浮かびました。

今まで結構、色々なお花を色とりどりに、宝石箱みたいに、にぎやかに置くのが好きだったのですが、今年はいろんな種類のお花のブルーだけを集めてみる。

うまくゆくか考えました。ブルーのお花ってそもそもそんなに多くはないような気がするし。

これからは、それを頭におきながらお花屋さんめぐりをすることにします。

2005年5月 1日 (日)

鎌倉のトビにお弁当とられる?

DSCF1272昨日の新聞に、こんなことが書いてありました。

『餌付けで人に慣れたトビが人から食べ物を奪う被害が多い鎌倉市の海岸で29日、同市などが2年ぶりに、行楽客らに餌付け禁止や被害防止を訴えるパトロールを行った。』

『午前中は少なかったトビだが、正午ごろに急に数が増え、食べ物を狙って急降下し始め、弁当を取られる人が続出。.....けがをする女性や、--まさか自分がやられるとは--と驚く人も。』

はい、去年江ノ島で取られましたですよ、私。

うなぎ弁当(途中で買っていったもの)を食べようとヨットハーバーの防波堤のベンチに腰掛け、ふたを開け、まさにうなぎ様をいただこうかというその時!

一瞬、誰かのジャンパーが風で飛ばされてきたんだと思ったのでした。「うなぎのたれがジャンパーに付いちゃうなぁ」と思うと、そのジャンパーは再び、バサバサと空高く飛んでいったのです。

本当に一瞬のことでした。トビは、最初からあたりをつけて、狙っていたのでしょうか。あまりにもナイスタイミング...

残されたのは、たれだけがむなしくへびりついた、ごはんだけ。なぜ私のお弁当だけが狙われたのか...

でもまぁ、良しとします。トビだってたまにはうなぎ様食べたいですもんね。

新聞にもこうあります。『トビ自体は悪者ではない。被害防止のため、啓発活動を続けたい』

GW、江ノ島鎌倉方面にお出かけの方もおられるでしょう。くれぐれもお気をつけて!

きょうの写真は昔のこぶちゃんです。それにしても、こぶがトビにさらわれなくて良かった...

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム