フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

犬と純和風旅館にて-鬼怒川温泉旅日記(2)

kinugawa_013 さあ、こぶ家一行を乗せた特急スペーシアはいよいよ鬼怒川温泉に到着です。
駅には怖そうな金色の鬼が待ち構えていました。こぶやさらが旅館にお泊りできる犬なのかどうか、ここで裁かれているような気分です。どうか、お許しを...!

判定が下る前に改札右手を見ると、温泉街のホテルを順番にまわってくれるバスが今にも出発しそうなので、走ります。
運転手さんに「犬がいますけどいいですか?」と聞くと「ハイ、犬も乗ってー」ということだったので、ありがたく乗車です。

10分も走ると、ホテルに着きました。きょう泊めていただくのは鬼怒川国際ホテルです。楽天トラベルで予約したお得なプランですが、部屋で食事を取りたかったので追加料金を払いました。
犬の宿泊料金は一昔前は500円だったようですが、現在は一泊2食で一頭2500円です。
2食とは、夕・朝と同じメニューですがボイルドチキンと低脂肪のミルクのことです。うちは二頭だから5000円はちょっとした出費です。kinugawa_028

旅館は純和風で、大正ロマンまでは遡らないけれど、昭和レトロ初期といったかんじ。カメラマンの方がいらして、4人揃っての記念撮影をしてくれました。1週間くらいで郵送してくれるそうです。

お部屋に案内されると、犬も泊まっていいの?というほどのきれいな畳と「壊れたら大変!」な壺...。kinugawa_027

さら、こぶは早速あちこちの匂いを嗅ぎまわるのに大忙しです。こちらも負けじとトイレを設定し、「ここがトイレだからね。」と一回教えたら、チェックアウトまで一回も失敗はしませんでした。さらは夜もそこに一人でトコトコかけていってしていました。こぶはお散歩をさせてそこで済ますのでもう心配は無用です。

夕食前に最初のお風呂に行くことにします。
この旅館にはお風呂は全部で3つあります。3Fと8Fが時間で男女入れ替えになっているようなので、先に8Fの展望風呂へ。
もう外は薄暗く、温泉旅館のネオンばかりが水滴の向こうに光って見えました。
あぁ、あんなに来たかった温泉にやっと来られたと思うと無性にうれしさがこみあげてくるのでした。おまけに誰もいなくて貸し切り状態です。でも、お湯が熱くてちょっと浸って出ました。ちゃんぴーは3Fの「愛心の湯」へ。こちらはぬるかったそうですが、「でけーー!」とびっくりしていました。kinugawa_015

夕食は和洋折衷の会席。仲居さんが次々に熱々のご馳走を持ってきて下さいました。冷酒も注文して乾杯!
二人で「あの料金でこの内容なら文句ないねー。」「ほんとー、意外だったねー。」等と口々に言いながら、デザートで終わりです。
たいてい温泉旅館での夕食だと、もういいですっていうくらい出て最後にはもう、パンパンになって歩けないくらいになりますが、きょうは程よい腹具合。ふむ、良いではないですか。kinugawa_020

こぶとさらもボイルドチキンをいただき、満足気です。
でもちょっとだけハプニングが...さらがミルクをジャーンと畳にこぼしてしまったのです。
でも、そこは持参した新聞紙と雑巾ですばやく対応。大体起こりそうなピンチを想定して一番便利なのはやはり新聞紙でしょうか。フゥ...事なきを得ました。

今度はさっき行かなかった方のお風呂に行きます。kinugawa_021

(3)に続く...

2006年1月30日 (月)

さら初めての電車-鬼怒川温泉旅日記(1)

電車を使っての犬との旅行は初めてでした。

行ってまいりました、鬼怒川温泉。28日から一泊です。
実は申し込んでから知ったのですが、ナント今年の3月中旬あたりから新宿から鬼怒川までの直通電車ができるそうではありませんか。そうなれば我が家からは乗り換えが一回で済み、特急だけに乗車し、しかも個室が取れれば、犬連れに伴う緊張感は大分緩和される筈です。(片方の特急はセミコンパートメントしかありませんが)今回は乗り換えが3回もあり、しかも在来線は混雑気味...orz...

さらの電車のおけいこの暇もなく、いきなり乗車時間だけでも合計3時間半の強行日程に引きずり込むことになりました。音に過敏に反応するさらが、電車の音に耐えられるのでしょうか。しかもキャリーバッグは2日前に買った未使用の不慣れな代物...kinugawa_006

色々考えていても仕方がないので出発です。先ずは自宅最寄駅から。
さらは電車の大音響と新しいキャリーで、借りてきた猫状態でした。私鉄なので、みっちり蓋ができるキャリーで車内では出さないというのがお約束で、料金は無料です。
車内は空席はなく、人口密度は、隣に立っている人から50センチくらいの混雑でした。
最初は二人でハラハラしていたのですが、平気そうなので、こぶの様子を見てヒソヒソ声で「こうちゃん、いい子にしていようね」と言うと、「あん」と口だけ開けて声を出さずに返事をするのでそれがおかしくて、しばらく気を取られていました。

メリメリという音が聞こえてはいたのです、確かに...耳に届いてはいた...でも大して気にしていなかった...
なにげに私が抱えていたさらのキャリーを見ると...
あろうことか、さらが頭突きでキャリーのマジックテープを開け、首から上全部を外に出して車内の様子を観察しているではないですか...(この写真ではないです)。しかも、飛び出し防止のフックをハーネスにかけるの忘れていました。

「おい、なにやってんだよ!早くふたふた!」
「早くったって、自分でやってみなよ!すごい力なんだってば、閉まらないよ」と密かにバタバタしていると、横に立っていた女の人が犬に気付きました。私は全力で『お願い、かわいいとか言わないで』オーラを出し、蓋を閉めようと汗だくになってしまいました。
このキャリー、DOGDEPTのSALEで気に入って買ったはいいのですが、蓋がファスナータイプになってはいるのですが、最後の部分だけがマジックテープできっちりと閉まらないのです。
「なんで、そんなもの買ったんだよぅ、バカじゃねえの?」とヒソヒソちゃんぴー。
「バ、バカって...」うぅ...くやしぃ...チキショゥ...さらのバカ...kinugawa_004

もうグッタリしたのですが、何とかキャリーに納まってもらい北千住から、きょうのお楽しみ特急スペーシアに乗車です。
しかし、これも乗車場所を間違えて、「準急の乗り場」で待っていたのです。どうしてこんなミスを!そういえばたいして確認しなかった...「~急」という文字に満足し、あぁ、ここなんだわもうここでいいわ、と「ここだからね」と威張って言ったものの、直前にちゃんぴーが気付き、「俺達って特急に乗るんでしょ?」と言い出し、もう一つの特急専用の改札を大笑いで抜けました。
「頼りんなんねえよなぁ...すっげえーいい加減...」とまたしても株は大暴落だわ...

午後2:14発の「きぬ125号」6号車のコンパートメント2番です。6号車はコンパートメント専用車でしたが、浅草からの人たちで満室でした。もうすっかりできあがっているのか、お酒で上機嫌になった人たちの大声が響いていました。
室内は二人と犬2匹でちょうど快適な広さ、清潔で椅子もフカフカで、先ほどまでの緊張から解放され、うれしくなってしまいました。

久々にこうちゃんとさらをキャリーから出します。
...と、そこに見ていたかのような車内アナウンスです。
『停車駅は○○...鬼怒川到着○○時..ビュッフェは○号車...携帯電話はデッキにてお願いします。ペットはケースからお出しになりませんようにお願いいたします...』
せっかく個室を取ったのに...でも毛が飛び散ったりお掃除の手間も大変でしょう。残念ですがキャリーの中で2時間過ごしてもらいます。kinugawa_003

ヒトは北千住で調達した茶めし弁当とチキンライス弁当でお昼にします。家では、「2時過ぎにお昼だと夜までにお腹が空くかねぇ。」なんて話していたのに、やっぱり私達はしっかりご飯粒を食べてしまうのね...こぶとさらは唐揚げに鼻をヒクヒク!舌をペロペロだったので、家から持ってきた犬用の蒸しささみのおやつをあげます。水もおいしそうに飲んでいました。

お腹いっぱいになると、犬とちゃんぴーはイビキをかいて寝てしまいました。私は雑誌を読んでしばし寛ぎます。
検札の車掌さんも誰も来ませんでした。あっという間に「鬼怒川温泉駅」到着です。

(2)に続く...

2006年1月29日 (日)

只今スペーシアの中です

夕べは、ご馳走をいただき温泉につかったら、すごい眠気がおそってきて、9時半には寝てしまいました。
帰りは個室がとれず一般の指定席ですが、満席ですごい混雑です。
こぶとさらは、とても良いこにしています。060129_1149.jpg

2006年1月27日 (金)

DOGDEPTのSALEでした

2006 鴨が戻ってきてよかった。
このところの工事騒ぎでさっぱりご無沙汰していた鴨がみんなで気持ち良さそうに浮かんでいた。
えさはあるかなぁ。少し気になるところ...

きのうは、ちゃんぴーの帰りが遅く、夕食は外で済ませてくると言い残して出かけたので、ヒャッホー!と、行きたかったここやあそこ...色々と見られてよかった。
遅くなるだろうと昼間からリビングと玄関の電気をしっかりとつけていった。お皿にこぶさらのおやつのビスケットも2枚。
さらがうらめしそうな顔で見送った。

そして、駆け足でまわりにまわり、歩き疲れもうだめだ帰ろうかというそんな時、なんとDOGDERTのSALEを発見してしまったではないですか。
あらいやだ、いつからやっていたのだろう。『もうお金は使わない』と思ったのに足が勝手にグングンと売り場に私を連れてゆく。
そして恐怖の衝動買いです。カーキ色のキャリーバッグとお散歩ポーチ...お散歩ポーチもすごい人気の品で一旦売り切れ、再入荷したものだったのです。一万以上するさら用のキャリーが8800円で買えてしまうなんて。ポーチは安くなっていた分以下の値段で買えてしまった。ラッキー!
人間用の物はもったいなくて財布の紐は固いのに、犬用ともなれば、親バカ全開...どうぞ笑ってやって下さい。

あしたは犬とギックリちゃんぴーと珍道中へ出かけます。

2006年1月26日 (木)

ひょうたん島に現れた動物とは?

2006 く何か現れないかなぁ、と毎日楽しみにしていたら、ひょっこりと大きなものが現れました。

んだ、ヒトか...草を植えてくれているおじさんでした。
あれ?ヒトがどうやってここまでたどり着いたのか。カヌーも飛行機も見当たらないしおじさんの服も濡れていないよ。高飛びで来られる距離でもないし...

ころで、先日イイタヌさんからいただいた棒寒天でまた一品。
カリンのはちみつ漬の瓶詰めがあったのでそれとりんごを小さないちょう切りにして加えてみました。
今まで興味はあったものの実際に料理するまでにはならなかった。それが、黒ゴマ寒天をきっかけに色々とアイディアが浮かぶようになって、寒天ワールドが広がった感じ。2006
度はサラダに、ちぎっただけの寒天を入れてみよう。
スープにも入れたらどうかなって考えたけど、それはただとけるだけ、またはスープが固まるだけですね。(先日の写真はこちら

このカリンとりんごかんのレシピは自分で考えたものですが、一応書いておきます。

* 棒寒天半分を洗った後、たっぷりの水でふやかす。(1時間もしないうちにやわらかくなる)
* やわらかくなった寒天をギュッと絞り、細かくちぎって鍋に入れ、水250ccで煮とかす。
* とけたら、カリンのはちみつ漬け大さじ3とりんご適量のいちょう切りを加えて良く混ぜ、型に入れ、荒熱が取れれば、冷蔵庫に入れ冷やす。

写真は、(棒寒天半分で)水250ccで作ったものですが、もうちょっと水分が多くても良いかなと思いました。これはかなり固めにできあがりました。
棒寒天の水分は、一本に付き500~700ccくらいが目安です。混ぜ込む素材に含まれていそうな水分も計算して考えてみてね。
私はこうやって型からはずさなければ、本当はもっと固まりかけのゆるいのが好きです。

2006年1月25日 (水)

飛行機雲?

2006 今朝、カーテンを開けると雲が線になっていく筋も空に浮かんでいた。
最初、飛行機雲だと思ったけど、同じようなものが何本もでているし、飛行機も全然見当たらないし。

それから数時間後、今度は散歩に出ると、今度はもっとはっきり同じようなものが出ていた。
これは飛行機雲なのかな、やっぱり、わからない。

温泉行きの特急券、どうせこんな寒い時に、わざわざ雪の中に行く変わり者もそんなに数いないだろうから、当日行き当たりばったりでいいやと思っていたのに、犬の乗車の件でたまたま問い合わせたついでで混雑状況を聞いてみたら、頼りにしていた個室がもう、あと一つでいっぱいだと言われた。ネットでも「△」の「あと少し」マークは出ていなかったのに...
やっぱり、ネットより人と直で話すのが一番。あわててJTBに走って行った。慌てすぎて車に乗るのを忘れた。
予定していた列車より、あと一本遅らすと午後割というのが使えるということも、教えてくれたのでそれにした。帰りの個室はもうすでに売り切れていた。
犬2匹をどうやって電車の一般席でだまらすか。2時間。良いアイディアのある人に聞いてみたいわ。はぁ~。
行き先は帰ってきてから日記に書く予定。

2006年1月24日 (火)

丹沢T公園に残った雪と毛皮不買同盟参加

2006 今日の散歩はT公園です。うちから車で2~30分くらい登ります。

出発が遅くなってしまったので、ランチを向こうで食べようとお弁当を持っていきました。

到着してみると、山の斜面や日陰になっている所はまだ、大分雪が残っていました。2006

こぶを雪の上に誘ってみたのですが、来ようとはしません。雪の上を歩くと足が冷たいと、彼なりに学習したのでしょう。

お弁当を食べていると、かわいいシュナウザーを連れた男の人が話しかけてきて、しばらく犬同士を遊ばせました。シュナウザー君は9歳。ちょっとやそっとのことには動じない頼もしい風格を持ったワンでした。飼い主さんは誰かに似ていると思ったら、ホリエモンでした。ホリエモン、嫌いじゃありません。2006

*****

今朝、イイタヌさんの日記を読んだら、毛皮に関する記事がありました。早速pjsさんのサイトに行き詳細を読みました。
こういう話、やりきれません。私はビデオを見たりしたらひどいことになってしまうので残念ながら見られませんが、テキストだけで充分理解しましたのでバナーを貼ることで『毛皮を買いません同盟』に参加することにしました。

2006年1月23日 (月)

こわい電車と好餃子

きょう、電車に乗っていたらデブヤの石塚さんにそっくりな人が前に座っていた。
車内は比較的すいていて、メールを打つ黒いコートを着たサラリーマン風の30代の男。そのサラ男がなんちゃって石塚に携帯を切るように注意されたのに無視したせいで、なんちゃっては突然「おい!!切れって言ってんだろー」と、「ろ」の所、巻き舌モードが入ってしまい、その直後に、前に座っていた私と目が合った。
私の携帯はちゃんとマナーモードだったけど、なんちゃってが手に持っている傘がすごい怖かった...
こっちにトバッチリが来るのかなと思ったけど、ここで席を移ったら「おい、待てコラ」とか言われそうなので、なるべく刺激しないように身を固まらせていた。
なんちゃってが、「ここに書いてあんだろーがー。オラー」と続けて「ら」巻き舌で、今にも何かしそうだったので、心の中でサラ男に『どうでもいいから、早く切ってくれィ』と念じた。
サラ男は「チッ」と、やっとメールを打つ手をやめたけど、優先席付近だと、電源を切らないといけないんでしたよ。マナーモードではいけない。つまり、メールもいけない。
マナーを守らない人もいけないが、なんちゃって君におかれましては、もちっと穏やかに頼む...

きょうはクタクタに疲れ、もう夕食は作れないので、餃子を買ってきた。
好餃子(ハオチャオズ)ので、2006 これは箱から出しただけの状態です。
もう、疲れていたのでレンジでチンしてしまったけど、フライパンで焼き直した方が断然おいしかっただろうな...
やっぱり餃子のおいしさには皮の(特に底部分の)食感が大きく影響する。パリッとしてないと...

で、帰ってみると、温泉旅行に着せていくために買ったさらの背中にビーズ付きのサーモンピンクのお洋服が、ビーズがボロボロにはずされて見るも無残になっていた。
コートの下に着るのでこんな薄いのがいいと思って、いたずらされないように、高い所に置いておいたのにソファからナイトテーブルを伝って届いてしまったらしい...
それで床を見ると、ビーズは1個しか落ちていない...。全部で確か8個はあったはず。残りは?

2006年1月22日 (日)

ひょっこりひょうたん島ときょうのちわわ動画付き

2006 うちの部屋の窓から見えるこのひょうたんのような島、つい先日、朝カーテンを開けてみると突然できていて驚きました。

この池は、市内ではちょっとした有名な湧水池なのですが、毎年寒くなると鴨がやって来ます。そして前までは細長い足場があり、そこで羽を休めていたのです。
ところが、この池を桜の絶景ポイントとしての公園に作り直すことになり、その足場も壊すことになったので、マンション住民など、皆で「野鳥の足場を残してください」と運動したのです。

ひょっこりとできたこんなちっぽけな、でもかわいい島。よく見ると、草も植えてくれたみたいです。公園にすると聞いた時から野鳥のことが気がかりでした。私一人で言っていたのではとても叶わなかったでしょう。すごくうれしいな!どんなものを植えてくれたのかな。
そして話していたのですが、ここに鳥が来るのは当たり前ですが、ある日思わぬお客様が現れないかね...なんて。たとえば、カバとか、カワウソとか、ラッコとか。(普通それはないでしょうかね)
毎朝、カーテンを開け、この島を見るのがちょっとした楽しみです。

きょうもどんよりとした、ちょうどパリの明るさと似たような日になってしまいましたが、こぶとさらは元気です。ケンタのおまけ、前もらってきた時はカンカンに怒って大変だったのですぐに隠したのですが、久しぶりに出してきてぜんまいを巻いたらこうでした。
ホルスタインのようなL型ちわわをご覧になりたい方は下をクリックしてね。
オシッコだらけの敷物と一緒にどうぞ!(ダウンロードに時間かかるから、忙しい方はやめてね)

「2006.1 040.mov」をダウンロード

2006年1月21日 (土)

寒天2種と犬宿選定

2006 イイタヌさんが早速、黒ゴマ寒天のレシピを教えて下さいました。ありがとう!イイタヌさんのお母様のレシピはこちら

きょうは雪だったので車も出せず、出かける予定もなかったので早速作りたかったのですが、材料にリストアップされている練りゴマ、生クリームがうちにはなかったので後日にしようと思っていました。...午前中は。

ウフフ...トーストに塗るゴマペーストがあったのです。なので、レシピのペーストとお砂糖のところを、これで代用できないかとウズウズしていました。そして、やってみました。
なんだか、イイタヌ家のものより、黒っぽくなってしまいました。こんにゃくみたい...
お砂糖は入れずに、ゴマペーストの糖分だけにしました。
思っていたより早く固まり、味のほうは、ゴマの味がしておいしい!新しい食べ物という感じ。このほかに桃缶があったので、『しろ桃かんかん』も作ってみました。

寒天のレシピをネットでいろいろ調べたのですが、棒寒天ならば、棒寒天一本に対して水分(牛乳やシロップなど)500~700ccの間で適宜調整すれば、あとは色々工夫すればできるのですね。いただいた寒天を使い切ってしまったらまた寒天を取り寄せ、しばらく色々やってみようと思っています。

ところで、ずっと温泉に行きたくて探していたのですがおとといの晩、決まりました。
本当は一人でスマートにぷらっと東北の秘湯に行くつもりでしたが、ちゃんぴー(さらパパ)の腰がまだ調子よくなく、温泉に入りたいというので、犬2匹と共に珍道中になってしまいます。
行き先は多分雪が積もっている所です。車を運転するのがいやだそうなので、(私もヤだ)仕方ないので特急で行きます。
宿はネットで調べたのですが、ずっと夜中に長時間色々比べていたら何だか頭がゴチャゴチャになり、訳がわからなくなってきました。宿のPRのところで『女将からおやじのサービスあり』とあるので、おやじって、女将の旦那さんで、夕食の時にでも部屋に来て芸でもみせてくれるのかな、と絵まで想像しましたが、良く読むと『おじやのサービス』ではないか...そうだよね、普通。
目まで悪くなっているようです。珍道中の模様は帰ったらそのうち「湯煙り紀行」をUPします。犬と電車でなんて...大荷物を抱えて雪の中...考えただけでめまいが~...

2006年1月20日 (金)

ポンポコ村よりのお届け物だ!

2006 かねてより、とんちのきいた楽しい日記「まめくらぶ」で楽しませてくれていた良いたぬきのイイタヌさんから、30000カウンター目を踏んだプレゼントとして、ポンポコ村の特産品セットが我が家に届きました。
これは現実のお話です、本当に届いたんです。
きょうの午前中のことでした。

イイタヌさんは先日、旦那様とチワワのチクワちゃん(女の子です)と一緒に法事の為、ご実家のあるポンポコ村に帰省されたのでした。
出かける前は、すごく寒いらしいと用心して寒冷地用のブーツまで買って準備したのに、思いのほか暖かく拍子抜けしちゃったようでした。2006

郵便局のおじさんが大きな箱を届けてくれました。
夕べ良いたぬきさんが『馬糞ではないものを入れておきました』なんてメールをくれたものの、ここはとんちのきいたたぬきさんのやること、もしや馬糞の場合も考えて...と、逸る気持ちを半分おさえて、恐る恐る箱を開けてみると、中から出てきたものは...。

写真をご覧下さい!なんと、たくさんのポンポコ村の特産品の数々...!
かりん寒天氷もち塩羊羹に郷土銘菓のポンポコ豆。そしてポンポコ村特産の、待ってました!の棒寒天です。す、すごいー...こんなに?お、おいしそ~♪

寒天はデザートにお料理に、今注目のダイエット食品、早速私もネットでレシピを探したいと思っているのですが、これは是非、たぬきさんが帰省された時の『新御霊』というお集まりの際、食卓にのぼったという黒ごま寒天のレシピが知りたいところです。『新御霊』のほかに『どんどん焼き』にも参加したイイタヌさんの旅行記こちらです。2006

そして、3番目の写真をご覧下さい。
こぶとさらの写真のカプセルシールです。二つもいただきました。
裏はシールになっていて貼れるのですが、うっかり壊れては大変なので、ただ今貼る場所を審議中です。
これはイイタヌさんの手づくりで、去年の日記に書いてあった時、私も気になっていたものです。
ジャックモールのトイザラスで買ったそうです。おもちゃといっても、今のものはあなどれませんね...『対象年齢6歳以上』だそうですが、多分私にはできないでしょう。ウーム...
ちなみに、今回ビーズやスパンコールを入れるときは、イイタヌさんはスプーンで入れたのでしょうか、それとも手で入れたのでしょうか。

それにしても、今年は新年からうれしいです。ポンポコ村にも、以前より親しみを感じてしまいます。イイタヌさんありがとうございました!お手すきの時、ごま寒天のレシピお願いしますね!

2006年1月19日 (木)

たまには仲良し

七海ちゃんの目標金額達成となりました。9600万をオーバーしたようです。
ご両親のメッセージもありました。今、渡米にあたっての諸手続きを進めているとのこと。詳しくは七海ちゃんのサイトをご覧になって下さいね。
ご協力していただいた方、本当にありがとうございました。
越えねばいけないハードルはあまりにも多いですが、これからも見守ってゆきたいと思います。

*****

2006 さらのシャンプーをしたその日の夜、ちゃんぴーが「ウヘーー、洗うべきはこぶだったんじゃないのー?」という悲痛な声を上げました。
言われるとおりにこぶの左半身の匂いを嗅いでみると、なんだこれはー!!
昔、野良猫を拾ってきて一緒に暮らしていたのでわかるのですが、この匂いは紛れもなく、猫のオシッコの匂いです。
考えてみれば、散歩の時服を着せて行ったと勘違いして、体のほうはあまり丁寧に拭いていなかった...
でも、この日はいつも以上に服をいやがるので、ハダカンボで連れて行ったのでした。それで、芝生の上でまたゴロゴロとスリスリとしたのでしょう...
今頃気付いて、ソファは...ベッドは...
アーー...頭がクラクラとしてくるのでした。

仕方ないので、私がお風呂に入るついでにこぶをシャンプーしました。

そして、手帳にシャンプーのシールをペッタン!
2匹になるとそれぞれのシャンプー、爪きり、ワクチン、狂犬病など、手帳にシールを貼っておかないとゴチャゴチャになるんです。2匹でこうですから、3匹やもっとそれ以上の人って一体...
いっそのこと、2匹のワクチン等は同じ日にできればいいのに。そうできないかな...
なんてボンヤリ考えていたのです。

今晩は酢豚にします。

2006年1月18日 (水)

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

引き続き、七海ちゃんへのご支援をよろしくお願いいたします。郵便局口座もできました。

七海ちゃんの近況、ご両親のメッセージなど、七海ちゃんのサイトに報告があります。
私が初めて、このサイトを訪れた時はまだ寄付も2千万円代だったのに、今見てきたら、7600万円を超えていました。もうすぐです!七海ちゃん頑張れ!

*****

2006 さて、きょうもかごに入れてしまったもの。
『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』(三和豆友食品株式会社)です。
パケには、沖縄県糸満沖海水苦汁&北海道産丸大豆と書いてあります。
サーフボード型の容器に入ったこのお豆腐、大きめのスプーンで一口すくって口に運ぶと、ドローンとしたババロアやプリンのような食感で、大豆の味が濃いです。
おいしいお豆腐には何もつけずにそのままいただいていますが、これもお気に入りのひとつです。

きょうはジャスコで買いましたが、ヨーカドー系にも置いてあるみたいですよ。
この会社のホームページがまた、テーマソングまであって、ちょっとおもしろいんです。

まだ召し上がったことのない方は、今度見かけたら買ってみてね。

2006年1月17日 (火)

さら、洗面台でシャンプー

引き続き七海ちゃんのサイトにお一人でも多くの方に訪れていただけますよう、ご協力よろしくお願い申し上げます。

*****

きょうは、午前中ポカポカしていて気持ちが良かったので、散歩から帰ってきてからさらを洗うことにしました。皿洗いではありません。我が家の女帝「さら」を洗面台で洗ったのです。

そういえば、今年に入ってからトイレの粗相も一回もありません。でも、昔こぶがそうだったように、私を後追いするのはそっくりそのまま同じです。
散歩の帰りに食料品の買い物をする場合、犬は連れて入るわけにいかないので、「お兄ちゃんとパパと待ってるんだよ」と言い残してちゃんぴーに渡しても、私が車のドアを閉めて歩きだすと、もう泣いているらしいです。(吠えるとは違う)

一人旅に出た時もちゃんぴーが「さらがママを探して泣きました。」などとメールをよこすものだから、その時はちょっとかわいそうに思います。2006

この子はこぶより、なぜか水に慣れていて、シャワーに対してもあまり怖がったり、逃げようとしたりはしません。

まだ、体毛もたんぽぽの綿毛のような、マシュマロのような触り心地です。直接シャンプーを付けるのにちょっと抵抗があるので、洗面台にお湯を張り、その中にシャンプー剤を溶かし、シャポシャポと泡立ててバブルバスのようにしてさらを入れます。そして指の腹で洗っていきます。2006

一番難しいのはお顔まわりのシャンプー剤を流す時に耳に水が入らないように気をつける、というところです。
この間NHKの趣味悠々でシャンプーの回の時に見たら、上手なトリマーさんが「このように、お顔のシャンプーを流す時はワンちゃんのお顔を上に持ち上げてくださいね。」とおっしゃっていましたが、片手でなんとか上に持ち上げても、上を向いててくれるのなんて、ほんの短い間です。あまりモタモタしていると落ちてきたシャンプー剤を舐めだすので、気が気ではありません。2006

きょうは、無事シャンプーが終わりタオルで拭き、ドライヤーを出そうとしたほんのささいな瞬間にダッシュでリビングに脱走を図りました。
猛烈な勢いでソファに飛び乗り、身震いをし、変な格好をして体をズリズリとブランケットにすりつけていました。

濡れネズミのようでかわいかったので、こちらはカメラを取りに書斎へダッシュです。
いたいた、まだブルブルしていた...

このあと洗面室の洗濯機の上に乗せられて、尻絞り、爪きりのフルコースを終えたのでした。
きょうのこぶ家は、おでんにします。

2006年1月16日 (月)

19年記念日でした

引き続き七海ちゃんのサイトにお一人でも多くの方に訪れていただけますよう、ご協力よろしくお願い申し上げます。

 *******

2006 きょうは、結婚記念日でした。あれからもう19年か...まだ9年くらいしか経っていないような気持ちです。
結婚式はハワイの小さな教会で挙げました。ハワイに行くたびに必ず足を運んでいます。
生のハワイアンウェディングソングをアカペラで歌って頂き、指輪交換では左右を間違えかけましたが、O型同士なんとか今日までやってきました。
ハワイ時間の15日で、指輪にも15と掘ってあるのですが時差で16日になるのでしょうか。で、毎年この日を記念日に仕立て上げてますが、別に15でもどちらでもいいかな。

きょうは、記念日だということをわざと黙っていたのですが、さすがのちゃんぴーも辛うじて覚えていたみたいで、仕事帰りにケーキを買ってきました。仕事場から自宅までの間に一軒おいしい所があるのですが、きょうの包み紙はそこのものではなく、自宅から目と鼻の先の所です。
『ハハーン』、こぶママ探偵団はこう読みました。
『これは自宅近くになって急遽思い出し、あそこに飛び込んだな』。
玄関に現れた時、なぜかエヘヘという顔をしていたもんね。2006 でもどうでもいいです。ケーキです!

そこへ暗闇からニョッと現れた一人の男...
名犬こぶ丸ではありませんか。さては狙ってるな!
でも、これはあげられません。犬用ではないのよ。

2006 知らん振りを気取っていても、君がケーキを狙っているのはよくわかっているんだよ。

テーブルの下でジット待ちます。2006
食べてみると、フィンガービスケットの部分がちっとも甘くないのです。

これならひとつお裾分けです。
フィンガーにいちごを乗せてアーン!

「タハッ!タマラン...トコロデ、キョウハ、ナンノオイワイデスカ?」

2006年1月15日 (日)

かわせみが遊びにきていました

piano lessonのmikiさんのブログにて、七海ちゃんの命を救うために、皆さんの助けが必要となっています。

1.短期間で、多くの方々へご理解をいただくため

2.そして、一日でもはやく目標の金額に到達させるため

3.ブログが世のため、人のためになることを実証させるため

上記3点のために、速やかに、本内容をコピペいただき、最低3人の方へ、TBをしていただけないでしょうか。

そして、できることであれば、小額でも寄付のほどを宜しくお願い申し上げます。

※このお願いは、あくまでも任意ですので、ご理解をいただいた方が、自らの意思で、協力をいただく形となります。

   ***********

上記のコメントをみつけましたので、私もコピペさせていただきます。

七海ちゃんが無事に海をわたり、元気になられますように...

   ___________

2005 去年の暮れにうちのマンション前の池に遊びに来ていたかわせみです。

お正月に載せようと思っていましたが、こんなに遅くなってしまいました。

たまに来てくれるのですが、写真を撮ろうとすると、パッといなくなってしまい、こんな背中のブルーがわかるほどに撮れたのは初めてです。

静かな晴れた日でした。

2006年1月14日 (土)

銀色夏生の「庭ができました」

つれづれノートはもうおしまいと聞いてから銀色夏生がずっと遠くへ行ってしまったような淋しい気分だったけれど、きょうたまたま出かけたついでに寄った本屋さんで角川からの新刊文庫を発見。
「庭ができました」これは、「家ができました」の庭編で、「こうやって報告し終えたら、そこでやっと家と庭というこの作品作りは終わります。」ということです。
いつから店頭に並んでいたのかな。きのう、きょうと新聞を読んでいないのでわからないけど、犬宿情報の本と共にすかさずGet!

これを読み終わったら今度はいつこの人の本が読めるのか分からないのでチビリチビリ読むことにしよう。(幻の芋焼酎のようだけど)

銀色夏生さんは「木は、思いついた好きな木を全部植えました。」と書いている通り、とても様々な思いつく限りの素敵な木を全部植えたみたい。贅沢だなぁ。
300坪の庭...!考えただけで天国のよう...
私なぞ生まれてから今までマンションばかりで庭のある家には住んだことがないからすごい憧れ。
300坪もあったら、半分はこぶさらのドッグランにする!そしてそして、実のなる木をいっぱい植えたいな。サクランボ、みかん、柿、ブルーベリー、バナナ、マンゴー、ザクロ、レモン...あっ、でもそれはなしにして、全部を薔薇園みたいにするのも良いかも。野鳥の寛ぐ所も作って。

...というような話を夕食の時に話していたら、話しながら、庭があれば葉っぱも落ちる。そうしたらそれを掃除したり、草木の手入れで、ズボラな私にはとても無理かな。それにまたこれ以上家に束縛されることになるのかなぁ、などとも考えが浮かんできた。
やはり戸建てって、防犯面や色々、マンション住まいにはない苦労もあるだろうな。
でも、それでも「日に何度もふらりと仕事部屋から出て、庭を歩きます。」なんて生活には憧れる。煮詰まった頭を冷やしに庭に散策に出ると、自分の植えた好きな木々が風にふかれている...「あら、ブルーベリーがこんなにいっぱい実を付けて!」なんて、いいなぁ。

私は、庭だったらベルサイユ宮殿のようなきちんと計画された庭よりも、ターシャ・チューダさんちの庭のような、ボサボサガサガサっと宝箱のようにいろんな木々や花々のある所の方が好み。

庭付きの家、いいなぁ。早まってマンションを買ってしまったけど、犬が2匹も来ることになるとは思いもよらなかった。家を買うならある程度自分達の好みのライフスタイルが固まってきてからの方が良かったのかも。あぁ、人生ってむずかしい...2006

2006年1月13日 (金)

炊飯器を使ったブルーベリーチーズケーキ

2006 みそがい氏のサイトで見かけたチーズケーキ、おいしそうではありませんか...是非マネをしてみたく、レシピを丸ごとプリントアウトさせていただき、今日実行してみました。

みそがいさんは、何回も、何種類もやってみたようですが、すべての作り方と写真を見て、どうも3番目のが一番おいしそうだと思い、決めました。炊飯器のレシピ集に載っていたものだそうです。

グラニュー糖80gのところを60gでやってみました。ヨーグルトについて来るグラニュー糖が4つしか見当たらなかった為です。ほかは分量どおり。ただし、直前までブルーベリーというのを忘れていて、作り出してからハッと思い、確か冷凍庫にあったはずと出したので、解凍はうまくしたつもりだったのですが、この水分がいけなかったのか、できあがりのホールの写真がみそがいさんのようにうまくいきませんでした。
で、ピースで勘弁!

炊飯器がどういうわけか早切れしてしまい、スイッチを3回分押しました。3回目終了時点でどうやら串に何も付いてこなくなり、少し時間をおいてからお皿にひっくり返すと、やわらかすぎてちょっと型崩れしてしまいました。でも、味も食感も申し分ないです!
写真は断面図ですが、フワフワしているのがおわかりいただけるでしょうか。

白身を泡立てるのがとても楽しく、これからはもっと色々作ってみたくなりました。

2006年1月12日 (木)

犬宿情報を少し

誰しも時間を忘れるほど熱中するものってあると思うのですが、私は旅の本や情報を読んだりしていると、あっという間に時間が経ってしまいます。
きょうは、犬宿(犬と泊まれる宿情報)について調べていました。
ありがたいことに、犬と泊まれる宿は毎年増えつつあるのですが、残念なことに犬の受け入れをやめるところもボチボチあることも事実です。
きょう知った限りでは、北軽井沢の「ホットスプリングス」さん、そして河口湖の「プライベートホテル麗」さんが、犬の受け入れをやめるそうです。両方とも人気ランキングでは常に上位に位置していた施設です。麗さんのほうは、1月いっぱいで受け入れを中止し、3月からガーデニングのお宿として、再出発なさるようです。

そして、ある宿は犬の受け入れをしてくれていたのですが、ずっと悩み続け近々Webサイト上に「大型犬の受け入れは断る」旨を明記するそうです。
今まで「大型犬は相談」となっていたのですが、新築の部屋、階段、廊下などが爪やクレートの出し入れの為、傷が付き悲しくなったそうなのです。大型犬のオーナーのしつけ、マナーなどは問題ないそうなのです。
でも、私個人の意見ですが人間にも爪があれば、大型犬にもそりゃ爪はあるでしょう。
最初に受け入れると決めて下さったからには、なんとか対応できるような工夫をしてほしかった...うちみたいな小さい犬は部屋の中でも、又、公園などに行けば走るチャンスは結構あるけれど、大型犬は犬施設へ旅行に行ければノビノビと遊べる絶好のチャンスになるのだけどな。オーナー側のしつけにも問題がないのであれば、残念なことです。

犬を初めて旅行に連れて行くのは、トイレの問題等から考えても生後1年経過後が適当だと思いますし、そう明記してある所もありますが、うちみたいな旅行好きな家族で、待てない場合、最初は「わんちゃんお泊まりデビュー」なんかの企画をしてくれる所や、「お泊り初めてのわんちゃん歓迎」等と明記してくれている所がいいかもしれません。
そして、そのような所に何度も足を運んでいるうちに、だんだん自分達にはどんな所が向いているのか、たとえば貸し別荘タイプがいいか、ホテルタイプがいいか、こじんまりしたペンションが向いているのかが、わかってきます。うちはこぶがほかのわんちゃんに興味津々なので食事時はなるべく部屋食の旅館タイプか、別荘タイプが向いています。こぶのお泊りデビューは無謀にも、まだ1歳にもなっていない時で、伊豆高原のホテルサンロードだったなぁ。
さらも先日のわんパラ宿泊時は生後8ヶ月だったけれど、両方ともトイレの失敗もないし問題はなかったけれど、安心感という点ではお泊りデビューに向いた宿でした。DSCF0894
今後もできるだけ色々なきれいな景色を見せてあげたいし、一緒に楽しい体験を沢山していきたいと思っています。

*****

ちょっとお得な情報少し

★山中湖のホテルバイロン
インターネット割引(2月1日~3月31日)大人通常料金より2100円割引で、2月中はわんちゃんの宿泊料金は無料だそうです。

鳥羽わんわんパラダイスホテル
3月31日まで通常の食事に加え、大人2名に1杯松葉かにをプレゼントだそうです。
そしてこのわんわんパラダイス、昨年の11月14日に高山にもオープンし、今だと『オープン記念豪華飛騨牛料理宿泊プラン』があるようです。

きょうの写真は、お泊りデビューをした頃の1歳のこぶ丸です。

2006年1月11日 (水)

崎陽軒のひょうちゃん

きょうはワンワンデー(ポイント二倍)だったので、散歩のあと、こぶさらのおやつをまとめ買いに行きました。
さらがいつも、私達がおせんべいを食べている時、とても興味を示すので『わんわんせんべ』を買ってみました。お三時にあげてみると、とても喜びカリカリカリカリとその歯触りを楽しんでいたようでした。
ほかに、クロロフィル入りのグリーンガム、砂肝ジャーキー、ささみ巻きお芋、チーズスティック、おかかのふりかけなどを買いました。

ところできょう、カップボードの整理をしていたら、こんなものがでてきました。
そうです、崎陽軒の「シウマイ」(「シュウマイ」じゃない)にいつもそっと付いてくるひょうちゃんです。2006 別にコレクターというわけではないのですが、捨てられずに缶に入れているうちに、少したまりました。
良く見ると、色々な表情をしていておもしろいです。
これは510円の「シウマイ」15個入についてくるもので、1000円くらいのシウマイを買えば、もっと大型のものが付いてきます。

これを作っているのは崎陽軒ではなく、愛知県にある「ヤマキ電器」という電器屋さんだそうです。

崎陽軒ではひょうちゃんサブレ3枚150円なんかもあるそうです。

今晩は、かやくご飯を炊いて、大根を煮、サバを塩焼きにして、お豆腐のお味噌汁にしました。それから「鏡開き」だったので、かやくご飯をお代わりしたいところを我慢して、お汁粉をいただきました。ごちそうさま。

2006年1月10日 (火)

インドカレー屋のBGM

2006 真夏の暑い日、エアコンを切って窓を閉めきり、こういった類のものを聞いているとまるでそこはもう、本物のインドになってしまったかのようになりますよ。
妖しい...妖しい...妖しいです。

先日小田原のタワレコでみつけたCDです。(ビクターエンタテインメント)
パケの注意書きに、
『※パッケージ写真のカレー、インド人はイメージです。この商品にカレーはふくまれていません。』
『※この商品は音楽CDです。熱湯や電子レンジで温めたり、食べたりしないでください。』などとおちゃらけが書いてあります。

これは、『インドカレー屋で流れているあの音楽はいったい何なんだ』という謎から始まった第2作目です。2006 去年ご紹介した『アジアンごはん』を買ったとき、気になっていたのでタワレコに行ったら、もう続編にあたるこれが出ていたのです。さらにもう一つ出ていたようでした。

何でも、第一作目は発売と同時にインドカレーファンの間で大好評だったらしいのですが、「『音が綺麗すぎる』『ダンサブル過ぎてカオス感に欠ける』との声で、今回は『インド現地のカレー屋で聞くAMラジオの音』をテーマに、より古くてディープな音源を厳選した」らしいのです。
確かに家に帰って来て最初に聞いた時は「何この音質は~?」と思ったのですが、説明にもあるとおり、この悪い音質こそが現地を彷彿とさせるではありませんか。厨房の片隅の汚い椅子に何気に置いてある古いラジオから聞こえてくる音そのものです。そして暑い所へ行った時の体調(おなかがうすら調子悪いような)までもが思い出されてくるから、まったく音楽って不思議なものです。インドはまだ未踏の地ですが...。

このCDのお楽しみ付録として、特別ルポ「妖しいインドカレー屋を探して」がついているのですが、これは辛酸なめ子さんがこのCDにふさわしい妖しいカレー屋を探そうということでたどり着いた、手づかみでカレーを食べることができる店『ダバ・インディア』でのことが書いてあり、妙に頷けます。
特にこのあたり。『...手で食べるのに慣れてきた頃、スプーンを使ってみたら、金属に違和感を感じました。カレーと自分との一体感に割り込んで来る冷たい物体...』
どうですか?分かるような気がしてきますよね。

「インドカレー屋のBGM オフィシャルサイト」もあるそうです。
今度からうちでカレーを食べる時、このBGMを流せばおいしさもちょっとUPするかな。

2006年1月 9日 (月)

似たもの父娘?

2006 きのうは、天気がよければ今日も出かけたいなと思っていましたが、朝の散歩でその意欲も失せました。やはり寒いのです。
いつもそう、散歩は行かねばなりませんから一応、朝出るのですが、それで寒かったりすると「もう、きょうは家にいよう」ということになってしまうのです。

きのう実家に行ったのですが、おもしろいことに、この年末から年始にかけてまったく連絡をしていなかったにも関わらず、父(こぶじじ)と娘(私)とで、同じような行動をとっていたことが判明しました。
私が景品(おまけ)に弱い体質であることは、もうすでに何度か書きましたが、父も昔からそうでした。そして、父も年末から同じような商品を買っていたのです。
代表的なものとして、スノーマンのカップほしさに、ケンタのチキンを買っていたのだそうです。そして、カップを使ってみたはいいけれど、父のほうは重すぎて一回でお箸立てに変身してしまったようです。私は重いなぁと思いながらも、量を飲むときにたまに登場してはいますが...
それから、私は年末に通販でおせんべいを購入したのですが、まるで同じことを父もしていたそうです。

実際、よく似た親子です。性格も似たところが多く、実家にいた頃はよくぶつかっていました。自分に似ているので、欠点もとてもよくわかり嫌気がさすのです。
食の好みもピタリと一致...そして、顔も母より父に瓜二つだと小さい頃から周りにいつも言われていました。
でも、よく女の子は父親に似たほうが幸せになるとかって聞きますが、知っている限りでは、友達に「お父さんに似てるね」と言って喜ばれたことは一度もありません。皆「えーー、やめてよー」とか「そんなことは絶対ないよ」とか言って嫌がるのです。私もです。
でも、去年に父が手術した時は自分も体調が変でしたし、やはり理屈では理解できない繋がりというのがあるのでしょうね、良いか悪いかは別として...

写真は今朝、散歩時のこぶ丸。大きくて白いグレートピレニーズ2頭に遭遇し、果敢に吠えていました。怖いのではなく、遊んで欲しかったようです。
ペンションなどに連れて行っても、大型犬とは仲良く遊べます。

2006年1月 8日 (日)

こぶじじ、こぶばばのおうちへ

新しいNHK大河ドラマ、テーマソングが期待はずれで、もうみる気がしなくなってきました。
義経のは良かったなぁ。あの白い馬が気持ち良さそうに走っているのを見るのも好きだったし...。

きょうは、横浜の実家へ遊びに行きました。お正月は高速が混むし、ちゃんぴーの腰も調子が悪かったしで、4人で押しかけました。
特に父は犬好きな人なので(母はどちらかというと犬より猫派です)、私達夫婦よりも犬に会いたいといった感じなのです。
きのうは夜に「明日は何時に来るのだ」とか電話してきてしつこいので「雪が降ったら無理だから」と言うと、「いや、明日の天気は申し分がない」と決め付けていました。
そんな実家にお土産をいっぱい持って行くと、もうおせちも何も全部食べちゃっていて、ピザをとって待っていました。
そして、デザートは横浜プリンスホテルのベーカリー「コッペル」の抹茶シフォンケーキでした。2006 別にお正月だからというのではないのでしょうけど、金粉が乗っていました。
あそこのベーカリーはいつも正統派というか、ごくごくオーソドックスなものしか作っていなかったのに、このケーキは少し意外でした。
写真は少し白っぽく見えるかもしれませんが、抹茶色です。中のスポンジは濃い緑色。クリームは淡白ながらも舌触りはなめらかで、フワフワトロリンとしておいしいケーキでした。
秘密ですが、ここのベーカリーは手違いが多く、おととしのクリスマスは予約しておいたケーキは白だったのにチョコレートを渡したので、お店の人に言うと、ではそれはお持ち下さいと言って白もくれたので、結局チョコと白の合計2個も大きなデコレーションケーキが来たことがあります。それで、チョコのほうはあなた達持って帰りなさいと、母がくれました。
先日もスペシャルサンドを3つと注文したのに家に着いてみると、2つしか入っていなかったので、電話をして即取りに行くと、足りなかった1つ分のほかに、「なんでも好きな物をお持ち下さい」と言われてしまいました。でも、私は悪い気がして「いえ、いいです」と帰ってきてしまいました。
今考えると、なにが「いえ、いいです」なんだ。そんな時だけ遠慮深いふりをしても仕方ありませんでした。本当はあんぱん5個くらいはもらってくれば良かった。

2006 こぶとさらは、いつもなら大体、お昼の1時ごろからはお昼寝なのですが、お出かけの時はそれができないので、ボーッとした顔をしています。
うちと違って実家は広いマンションなので、最初のうちはうれしがってはしゃぐのですが、そのうちクターッとしています。

明日の天気が良ければ、どこかへまた、出かけたい気分です。

2006年1月 7日 (土)

T公園には雪が残っていました

2006 誰が作ったのか、こんなかわいくて小さな雪だるまがちょこんと石の上に座っていました。ちゃんとお手手も付いていました。

遅く起きました。
ここ2~3日寒くてお散歩も短時間しかできなかったので久々の晴れ間の見えたきょう、T公園まで全員で繰り出しました。
土曜日なので野菜市場が出ているだろうことも期待して。この間黒豆を買ったあの野菜市です。2006

こぶとさらにお洋服を着せてみてびっくり!
さらはお兄ちゃんのお下がりが、こぶはこの間の福袋に入っていて少し大きかったLサイズのお洋服が一回洗ったら、それぞれピッタリになっていました。
さらが着ているのは今でもビッチビチでよければこぶでも着られるお星様の付いたお洋服です。2006

さらは、生まれて初めて見る雪の匂いを一生懸命嗅いでいました。 こぶはもう慣れたものです。おもしろがって変わった歩き方もしてくれました。これを『新年動画スペシャル』にしようとした途端にパタっと止まってしまいました。
いつもながら、犬というものは思い通りにいきません。

そして、坂道を登り楽しみにしていた野菜市がはるかかなたに見渡せる場所まで来てみると、もう跡形もないではありませんか!

休みモードも少しずつ戻さなければいけない時期に来ているのかもしれません。

そういえば、BSで『寅さん』やっているのですね。
きょうは第24話みたい...マドンナは香川京子。
ロケ地は和歌山、京都、そしてアメリカのアリゾナみたいです。
和歌山、行ったことないです。紀州のみかん畑...暖かい日差しを受けてみずみずしく育つ甘いみかん。私の和歌山に対するイメージです。あこがれが募ります。行ってみたい。

2006年1月 6日 (金)

いよいよ月旅行?

きょう、車を運転していたらラジオから信じがたい話が聞こえてきて、気になって家へ帰ってきてから検索したら、どうやら本当の話で、しかももう、そんなビッグニュースではなく去年の10月には発表されていたことなのですね。また私だけ遅れていたのか...

その内容とは、JTBがアメリカの宇宙旅行会社、スペースアドベンチャー社と業務提携し、10月から宇宙旅行商品を販売すると発表したらしいのだ。(去年の10月)
ロシアの宇宙船に乗り月の裏側を回り地球に帰還する『月旅行』が、110億円。
そして、国際宇宙ステーションに一週間滞在する『軌道飛行』は22億円ということらしい。
(詳しくはこちら
私は今まで宇宙に行けるのは選ばれた人でしかも特別のトレーニングを長期間に渡って受けなければいけないのだと思っていたのだけど、お金さえあれば誰でも行けるなんて、本当に信じられなかったので、車内で聞いた時は『きょうって、エイプリルフールだったっけ?』などと思ってしまった。
さすが、出発前に無重力に対応する為の訓練はあるそうだが、それにしてもこんなJTBなにかが、募集しちゃうものなのか。

コンコルドジェット専門の添乗員というのは、かなりベテランのしかもご高齢の先輩添乗員にいらしたけど、宇宙の場合どうなのだろう。2005

ある日、突然うちの電話が鳴り、「さらも月に行きたい!」
「こぶママさん、しばらく家で楽したでしょう。どうですかやってみませんか」なんて言われたら(言われません)やってみようか!
こぶとさらを連れて、月にユートピアを作る為に月の土地も物色できたら...そこに建てた別荘に週末になると、ちゃんぴーが専用ロケットでやってくる...

そのうち、そんなことも普通なことな世の中になっていくのかな。

2006年1月 5日 (木)

こんなに寒い雪の日のこぶ家

2006 寒いです。今朝起きてみると外は雪で白くなっていました。
こぶとさらは寝てばかり...まるで冬眠に入ってしまったかのようです。そして機嫌が良くないみたい。
あまりに寒いのでこぶに服を着せてあげようとしたら、もともと機嫌が悪い所へもってきて嫌いなことをされたので、右手を噛んできました。危ない顔だなぁ、とは思ったけど続行したら...。
本気ではないけど、甘噛み+おまけぶんでうっすらと歯型が付くくらいでした。
ちゃんぴーが「おまえはナメられてねェ?」と言うので、ここはひとつきょうは撫でないことにしてみました。抱っこも一切しないし、目も合わせないことに。
すると、しばらくしてスルリスルリと足元に寄って来て私の顔をジッと見て機嫌をうかがってきました。もうそれで許してしまったよ!
無視なんかできないよー、こぶ。私も親バカですねー。(だからナメられるんだろうって)2006

お昼はきのうから砂抜きしていた蛤で雑炊を作りました。
干ししいたけでとったおいしいおだしもあったので、溶き玉子で仕上げて三つ葉を散らしてみました。体が温まってすごくおいしかったです。2006
そうこうしているうちに、遅れていた今月号のフェリシモが来ました。写真は『昭和レトロなマスコットの会』のキットです。
この材料で今月は何ができるのか、お楽しみです。出来上がったらUPしますね。なんだか、首の所がすごく細くて作りにくそうだなぁ。ヒントはベースが黒です。(先月はこれでした)

そうそう、関係ないですけど今年は花粉が少ないそうではありませんか、何よりです!

2006年1月 4日 (水)

パパが家にいると

2006 こぶ家のパパの休暇はまだまだ続いています。
ちゃんぴーが家にいると、こぶさらはなんだかうれしいのでしょうか。朝から浮かれています。
私が座って新聞を読んでいたりするとダーーっと走ってきて「ポーン」と足を叩いて逃げていったり、うれしいみたいなのです。
私も「トイレに入っているときに宅急便が来たらどうしよう」とか考えなくて良いし、なにかと二人は便利です。いっそのこと、早く定年にならないかな。

写真は二人でお昼寝の図です。
いつもこんなに仲良くいい子にしていてくれていれば、もう言うことはないのですが...

そうそう、こぶですがこの頃膨張度激しいなと思っていましたが、きょうそれを実証するようなことがありました。
お散歩に出る時、家の鍵を閉めている時に勝手に8メートルのロングリードをスルスルと伸ばしてマンションのエントランスの所まで行ってしまうことがあったのですが、今までは安心していましたが、きょうはこぶが出口の前に来ると、なんと自動ドアが開いてしまったのです!階段を5段くらい降りればもうすぐ車道なので、これからはうっかりしてはいられません。この正月が落ち着いたら飼い主と一緒にダイエットです。頑張ろうな、こぶ!2006

年賀状はまだまだ届きます。今年はちゃんぴー印刷工場に依頼したところ、右の4種のハガキを作ってくれましたが、あなたのおうちにはどれが行ったかな?もう忘れてしまいました。
きょうこっそり見たら、ちゃんぴーは自分用にはもっとかわいい、空飛ぶ風船の中にこぶとさらがいるというデザインのを作っていてそれが一番良いので、「ちゃんとビール日当を払ったのに」と怒りました。

コンビニで「黒豆ぜんざい」というのを発見、なるほど!と思いました。

2006年1月 3日 (火)

行動開始

2006 元旦、2日と冬眠をしているかのようにジッとしていたこぶ家がついにきょう外出しました。
午前中に地元の神社に初詣です。いつもより人出は少なかったように思います。
お願い事というより、なんとか平穏に過ごせていることにお礼をしてきました。
お相撲さんがお餅つきをしていました。私達もできたらもらおうね、なんて言っていたのに、おみくじに夢中になっているうちにあっという間に配布は終了になっていました。2006 さらは、生まれて初めてのおみくじにじっと見入っていました。
そのおみくじですが、なんと大吉でした!大吉なんてここ5~6年ひいたことがなかったので、とってもうれしくて、またおみくじに記してあったお言葉が素晴らしくとても気に入ってしまったので、結ばないで大切に持ち帰ってしまったけどいけなかったかなぁ。その言葉とは、

静かなる
   海に
 島山の緑映え
朝の
  日ざしに
    波は輝よう...

「波静かな海に朝日の輝くように 心配事なく することなすこと幸の種となって喜ばしい運です 一心に自分の仕事を大切に励み我儘を起さず 身を慎んで酒色に溺れてはなりません」ということだそうです。
本当にこのお言葉信用して良いのでしょうか?ここずーっと忍耐や心配事が多かったのでこれがまだしばらくは続くと思っていたのですが?2006  

それに引き換え、ちゃんぴーはいままで大吉が多かったのに、きょうは小吉だったようです。「枯れて枯れて冬に向かう」だーって。もう「大殺界だからかねー」なんて大笑いでした。

参拝を終えてワンを家に残し、小田原に遊びに行きました。きのう行こうかなと思ったけど寒くてやめ。初詣は鎌倉に行こうと張り切っていたのに、どうやら大晦日の日に私の車に乗り、ちゃんぴーの腰が悪化したようなのです(運転がへたなんじゃないです。シートがすっぽり埋もれてしまうタイプなので)。
ここは、ひとつお手軽にブラブラです。お寿司屋でおいしい地魚で乾杯しようと家を出たので、ちゃんぴーの気が変わらないうちに早く目指す店に行こうと思っていたのに、近くなってきたら案の定「なんか、しょうゆとかもういいよ、ハンバーグとかビーフシチューとかそういうの食いたいなぁ」とごねだしました。
あぁもう!やっぱりなぁとガックリきましたが、仕方ないのでハワイアンカフェ「マウカメドウズ」に行き、ビーフシチューにしようと思ったのですが終了していてパスタにしました。ちゃんぴーは昼間っからハワイのビールを「懐かし~」と唸って飲んでいました。私はハワイアンミックスジュース。2006

お目当ての福袋をゲットし街をブラブラし、タワレコにも寄りました。そこで買ったのは怪しげなCD「インドカレー屋のBGM 激辛編」これについてはまた別の日に話題にします。2006

夜になったので鰻やさんに入りました。とってもとっても古いノスタルジックな店でした。うな重を注文したら肝吸い、酢の物まではわかるのですが、多めの野菜サラダがついてきました。珍しいなぁ鰻と野菜サラダって組み合わせ...冷酒で乾杯し、ガラガラの特急で犬屋敷に帰宅。

皆さん、おみくじどうでしたか?

2006年1月 2日 (月)

ぐうたらこぶ家のお正月

寒いです。シンシンと冷えます。さっき、窓の外を見たら雪が降っていました。うちの中でもリビングしか暖かくないので洗面所やトイレ、納戸に用があって行っても跳ね返るようにして皆戻ってくるのがとてもおもしろいです。

2005 いつもの正月ならもう今頃親への挨拶まわりも済ませ、地元の神社にもお参りに行っている頃なのに、ネットの神社でおみくじを引いただけ。この神社、楽天のLuckyさんの日記に書いてあったものです。ちなみに「小吉」でした。
どうしたことか、何もかも進んでいきません。こぶも散歩を催促しません。

そもそも年末に行った時に義母が「お正月は何もないからわざわざ来なくてもいいわよ」と言ってくれたせいもあるのですが。そして、私の実家は横浜なのですが、毎年車が混雑するのでピークを少しはずして行くことにしています。それに母は昔から盆、正月といったものに対して世間の人より、ややクールに構えているところが、ちょっとさみしいです。
まぁこんなさばけた親なので、こちらも楽っちゃ楽なのですが...一番古いのは結構私なのかもしれません。私と義父(現在リタイアしましたが高校の古典の教師)は同じレベルの古さで気も合います。古いというか、やはり年賀欠礼はいけません。

寒い中、TVではマラソン中継をしていました。毎年ちゃんぴーの友達がある決まった地点に立っていることになっていて、いよいよそのポイントに近づくと二人して必死で探します。そして運が良いとバッチリ映り、大笑いです。

きのうは、福袋を物色に行きましたが気に入ったのがあるとサイズが売り切れだったり、どれもこれもイマイチで何も買わずにお子達の骨付き豚肉(スペアリブ)だけ買って帰りました。これは彼らの大好物で、フライパンで味付けせずに焼いて与えると狂喜乱舞の騒ぎになります。
そのあと、いただき分の年賀状を書きました。年内に出すものより元旦に書いた方が本当は気分も乗りますね。どうも、嘘がつけない性分なので年も明けてないのに「今年もよろしく」っていつも違和感が...
ハネムーンの添乗をした時のお客様から毎年届くのですが、お子さんの年とこぶの年がぴったり一致するので、向こうが張り合ってくるのがおかしいです。文面に「うちの○○とはってるからね、こぶは」なんて書いてあってイラストも上手です。手書きでメッセを添えてあるものはやはりいいです。2006

さて晴れてきたのでこれから小田原のコンタクトレンズやさんにでも行ってこようかなぁ。年賀状も買ってこないといけないし...
家で黒豆ばかり食べているとますます体が膨張します。黒豆ですが、出来上がりは茶色でしたが日が経つにつれ、きれいな黒になってきました。

2006年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます!

2005 新年、おめでとうございます。

皆様どのような新年をお迎えですか?

こぶ家は、きのう準備した煮物にお芋を入れるのを忘れてました。

今年もこぶ丸、さら、ちゃんぴー共々、

『散歩的日常-仲良くね』をよろしくお願い申し上げます。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム