フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 大殺界?不思議ワールド-2 | トップページ | 梅シロップと梅酒作り »

2005年6月 1日 (水)

ようこそ森のホテルへ!こぶ丸ご一行様

こぶ丸の3歳の誕生日の記念にと、3匹で旅に出ました。荷物があまりにも多いので、きょうはこぶに自分の着替えとおもちゃくらいは持ってもらうようにしました。だから、彼の背中にも小さなリュックが...。

3匹は口数少なく、茂みをかき分け、切り株につまずきながらも、地図を片手に森の中をグングンと歩きます。

そのペンションは森の中にポツンとありました。いつも泊まっている所と何かが違うような気がします。よく観察すると、天井が低い気がします。ちゃんぴーは少し身長があるので腰をかがめるようにしなければ入れません。私やこぶはそのままで大丈夫です。

「こんにちはー」。誰も出てきてくれません。でも3匹は自然と自分達の部屋へとたどり着けました。2階の奥の部屋です。ドアの所に「こじか」と木札がかけてあります。部屋をみわたすと、小さなベッドが3つ、小さなテーブルが1つあるだけです。電話もテレビもありません。2005 よく見ると、テーブルの上にかわいいお皿が。へびいちごが山積みになっていて、その横に置手紙があります。「ようこそ森のホテルへ!夕食は7じです。ダイニングまでどうぞ。お待ちしています。それから当ホテルは森中がドッグランになっています。思い切り遊んでくださいね。でも、暗くなると狼が出ますからお気をつけになって」

ようやく7時になりました。もう3匹ともおなかはペコペコです。先客が一組、隣りのテーブルで楽しそうに食事をしています。「こんばんは。宿の人はどこですか?」と尋ねたのですが黙って微笑むだけです。

私達のテーブルにもおいしそうなご馳走がたくさん並べられています。3匹一緒にテーブルにつきます。苔桃の食前酒から始まって、ホワイトアスパラガスの焦がしパン粉がけのサラダ、きのこがいっぱい入ったシチュー、子羊とたけのこのロティ、フレッシュオレガノ風味、デザートにりんごとブルーベリーのケーキ森のホテル風、たんぽぽのコーヒーです。シチューにたまねぎが入っています。「こぶ、これだけはだめ!」と止めたのですがなぜかにこにこと、器用にスプーンで食べています。

あぁ、おなかいっぱい!厨房にごちそうさまを言いに行くとランプが煌々と輝いているのに誰もいません。不思議だな、でもまぁ、いいや!

夕べはお酒を何杯も飲んだおかげで3匹ともぐっすり眠りました。ただ覚えているのはどこか遠くのほうできつつきが木に穴を掘っている音がした、ということくらいです。

朝、フレンチトースト森のホテル風とプラム、目玉焼き切り株風のベーコン添え、グリーンサラダとバナナヨーグルトとミルクティーの朝食をいただくと、我々3匹は早めにチェックアウトをして次の冒険に向かおうということになりました。

部屋をひきはらい、下に降りフロントに行ってもやはり誰もいません。
「お会計をお願いしたいのですが」
そこに、ヒラリと木の葉が落ちてきました。
そこには、こう書かれていました。

「すこしばかりのどんぐりをいただきます」

        _________________

このごろ夢いっぱいの記事を立て続けに見ていたら、散歩中にこんなことを空想してしまいました。
まるこ姫のひとりごと」のまるこ姫さん、「のんびり☆くらふとや」のyokoyokoさん、夢をありがとう!
そして、どなたかこんなホテルをご存知ありませんか?さっそく伺います。

« 大殺界?不思議ワールド-2 | トップページ | 梅シロップと梅酒作り »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

おお~、こんなホテル、私も泊まってみたいものです。

これからも、沢山夢を見ましょうね。

夢、見ます見ます。
っていうか、私の場合1年中夢です。頭の中..

こぶママさん、まいど!♪

宮沢賢治の童話かと思いましたよ~(^o^)丿
『へびいちご』が出てくる所なんか
シブイわぁ
第二部に期待をしよう!!

発想力に乾杯、完敗 (^o^)丿
チェッ、完敗しちゃったゼィ・・・・

☆ まるこ姫

まいどっ♪
ありがとうございます。楽しんでもらえましたか、
>宮沢賢治の童話かと思いましたよ~(^o^)

なんかこういうのって書いてるとどんどん入り込んじゃって危ないかも。私の脳の中、毎日夢と現実の区別がつかなくなってるわ。
へびいちご、しぶいかぁ..なんだかまるこ姫にほめられちゃったらその気になって、第二部を作りたくなってきたよ。

素敵な森のペンションですね。
こういうお話、イイタヌは大好きです。
御馳走も考えただけでヨダレが垂れそうです。
そして『ヒラリと木の葉が落ちてきて、少しばかりのドングリを』というのがポンポコ村っぽい気もしますが、もしかして御馳走だと思ってたのは馬糞かも…。

☆ イイタヌさん

> もしかして御馳走だと思ってたのは馬糞かも

さすが!ナイスなコメントありがとうございます。イイタヌさんがこの第2話を考えてくれたらもっと素敵なお話ができそう。
ポンポコ一家が森のホテルに泊まりに行ったらホテルのスタッフのきつねとか、りすがでてきて皆で踊りを踊ったりしてすごく楽しそう!!こうして書いているだけでも想像が広がってきます。イイタヌさんの書くご馳走も読んでみたいな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/4366843

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ森のホテルへ!こぶ丸ご一行様:

« 大殺界?不思議ワールド-2 | トップページ | 梅シロップと梅酒作り »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム