フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« おあずけになったお弁当 | トップページ | さらの冬のコートとわんわんシュレッダー »

2005年12月 6日 (火)

安全神話はいづこに

普段は人間の事件のニュースにも耳が慣れてしまって特別に気持ちが動揺するということもあまりないのだけれど、先日起こり、世間を騒がせている広島、栃木の一連の小学一年生の女の子の事件には、深い悲しみと共に、絶望感のようなものを感じてしまいました。

無抵抗な小さな子供に、なぜそんなことをするのでしょうか。
犯人だっていたいけな子供時代があって大人になったのに、どうしてそんなふうに成長してしまったのでしょうか。
二人の小さな女の子は、それぞれ将来の夢もあって、友達と楽しく学校生活をおくっていたのに、突然こんな不条理なことになって、世の中これでいいのでしょうか。

以前、近所の溜池のようなところでザリガニを取って遊んでいる子供がいたので、近寄って「へぇー!こんな所にザリガニがいるんだー!」と話しかけたら、道具を持ってサササーッといなくなってしまいました。
私は別に特別怪しい顔をしているというわけでもないのにと、なんだかショックを受けていたら、ちゃんぴーが「今は学校でこういう教育をしているんだよ。」と言っていました。

12gatu_033 登下校の際の安全を守る為に、各学校でも早急に対策が考えられていますが、これも、毎日大人に監視されての登下校となってくれば、かつて子供同士で交わしていたような会話も当然変わってくるだろうし、なにやら緊張感が伴うではないですか。
体育館では「たーすーけーてー」と大きな声で叫ぶ訓練をしている学校もあるし、なんだか変じゃありませんか。
知らない人とは話さない、知らない人を見たら危険な人と用心するように、小さい頃から子供に刷り込むような教育をしていくのです。
そうせざるを得ないからするのですが、そんな教育を受けた子供達が日本中に溢れ、大きくなったら、一体どんな大人になるのでしょう。

自分が小学生だった頃は「まず疑ってかかれ」なんていう頭は微塵もなかったのに、一番大事な時期にこんな暗いことを刷り込まれている今の子供を大変気の毒に思います。

普通に登下校すらできない国なんて、やはりどう考えても変です。
日本の安全神話が崩れ去った今となっては、日本が外国に比べて誇れる所って何かな?
衛生面?なんだろう...?
それにしても、世の中一体これからどうなってゆくのでしょう。

犠牲になってしまった女の子達が、天国で安心して皆で遊べますように。

犯人に対しては「卑劣」の一言。

« おあずけになったお弁当 | トップページ | さらの冬のコートとわんわんシュレッダー »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

NYCで思ったんだけど、日本は極端なのかもしれない。全員右、左なら左。NYCは誰が銃を持ってるかわからないし、恐い部分もあるだろうけど、だからこそ、あなたに敵意を持ってないっていうことを表すためにも、挨拶しあったり、声を掛け合ったりするんじゃないかな。自分で判断し、相手にも判断してもらう。
でも、こんな小さい子どもには判断って言っても無理だよね。
栃木の女の子のおばあさん、大丈夫かなって、まあと話してました。いつもは、お迎えしてるのに、その日に限ってお迎えに行けなかったって、ニュースで聞いたから。どんなに自分を責めてるかなって思うと、心が苦しくなります。
残された家族、まわりの方の心の傷も大きすぎますよね。

☆ めぐさん

私もそう思いますね。変なところで過保護だから、自分の感覚で危険を予期したり想像したりっていう能力がどんどん失われてきてしまった。(今回の事件は子供だからちょっとこれはあてはまらないかもしれないけど)

あのお迎えに行くはずだったおばあさんは、たまたまその日具合が良くなかったそうだけど、本当にその後が心配ですね。色々なことが、残されたご家族にとって、あまりにも厳しすぎます。

気の毒で、気の毒でたまらない事件続き。いったい日本はどうなっちゃったんだろう。
ホントにペギーとメグの言うとおりだよ。昔はこんなことはなかったのにね。
肉食が日本人を変えたって説があるけれど、少しはあるかもしれないよ。それに外国の人たちを受け入れるということはリスクもあったんだね。
でも、今の日本人に一番欠けていること、もっと隣近所に関心をもって、昔のように自分の子どもじゃなくても声をかけたり叱ったりすることが必要なんだよね。今の日本人は利己的で、自分さえよければ他のことは気にしない風潮だもん。そのツケが回ってきたんだよ。
ほんとにほんとにお気の毒で、目をそらしちゃいけないと思うけれど、その後のニュースもよく見られない。

☆ ミニーさん

さすがにこのニュースはちょっとやりきれないね。
きたない大人たちのゆがみがちょっとずつずれこんで、こういう弱い立場のものがいつも犠牲になってしまう。
ゆがんだ大人はゆがんだ大人同士でケリをつければよいものを...
子供達の楽しい道草が、これでもうできなくなったね。
そういうの、すごい大切な時間だと思ってたんだけど...

外歩いてる人や、電車に乗っている人もなんか、自分さえ良ければいいっていうか、「うぜーんだよ」って顔してるし...

きっと今に日本はドッカーーーンとバチがあたるよ。

本当に、辛い事件が続きますね。
丁度北海道へ行っていた時に、栃木の女の子の事件と行方不明中の男の子の事件をニュースで知りました。

立て続けに起こるなんて・・・
それもとても残忍な手口です。
あまりにも悲しくて、子供達も大人たちを信じられないだろうなあ。。。と思ってしまいます。

責めて、行方不明の男の子が、無事な姿で戻ってくる事を祈るばかりです。。。

ほんとですよね。こぶママさんや皆さんの言うとおりです。
大人がぴりぴりすると子供にも分かるし、精神発達上にも
きっと良くないですよね。
子供に自分の身を自分で守る事を教えなきゃ
いけないなんて・・・子供の頃はダメと言われても道草して
帰るのが楽しかったりしたのに。悲しいですね。

☆ yokoyokoさん

犯人はまだ捕まっていませんね。
どこかで何かを食べたり、飲んだり、寝たり、平然としているなんて...!
あんないたいけな7つの女の子を恐ろしい山林で全裸で放りだしといて。
私のさらやこぶがやられたら、自分はどうなるか保証できません。


☆ りくままさん

こんな教育をされている国で、出生率低下だから「生め生め」と言われても...
なんか、日本ってこの先明るいものが見えてこないですよ。
せいぜい自分達の世代でおさらばしたいって感じで。

本当に、怖い事件が続いていて、やりきれないですね。
チクワと散歩していると、小さな子が話しかけてくれる事が多く、彼らとおしゃべりするのは結構楽しいです。

『知らない人についていってはいけない』というのは重要だと思うけど、『知らない人としゃべってはいけない』というのは、非常に寂しい事ですね。

☆ イイタヌさん

残忍で陰湿な事件が多くて、大人の私も散歩が怖い時があります。

子供もしゃべって色々世界も広がると思うんですけど、これでは、先々社会性に問題のある子供が増えてくるような気がしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/7489526

この記事へのトラックバック一覧です: 安全神話はいづこに:

« おあずけになったお弁当 | トップページ | さらの冬のコートとわんわんシュレッダー »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム