フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 犬ご飯と人間ご飯 | トップページ | 那須喜美の森ドッグランにて-那須旅行(2) »

2006年6月20日 (火)

那須高原に行って来ました(1)

恒例のこぶ丸の誕生日記念旅行。今年は那須高原に行って来ました。
那須は好きな場所なのですが、こぶが来てから訪れるのは初めてです。

日曜日の朝に出発、東名高速、首都高速、東北道と全部高速道路を使っての旅でしたが、一回も渋滞に巻き込まれることなく、かつて経験したこともないほどに道がすいていたので、途中東北自動車道の上河内S.A(リンク記事有)まで、自宅から一気に飛ばしました。
上河内S.Aは栃木県だけあってお土産コーナーには餃子の品揃えが豊富で、その場で焼いて食べさせてくれるコーナーもありで、なかなかおもしろい所。
おみやげ好きな私としてはあれもこれもほしいものばっかりだったのですが、ここはまだ我慢...帰りにとっておくことにします。

あっという間に那須に着いてしまいました。
那須インターで降りると南が丘牧場(リンク有)に向かいました。20066kimino_012
そもそも牧場に行きたくて那須を選んだようなものでしたが、あいにくの小雨で、人もまばら...
その上、牧場ゾーンには犬の進入禁止ということを初めて知り、ほんの入り口の所で中途半端なまきば気分。
犬を連れてここに来たのは初めてだったからびっくり...
千葉のマザー牧場とか、清里の牧場とかは、犬も牧場を見られたのに、もうここには来ないかも。

さて、気を取り直して、今度は犬はNGですが、『お菓子の城』(リンク有)に行くことに。
ちゃんぴーとこぶさらは外で散歩をして待っていることにします。
私は、大好きなお菓子工場の見学。20066kimino_013

どういうわけか、私は昔からこのような工場にとても興味があって、ビール工場やかまぼこ工場など、色々見学したのですが、特にこのようなお菓子工場が好きなのです。

パートのおばさんが(なんて!勝手にパートと決めつけてるよ)大きなゴミのポリバケツをかかえて、何やらタンクの中に流し込んでいました。
丸いお菓子がポッコンポッコン次々に出来上がっていく様子は、いつまで見ていても一向に飽きません。
お菓子のバラ売りコーナーで2500円分くらいを買い、宿に向かいます。20066kimino_020

今回のお宿は『那須Resort倶楽部 喜美の森 ホテル&ゴルフ』(リンク有)の10周年記念わんちゃんとずっと一緒宿泊プランです。
こちらは犬専用ホテルではなく、ゴルフをする方が多くいらっしゃるホテルなので、ホテル内の犬動線なども決められていますが、犬と泊まれる専用のお部屋が用意してあります。20066kimino_018_1

2階のモデレートルーム。犬の匂いも何もしないし、広々したお部屋が実に気持ち良かったです。

レストランも犬連れのゲストと人間だけのゲストと2つのレストランに分かれていて、しかも犬同士の視線がかち合わないように、どじょうの籠のような中で食事を楽しむように作られています。

食事は6時から。ゲスト同士がきっちりと混み合わないように工夫されているようで、どじょうの籠でも、私達が終わる頃に隣のゲストが始まるように調整されていたようです。
犬専用ホテルでもないのに、ここら辺が良くわかってるなぁ、という感じで実にお見事。20066kimino_015

食事までの夕暮れ時はバルコニーで夕涼みです。

さて6時、食事の時間が来たのでレストランへ行ってみます。

驚いたことに、椅子に犬を乗せても良いということなので、そうさせてもらいました。
こぶは、我々の警備係といわんばかりにうなぎの籠の入り口で見張りますが、きれいなお姉さんが色々運んできてくれるたびに遊んでほしくてちょっかいを出していました。20066kimino_030

きょうは和洋折衷のコースのようです。

最初に前菜...食前の楽しみ一口オードブル色々
真ん中のグラスにはアロエの角切りが入っていました。20066kimino_032_1

次はお造り...三陸より鮮魚盛り合わせ20066kimino_035

煮物...豆腐しゅうまい20066kimino_036

スープ...新ジャガイモの冷製スープ”パリソア”20066kimino_037

メイン...黒毛和牛ロースステーキ(少しいただいてしまってから20066kimino_026 写真忘れに気付きました)

そして、鰻の釜飯と赤出汁、お新香と続き、デザート20066kimino_052

でした。

これらのものが、実に絶妙なタイミングでサービスされ、先ほども書いたようにドジョウとりの籠みたいな中にいるのに、二人で「誰も見ていないのに、どうしてわかるのかなぁ?」とずっと不思議だったのです。

その謎はこんな所にありました。20066kimino_040

天井にカメラが...!そうか、そうか。謎が解けてスッキリ...!

もうお腹一杯で最後の鰻の釜飯はすごくおいしかったのに、少し残してしまいました。
主婦の私には鰻を残すなんてまったく考えられなかったのですが、満腹で食べられないので仕方ありません。20066kimino_053

部屋に戻ると、こぶもさらももう眠くて仕方なかった様子。

ヒトはこのあと、お風呂に行きましたが、ホームページでもわかるとおり、大浴場に続く露天風呂は、バリ風のインテリアでとても気持ち良かったです。露天だけで浴槽が3つありました。(女性用)
夕食時の梅酒ロックがきいてきてほろ酔いです。

でもでも、できればせっかくの大小二つのドッグランを楽しめるように、
「神様、明日は少しでもいいですから晴れにして下さい」とお願いしてから眠りました。
ちゃんぴーはサッカーをみていたようです。

明日(喜美の森ドッグランにて 那須旅行-2)に続く...

(喜美の森は現在犬の受け入れを中止したようですので、お知らせいたします)

« 犬ご飯と人間ご飯 | トップページ | 那須喜美の森ドッグランにて-那須旅行(2) »

「ペット」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム