フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

いつもの日曜日

世間様はゴールデンウィークとかで、すごく幸せそう。

こぶ家は、というと、普通の暦どおりの休日。あしたも出勤、そしてあさっても。
友達は皆、海外。なにしろサーズだ、テロだ、で渋り気味だった海外旅行がやっと盛り返してきて、普段はスタンバイの人にまで仕事がくる、添乗員にとっては今が稼ぎ時なのだ。

GWは車も混むわ、宿はバカ高いわで、なぜかお泊りの計画も中途挫折で、ちゃらんぽらんになってしまったな。

そこで、いつものお散歩に出かけると鯉がユラユラ、大空に舞っていた。
そうか!こぶにもミニ鯉のぼりを用意しなければ!20064kouhan_149

きょう、散歩の帰りにスーパーで買い物していたら、見知らぬおじさんが、ニッコリと私に向かって「どっちがいいと思う?」とフジッ子のお豆さんの茶色いのと黒いのを見せてきた。
この辺の人ってフレンドリーな人が多く、たまにそういうこともあるから
「私だったら黒豆ですね」なんて言ったら、おじさんが話しかけていたのは私ではなく、私の後ろにいたおじさんの奥さんだとわかった。
すごく恥ずかしくて顔が真っ赤になっていくのが自分でもわかった。
たまにこれとは逆に、横にいるのがちゃんぴーだと思い込み
「あ、こっちのにしよう。これ、置いてきて」なんて知らないおじさんに言ってしまうこともあるけど、それもかなり恥ずかしい。20064kouhan_147
普段かっこ悪くてあまり書かないけど、こういうことが私には多すぎるかも。
もっと注意深く生きよう。

2006年4月29日 (土)

きのうの画像の正体は

きのうは、1024人の応援団のサイトからドットこぶを掲載しました。

元になった写真は、四年前の、こぶと出会ってまだ4日目のこの写真でした。20021019_017

まだあどけないこぶです。生後4ヶ月。

この頃はまだ爪もおとなしく切らせてくれたし、耳掃除だって素直にやらせてくれたな。

あなたも試しにお好みの写真を1024人にマスゲームしてもらってみてね。

2006年4月28日 (金)

お餞別に臨時増刊『芋の葉』

先日の日記で書いた我が家の倒壊寸前の『芋の葉』について

聡明なわりに何故か理解できていない方の為に、特別に詳細写真をUPします。

あしたからのハワイを存分に楽しめるように、心のモヤモヤをスッキリさせてあげましょう!20064kouhan_129

事情が理解できたと思います。鉢が小さく、今にも倒れそうですね。

芋掘りはできませんね、念のため。

それでは元気でいってらっしゃい。私は日本でこぶのンちでも拾っときます。

Malihini めぐ

Ano ai

ALOHA!

さて問題です

Cv466943 クリックして大きくしてみてください。

この写真はなんだかわかりますか?

2006年4月27日 (木)

倒れた芋の葉となつかしの揚げパン

きょうは喉が痛く体調が悪いが、かねてよりの懸案事項であった我が家の『芋の葉』がパッタリ倒れた。
これは弟よりもらい受けた子株が大きく成長したにもかかわらず、鉢を小さいままにしていたことが原因なので、鉢は買ってあるので今度は土を買いに行った。
本当はきのう買おうと思ったのに、重すぎて断念したのだった。
きょうはわざわざ土をもちあげなくてもこんなに体調が悪く、重いのだから、やっぱりきのう頑張って買っておくべきだった。

タバコを吸う人って、その日の体調ってタバコがおいしいかどうかで計ってるっていうのを聞くことがあるけど、私の場合は車を運転してみるとすごくよくわかる。
ハンドルはパワステにもかかわらず、きょうは異様に重かった。

それで土を買いにホームセンターに行くと、揚げパンの車がいた。
いつもここにいるけど並ぶのがイヤで買ったことはなかった。きょうは誰もいないので買おう。20064kouhan_120

左からお砂糖、ココア、きなこ、シナモンなり。

なつかし~。
家に戻り、イソイソと「きなこ」を食べてみるとフワフワでなんともいえず軽い。

これは上等物だ。
私が小学生だった昔々大昔に給食に出ていたものは、もっとドッシリと重かったな。
給食で出るのはお砂糖一種類だけだったような...きなこもあったかな?
そして、記憶ではなぜか揚げパンの日はりんごがセットで付いてたような...

食べたらなんだか元気が出たけど、芋の葉作業は明日にしよう。

2006年4月26日 (水)

チャイナなOFF会

ハワイアンなOFF会に続いてはチャイナなOFF会。

『菜香』-(サイコウ)にてお昼ごはん。

日本人に媚びるのではなく、あくまで本場の広東の味を紹介するという頑固な姿勢がウリで、大勢の固定客をつかんでいるそうな。
米粉をクレープ生地のようにしてチャーシューなどさまざまな具を包んで食べる広東風蒸しクレープ、腸粉のおいしさには定評があるらしい。

エビの威化紙包み揚げ-こちらは、エビ、黄ニラ、タケノコなどを威化紙という春巻の皮のようなもので包んで揚げたもの。油っこくなく、常連客は必ずといっていいほど注文する人気の品。らしい。

以上のようなことは、この日記を書くために調べていて、今知ったことで、きのういただいたものはまったく関係のない、下の写真のようなもの。20064kouhan_111_1ランチセットでした。

20064kouhan_112

20064kouhan_113

20064kouhan_114

ほかに、チャーハンが付いてきました。
塩っ辛いお漬物がチャーハンに混じっていて食べられないと一人が言うと、世話好きなお姉さんが一個一個取り除いてあげてたな。

この店を出てから約1名の方が中華街のバラ売りのお団子を頬張っていました。うれしそ~に。

元町で甘いものやウチキパンのお買い物。でも、世話好きのお姉さんはアメリカのパンがあるらしくて買いませんでした。
マッスルシアターを横目に歩き、赤レンガ倉庫でお茶をしたりしてプラプラ大変な距離を歩くはめに。20064kouhan_118

シーバスに乗りました。一人は船が動きだす前は怖かったらしいのですが、動き出すと「自分が海面に近いところにいるので、まるで泳いでいるようである」と余裕の感想を言っていましたっけ...20064kouhan

そして、皆様からいただいたおみやげ物の数々...
ちょっとずつ楽しみます。
なにしろメンバーの中に超インターナショナルな方がいらして、トルコやらアメリカやら、色々な国のものがあるので、ゆっくり楽しまないと消化不良をおこしそうです。

あっ!食べてしまったので写真には写っていませんが、かの品薄な『じゃがポックル』までいただき、とってもおいしいきのうだったのでした。
心より感謝いたします。

それにしても皆様、もうあんなに人のことを歩かせるのはやめてくださいね。

それから私、シーバスの中で「救命浮き輪が15個しかないよ」と激しく動揺している人を見たのですが、誰かほかにも見た人はいませんか?

2006年4月25日 (火)

感動とは喜怒哀楽?

20064_146 ずっと前のオーラの泉でこんなことを言ってた

人間はなぜ生まれてきたかのところで、感動と経験のためだって

しかも、感動とは「喜怒哀楽」

「喜と楽」はわかるけどな

「怒と哀」もか...

となると、まんざら無駄ではないんだね、怒りってものも

2006年4月24日 (月)

さら、お洋服また増えたの

20064kouhan_076 ママがね、さらのお洋服、こんなスポーティーなのばかりだからお転婆なんじゃないかって。
お兄ちゃんと対等にはりあっちゃったり、まだたまにオチッコも失敗しちゃう....。

20064kouhan_098 だから、少しは女の子らしくなりなさいって、フリフリのお洋服を買ってくれた!20064kouhan_109

右の肩のところに、大きなおりぼんがついてるの。
さらちゃん、これが気になって気になって引きちぎって取ろうとしたけど、思うようにいかないの。

で、頭にきて、クルクルクルクル右回りに何度もまわったら、目がまわっちゃってヘタリこんじゃったの。

2006年4月23日 (日)

4月の丹沢T公園は宝箱!

きょうはまた、たくさん写真を撮ってしまいました。是非皆さんにお伝えしたくて...!

ヘタ写真ですが夢中で撮ったら気が付けば52枚。
まだまだ撮りたかったのですが最後は電池がなくなったピーという音でおしまい。
よろしければクリックして見て下さいね。

20064kouhan_107_1 
八重桜がちょうど見頃。
濃いピンクや、白、薄いピンク、それぞれ単独でもきれいなのに、集まるともっと素敵!グラデーションが美しく、ため息が出るな。

20064kouhan_067_1 きじがいた。
昔、動物園で見た孔雀に良く似ていたので「くじゃくだ!」と言うと、そばにいた知らないおじさんが「いや、きじだよ」と教えてくれた。良く見ると、ムスカリも咲いている。

20064kouhan_089 てんとう虫さんもお散歩してたよ。

20064kouhan_082 こぶとさらはどこからか匂ってくる良い匂いの正体が知りたくて探索に夢中。
正解はね、向こう岸を見てごらん!たくさんの人がバーベキューにきて、シーフードや君達の好物のチキンなんかをお料理しているのさ。
しかも炭火でね!たまらないね~

20064kouhan_095 これは元気のないチューリップなんて言わないで。
おきな草というんだ。これが皆で咲いていると、こんなだよ。20064kouhan_094_1

まだまだたくさんあったのですが、今度は電池をフル充電して行ってみます。

2006年4月22日 (土)

江ノ島散歩と生しらす丼

20064kouhan_050 きのうに続いての気持ちの良いお天気。
こぶとさら、ちゃんぴーと江ノ島までドライブ。
すごい車の数でいつものヨットハーバーに停めるには行列です。
江ノ島に渡る橋の手前からもはや並んでいるなんて、初めて!20064kouhan_052_1 

...というわけで、あの手を使うのだ。
犬もOKの『魚華』さんの屋外席。前にも書いた気がするけど、おっきいニャンコがいるところ。
ここで食事をすれば、2時間まで車をタダで停められるので長い行列を尻目にサッ!と快適に抜け出せて食事→江ノ島ブラブラ大作戦がスムーズに進む。20064kouhan_053

これは、私の頼んだ生しらす丼。
茶碗蒸しとわかめのお味噌汁、お漬物も付いてます。20064kouhan_056

こちらは、ちゃんぴーの頼んだしらすのかき揚げ定食。
これには、お味噌汁と茶碗蒸し、お漬物のほかに貝が二つと釜揚げしらすも来ます。

このほかに、表通りで焼いていたサザエの身だけ5個分の串焼きと、焼きとうもろこしもいただきました。

あれれ?だれかさんの丸い頭がチラと見えています。
さらはすごく震えてしまったので下に降ろすことはできず、私とちゃんぴーとで交代で抱っこしながら食べました。
座っている席からちょうど車も見えるので車にいてもらおうかと思いましたが、もはや、それは無理な季節になったようでした。

食事の後はそぞろ歩いて浜の方にもちょっと行ってみたけど、帰りの車内で気が付いたのですが、こぶとさらの体が猛烈に磯臭くなっていて、「泳いだわけでもないのにねー」とびっくりでした。

2006年4月21日 (金)

青空散歩

20064kouhan_006_1 気持ちの良い青空につられ、洗濯機を2回もまわした。
午後から出かけるので、チワーズにうんと疲れてたっぷりの昼寝をしてほしい。20064kouhan_014

だからたくさん歩いてもらった。
途中、りすが出てきてこぶが捕まえようと猛ダッシュをしたので「だめよ」と、良く見ると、ネズミだったので「キャー!ダメー!」に変わった。20064kouhan_026

「君たちの夕御飯までにはちゃんと戻るよ」と言い残して家の鍵を閉めると、中からさらの「ギャン!」という声が聞こえたので慌てて鍵を開けると、二人がニンマリ笑ったようにみえた。

2006年4月20日 (木)

迷子の犬猫の情報

楽天プラザイイタヌさんのサイトに掲載されていた迷子犬猫情報です。
少しでも皆さんに目にしていただきたいので、ココログの方でもお知らせします。
ご飯を食べられていないのでは?お薬の要る仔はいなかったか、色々心配です。
是非協力してあげて下さい。
以下、イイタヌさんのサイトそのままをコピーさせていただきました。

シャネル大好き7256さんの弟さんのチワワちゃんが行方不明です。

・愛知県 常滑市
《名前》「わんわん」ちゃん
《特徴》ブラックタン メス ロング 生後6ヶ月程で体重1.2kg。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それから、

ステラ1959さんのお友達のチワワちゃんが行方不明です。

・静岡県 浜松市
《名前》「まろ」君
《特徴》ブラックタン オス スムース 体重1.8kg程。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして、
maさんのrico720ブログより
猫ちゃんが行方不明です。

・千葉市花見川区宇那谷町
《名前》「トラ」君
《特徴》2歳半 オス 去勢済み
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

保護・目撃情報等がありましたら、大至急、連絡お願いします。

このほか■迷子ペット情報のページ■
Pees'Pets web
動物レスキュー掲示板ノアのはこぶね
DOG FORUM

「狂犬病予防法」という法律のために、動物管理センターや保健所に収容されると3日~1週間という短い期間で、殺処分となってしまいます。
今、「日本にアニマルポリスを誕生させよう!!」にてその法律を変える為の署名運動をしています。
詳しくはコチラから↓

http://www.animalpolice.net/yobouhou/
狂犬病予防法改正署名バナー
是非、署名のとリンクの協力をお願いします。

ステラ1959さんのところの「まろ」君、みつかりました!

(4月26日付イイタヌさんの日記より)

2006年4月19日 (水)

GBSポテトって?

きのう、久しぶりにリアル書店をうろついていたら、こんな本があった。
『こうちゃんの簡単料理レシピ』
こうちゃんなんて書いてあるものだから、つい立ち止まってパラパラとめくると、なんとも簡単そうなレシピの数々が、材料2人前で載せてある。(中には3~4人前もあった)
この材料2人前って、結構買うときのポイントになる。だって、うちは二人しかいないし、4人前のレシピは半分に割ればいいや、なんて言ったってメンドクサイし、じゃ、4人前作ってまた明日食べればいいか、なんて思っても明日は明日でまた食べたいものも違うってもんなのだ。

帰宅し、じっくり見てみると人気No.1のレシピは、『GBSポテト』とある。どうやら、今はやりのブログから出版化が決まったというあれ。相田幸二さんというこうちゃんが、毎日更新している『こうちゃんの簡単レシピ』というヤフーブログが女性を中心に大人気になったらしい。
こうカノに「流行ってるみたいだよ」といわれて、何もわからず去年の5月に始めたブログらしい。(当ページ左サイドバー本棚から注文できます)

ところで、『GBSポテト』って?
G(ガーリック)、B(バター)、S(しょうゆ)だということ。
材料も、うちの冷蔵庫にあるものばかりなので、さっそくその日の晩御飯に作ってみた。20064kouhan_006

詳しいレシピはこうちゃん(おぉ...!なんと親しみのある響きよ)のブログにお出かけください。

バジルだけが準備できなかったのでベランダに自動的に大量発生しているパセリにて代用。

結果。ちゃんぴーとこぶママはこうちゃんの大ファンになってしまった。
写真を見ると、「なんだ、ジャーマンポテトってこと?」と思うだろうが、ちがいます。コショウを多めに、というこうちゃんのお言い付けどおりにしたら、なんともおいしいGBSポテトの出来上がり~!

そうそう、こうちゃんちは、ル・クルーゼのお鍋を使っているようで、じゃが芋を茹でる時は、『沸騰したら火を止めて放置プレイです。冷めてきたら火が通ってます(経済的です)』と書いてあった。
それではうちのBRICO鍋ではどうなのかと、放置プレイを試したら、仕上がりチョイ固であったのは、やはりル・クルーゼとの違いなのだろうか...。
これだけは残念...!

2006年4月18日 (火)

義母みやげ

20064kouhan_003 ちゃんぴーママ(義母)から、旅行土産をいろいろといただいてきました。

ちゃんぴーママはほぼ毎月旅行に出かけています。国内は有名所はほぼ行き尽くし、来月は屋久島に行くそうです。
ですから元添乗員の私より国内に関しては詳しいです。
屋久島杉とか見たりするんでしょ?ちょっとハードそう。大丈夫なのかしら?

彼女は先日古希を迎え、お祝いに旅行券を贈りました。JTB指定高級旅館のリストの中から好きな所を選んで二人で行けるプレミアージュというギフト券です。来月、再来月の旅行プランはもう入ってしまっているので待機しているギフト券、あぁ贅沢な人...!返してくれてもいいですよ。

このちゃんぴーママ、ありがたいことに無類のお土産好きです。自分の為でなく、人にあげるのを楽しみにしているのです。毎月お出かけ先で大量に買い、時には持ちきれなくて宅配便で後日届きます。
そして「とりにいらっしゃい」と電話をしてきます。

今回は大分湯布院に行ったらしくて、なぜか、かぼすものがチラホラ...
大分ってかぼすが名産なのでしょうか?
私たちが一番最初に口に入れたのは「黒々寒天」でした。黒糖と黒豆きなこの寒天のお菓子です。おいしい~!一気に二人で10個くらいをババババーっと食べてしまいました。

あれれ?よく見ると、宮崎のものまで混入しているではありませんか。
「高千穂の油みそ」に「宮崎県の日向夏のお茶」...わからなくなってきました。

宮崎は高校の修学旅行で行ったきりですが、フェニックスの木がとても印象深く、大ファンの作家『銀色夏生』さんの故郷でもあります。ホテルシーガイアも気になるし、是非再訪したいところ。大分の由布院も憧れです。九州と北海道は私にとって、国内では特別の場所です。

2006年4月17日 (月)

字余り没

20064_108 こぶとさら ひとり抱っこで ひとりすね あぁむずかしきかな 多頭飼いよ

2006年4月16日 (日)

お兄ちゃんのおさがり

私には弟が一人いますが、彼は幼い頃よく私のおさがりを着せられていたものです。
当時の写真にうつっている、レースの襟のブラウスを着て笑っている弟はまるで女の子のよう。
そういう私も従姉妹のお姉ちゃんのお古を良く着ていましたけれど...。今のこんな時代でも下の子というのはお兄ちゃんやお姉ちゃんのお古を着ていたりするのでしょうか?

そしてうちのチワーズ、2番目に来たさらは先住犬こぶ丸兄ちゃんのお下がりを着せられているのです。20064_103_1

ついこのあいだまでこぶ丸兄ちゃんにぴったりだった、このお星様のTシャツ。もうパッツンパッツンになってしまって、これをこぶに着せようものなら、まちがいなく虐待でしょう。

いつのまにか、都合良くさらにピッタリになっていました。

ちなみに、ハーネスに付いているリボンは3月の美容院の時に、トリマーのお姉さんに付けていただいたもの。なんとなくそのままになっています。

ちゃんぴーは「おい、なんだかおばあさんの犬みたい。取れよ」と言います。
あぁ、そうかも!おばあさんの所の犬って、毛がモワモワに伸びている小型犬で暑い日も洋服を着せられていて、よくこんな所にリボンやらお守りやらが付いているっていうイメージ。
ますますおかしくなってきたので、しばらくこのままにしておきます。
こぶのハーネスにも青いリボンが付いていたっけ。

2006年4月15日 (土)

こぶから号外!公園に落ちていた煮干し食べて?犬が中毒症状…長野(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:公園に落ちていた煮干し食べて?犬が中毒症状…長野(読売新聞).

たった今目にしたニュース!
長野県ではない人も、犬の散歩には十分注意しましょう。
ワンが大変な思いをしないよう、お散歩の道に落ちているものを食べないように気をつけましょうね。

2006年4月14日 (金)

ハイカラな鎌倉の味明治生まれの鳩サブレー

20064_073 お馴染み豊島屋さんのいつもの鳩サブレーも、こんなピンクのパケだと、新鮮な感じがしますね。
ごくごくオーソドックスな玉子とお粉の昔風な味なのに、いつも買ってしまうのは何故なのか?
きっと裏切られない毎度お馴染みのお味のせいな気がします。そう、不二家のミルキーと同じような安心感でしょうか。

これを書くのにホームページに行って見てきたら、なんと『秘密の鳩コレクション』というのに、マグネットだとか、ポールペンとか、この鳩がついたかわいいグッズがあるのをみつけました。
3000円の「ツールカード」は、あのスイスのビクトリノックス社製のツールカードに鳩のマーク(ハトヤにあらず)が付いているというもの。本店のみの取り扱いだそうです。20064_077

そして、これは同社の「きざはし」というお菓子。簡単にいえば黄な粉餅です。
ご存じない方のために。
添え味として、「黄茶粉」-(きなこ)が添えられているのだけど、外袋の中心の方に入っているので、ほとんど食べてしまってから気付くことが多いのです。
ご存知な方(私)もこの黄茶粉はうっかり忘れが多いのです。しかし、焦がしきなこですから、ここはしっかりお菓子に振りかけていただきたいところです。

2006年4月13日 (木)

桜散ってました

20064_089_1 先日、桜祭りが開かれていたK山、車がとめられず、張り切って買っていったコンビニ弁当は、関係のない所にとめて車の中で4人で食べました。(犬は犬のお弁当)

それで、まだ咲いていてくれていることを祈ってきょう行ってきたのですが、もう散ってしまってました。20064_100

道にはたくさんの桜吹雪。頂上には空しき宴のあと...。

今気付いたのですが、去年のきのうにも、こぶと二人でK山に来ていました。

きょうは私と同年代くらいの登山のグループがいっせいにこぶに寄ってきて、
「キャー、かわいい!でっぷりしてるー」
「むちむち君!」
「まろまろ君!」
なんて、いろんなあだ名を付けて、犬一匹でこんなに楽しんじゃうかってくらいに喜んでました。
こぶは目を閉じてじっと我慢してました。いつも喜ぶのに、登山でクタクタだったのでしょう。

20064_124

去年も羊さんとご対面していますが、きょうはさらが騒ぐとうるさいので車窓からです。

自宅から30分もしない所に羊がいるなんて、つくづく田舎だなぁと思います。
ここは『めんようの里』といって、テラスでバーベキューができるレストランがあって、そこには、桜のソフトクリームもあります。

2006年4月12日 (水)

伝言ゲーム失格

きのうのお話です。
「じゃ、1時に外工事だけだってよ。印鑑押しといてね」とちゃんぴーが言い残して出勤。

お願いしておいた光FLET’Sの工事のことです。私は例のとおり、電話線だの器械だの接続だのはわからないので、電話で申し込むところからちゃんぴーに全面的にまかせておいたのでした。

しかししかし、11時にピンポーンがなって、「NTTの者です。工事にお伺いしましたー」というではないですか、あなた。
書斎は先日の鎌倉のお菓子やら靴下だの、飲みかけの紅茶だので散らかっていて、暢気にフェリシモのオーダーをネットでしていた最中...。
でも、家の中の配線とか色々あるみたいで、あがる必要があるみたい。それはいいとして、うちのチワーズが知らない男の人にはすごくヒステリックになるので、
「ち、ちょっとお待ち下さいませね。い、犬がですね。えーと、2匹おりますので、今、今、和室にえーと、閉じ込め...」と言っているうちに制御する間もなくさらが大音響で『キャーーーーンキャンキャン...』と騒ぎ出して大変なことになりました。
うちはもうケージは撤廃しているので、和室のふすまを閉めながら足でこぶを押し込めようとしたのですが、まったく失敗...

さらが抱っこで冷静になったので工事をしてもらったのですが、こぶが喜んでしまっているのか、怒ってしまっているのか、かがみ込んで工事をしているお兄さんのお尻をタントンタントンタントンタントン...と必死でたたき始めました。
「こぶ、お兄さんのお仕事の邪魔をしちゃダメよ」とおやつでリビングに招き寄せビスケットで黙り込ませようとしたのですが、一回はリビングに来たものの、猛スピードで書斎に戻り再びのタントンタントン...。
べろが2cmくらい出て、ものすごいエキサイトぶりで、しっぽはブンブン!

お兄さんはゲラゲラ笑って「うちにもダックスがいるんで、匂いがするのでしょうかね」
なんて言いながらお仕事をしているけど、フトみれば、こぶが叩き過ぎて、かがみ姿勢で配線をいじっているお兄さんのズボンが少し下にズレてきている。
持ち物を倒したとかなら、私が「すみませんねー」とかって直すのだけど、ズボンの場合はどうだろうかと、激しく3秒くらい葛藤した末、やむなくそのままに放置することにしたのでした。

「えーと、この線がつながってるはずの大元が、どこでしょうね。この裏ですかね」なんて私の旅行かばん、パッチワークの道具、植え替えをしようと思って買っておいたが、まだ手付かずの植木鉢、スクラップ保留の雑誌などがうず高くつんである一番大変な場所を指摘されて青くなってしまった。20064_086

まったく「1時に印鑑だけ」→正解「11時に中工事あり」って、一人しか介してないのに、この行き違いって...orz...
ちゃんぴーって、ポケーっとしてて、外ではちゃんと仕事できているんだろうかーってたまに心配になります。

お兄さんには「旦那さんには言っておいたんですけどねェ」と笑われたし、これでもし寝てたら(まぁ、11時だしないとは思うけど)しゃれにならんよ。
叩き過ぎたお詫びに余っていた犬カレンダーを一部お持ち帰りいただきました。

写真はタントンしすぎて疲労困憊の夕べのこぶです。

2006年4月11日 (火)

成城石井でみつけたムーミンのマヨネーズ

20064_075_1 キューピーからです。

買ってから気づいたけど、これって使い終わっても瓶がかわいくて捨てられないではないですか。
物を減らしてスッキリしたいとか言っておきながら、次々とこのように物を増やしているのは、ほかでもない、私なのです。

ほかに買ったものはメープルシロップやパン、スープなどでしたが、肝心のあれがみつかりません。

あれとは、「LOTUSのカラメルビスケット」
LOTUSの他のビスケットはあるのですが、カラメルビスケットのところだけが品切れ。
店員さんに尋ねると「これですか、二つしかありませんでした」と言って事務所から持ってきてくれました。
『休憩時間に食べようと思っていたのか?』と思わせるほど、惜しそうに差し出してくれました。

2006年4月10日 (月)

大雨の午後

20064_048

嘘をつく おとなのゆとりも ほしいなと 思う午後にも 大雨の降る

2006年4月 9日 (日)

鎌倉散歩

20064_051 天気が良かったので鎌倉へ行ってきました。

こぶさらを家族に迎えてからというもの、二人だけでこうして出かけるなんて本当にあまりないことです。

道中の電車の中の会話。
私「昔は夫婦で毎週色んな所に出かけてたのにねー」
ちゃ「おぉ、そうだよなぁ。鎌倉も何年ぶりかね」
私「二人の愛は全部犬に流れたねー」
ちゃ「あぁ、ホントだねー」
私「もう夫婦同士の愛は残ってないねー」
ちゃ「あぁ、そうよ」
私「百分の一ミリもねー」
ちゃ「あぁ、一ミリもなぁ。愛は全部、犬よ」

こんなことを喋っているうちに着いちゃったのですが、きょうは何かあったのでしょうか?
いくら日曜とはいえ、こんなに混んでいるのも珍しいです。それとも、この頃の鎌倉ってこんなものなのでしょうか?20064_053
露天がボチボチ出ていました。ちゃんぴーは、早速好物の銀杏をみつけました。
昔は初詣で並んでいる時によく二人でこれを食べたものでした。
私が何も言わなくても私の分もむいてくれて、手に乗せてくれていたちゃんぴー。さて、きょうは?
私なんかにはお構いもなく、銀杏の世界へと入っていったちゃんぴー。
「一個ちょうだい」
「ほしいの?」
ですからね。でも、炒りたてで香ばしくとってもおいしかった~20064_055

お面もいっぱい売っていました。
あの、チワワのをかぶって帰ったら、さらが吠えるだろうなぁとその様子を想像しましたが、あまりのパニックに吠え声の甲高さが予想されたので中止。20064_056
お清めをしてから、懇ろにお参りをしました。20064_059
20064_062

桜はもう散り始めています。
あれ?ひょうたん島にそっくりな中洲がみえます。
皆、甘酒を飲んだり焼き鳥を食べたり、カップルもたくさん歩いています。

「あまりお腹が減ってないから、きょうは焼き鳥2~3本と甘酒でいいや。デザートにぶどう飴で」と言うと、
「いやだよそんなの。鎌倉に来たらやっぱりあそこに行かなきゃ」

あそこ、とはここです。鰻の『茅木屋』さん。20064_068
先ほど前を通った時には行列でしたが、今度は誰もいません。
「よし、今だ!」ちゃんぴーが喜々として店の引き戸を開けます。
すぐ席につくことができ、注文します。

ここのお店は、私が独身の頃は家族で。結婚してからは、チワーズがまだいない時は大体毎年1月の4日に鎌倉に初詣に来ていましたので、その日は必ずここに寄せてもらってました。

ちょうどお店の古時計が3時を告げます。ボーンボーンボーン♪おぉ、なんとノスタルジックな音色なことでしょう...。
このお店はこの先どんなに古くなっても、どうかどうか改装などせず、このままずっと頑張ってほしいです。20064_069_1

冷酒とお通しが来ました。
きょうはうちの強化新年度会といたします。

いただきま~す♪
言葉がない...。
やはりうな重をいただくならここです。鰻もタレも焼き加減も最高!
強引に押し切ったちゃんぴーにも感謝です。

明日から文句ばかり言わずにどんな疲れる家事でも喜んでいたしましょう。えぇ、風呂のカビ取りも、何もかも!
そう誓いました。(今だけ)

食後は小町通りをブラブラし、豊島屋さんで『鳩サブレ』と『きざはし』、鉢の木さんの麩まんじゅうと桜餅を買い、途中乗り換えの小田原成城石井でもいろいろと買い込み、帰宅。

今度二人でこのうな重を食べに来られるのは何年後になるでしょう....。

2006年4月 8日 (土)

「うめーら」という伊豆多賀産だいだい飲料

20064_021 先日の伊豆高原旅行で行ったみはらしガーデンの売店で購入しただいだい飲料『うめーら』です。
多賀産のだいだい果汁とはちみつだけですっきりと仕上げてあります。

~ら、って静岡のほうの言葉で、「うめーら」は「おいしいでしょ?」とでもいう意味でしょうか?

一時期、小田原でOLをしていたことがあって、その会社に熱海やら静岡の方から通勤している人もいたので、馴染みのない言葉ではありません。

話はそれるのですが、小学生の時に伊豆今井浜の民宿に長期間泊まっていたことがあって、その時にそこの民宿のやっていた海の家のお手伝いをしたことがありました。
おばさんが休憩中は私とそこの家の息子さん(当時中学生くらい)が店番をしていたのだけど、その息子のYちゃんて、ものすごく人が良くて商売に全然向いてなかったなぁ。

だって、お客さんが「アイスコーヒーが冷たくないじゃないか」とかイチャモンを付けてくると、「そうですか、では新しいのをあげます」なんてパッとすぐにあげちゃうし、「おい坊主、このとうもろこし生焼けじゃないか」なんて言われると、またまた何にも疑わずに「はぁ~?そうでしたか」なんて、もう一本すぐにあげちゃって。

その子がバリバリの静岡弁だったので、「うめーら」なんて見てしまうと、つい思い出してうれしくなっちゃうのです。

お味のほうは、豊かな香りと程よい酸味でなかなかおいしゅうございます。

2006年4月 7日 (金)

桜ボケ?いえいえ大殺界です

20064_028 写真はうちの部屋から見える桜です。
左隣のお宅なんて、もっと素晴らしい見え方だと思います。もう、こうなってくると『マイ・桜』状態でしょうね。
右下方に能の舞台みたいなのが見えますが、ここには今春OPENした桜公園のベンチがあり、色々な人がここで日向ぼっこをしたり、お弁当を広げたりして、皆それぞれの過ごし方をしていて、それを眺めるこちらも楽しんでいます。神奈川西部、本当に今が一番の満開といったかんじです。
友達が、デパ地下でお惣菜を買い込んで新宿御苑で花見をしようと提案してきましたが、あふらさんの情報によると、先日は新宿御苑にも入場制限がかかったということです。

20064_044 桜がきれいすぎてポーっとしているわけではないのですが、私は毎年この季節になると、予期せぬポカ(ポカってのは予期できないからポカなんですが)事件を起こすのです。

例をあげればたくさんありすぎて書ききれないのですが、車のキーの封じ込みでJAFに出動してもらうのもいつも桜の時期。
おそばを茹でたあと、火をとろ火にしたまま、本人は止めたと思い込み(うちのガステーブルがとろ火でカチッと止まるので)皆で隣の県までドライブに行ってしまい、家に帰ってきてみると、そばの茹で汁は当然すべて蒸発し、鍋がカンカンに煙を出していて、これでよく火事にならなかったといった騒ぎを起こしたことがありましたが、あれも思えばこの時期でした。

きょうは家の鍵をかけ忘れたまま長時間のお散歩に行ってしまい、戻って鍵を開けようとして気づきました。
それでなくとも、最近このあたりは空き巣が増えていて注意という広報がまわってきたばかりだったのに...。

それに、こぶが直ったと思ったら、今度は飼い主の体調がいまひとつ...。
といっても、どうせ夕べの食べ過ぎのせいか何かでしょうけど、胃がムカムカします。
よく考えたら4月5月は私の大殺界ではないですか。美容院の人から何から皆の分ばかりみてあげていて自分のことは忘れていました。
ここはひとつ、言われているように私のアンラッキーカラーを身に付けて防御することにします。
-(アンラッキーカラー)×-(アンラッキーな期間)=プラス の原理ですね。

...というわけで、今は黄色のエプロンを付けてこれを書いています。
あぁ、クワバラクワバラ...!

2006年4月 6日 (木)

なんつっ亭のぶたまんま

20064_001 先日3月30日の伊豆高原の旅行で、部屋で観ていたTVが日本TVのスペシャル特番『どっちの料理ショー』です。

なんつっ亭は、ラーメン好きの方ならもうご存知だと思いますが、あの特番以降、もともといつも行列していたのですがその列が益々凄まじいものとなってしまいました。

なんつっ亭についてはこちらのホームページをご覧下さい。

期間限定で、スリーエフとミニストップにて関連商品も扱っているようです。
私も以前焼きラーメンロールや、カップヌードルを試してみましたが、どれもなんつっ亭の特徴である『とんこつ黒マー油』の風味がし、それなりのものに仕上がっていました。
きょうの写真はこの間の土曜日に買った『ぶたまんま』です。

以前にも書きましたが、このお店の一郎店長さんの作ったものを食べるには、一定のエネルギーを必要としますね。体調の良い日を選んで食べに行ってみて下さい。並ぶのはもちろん覚悟しなければなりません。

2006年4月 5日 (水)

こぶ回復傾向と夫婦喧嘩

写真は、伊豆みはらしガーデンでのこぶとさらです。この日に着ているのはジャングルドッグさんの色違いのTシャツです。200633031izukougen_177_1

きのうこぶが寝入りばなでソファでウトウトしている時を狙って、ちゃんぴーがお腹の薬を『闇夜の不意打ち』で突然口に入れていた。

こぶはすごくいやがってジタバタし、目に涙を一杯ためていた。

その様子を見ていて、すごくいやな気持ちになったので、ちゃんぴーに
「それはレッドカードだよー」と固く抗議した。「ちゃんとこぶの了解を得てから飲んでもらわないと」
「了解って?」
「『これから、お腹の薬をのんでもらうよ。これを飲んで良くなろうね』とかさ」

すると「じゃ、了解を得ててっちゃんが飲ませてうまくいったのかよ」と負けずに言い返してきたので、それをきっかけにグダグダと言い合いに...。こぶやさらに対するしつけのことで、意見が大幅に食い違った。

子供の教育方針で喧嘩する夫婦っていると思うけど、まるでそれだなと、途中から滑稽な気分に。

こぶのお腹は回復傾向にあります。
きょうは食欲も大分復活しました。私の作った柔らかめの回復食をモリモリ食べていました。皆さん、ご心配ありがとうございます。

2006年4月 4日 (火)

小かぶと海老のうま煮

20064_022 夕べのこぶ家のおかずです。

朝日新聞の『暮らしの風』に載っていたものを作ってみました。

かぶはやわらかくすぐに煮えるので、たいして時間もかかりませんでした。

コツは細かく刻んだかぶの葉を塩もみして、使う時には水気を絞って加える、というところだと思います。

火からあげ際におろししょうがを加え、吸い物風に調味、片栗粉でとろみをつけます。

例によってしょうがの大好きなこぶママは、おろししょうがを鬼のように入れてしまい、辛いおかずになってしまいました。でもかぶと海老っていうのはよく合います。

献立はこのほかに梅干ちりめんご飯、豆腐とみょうがのお味噌汁、グリーンサラダ、オージー牛のステーキ、デザートにポンカンでした。
 

2006年4月 3日 (月)

こぶ丸お腹ピンチ!

20064_007 おととい久々にT公園に行ってみました。桜がきれいだったので、また懲りずに撮ってきました。
雪柳もきれいだったので、撮りました。こぶさらのしっぽと似ています。20064_020

伊豆旅行を散々楽しんでおいて何ですが、こうちゃんのお腹がピンチです。
いつも手作りの食事なのですが、お泊りで仕方がなかったので既製のドッグフードを食べてもらっていたのです。
なんだか目やにが多いなぁ、と気になってはいたのですがお腹も変だったようです。

もともとお外でないとできない仔なので、彼が訴えてきた時に連れ出さねばなりません。バスルームのドアをカリカリとひっかいて合図をしますが、バスルームのドアが開いているとそこでしてしまうこともあります。たまに足を汚したまま部屋中をうろうろしたりするので掃除と消毒が大変...。
まぁ、仕方ないです。犬と暮らすということにはこういう事も含まれているわけなのです。

夜中もいつでも外に出られるように服を置いて寝ましたが、なんだか寝た気がしないです。
こぶも顔は毛で覆われていて顔色なんてわからないのですが、気のせいか顔色あまり良くないし。

そんなわけで、きょうは大切な用事があったのに、夕べから電話で「様子を観るからね」と話していて、夜中もヒンヒン言っていたのでこれはきょうはダメだと、朝一で連絡しキャンセルです。

さっき薬を飲ませるのに久しぶりだったものでコツを忘れていて、こうちゃんと半分喧嘩になりました。失敗を重ねるうちに錠剤が溶けてきてホロホロに...。
こっちも真剣ならこぶも舌の横にはりついた苦い薬を吐き出すのに懸命....。
薬をペッ!としながら私に向かってすごく悪い顔をしていました。ぺっ!とした薬をさらが横から奪って食べようとするので、もうた~いへん...。

前なにかで見たけど、薬を飲ませるのに長いストローみたいなインジケーターがあったな。でも、あれも暴れた時のことを考えると危ないなぁ。
誰かうまい方のコツを見習いたいものですが...。
とにかく、こぶママは眠くて仕方ないです。お休みなさい。

2006年4月 2日 (日)

チワワと旅に出てみれば-伊豆城ヶ崎みはらしガーデン

200633031izukougen_169 2日目もお天気に恵まれました。

                                                

                                         200633031izukougen_078_1

8時から朝食です。またルームサービスでしたので、お部屋でゆっくりいただくことができました。

朝食の後は専用ドッグランに行ってみます。200633031izukougen_087
この時、ホテルのワンちゃんのパグのがっちゃん、ミニチュアシュナウツァーのポン子ちゃん、それからゲストのアンジー君も一緒でした。こちらのホテルにはパグのもどきちゃんもいます。
しかし、うちのこぶさら、吠えまくる...!吠える吠える吠える吠える吠える吠える吠える...!
こぶはさらが吠えるようになってから真似をしてか、以前より吠えるように。前はわんパラのハウスドッグ達とも仲良く遊んでいたのに...。これはいけません。

お名残惜しいのですが「うちのわんこ」さんをチェックアウトし、城ヶ崎海岸へ向かいます。

吊り橋は苦手ですが、これを渡らないことには先へ進めないので何も考えずにサッサと歩くことにします。すると後から来た子供がホップステップで橋を揺らしているではありませんかっ...orz...。『君たち字は読めないの~、橋の上であばれたらいけないと書いてあっただろ。親は?親はどこなの?ヒェ~~~~~イ!勘弁してくれぃ!』と祈るような気持ちでさらをしっかり抱きました。私の子供嫌いの理由は色々あるのですが、ひょっとしたらこういうところが一番嫌いかも。
一瞬めまいがしましたが、ここで一旦止まってしまえばもう絶対前には進めなくなると思い、さらを抱っこし歩く歩く...。見晴らしの良い所に出られました。フーーーーッ...。

写真を撮ったりしばらく眺めを楽しんだあと、また吊り橋を渡り、今度は我々が大好きな場所「みはらしガーデン」へ車をうつします。伊豆高原で一番好きな場所です。200623_103
入場料がかかるので、吊り橋の所みたいに混雑していないし、いつ来ても時間が止まったような、ノスタルジックなムードで、何時間でもここにいて、お弁当を食べたり本を読んだりしていたい気分になるのです。200633031izukougen_152

こぶもここに来るといつもお顔がニンマリ。お花の匂いや潮の香りを楽しんでいるようにも見えます。200623_106

風も吹いていない...。
船が見えます。
遠くに島も見えます。ポカポカとした暖かなひだまりで相当長い時間を過ごしました。
「出たくないねー」
「でもいつかは出ないと」なんて言いながら出口へ向かいました。
うーん、今度はいつ来られるかな。こんな良い季節と良い天気...。

たくさんのお花をバックに写真を撮りましたが、うちに帰ってみると二人で300枚を超えていました。(これは、お互い口には出しませんが2月のPCトラブルで大量の写真がパーになったことによるトラウマからくるものであるのは間違いないです)
そのうえ、例の「お写真できあがってまーす」にまんまとひっかかり、一枚1000円でお買い上げ。本当は入り口で撮られた時はいらないよねと話していたのに、やっぱりこぶさらと一緒に写っている写真を見せられてしまうと買ってしまう親バカな私なのでした。200633031izukougen_145

出口の売店で「うめーら」という伊豆多賀のだいだい飲料を飲み、おみやげを少し買いました。200623_100_1

帰路はガラガラでした。
また伊東のマリンタウンに寄り、地魚のお店「伊豆太郎」にてランチをいただき帰宅。ちなみにきのうあれだけお刺身を堪能したのに、また、鯵のたたき丼です。さらパパは天丼。

こうして春の強化合宿は終わりました。
こぶ丸一家は夏にはどこへ行くのでしょう。

*****

200633031izukougen_089 今回こぶ丸一家がお世話になったプチホテル「うちのわんこ」さん、OPEN2周年記念価格で

ツイン 17800円が 14000円(税込み)
ダブル 15750円が 13000円(税込み)

でOKだそうです。4月27日までだそうですからチャンス!

2006年4月 1日 (土)

伊豆高原プチホテル「うちのわんこ」で極楽露天風呂

200623_039 またまたこぶ丸一家の春の強化合宿です。
今回の行き先はうちからすぐの伊豆高原。途中、伊東マリンタウンで休憩してから「さくらの里」で満開の桜見物。200623_029200623_053_1 

ものすごい人で大きな観光バスも何台かとまっていましたが、私たちはお昼を大分まわった頃に行ったので、人の少ないほう少ないほうを目指して歩けば、こぶさらのロングリードもフルで伸ばすことができました。

さて、今回のお宿は「プチホテルうちのわんこ」さんにお世話になりました。
こちらは、夕食、朝食ともにルームサービスなうえに、露天風呂もあるということです。

チェックインをして、館内に一歩足を踏み入れると、なんだかどう表現していいかとにかく、穏やかな良い空気を感じることができました。階段で2階に行くまでの感じが北軽井沢のペンション「ブロードウェイ」さんにそっくりでした。
館内もお部屋もとにかくきれいで、ゴチャゴチャと物を置いていないところがとても神経が休まります。

私たちの部屋は201号室。ツインベッドでテーブルが置いてあり、窓からは海を見ることができます。こぶとさらと合計4人でもまったくの余裕の広さ!
部屋に入り、散歩に行こうかと思いましたがさくらの里で歩きすぎてしまい、夕食までの時間をまったりと過ごすことに。

6時半になり、楽しみにしていたお夕食です。オーナーがわざわざ私たちの部屋まで一品一品熱々を運んでくださり、気分は何だか犬宿というより久しぶりに個室のレストランを予約したようでした。
思えば、我が家に犬が来てからというもの、わんパラでは犬を無料で預かってくれますが、それ以外のお宿でダイニングでのお食事の時は、犬を気にしてはっきりいってどこに入ったかわからない時もあったのでした。

で、今回はこんなに写真を撮ることもできました。 クリックで全部大きく見られます。200633031izukougen_067_1
お刺身がこんなにいっぱい!これは事前にお願いしてカルパッチョと前菜のお料理と換えていただきました。
すべて地のお魚だそうです。魚好きのこぶママとしては涙がちょちょぎれそう。
順番が思い出せない...。確か、サラダもありました。200633031izukougen_069_2

右の写真はイチゴのリゾットです。
出てきた時はもうデザートになってしまったのかとびっくりしましたが、これはおかわりをしたかった~!
甘いのかと思いきやチーズの味もしたような...。やっぱりこれはお食事であり、デザートではないのです。確かにリゾットで、口いっぱいにやさしいイチゴの香りが広がりました。添乗でイタリーに行っていた時でさえ、一度もお目にかかったことがないものでした。200633031izukougen_070_1 
大好物のコーンスープが出てきてこぶママは理性を失ってしまい、写真を撮るのを忘れるところでしたが、スプーンで一口いただいたところでちゃんぴーに「写真はいいのね」と言われ、危ういところでセーフでした。えーと、これはパリパリのパンの上にスモークサーモンだったっけ、とにかくおいしかったな。200633031izukougen_071

ムツの香草パン粉焼き。これもふっくらと焼けててgood!レモンを絞っていただきます。200633031izukougen_072
お次はサーロインステーキです。ライスが出てきますが、私には多すぎ、ちゃんぴーに四分の一ほど寄付しました。
あぁ、こうして書いていてもまた思い出して、タラリ~ン...!

200633031izukougen_075 デザートはイチゴのパンナコッタでした。コーヒーを夜飲むと眠れなくなってしまうので、ちゃんぴーだけ。

ごちそう様でした。でも、お料理が運ばれるたびにこぶさらが「ウオッ!」と吠えてすみませんでした。いやな顔ひとつせずディナーサービスをしていただき、大変ありがたかった~。200633031izukougen_074

露天風呂は客室ごとに1時間枠で貸切にできるそうなのです。
こぶ家は9時からの枠に名前を書いておきましたので、そろそろ行ってみることにします。

満腹のあまり、脳が働かず、カメラ忘れです!私としたことが...。

こぶとさらの待機の場所がありました。最初電気をつけなかったときはお仕置き部屋かと思いましたが、ちゃんと中は清潔なベッド風になっていて、安心して待っていてもらえます。
お風呂はちょうど良い湯加減で、空には星がキラキラ光っていてオリオン座もきれい!
外は真っ暗。なぜだか小学校の林間学校を彷彿とさせます。
こぶとさらは不思議に静かなので、心配になり「こうちゃん、いい子にしててねー」というと、「オオン」と返事をします。さらはお兄ちゃんがいるので平気なのです。

いつも、こぶさらだけを部屋には残せないので、お風呂は交代でしたが、こうして一緒に露天風呂に入ったのは何年ぶりでしょう。4人で一緒にお風呂に来られるなんて...!
満足な一日でした。

第二話に続きます。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム