フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« さら初めての電車-鬼怒川温泉旅日記(1) | トップページ | わんにゃん風呂は今度ね-鬼怒川温泉旅日記(3) »

2006年1月31日 (火)

犬と純和風旅館にて-鬼怒川温泉旅日記(2)

kinugawa_013 さあ、こぶ家一行を乗せた特急スペーシアはいよいよ鬼怒川温泉に到着です。
駅には怖そうな金色の鬼が待ち構えていました。こぶやさらが旅館にお泊りできる犬なのかどうか、ここで裁かれているような気分です。どうか、お許しを...!

判定が下る前に改札右手を見ると、温泉街のホテルを順番にまわってくれるバスが今にも出発しそうなので、走ります。
運転手さんに「犬がいますけどいいですか?」と聞くと「ハイ、犬も乗ってー」ということだったので、ありがたく乗車です。

10分も走ると、ホテルに着きました。きょう泊めていただくのは鬼怒川国際ホテルです。楽天トラベルで予約したお得なプランですが、部屋で食事を取りたかったので追加料金を払いました。
犬の宿泊料金は一昔前は500円だったようですが、現在は一泊2食で一頭2500円です。
2食とは、夕・朝と同じメニューですがボイルドチキンと低脂肪のミルクのことです。うちは二頭だから5000円はちょっとした出費です。kinugawa_028

旅館は純和風で、大正ロマンまでは遡らないけれど、昭和レトロ初期といったかんじ。カメラマンの方がいらして、4人揃っての記念撮影をしてくれました。1週間くらいで郵送してくれるそうです。

お部屋に案内されると、犬も泊まっていいの?というほどのきれいな畳と「壊れたら大変!」な壺...。kinugawa_027

さら、こぶは早速あちこちの匂いを嗅ぎまわるのに大忙しです。こちらも負けじとトイレを設定し、「ここがトイレだからね。」と一回教えたら、チェックアウトまで一回も失敗はしませんでした。さらは夜もそこに一人でトコトコかけていってしていました。こぶはお散歩をさせてそこで済ますのでもう心配は無用です。

夕食前に最初のお風呂に行くことにします。
この旅館にはお風呂は全部で3つあります。3Fと8Fが時間で男女入れ替えになっているようなので、先に8Fの展望風呂へ。
もう外は薄暗く、温泉旅館のネオンばかりが水滴の向こうに光って見えました。
あぁ、あんなに来たかった温泉にやっと来られたと思うと無性にうれしさがこみあげてくるのでした。おまけに誰もいなくて貸し切り状態です。でも、お湯が熱くてちょっと浸って出ました。ちゃんぴーは3Fの「愛心の湯」へ。こちらはぬるかったそうですが、「でけーー!」とびっくりしていました。kinugawa_015

夕食は和洋折衷の会席。仲居さんが次々に熱々のご馳走を持ってきて下さいました。冷酒も注文して乾杯!
二人で「あの料金でこの内容なら文句ないねー。」「ほんとー、意外だったねー。」等と口々に言いながら、デザートで終わりです。
たいてい温泉旅館での夕食だと、もういいですっていうくらい出て最後にはもう、パンパンになって歩けないくらいになりますが、きょうは程よい腹具合。ふむ、良いではないですか。kinugawa_020

こぶとさらもボイルドチキンをいただき、満足気です。
でもちょっとだけハプニングが...さらがミルクをジャーンと畳にこぼしてしまったのです。
でも、そこは持参した新聞紙と雑巾ですばやく対応。大体起こりそうなピンチを想定して一番便利なのはやはり新聞紙でしょうか。フゥ...事なきを得ました。

今度はさっき行かなかった方のお風呂に行きます。kinugawa_021

(3)に続く...

« さら初めての電車-鬼怒川温泉旅日記(1) | トップページ | わんにゃん風呂は今度ね-鬼怒川温泉旅日記(3) »

「ペット」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

新聞紙と雑巾持参とは、さすがペギー。感心させらることが多いよ。さら嬢もすっかりお姉さんになったんだね。こぶちんは落ち着き払って貫禄もバッチリ。
ホテルのお料理は外観からは想像ができないオシャレなものだね。最近は量よりも質に力を入れているのかな。
このホテルは会員登録すると嬉しいことがいっぱい。わんにゃん専用混浴温泉もいいね。これからはごひいきにするの?
ななみちゃんが無事渡米してよかったね。


☆ ミニーさん

フゥー、今楽天のほうで格闘していたよ。写真やリンクの仕方がぜんぜんココログとちがってうまくいかない...わからないや。
ミニーはもう自分の庭並みにうまいねー。

そうそう、わんにゃん専用のおふろは時間が足りなくて入らないで帰ってきちゃったのよ。

七海ちゃんはみんなのパワーでグーーンといい方向に向くような気がする。ご両親だってこんなに早く渡米できるとは思ってなかったっていうことだったし。
でも、JALって聞いたときは不安だった....!

さらちゃん、トイレの失敗をしなくて偉かったですね!ミルクくらいはご愛嬌でしょう。
実はこの前帰省したときにチクワは失敗してしまったので、自信を喪失しています…。
でも、チクワと温泉いきたいなあ。

透視術の種明かしは・・・
日光でペットと泊まれるお宿が2軒あったんだけど、ペットの扱いからしてきっとここだって思ったの。
ペットをおまけとしてじゃなく、家族として扱ってくれそうだもん。98%はペットと一緒のお客様なんだね。こんなに普通に一緒に過ごせるならリピーターになりそうだね。
日光一時お客さん減っちゃったから、一生懸命考えたんだろうね。
駅弁は、ペギーの好きそうなものばっかり入ってるんだもん。すぐわかるよ。
そして、もうひとつのカウントは、
私も偶然知ったんだけど、楽天のカウンターのところをクリックするとアクセスがわかるんだよ。
あさって楽しみにしてるね♪ありがとう!

これですっきりした?

☆ イイタヌさん

さらはおでかけだときちんとできるのに、家だとどうしてたまに失敗するのかが不思議です。
チクちゃんのポンポコ村での失敗はどうしてだったのかなぁ。
イイタヌさんも、週末にぜひチクちゃんと部長さんと...!


☆ めぐめぐさん

あぁー!そんなことができるのー?(@@;
でも、カウンターを外から見れるってなんかネットってくらい~...
ってことは、透視能力を持ってるわけじゃないんだね。薄気味悪かったよ~...スッキリー♪

そうそう、このHTLはあの日もすべての人が犬や猫連れだったよ。日光は足銀があんなことになっちゃって一時期深刻だったけどね、もっともっとペット可にする所が増えれば3月から直通も開通するし又復活すると思うな。電車はごったがえしてたよ。でも犬嫌いな人だっているしね。そうもいかないね。
もう一軒のほうは1歳未満の仔は不可だからここになったんだ...

駅弁はそうかそうか...もう私の好みわかっちゃってるのね。太りそうなものばかり好きだよね、それにしても。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/8438016

この記事へのトラックバック一覧です: 犬と純和風旅館にて-鬼怒川温泉旅日記(2):

« さら初めての電車-鬼怒川温泉旅日記(1) | トップページ | わんにゃん風呂は今度ね-鬼怒川温泉旅日記(3) »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム