フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

ラズベリーブレッドを焼きました

20066kouhan_144 わが家の製パン職人『パンパン君』にラズベリーパンを焼いてもらった。

ラズベリーは冷凍のものを解凍して、水のかわりに解凍した時に出た真っ赤な果汁を使った。

私の理想としては、所々にラズベリーの果実の食感が残り、ほんのり甘酸っぱい香りのするパン。

いつも、スタートボタンを押してから最初のこねの所はしばらく蓋をしないで見ているけど、解凍したラズベリーがあっというまに砕けて、スキンミルクと共に混ざり合いきれいなピンク色に。そして、苺ミルクのような匂いがしてきた。

出来上がりは果実の跡形もないが、ラズベリーの種のつぶつぶが少しわかるかな?という感じ。
色はご覧のとおり。

20066kouhan_085

きょうは、わが家はボーナスだったので、『さぼてん』の超特大エビフライを一人2本食べた。
衣も厚付きだったけど、やっぱり海老も見事なものだったので、食べるのが大変だった。エビフライ2本でお腹いっぱいになってしまって、ご飯は食べられなかった。

ところで新聞で読んだのだが、おとといあたり、うちのほうの住民から「卵の腐った匂いがする」と通報があり、マンホールを調べたら硫化水素が検出され、かなりの住民に避難命令が出ていたようだ。
おとといの早朝から喉が痛くて、連日3時半や4時半に起きてしまうのだけど、これとは関係ないよね。
夕べも喉が痛くて寝ていられず、冷凍室からペットボトルに巻きつける保冷剤を出してきて、タオルに包んで喉に巻いた。
きょうも一日喉が痛かった。
夜中にまたひどくなりそうなので、もう枕元に準備してから眠ろう。
こんな小さなことでも、起こってみると『喉が痛くなくて良く眠れてた頃は良かったな』とつくづく思う。

2006年6月29日 (木)

納戸の整理にとりかかるの巻

早朝4時半、喉の猛烈な痛みで起きた。
扇風機をかけっぱなしで寝たので、そのせい?

数日前に何かでフト目にした『まとまった時間などあなたには永遠に来ません』という一行がやけに気になって、納戸の整理についに手を付け出した。

私はやるとなったら、集中してやりたい方なので、納戸のクローゼットの整理は他の家事も何もしなくていい日を待ちあぐねていた。
バーッとやって、一日で終わりにしたかったのだ。途中で食事の支度だなんだかんだで中断するのはイライラしていやだ。
でも、そんな日は来ないみたいなので、ちょっとずつ始めることに...

ハワイアンな音楽もきょうはお預けだ。
そんなものをかけていたら『ま、ゆっくりしようよ』ってなるので、きょうは宇多田ヒッキーのCD。
リビングにかけて、納戸までかろうじて聞こえる。下からクレームが来ないくらいのギリギリまで音量を上げた。

コーヒーの強制大量投与でテンションをガンガンに上げていった。
11時頃から始めて1時にレトルトカレーの昼食。20066kouhan_145_1

これが辛いの辛くないのって、普段辛い物を食べなれてる人には何てことはないのだろうけど、一口、二口、スプーンを口に運ぶと、飛び上がりそうになった。

『辛~~~~い』『ちょっとこれ、こんなでいいの~~~?』

捨てるのはいやなので、大量のキャベツとアイス珈琲で最終的には流し込んだという感じ...

辛くて涙がポロポロ...汗がダラダラ流れてきた。
暑いんだか辛いんだか、辛いんだか痛いんだか、もうわからない。
ダイニングのクーラーを入れたかったけど、そんなことをしようものなら、もう二度と納戸には戻らないことはわかりきっていたので、扇風機もつけないで、わざと納戸の方を扇風機付けっぱなしにして、『納戸に行けば涼しいのだ』という仕掛けにしておいた。
あ~、辛かった、もう二度と食べないよ。

そして、奮闘すること約3時間。ずっと立ったまま作業をしていたので腰が痛くなって止めた。
ゴミ用の大きなポリ袋に3袋分のシャツや服が出た。
まだ十分新しいものもあって、もったいないなぁ。でも、フリマ仲間は引っ越してしまっていないので、古いものは廃品回収の日に出し、まだいけるものは、リサイクルショップに売りに行こう。

これで、やっと8分の1くらいはきれいになったってところかな。
早く、もっともっと進めていきたいけど...気が変わらないうちに...20066kouhan_146

納戸に別宅を構えているこうちゃん。
きょうは気まぐれな飼い主がバタバタと整理していたものだから、別宅ベッドでのお昼寝がうまくいかずに、なんだか元気がない。

さらはバリバリに元気。
元気が余りすぎてるなぁ...

2006年6月28日 (水)

山形からのさくらんぼとルッコラのサラダ

20066kouhan_121 楽天で注文して心待ちにしていたさくらんぼが山形から届いた。

さっそく、今晩のデザートに。
さくらんぼは私にとっては宝物のように特別な果物!
小さい頃は弟と争って食べたのに、ちゃんぴーは別にさくらんぼを食べる時、急がないでゆっくり食べるから変だ。
彼は一人っ子だからね。別に焦らなくてもいいんだ。
いいね、一人っ子はさ。優雅で...

きょうのおかずは激辛ハンバーグ。
前、カレールーについてた、辛さ調節の激辛スパイスを手が滑って全部入れてしまった。
ちゃんぴーの反応を密かに見ていたら、辛さに弱いちゃんぴーはつらそうにしていた。ハハハハハ...私もそれなりに辛かった。20066kouhan_125

あと、大きく伸びたベランダのルッコラがついにサラダに!

ドレッシングは、毎日、日記を楽しみにさせてもらっているbandyさんのアイディアを少し真似させてもらい、しょうゆとレモン汁同量にした。彼女はこのほかに、いりゴマやいろいろ工夫をこらしていたけど、私は焦がしにんにくを混ぜてみた。

ルッコラ...ベランダで摘んでいる時から、新鮮なみずみずしいゴマの香りがしてきた。

クレソンにも似た苦味がなんともおいしい、フレッシュなサラダだった。20066kouhan_136

おまけは、きょうの『王女さら』。

きょうも朝、ベランダで抱っこしていたら、公園を通るお散歩犬に向かって、「オウッ!オウッ!」とどやしつけておりました。

やめなはれ、恥ずかしい...

2006年6月27日 (火)

育ちすぎたハーブとさらの浴衣

20066kouhan_113 バジルは使い方にもいくらか馴染みがあるのだけど、やはりほかのハーブを自由自在に使いまわせるほど、普段おしゃれな生活をしていないので、ご覧のようになんとなく使いそびれているうちに、お化けみたいに、ドンドンドンドン伸びてきてしまった。
モサモサ伸びて、ちょっとした野菜畑みたいでしょう...
一鉢分あれば、二人のサラダの2回分くらいにはなりそう。

ところで、このプランター2鉢分には『タイム』と『チャービル』『ルッコラ』の種を蒔いたはず...
なのに、タイムの姿が全然見えない...!
かなり大胆に全部巻きをしてしまったので、あの時点で全滅してしまっていたのか?

きょうは、午前中こぶさらの衣替えをした。
自分で自覚している以上の服の数に驚いてしまった。
衣替えといっても、こぶもさらもあまり服を着るのが好きではないので、犬宿にお邪魔する時にエチケットとして着せるくらいかな。
部屋に入ると、すぐに脱がせてしまうのであまり意味はないと思うけど、さらは大分背が伸びた(というか、胴が長くなった?)ので、お兄ちゃんの服を大分さらのほうにまわしておいた。

こうなってみると、男の仔っぽい服ばかりを買ってこぶに着せていたのは少し失敗だったかな。
さらが着てもいいようなのを買っておけばよかった...
でも、さらを迎える考えは最初のうちはなかったわけだし...

20066kouhan_118

出したばかりの浴衣を着せてみました。
この仔はこぶと違って色素が濃いから、こういうハッキリした色が似合うかな。

2006年6月26日 (月)

車内ハワイ化計画

20066kouhan_048 ヨーロッパにうつ病の患者が多い理由に、スコーンと晴れる日が少ないからだ、というのを前に聞いたことがあるけど、パリやロンドンに行くと、少し納得。
今の日本みたいな梅雨空のような明るさの日ばかりだった。
たまたま私が行く日がそういう日ばかりなのかもしれないけど。

犬と暮らしていると、こういう時期は大物の洗濯ができなくて困る。
乾燥機のあるお宅は、こんな悩みはないのだろうな。
仕方ないから、こぶやさらのハウスやケット類には、お茶の匂いのするファーファをスプレーしてなんとか凌いでいる。

私は気が短いので、「いついつ梅雨が明けます」とはっきりしない、こういう状態にすごく弱い。カンカン照りの日もそれはそれで辛いけどね。

気分だけでも梅雨空から脱出しようと、車の中で聞いたら気分良いだろうと、ちゃんぴーの持っているハワイアンのCDをカセットテープに入れた。
私の車にはCDプレーヤーがついてなくて、ラジオとテープしか聞けないので。

そして、20066kouhan_108私の愛用している車内の芳香剤は写真左のもの。
(ビニールに入っていて、わかりにくいかな?)
これは、ココナッツのなんとも良い匂いがしてすごく気に入っているので、リピーターになっている。
車内にはハワイアンを流して、このココナッツの芳香剤をかけると、にわかハワイにいるみたい。
車に乗った友達も(彼女もハワイ狂)「すごくいい匂い~」とご機嫌だった。
ハワイ好きなあなたならきっと気に入ると思うので、見かけたら一度試してみて!
オートバックスなどに売ってます。

ムシムシするからエアコンを...ときょうも思ったけど、自分を甘やかしてばかりでもキリがない、と扇風機にしてみたら、これが意外にいい感じ!
部屋にいる時はずっとハワイアンミュージックを流しているけど、きょうは
『HAPA』の『NAMAHANA』。
そして、このNAMAHANAを聞くときはクーラーよりも、断然扇風機の方が良いのだ、というのに気付いた。

20066kouhan_004 気のせいか、こぶとさらもハワイアンミュージックは好きみたいで、喧嘩もしなくなる。

生き物すべてを穏やかにするパワーがあるような、そんな気がする。

写真は梅雨も晴れも関係なく、昼寝の好きな4歳になったこぶきち君。

2006年6月25日 (日)

かわいいポテチちゃんとあじさい、天丼と揚げパンな日

久しぶりのT公園に行ってみるとあじさいが賑やかに咲いていた。20066kouhan_099

いつもは一面の芝だと思っていたところが、あじさいで埋まっていたのだ。20066kouhan_073 20066kouhan_074

あぁ、カメラを忘れなくて良かった~

4人であじさいを眺めながらテクテク、テクテク...

すると、かわいいお友達に遭遇。
お名前を『ポテチ』君というそう。

さらはいつものように吠える吠える吠える...
そしてまた吠える...
キンキンキンキンキンキンと吠える。

ポテチ君、びっくりしただろうなぁ...
ポテチ君のママも、ポテチ君のパパにリードを預けて、写真を撮っていた。私も3匹の良いショットを狙うが、なにしろチャンスは一瞬!20066kouhan_067 20066kouhan_065

ポテチ君はさらと同じ1歳なのに、体重がさらより全然軽い。
歩き方もポワンポワンとしていて、まだ赤ちゃんみたいにかわいい仔だった。
きょうは横浜の方からT公園に遊びに来たそうだ。

けっこう長めのお散歩を終えて、駐車場に向かって歩いていると、ムムッ、何やら見かけないのぼりが...20066kouhan_105

こんな畑の真ん中に『天丼』の文字が...

お腹の減ったこぶ家一行はグングンとそちらの方角へ歩く。
すると、おじいさんがやっている天丼の販売車。

試しに買ってみることにした。
ひとつ500円。20066kouhan_104

ぶ厚く食べ応えのある鯵のてんぷらが、ゴマ油で香ばしく、かき揚げにはぷりぷりとしたえびもたくさん入っていて、ご飯もとてもおいしかった。
ほかに、さつまいものてんぷらも。

おじいさんはおでんのおまけも付けてくれた。

外でこういう風に食べる時は、こぶとさらのリードは少し長めに伸ばして足に結んで食べるけど、ここできょうはハプニングが...!

ヒト二人が天丼に夢中になっている間にこぶが私達の後ろに回って、おでんのにんじんをひとつパクッと食べてしまったのだ。
そして、今まさに次の獲物であるチキンウィングにかかろうとしているところだった。
こぶ、惜しかったね...もうちょっとうまくやれば、食べられたかも。

お腹いっぱいになっておじいさんに「すごくおいしかった、ご馳走様。800円でも買います」と言ったら、
「そうだろ?だってよ、小田原の新鮮な鯵に、かき揚げに海老だからな。本店では500円じゃ出してないんだよ」と言って、すごく喜んでいた。
そうか、どうりでおいしいと思ったら、どこかに店があるらしい。

帰り道、ちゃんぴーが水草がほしいと言うので、ホームセンターに寄った。
すると、4月にこのブログに載せた(←リンク有)揚げパン屋さんの車がいたので、お兄さんと少しお話して、きょうは砂糖を除く全種類を買った。
そして、かわいい車をパチリ!20066kouhan_107

梅雨はいつ明けるのかな。  

シトシトもたまにならいいのだけど、蒸し暑いのがこう毎日続くとこたえる...

2006年6月24日 (土)

洗濯物のお山の女王と「としこ」

特別暑くもない、ぼんやりとした一日だった。

先日の那須強化合宿、こぶの誕生日と行事が続いたこぶ家は、中だるみというかんじで、散歩に行ったほかは思い思いに過ごした。

夕食もきょうは作りたくないので、思い思いのものを買おうということになって、私はフライドチキンと枝豆と紫蘇きゅうり海苔巻き。ちゃんぴーはたこ焼きをビールと一緒に食べていた。
先日、那須の道の駅で100円で買った高原キャベツを山のように千切りにして大きなお皿に盛って、テーブルに置いた。
二人ともキャベツが好きなので「おいしいおいしい」と馬のように食べる。ちゃんぴーはマヨネーズで。私はそのままで。
変な夕食だ。

20066kouhan_033 写真は、洗濯物の山に埋もれるさら。

洗濯物を取り込んで、そのままにしておくと、必ずさらがどこからかやってきて、チョコンと座り込む。

お日様の匂いが好きなのかな?

ところで、先日のことだけど、うちのエンジェルフィッシュの「としろう」が亡くなった。

うちの水槽は昔はネオンテトラやプラティがいっぱいいて賑やかだったけど、全員天国に行ってしまったので、残るはエンジェルの「しまこ」と「としろう」だけになっていた。
ずっと♂♀だと思っていたので勝手に「しまこ」と「としろう」なんて名前を付けていたけど、最近になって二匹とも♀だったことがわかった。

亡くなった「としろう」は♀だったので、亡くなってから改名して「としこ」となる。
「としこ」さんはこぶ家の熱帯魚霊園に眠ってもらった。
それはベランダの大き目の植木鉢で、きれいな花を植えて小人が二人、ベンチに座っている置物をポンと置いただけのものだけど、今は雑草がボーボーに生えてしまって手入れもできないほどになってしまっている。
そこに何十匹という、うちの熱帯魚が眠っているけど、埋葬するのはちゃんぴーの役目。
私は死んだ熱帯魚を触るのが怖い。
ネオンテトラなら小さいからまだなんとかなったけど、エンジェルフィッシュは体も大きいので、絶対に無理だ。
魚屋さんで買ってきた鰯やなにかを三枚に下ろしたりはできるのに、変だなぁ。

ちゃんぴーに「もし、『しまこ』のみそ煮が食卓に乗ったら食べられる?」と聞いたら、
「変なことを言うなよ」といやな顔をされた。
本当に変なことを言ってしまったものだ。

2006年6月23日 (金)

宴の後

20066kouhan 夕べはこぶ丸の誕生日パーティーで飲んで食べ、食べて飲んでしまった(自宅です)。

そのあと、こぶとさらはおやつの取り合い、おもちゃの奪い合いをした後、放心状態で書斎でボーっとしていたようだ。
強欲さらはその後、また蹄をカジカジしていた。

私は、プンプンと梅酒くさい体を浴槽に沈めたけど、『バブ』のメロンの匂いと混じって、それはそれはエキセントリックなバスタイムだった。

*****

きょう、小田原で、何気なく大手リアル書店をうろついていると、銀色夏生の『銀色夏生×HARCO』メール交換というのが角川文庫から出ていて、驚いた。

毎年この時期は銀色夏生のつれづれシリーズが出るのを楽しみにしていたけど、去年の日記に「もうこれでお終いにします」って急に書いてあったから相当にがっかりしたものだった。
『そうか、もうこの時期のお楽しみのひとつが減った』と、気を抜きすぎていた。
そしたらそしたら、平積みにしてあったけど、残りの2冊になっていた。
あ~危ない!下にあったきれいな方をすかさずレジへ持っていった。

読売新聞で新刊の欄だけはチェックしていたつもりなのに、そのチェックの網をくぐり抜け、しかも売り切れ寸前とは...!
この人の本は一旦切れると、意外に入ってこない。
ミニ文庫が売り切れた時も、手に入れられなかった人達が『~でみかけた』とかネットで情報交換をしきりにしていた。

きょうのこの本を見て一つ気になったこと...
前、飼っていたダックスのマロンがいないじゃないか...『お嫁に行った』なんて書いてあるけど、どのような経緯で?
銀色夏生は好きだけれど、『つれづれ』シリーズでも犬に関することを読んでいるとたまに正直『ちょっとなぁ』と思うところが一箇所、二箇所ではなかったな。たとえば兄のサムに「ねぇ、犬(マロンのこと)いらない?もらってくれたら100万円つけるよ」なんて言う辺りとか...
マロンが気になる。お嫁に行ったのなら、その後どうなったのか...
代わりにチワワ2匹になっていたけど(シロとチョコ)...犬飼育に関してはちょっと危なげで、ヒヤヒヤ...

これもちょっとずつ読むことにしよう。読んでいくうちにマロンのこともわかるかも。

きょうは他に、実用書を一冊『プロが明かす水彩画のコツ』-金城龍男
今、永沢まことさんの『旅でスケッチしませんか』の1と2を読み直してるけど、それと並行して読んでいこう。

こういうものとか、犬宿のガイドブックとかばかりで、本当の読書は最近とんとご無沙汰だなぁ。

2006年6月22日 (木)

こぶ丸4歳の誕生日

20066kouhan_031 オッス!こぶ丸です。

俺はきょう4歳の誕生日でした。

皆様にいただいたお祝いのメッセージ、プレゼントなど、本当にありがとう!
とってもうれしかったよ。

俺のママの書く日記を毎日読んで下さる皆様、ママもお礼を言ってるよ。

俺もさらの攻撃をうまくかわせる賢い犬になれるように、この一年も精進したいと思います。

でも、せっかくめぐのお姉ちゃまからもらったクッキーをさらにちょっと取られちゃって、またスティッチみたいな悪い顔をしちゃったよ。
でも、最後はなめてやったさ。なんてったって、かわいい妹だからな。

「2006.6.kouhan 014.mov」をダウンロード(動画あります)

ママはきょうは犬用のケーキを買いに遠くに出かけたみたいだけど、思ったようなのがなくて、キッチンでなんだか一生懸命やってると思ったら、俺の為にって『ポテトスフレ』を作ってくれてたよ。ベランダのチャービルもきょうデビューってわけさ。

20066kouhan_022

でも、それもさらに取られちゃった...20066kouhan_027

でも俺、みんなに祝ってもらっておいしいものも、おもちゃももらっちゃってとっても幸せなんだ。

ありがとう。

4歳もよろしくね!

今夜のこぶ家のパーティーはまだ続きそうなんだ。
誰かママの酒をとめてよ!

2006年6月21日 (水)

那須喜美の森ドッグランにて-那須旅行(2)

20066kimino_056 どうも夕べの神様へのお願いが効き過ぎてしまったらしく、きのうの天気とはうって変わってピーカンの良い天気!

早朝ちゃんぴーとこぶは私がまだ寝ている間に散歩に行って来たようです。
その時、ホテルの方に、9時までだったらゴルフ場の中をお散歩してもいいですよ、と言われたそう。
ゴルフ場を散歩なんて、あまりできることではないかも...
前の晩に知っていたら...

ちゃんぴーは部屋に戻ってくると「朝風呂だー」と1Fのお風呂に向かって行きました。

和朝食をすませたこぶ丸一家は11時のチェックアウトまで念願のドッグランで過ごすことにします。
この日の朝食は和食で、フルーツはバイキング、珈琲紅茶、ジュースはご自由に飲み放題でした。

まず小ドッグランですが、こちらはホテルのエントランスそばにあります。

せっかく、リードをはずしてあげても、なんだか遠慮がちに過ごすのね...(動画をご覧下さい。)

「2006.6.kimino 059.mov」をダウンロード

これは、車に物を取りにいったちゃんぴーが気になって二人とも落ち着かないのです。

20066kimino_084

せっかくなので、大ドッグランの方にも行ってみます。
どのくらい大きいのだろう?

これくらいでした!(動画あります)

「2006.6.kimino 065.mov」をダウンロード

朝、散歩のついでに寄った時、ここでラブラドールレトリバー君が軽快な走りをみせていたそうで、ちゃんぴーは入場を遠慮したそうです。
だって、大型犬にとっては、障害物なしにカッパカッパと気持ちよく走れるチャンスなんて、そうそうあるものではないですからね。

私達が入場した時、チベタンスパニエルの『チャコちゃん(♀)』がもうすでに遊びつかれて日陰で涼んでいました。20066kimino_062
そこに、わが家のさらがからむからむ...あちらの飼い主さんにも笑われてしまいました。
でも、最初に吠え疲れると、あとはつき物が落ちたように、マイペースに戻っていったのでした。

一方、こぶはチャコちゃんの匂いを取りすぎて、ハッキリ嫌われていました。

チャコちゃん一家は千葉にご帰還で、広いドッグランにはこぶ家のみが残されました。

「2006.6.kimino 076.mov」をダウンロード(再び動画ありです)

こぶ、さら共、昔は興味を示さなかったアジリティに関心を持ったようです。
こぶは、ここに登るにはどうしたら良いのか、わからなくてしばし考えていたようですが、答えは出ません。

「2006.6.kimino 082.mov」をダウンロード(動画です)

ドッグランを楽しんだこぶ家は、チェックアウトし、りんどう湖ファミリー牧場に向かいます。

20066kimino_085

気持ちの良いホテルだったな。絶対にまた来よう!20066kimino_101
高原の日差しは思ったよりも強く、服も2日間雨の心積もりで持ってきていたのに、これは本当に想定外でした。

こぶもさらもちゃんぴーも私も暑さでヘロヘロ...20066kimino_092 20066kimino_093

入り口でお約束の写真屋さんによる記念撮影をすますと、遊覧船に乗るために(犬OK)歩きますが、どうやらタイミングが悪くこの日向で船を待つには4人で日干しになる覚悟が必要かもしれなかったので、歩くことにします。20066kimino_095

ここから後は暑すぎて、写真撮影もままならず、4人でヒーコラ言いながらひたすら湖のほとりを歩きました。

お目当てのバーベキューも『本日はお休み』ということで、お昼はSHOPで思い思い好きなものを買って、日陰で食べました。

ちゃんぴーの好きなものって何だと思いますか?
呆れないで下さいね。こんな時もちゃんぴーはメンチカツを買うのです。
大体、こんな所にメンチカツが売ってるっていうこと自体がおもしろいと思いますが、おいしいおいしいと満足そうでした。
私はカルピスとフライドチキン。ちゃんぴーはコーラと子供のビール、焼きそばとフランクフルトとメンチ。
たくさん買ったので、お兄さんがおまけにと、豚トロ串をサービスにくれました。(豚トロ串が一番おいしかった)

出口では先ほどの記念写真をまたもや購入してしまいました。(伊豆高原の時も購入←親バカ)(800円だからいいか...)

今回は出発の前に那須の犬OKの立ち寄りCAFE等をいつもに比べ入念にチェックしていった割りに、実際に行ったのはここだけになりました。
本当は、ペンション『イマジンドッグ』さん付属のべーカリー『ペニーレイン』や、英国伝統紅茶館『AUNTIES』、映像ギャラリー・カフェ『Miruphony』、『DINING CAFE Borage』なんかが候補にあがってました。
また、次回のお楽しみに取っておきます。

帰路も渋滞もなく、S.Aでおみやげをたくさん買い込み犬屋敷に帰還しました。
ワン連れで東北道で休憩を取る方、川口JCT~那須ICまでの間でしたら、2箇所がオススメです。
川口JCTから那須ICまで、時速80キロ計算で2時間です。
★ 佐野SA...広めの公園、ベンチ多し、ワン専用のゴミ箱有。
★ 上河内SA...同じく広めの公園があるので、散歩に便利。ワン専用ゴミ箱有です。
うちは往きの昼食は上河内SAで取りました。ここは、中で買ってきたものを食べる広場があります。もちろん犬OK。この日もレトリーバー君家族がラーメンを楽しんでいたようです。

2006年6月20日 (火)

那須高原に行って来ました(1)

恒例のこぶ丸の誕生日記念旅行。今年は那須高原に行って来ました。
那須は好きな場所なのですが、こぶが来てから訪れるのは初めてです。

日曜日の朝に出発、東名高速、首都高速、東北道と全部高速道路を使っての旅でしたが、一回も渋滞に巻き込まれることなく、かつて経験したこともないほどに道がすいていたので、途中東北自動車道の上河内S.A(リンク記事有)まで、自宅から一気に飛ばしました。
上河内S.Aは栃木県だけあってお土産コーナーには餃子の品揃えが豊富で、その場で焼いて食べさせてくれるコーナーもありで、なかなかおもしろい所。
おみやげ好きな私としてはあれもこれもほしいものばっかりだったのですが、ここはまだ我慢...帰りにとっておくことにします。

あっという間に那須に着いてしまいました。
那須インターで降りると南が丘牧場(リンク有)に向かいました。20066kimino_012
そもそも牧場に行きたくて那須を選んだようなものでしたが、あいにくの小雨で、人もまばら...
その上、牧場ゾーンには犬の進入禁止ということを初めて知り、ほんの入り口の所で中途半端なまきば気分。
犬を連れてここに来たのは初めてだったからびっくり...
千葉のマザー牧場とか、清里の牧場とかは、犬も牧場を見られたのに、もうここには来ないかも。

さて、気を取り直して、今度は犬はNGですが、『お菓子の城』(リンク有)に行くことに。
ちゃんぴーとこぶさらは外で散歩をして待っていることにします。
私は、大好きなお菓子工場の見学。20066kimino_013

どういうわけか、私は昔からこのような工場にとても興味があって、ビール工場やかまぼこ工場など、色々見学したのですが、特にこのようなお菓子工場が好きなのです。

パートのおばさんが(なんて!勝手にパートと決めつけてるよ)大きなゴミのポリバケツをかかえて、何やらタンクの中に流し込んでいました。
丸いお菓子がポッコンポッコン次々に出来上がっていく様子は、いつまで見ていても一向に飽きません。
お菓子のバラ売りコーナーで2500円分くらいを買い、宿に向かいます。20066kimino_020

今回のお宿は『那須Resort倶楽部 喜美の森 ホテル&ゴルフ』(リンク有)の10周年記念わんちゃんとずっと一緒宿泊プランです。
こちらは犬専用ホテルではなく、ゴルフをする方が多くいらっしゃるホテルなので、ホテル内の犬動線なども決められていますが、犬と泊まれる専用のお部屋が用意してあります。20066kimino_018_1

2階のモデレートルーム。犬の匂いも何もしないし、広々したお部屋が実に気持ち良かったです。

レストランも犬連れのゲストと人間だけのゲストと2つのレストランに分かれていて、しかも犬同士の視線がかち合わないように、どじょうの籠のような中で食事を楽しむように作られています。

食事は6時から。ゲスト同士がきっちりと混み合わないように工夫されているようで、どじょうの籠でも、私達が終わる頃に隣のゲストが始まるように調整されていたようです。
犬専用ホテルでもないのに、ここら辺が良くわかってるなぁ、という感じで実にお見事。20066kimino_015

食事までの夕暮れ時はバルコニーで夕涼みです。

さて6時、食事の時間が来たのでレストランへ行ってみます。

驚いたことに、椅子に犬を乗せても良いということなので、そうさせてもらいました。
こぶは、我々の警備係といわんばかりにうなぎの籠の入り口で見張りますが、きれいなお姉さんが色々運んできてくれるたびに遊んでほしくてちょっかいを出していました。20066kimino_030

きょうは和洋折衷のコースのようです。

最初に前菜...食前の楽しみ一口オードブル色々
真ん中のグラスにはアロエの角切りが入っていました。20066kimino_032_1

次はお造り...三陸より鮮魚盛り合わせ20066kimino_035

煮物...豆腐しゅうまい20066kimino_036

スープ...新ジャガイモの冷製スープ”パリソア”20066kimino_037

メイン...黒毛和牛ロースステーキ(少しいただいてしまってから20066kimino_026 写真忘れに気付きました)

そして、鰻の釜飯と赤出汁、お新香と続き、デザート20066kimino_052

でした。

これらのものが、実に絶妙なタイミングでサービスされ、先ほども書いたようにドジョウとりの籠みたいな中にいるのに、二人で「誰も見ていないのに、どうしてわかるのかなぁ?」とずっと不思議だったのです。

その謎はこんな所にありました。20066kimino_040

天井にカメラが...!そうか、そうか。謎が解けてスッキリ...!

もうお腹一杯で最後の鰻の釜飯はすごくおいしかったのに、少し残してしまいました。
主婦の私には鰻を残すなんてまったく考えられなかったのですが、満腹で食べられないので仕方ありません。20066kimino_053

部屋に戻ると、こぶもさらももう眠くて仕方なかった様子。

ヒトはこのあと、お風呂に行きましたが、ホームページでもわかるとおり、大浴場に続く露天風呂は、バリ風のインテリアでとても気持ち良かったです。露天だけで浴槽が3つありました。(女性用)
夕食時の梅酒ロックがきいてきてほろ酔いです。

でもでも、できればせっかくの大小二つのドッグランを楽しめるように、
「神様、明日は少しでもいいですから晴れにして下さい」とお願いしてから眠りました。
ちゃんぴーはサッカーをみていたようです。

明日(喜美の森ドッグランにて 那須旅行-2)に続く...

(喜美の森は現在犬の受け入れを中止したようですので、お知らせいたします)

2006年6月17日 (土)

犬ご飯と人間ご飯

きょうは、鬼のように溜まってがけ崩れがおきそうだったアイロンの山をなんとかしようと、片っ端からかけていたら、予想以上に時間がかかってしまい、しかもそのあと少しだけ本が読みたいとソファに横になったが最後、そのまま寝てしまったらしい。

エンジェルフィッシュの自動給餌機のガーっという音で、夕方5時半頃、目が覚めた。

きょうは犬ご飯を作る日だった。
冬場は3日に一度作って冷蔵庫に入れるが、この季節はその日の分だけか、2日分作る。20066_151

こぶはその間、ずっと見学していることもある。

「オイシイノ タノミマス」とでも言わんばかりに...

チキンの買い置きをきらしていて非常に焦ったけれど、良く探すと冷凍のチキンミンチがあった。
それとチキン軟骨、お芋と大根のサイコロ切り、めかぶとご飯を煮込んで、人間用のおかずのビーフを味付けなしでソテーして、チョコっと乗せた。

犬メシを作っていたら人間用のご飯はおろそかになった。
ビーフはこぶのさっきの肉を軽く塩コショウして、ケチャップライスに乗せ、冷奴とグリーンサラダ。
まぁ、うちの場合は常に犬優先だ。

あす、こぶ丸一家は那須高原に強化合宿だ。
22日のこぶの誕生日の、毎年恒例のお祝い旅行だ。
わんと泊まれる、そしてわん用の露天風呂もある、人間用の温泉もあるリゾートホテル...
大きなドッグランが魅力で選んだけど、どうやら2日間とも雨らしい。
この時期に生まれたんだから仕方ないね、こぶ君。

帰ってきたらまた旅行記を書こうかな?
良かったら見に来て下さいね!お楽しみに...

2006年6月16日 (金)

栃木限定餃子ポテトチップス

20066_097 先日ちゃんぴーが出張で買ってきたお土産です。

行き先は栃木県日光。

はたして本当に餃子の味はするのでしょうか。

答え=しませんでした20066_098

ほかにはこんなものも...

お馴染みたまりらっきょうは、たまり醤油の風味が豊かでカレーライスのお供にはもちろん、白いご飯にもピッタリですね。

お煎餅と羊羹はまだ手付かずです。

羊羹は太るからね。よっぽどおいしいのしか食べないです。
そうです!とらやの『夜の梅』か、昔イイタヌさんからのプレゼントでいただいたポンポコ村の塩羊羹しか...ムフフフフ...
でも、この塩羊羹の場合、良く見ると『世界遺産』と書いてあるしなぁ。
あっ!これは日光のことか...。

_______

きょうは雨の合間を縫ってショート散歩をしてきました。
どうも犬というものは、暑さというよりも、湿気に弱い気がしてなりません。
こぶも梅雨は苦手のようです。
こんなうっとおしい日は、散歩中何度も何度も私を見上げては、「モウ カエッテモ イイヨ」と訴えます。
1歳位の頃は雨だろうが梅雨だろうがバリバリ散歩をしていたのに、この頃立ち止まって景色を見たりして、大人の風格を漂わせています。
そんな彼も22日で4歳になろうとしています。

2006年6月15日 (木)

難航する大掃除

私はたまに方位取りをするのですが、よく、「良い方角をとろうとすると邪魔が入る」といいます。

事前に良い方角を調べ、いざ、かの地へ向かおうとするとなんらかの障害が起こってくるということです。

そうそう簡単に吉方はとらせないようにする...そんな力が働いているのでしょうか。
天中殺になると、とたんに人は新しい大きなことを起こしたくなるような現象にも似ていて、話は飛びますが、だから人間は死に向かって生きていると言えるのでしょう。

大掃除も、もしかすると運を良くするのに、何か通じるものがあるのではないでしょうか。
そして、実行しようとするとそこには強力な引力が発生する...
引力って?それは、運を良くしようとしたときに生じる妨害の引力...

うちの引力?どうも、ちゃんぴーのようなのです。
意を決して整理し始めようとすると、まずちゃんぴーの所持品の多さにめまいが...!

自分一人なら「これは使う。これはまだ必要。これはいらない!」とパッパと判断し捨てていけばいいのですが...

一番困るのが電気製品のコードなど...
「これは捨てていい?」と聞くと、「あーーーーっだめだよー!!何考えてるんだよゥ」
私「なんで?何に使うの?」
ち「それはね、あれを修理に出して使えるようになったら、大切になってくるコードなの!」
私「修理っていつ出すの?」
ち「それはそのうち」
私「そのうちって?」「そのうちっていつサー!!!」

もうこれだけで、整理する気が失せてくるのです。クタクタ...
古いものも捨てられないちゃんぴー。せっかく私が心を鬼にして自分のものを捨てて、やっと空きスペースを作っても、いつの間にかチャッカリそのスペースに自分のものを押し込んでいるのですから。
誰が見ても捨ててしかるべきと思うものでも、「捨てるのは可愛そうだ」と言うのです。(まぁ、半分はわかるのですが)
母に愚痴ると、「でも、だからあなたも助かってるのかもしれないしね」などど、図星めいたことを言って、まったく難航しています。

ところで、

この季節は、晴れ間が見えているうちにすばやく散歩に連れ出すのが大事ですね。
ちょっとタラタラしていると、もうシトシトしてきてしまいます。

写真は先日撮ったものですが、バラの中に小さなお客様が...!
きっと良い香りで、バラ浴を楽しんでいるのでしょうね。20066_046

2006年6月14日 (水)

見張り係のさらぽんとハーブ

20066_129 ベランダで育てているハーブの成長具合です。

心配していたわりには大きくなってくれました。

でも、良く見ると葉っぱの所々に穴が...
これは多分、ベランダの住人、蜘蛛の「アパッチ」のお食事になっているのでしょう。
毎日ハーブを食べているなんて、なんとヘルシーなハーブ蜘蛛!20066_130

バジルのほうはこんな感じ。

スパゲティに使いたくなるような形が見えてきました。
間引きをしていないので、密集しているのです。20066_135

こちらは、和室に続くフラワーBOXです。
さらぽんが目を三角にして、すっかりワンのお散歩コースとなった公園を見張っています。

気に入らない仔が通ったりすると、
「ウオッ!ウオッ!」と家中のメンバーに知らせます。

こぶも一緒になって吠え出してうるさくて大変なので、よほど蒸し暑くない限りは窓は閉めておきます。

きょうのこぶ家の献立はまぐろのお刺身。と言ってもこれは私用で、ちゃんぴーは牛もも肉の固いステーキです。
いつも「あなたもお魚を喜べば、私みたいにもっと頭が良くなるのに」と言うと、まったく耳を貸さないで「いやぁ、肉だよ。肉」と「人間は好きなものを食べるのが一番体にいいんだ」とかなんとか言っています。
あとは、男前豆腐店の冷奴と、ほうれん草のおひたし。
揚げだし茄子でも作ろうかな?大根おろしにそばつゆをかけてね。これは簡単だけど、二人共通の大好物です。

2006年6月13日 (火)

『守谷製パン』第二弾-甘食とわどー

先日新しい処方箋で作った2WEEKアキュビューを取りに、小田原へ行って来た。
この間、左目の度がさらにすすんでいることが判明し、新しいレンズを付けた瞬間、パッと景色が開けた。
なんというか、スコーンと遠くまでクリアに見えるようになって、非常に良い感じ。

それでまた、守谷のパン屋さんへ。

きょうは、20人くらい並んでいた。
明らかに東京から来たとおぼしき30代サラリーマン風の男があんぱんの必殺まとめ買いをやらかしていた。
デパートに行った時に大きな手つきの紙袋をもらう、あれくらいの大きさ2袋分買っていた。
あんなに買ってどうするのだろうか。会社で配るのかな?20066_123_1

これは甘食。

大量生産したフワフワできちんと成型されたのと違い、いかにも手作り風で、固い。

涙がでそうに懐かしい味...!

前に並んでいる人が2人連続して「わどー。わどー4つちょうだい」

「わどー。あと、くりまんね」
なんていうものだから、なんだか見ようと思ったのに、サッと袋に入れてちっともわからない。

くりまんはなんとなくわかる。栗饅頭でしょう。でも、栗饅頭は今日はいらない。

頭の中が「わどーって何?わどーって?」「わどーって、このあたりの地域の隠語?」でいっぱいになって、自分の番になったら「わどー」って言おうと思った。
正体がわからないけど、パン屋さんで何万円も請求されることはないだろうし...
とりあえず2つで。
ボーっと並んでいたら、カメラ忘れに気がついた。
『せっかく店内を撮れるチャンスなのに...』

「はい、後ろの人」と言われて、「甘食2つに、あんぱん2つ、それからわどー下さい、2つ」
と言うと、出てきたものは20066_128

『あぁ!輪ドーナツっていうことね』

帰宅しておやつに食べると、『生まれたてのドーナツ』って感じがした。
麦茶とおいしくいただきました!

2006年6月12日 (月)

こぶのこの顔!

修理に出していたデジカメが戻ってきた。
7000円で、故障が直り、しかもレンズクリーニングもしてくれたみたいで、ゴミが気になっていたけど取れなかった所とかが、スッキリしたのでとてもうれしい。

やっぱり使い慣れたものはいいな。
借りていたちゃんぴーのは、チャンス!と思っても「ピピピピピ」と警告音がなったり、『ふたを取って、SETを押して下さい』とかなんとか、うるさいのなんの...

それで、何か復帰第一弾に、良い材料はないかなと思っていたら、ありましたありました!

夕べのチワーズの食事は、いつものチキンリゾットの肉をポークスペアリブに変えたのだったけど、その骨をどこかに隠していたらしく、先ほどこぶがそれをこっそり出してきておいしそうに食べ始めたの。

今日ばかりはさらも見ているだけで、こぶは絶対に譲りません。
なんといってもスペアリブはこぶの大好物。これを食べている時は、野獣にもどってしまうのです。20066_120

ムシャムシャムシャムシャ...20066_115

『さら、やめといた方がいいよ。お兄ちゃんをそっとしといた方が...』と心の中では思いつつ、半分は期待。

何をって?

この顔をしてくれるんじゃないかと、思って。20066_103

出ました!!

この顔が見たいためにたまにわざと、大好物を食べている時に邪魔をしたりする悪い飼い主=私

この顔はこぶ家では通称『悪い顔』と呼んでいます。

野獣のような声を伴います。
「カルルルルルルルル...」

でも、かわいい!
くどいけど、好きなのよ、この顔が。

今晩はサッカーですね。ご飯を作るのがメンドくさいのでピザでも取ろうかと思ったけど、節約して、カレーでも作ろう。

2006年6月11日 (日)

雅なサンダル

きのう土曜日、いつもは車で通り過ぎてしまう場所をたまたまちゃんぴーと歩いていると、昔からあるらしい下駄屋さんをみつけた。

この通りは、昔からやっている古いお店のある所で、お肉屋さん、魚屋さん、お豆腐屋さん、婦人洋品店、パン屋さん、果物屋さん、お花屋さんなど、一通り揃っている。
でも、大手スーパーJの進出で、もともと古めだったお店はすっかり元気をなくしてしまった。
こういう所なら犬を散歩させがてらお買い物できるんだけどな。
...といいながら、私もここはいつも車で通り過ぎるだけだった。

ところがこの日は下駄屋さんの店先に手ごろな中国製の雅なサンダルを発見した。20066_102

なんだか、もの珍しさも手伝って、赤い鼻緒のと青い男性用のと、2つ買うことにした。
いづれも桐製だ。
もともと裸足で靴だったちゃんぴーが試し履きして、「ウェー!いい感じ!」と感動していた。

赤が1050円、青は1500円だった。

このお店のご主人は、お見かけするところ、年の頃65~70くらいかな?
若い頃、下駄屋さんに弟子入りして修行した下駄職人さんだそうだ。

お会計をするのに、店の中に入っていくと、ご主人の作った本物の下駄がたくさん並んでいた。
お値段は安いもので6000円くらいの物から置いてあった。
おじさんはおしゃべり好きで、若い頃の話や下駄の話なんかを早口で私達に話してくれた。
「ちょっと待ってな。飴を持ってきてやるから」と言って、どうやらおじさんの住居らしき所からコーヒーキャンディーを持ってきて一つずつくれたので、その場でいただき、おじさんの話の続きを延々と聞いた。

今は、こんな中国製のものが出てきた。100円の利益を上げるにも厳しい状態であること、それから、寒い地方の桐は締まっているので、よいものが出来上がるなんてことを、色々教えてくれた。

「あぁ、それなのに、なんだかお会計はたかだか2500円くらいで、ごめんなさい」とすまない気持ちになったけど、おじさんは鼻緒の所を手で、履きやすいように広げて形作ってくれた。
ベランダ履きにしようか、それともメールBOXに新聞を取りに行く時用にしようかな。

2006年6月10日 (土)

『北国からの贈り物』のチーズケーキ2種

またまたグルメネタです。
きょうは、楽天からのお取り寄せで、チーズケーキ2種をご紹介したいと思います。20066_091

冷凍で着たところをむりやりカットしたのでちょっと切り口がずさんになっています。

右が『北国からの贈り物』のニューヨークタイプ。
左がベイクドタイプです。

どちらもチーズ濃厚です。

濃厚とは、こってり、しつこい、という意味ですが、しつこくはありません。
食べている間だけこってり、あとは、かすかなレモンの酸味と共にフワッ!と去っていきます。
私はチーズそのものも好きですが、チーズケーキもかなり好きで、たまにクリームチーズを買ってきて自分で作ったりもしていますが、市販のものでは、たまにお目にかかるフワッと軽く、甘酸っぱいチーズケーキは苦手です。

TULLY’Sのニューヨークチーズケーキとそっくりですが、ニューヨークタイプ、ベイクドタイプ共に、もう他を探そうとは思わなくなりました。

チーズケーキを食べて満足したいのなら、もう、これで良いです。

2006年6月 9日 (金)

【動画3枚付き】戦い敗れて...黄昏編

毎度!オレ、こぶ丸。
とうとう梅雨入りしたのかね。なんだかジメジメしてていけねぇよな。

母ちゃんは洗濯物が乾かねぇって嘆いているよ。

ところで、うちの王女「さら」には、いつもながら泣かされてるぜ。
夕べもオレ、母ちゃんにもらったグリーンガム、ちょっとずつ楽しもうと思ってたのにさ。
あいつめが現れて狙ってるんだよ。

「2006.6 073.mov」をダウンロード

しめしめ!退散したぜ。とられないように、オレ、必死に砂をかけて隠そうとしたのさ。

「2006.6 075.mov」をダウンロード

でも、なんだかうまい具合に隠れねぇの。なんで?
と、思ってるとあいつが再びオレに戦いを挑んできたのさ。

「2006.6 076.mov」をダウンロード

なんてことなの?オレ、また負けたの?あいつったら、うまそうにオレのガム噛んでるぜ!チッキショー!!20066_081

2006年6月 8日 (木)

小田原『守谷製パン』のあんぱん

きょう、気がつけば、2WEEKアキュビューコンタクトの買い置きがもう1枚しかないことに気付く。
かなり焦って電話するも、処方箋の期限が切れているとかで専属眼科の診察を受けなければならないらしく、電車で小田原へ急行!

小田原へ行けばはずせないのが古くからのパン屋さん『守谷』(もりや)さん。
小田原南口を出て左へ歩く。すぐ着く。

ここの店構え、レトロで大好き!
しかも、トレーを持ってトングで選んでなんていうのではなく、対面販売だから、なんだかパン屋さんではなく何かの朝市にでも行っているような気分になるところがまた楽しい。
パンも、一昔前の懐かしいパン達で、あか抜けていないところがなんとも気が休まる。

働いている方達は中高齢のおばちゃまが目立ち、その明るい健康的な雰囲気が気分が良い。

きょうは小雨がそぼ降っていたので、並んでいる人は2人しかいなかった。
ひどい時になると、東京方面から遊びに来ている人たちが、すごいパワーであんぱんをまとめてさらっていってしまう。
NHKに出てからというもの、ますますファンが増えたみたいで、きょうは好きなパンを並びもしないで選び放題なんて、すごくラッキー!そのわりに3種類しか買ってこなかったけど...20066_068

これが人気のあんぱん。
中にずっしりあんこが詰まっていて、重い。

でも、一個食べてもあんこがそんなに甘くないのであっさりとした食後感。20066_070

こちらは、ジャムぱん。

地味な色合いのいちごジャムが控えめにソボッと入っている。

やさしいジャムぱん。20066_072

これは、レーズンぱん。

丸々と太った堂々とした一品で、一個食べれば、おなかはいっぱい!

ほかにも、ここのお店で人気なのは甘食とか、アンドーナツなんかがある。

イギリスぱんも何もつけなくても食べられるおいしさ。

きょうはカメラを持っていなかったので、店の様子を写すことはできなかったけど、今度撮ってみようかな?お店の人の了解をもらってね。
ガラスケースとか、奥の工房とか、なんだか大正時代の銭湯みたいな雰囲気の所なのだ。

小田原市栄町2-2-2
0465-24-1147
休 : 日曜日

2006年6月 7日 (水)

チーズカッティングボードの出現

このところ、いよいよ部屋の大掃除をしようかと企んでいるけれど、きょうは蒸し暑いから、きょうは午後から出かけるからと、何かと理由をつけてさっぱりだ。

でも、そんな中でも、最難関の洋服の整理はさておき、リビングや書斎といった細かい所はボチボチ始めている。
始めているというのは、捨てているという意味。
狭いマンション、縦のものを横にしたってどうしようもないのだ、要は捨てることが大切!

きょうはキッチンのものを捨てようとガサガサ整理していたら、なくなったと思っていたチーズカッティングボードが出てきて、すごくうれしかった。20066_065

これは、確か5年くらい前にハウステンボスに行った時に買ったもの。
裏にオランダ製であると金色のシールが貼ってあって、ナイフはボードに磁石でくっ付いている。

ちょうど夕べ、サラダに入れようとレッドチェダーチーズをサイコロ切りにしていたら、今まで使っていたチーズナイフの木の柄の所が腐って柔らかくなっていたらしく、バリンと壊れてしまったので、きょうからはこれを使おう。

ところで、おととい、市県民税の今年度の納付書が来たけど、例年より6万円くらい高くなっていて、夫婦で驚きまくった。
「これは何かの間違いだよね」と。

なんの説明もなしに、いきなりこんな高くなって、それでも黙って払わせようというところが、そして腹がたつから納付書を見たくない、もう分割の手間さえいらだたしいから、一括で払おうと素直に翌日出かける、この素直さがなんとも悔しい気がする。(一括で払ったってなんの得もないしね)
まぁ、良く見れば細かい字で難しいことが書いてあったのかもね。
でも、そんな人をケムに巻くような細かい数式なんて、どうせわからないし。

この納付書を見たお年寄りの方々も、今まで5~6千円で済んでいたものが急に3万円とかになったものだから、驚いて市役所に何かの間違いではないかという電話がなりやまなかった、そして電話が繋がらなくて役所に直談判に来た人で溢れた、と新聞で読んだ。

私にも、希望金額を書けばそのとおりに文句を言わずに振り込んでくれる所があるといいな。

この税金が有意義に、本当に合理的に使われれば、文句はないよ。
でも、毎年3月くらいになると、しなくても良い工事をしてみたり...
それにここの市って子育てには向いているみたいだけど、私が良いと思うのはT公園くらいだ。
「チャイルドファースト、チャイルドファーストすべては次世代の為に」って言うけど、なんだか、甘やかす方向を間違えてないかな?
すべては次世代って...?私達も生きてるんだけど...?
もう少し高齢者や介護する人に優しい街になってほしい。
子供も大変だけど、大人だってけっこう辛いのよ。

なんだか、カッティングボードの話から愚痴へと発展してしまった。
今晩はスパゲッティミートソースにします。

2006年6月 6日 (火)

ドンクのチーズパリパリ

私はよく、名も無い初めてのパン屋さんに入ると、そこのお店を今後懇意にするかどうかを決めるのに、チーズ関係のパンを買って帰ります。

サイコロチーズがトッピングしてあるものとか、生地に練りこんであるもの、大きめカマンベールが乗っているもの等、何種類か買って帰り、気に入るとそのお店とは長いお付き合いになるわけです。

色々なチーズのパンの中でも、私が一番好きなのが、
ご存知DONQの『チーズパリパリ』です。20065kouhan_045

この写真は実は先月撮ったものですが、日記に載せるには、正確な名前を見てこなくては...とずいぶん時間が経ってしまいました。

『チーズパリパリ』なんて、私が勝手につけた愛称だと思っていましたので...

見に行ってみると、なんと立派に『チーズパリパリ』とあるではないですか。

自分でつけた勝手なあだ名だとずーっと思い込んでいたのに、正式名称をいつの間にかあだ名なのだと、勘違いしていただけだったのです。
お堅いDONQに似つかわしくなく、やけにラフなネーミングで世に出されちゃったチーズパリパリ...

できるだけ、焦げ目のきついのをトレイに取ることにしています。
かっぱ海老せんでもマックのポテトでも、固くて失敗しちゃったようなへなちょこなのが好きです。
余談だけど、えびせんなんか昔はもっと、胡椒がかたまってついちゃったのとか、チビたのとか、イレギュラーな形のが沢山袋に入っていたものです。
今は選別が厳しくなったのか、みんな形が揃っていてつまらない。

このチーズパリパリはうちの一番近くでは小田原ロビンソンで買えますが、家までこの形を保ったことがありません。
いつも、左手を袋に突っ込んでバリンバリンと割りながら、右手でハンドルを握って、死亡者多発の山越えをしているのです。
DONQに行けば必ず買う、私を楽しくさせるニクい奴なのです。

2006年6月 5日 (月)

うたた寝に見た夢

20066_059 あしたは廃品回収の日なので、納戸にあるものを少しでもなんとかしようと思ってソファで食休みしているうちに、いつのまにかうたた寝をしてしまったようだ。

そのあいだに、変な夢を見た。
うちのそばにチョコレート工場があるのまでは本当だが、その工場が爆発してそこいらじゅうの建物や歩いていた人がチョコレートでコーティングされてしまってる。
私は、なぜかリムジンバスで逃げているのだけど、チョコレートの間欠泉みたいなのが吹き出ていて、後ろから追って来る...
それで、すぐ横に滑走路があって、ジャンボジェットまでもがコーティングされていた。
ベランダにはチョコレートコーティングされた人がたくさん集まっていて、お風呂に入らせて下さいなんて窓を叩くからすごく怖くて、こぶがギャンギャン吠えていた。

そこでハッと目覚めると、こぶ君はご覧のようにハウスの中で腹天...
彼はどんな夢をみているのだろう。
たまに手足をしきりにピクピクさせているので、夢の中で散歩でもしているのかな?

なぜチョコレートが出てきたか、この間の土曜スペシャル「世界がもし100人の村だったら」の中でコフィ君やそのおにいちゃんが学校に行けず、カカオ農園で働いているのがどうにも心に残って、あれ以来、チョコレートを見ると、どうにも苦しくなってしまうんだよね。
「この原料のカカオ豆、もしかしてコフィ君が木登りして取ったもの?」なんて...

2006年6月 4日 (日)

湘南フラライブとキャシーのハワイアンキルト

20066_058 小田原ロビンソンでTemiyanのギター、ウクレレ演奏とフラのライブをやっていました。

Temiyanの演奏は去年も聞きに行きましたが、この時期はそういえば、小田原の農協による梅の博覧会も同じ場所でやっていて、「Temiyan」と「梅」、なぜかだぶります。

カルチャーセンターのフラ教室の年季の入ったおばさまや、きれいなお姉さまのクールなフラも。
うーん、こちらはどうも盆踊りにも見えるような...。

そしてきょうはキャシー中島のウィキウィキハワイアンキルトの催しもやっていて、彼女の作品が、天井高くぶら下がっていました。20066_056

彼女のオリジナルキット、ハワイアン雑貨等の販売コーナーもあり、私はバッグや、ポーチや、ピンクッションとあれやこれや迷ったのですが、自分の家にまだ手付かずの彼女のキットがあるのを思い出し、それを完成させてから新しいものを買おうと、思いとどまりました。

キャシー中島さんといえば、昔、キャシーミュージアムと間違えて彼女の御殿場の自宅に家宅侵入(←過去記事にリンク有)してしまったワタクシ...
きのう来れば彼女のトークショーもあったみたいです。

帰りはスタバのバナナモカフラペチーノを車に持ち込み、山道を走りました。

2006年6月 3日 (土)

きょうの猫村さん-こぶ丸バージョン

20066_006_1 待ちに待った『きょうの猫村さん』の2が出た。

わざわざメールで教えてくださる方、ブログで教えてくださる方...
1が出たとき、大騒ぎしたからな...
ありがたいっす。

お蔭様で、楽天ブックスで早くから予約をしておいたので、発売日にはすでにメール便でポストに投函されていた。

1を読んですっかりファンになってしまい、1があるからには絶対2が出るだろうと、今か今かと待っていた。
なぜ、こんなにも和むのか、答えは意外なところにあったのだ。

そう!それはうちのチワワのこぶ丸に猫村さんがそっくりだったのだ。
猫村さんは名前を聞いてわかるとおり、猫。
うちのこぶ丸は犬だけど、太り加減といい、体格がそっくり!
試しに、前に買った、バーベキューをする時用のこぶ丸のエプロンがあったので、それをこぶに付けて、縦結びにしてみた。

たまらない~!

これで、うちのお皿も洗ってくれたら言うことないのに。

本人のこぶは、エプロンがいやだったらしく、かなり抵抗されてしまった...
うっ!ごめん...

2006年6月 2日 (金)

ガソリン泥棒と犬宿体重制限

きょう、ちゃんぴーがセルフ給油の際、給油口に不自然なドライバー跡を発見!
はっ!と思い、中の計器から推測するにそう多くない量のガソリンが抜かれた模様。

先日の泊まりの時に、職場近くの空き地の駐車場に初めて一晩車を放置しておいた時にやられたらしい。

ガソリンを抜くなんて話は初めて聞いたけど、ちゃんぴーいわく、ゾク(?)なんかが、よく自分のバイク用にやるらしい。
せこい。せこくて、ひどい。ひどくてせこすぎるぞ!

ドライバーで付けられた傷にちょっとショックを受けていたようだ。

20066_001 ひどい世の中だが、この仔たちには本当に癒される。つくづく...

先日の病院での体重測定ではさらがずいぶん成長していたな。2.2キロ。食の細い仔でちゃんぴーと随分気をもんでいたけど、けっこう食べていたのね。

多頭だと、一応お食事をするお皿は二つに分けても、きっちりとは把握し辛いところがある。

1歳時には1.78キロだったから、先生も「これをキープしましょう」と言っていたのに、これでは、オーバーということになる。
でもこの仔も、こぶほどではないにしても、ほかのおうちのチワワよりも胴が長いので、これ以上増やさなければ、問題はないだろうと思う。
だって、これでもまだあばらがゴリゴリ触れるので、本当はもう少し肉が付いてほしいところ。

こぶも体重測定をしたけど、これはちょっと書けない。
診察室で「え?」「は?」とちゃんぴーとハモってしまった。

犬宿を探してると、最近は

当ホテルでは犬種ではなく、体重で受け付けさせていただいております

なんてのがあるもので、ギクッとしてしまう。
ちなみにそこでは2頭で7キロ以内。
えーと、7引く2.2は4.8キロだから、うーんと、えーと...

2006年6月 1日 (木)

こぶさらの病院と、星になったモコちゃん

おととい、動物病院でもらったフィラリアの薬、レバ団子に包んで無事投与終了!
噛まずに丸呑みだった。二人とも...

動物病院のことを書こうと思っていたのに、おばあちゃんのミミちゃん騒動できょうになってしまった。

たまにこぶは、さらに引っかかれるらしくて、ザトウイチみたいに目が開かない状態で私の所にやって来ては、じっと上を向いて涙ポロポロで訴えるので、少し心配で一緒に診てもらった。
緑の液を目に垂らして、傷があるところにその緑が残るようになっている仕掛けの検査。
結果は、私も先生と一緒に覗き込んでみたが、なんの緑も残っていなかった。

次にさらだけど、この頃右前足を引いて歩くことがある。特に寝起きなんか...
スワ、来たか!?と思ってこれも診てもらった。
もし、膝蓋骨だと、後ろ足のことが多いけど、さらの場合前足。
それで、自分でグーって伸ばすと、いつも正常に戻る。
診てもらうと、先生は、もしそのような疾病なら触って見当がつくと言うし、さらの関節をグリグリ触ったり、まわしたりしても全く痛がる素振りを見せないので、今の所は全身麻酔をかけてまでX線検査をするには及ばず、ということ。これは様子見だ。

たまに、こういう犬が来るそう。足を引きずって歩いて心配して来るのに、診るとなんでもない。先生は、そういう場合、寝相の関係で足がしびれていることもあるのだ、と言ってたな...20065kouhan_087

きのうはモコちゃんのママのおうちに夕方から遊びに行った。

モコちゃんというのは前に住んでいたアパートの近所のMIX大型犬の男の仔で、私達がまだ賃貸で犬と暮らせなかった頃、よく触らせてもらっていた。
そのお礼に、よく手製のケーキなんかを焼いて持って行ってた。

そのモコも、とうとう15歳でお星様になり、ママ達も横浜に越すことになった。

モコはメロンが好きだったから、きのうはメロンを持っていった。

あの元気だったモコ。
私が近づいていくと、いつも大きな太い尻尾をユサユサと揺らして、歓迎してくれた。
最後は少しかわいそうなことだったので詳しくは書かないけど、今は安らかに小田原に眠っている。
15歳、早死にではないよね。

ママも少し傷は癒えて、きのうはしきりに私に岩盤浴を勧めていた。
5回通って8キロ痩せたよ、と言っていた。

よし、岩盤浴に行ってみようぞ。そして、痩せてやる!
モコ、君のことは忘れないよ。君のお顔とブットイ尻尾はいつまでもこの目に焼きついているよ!

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム