フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 新しいプリンターがきました | トップページ | 本日のお買い物とこぶとの出会い »

2006年10月13日 (金)

前世は犬かと思ったのに

「こぶの佃煮」でググり、間違えて入って来てしまった方、それから「ハワイ、犬連れ、ホテル」でどういうわけか、ここに入ってきてしまった方、只今まったくお役にたてない状態です。どうもすみません。
ハワイで犬OKのホテルなんて、そういえばそんなガイドブックはないし、どうやって探せばいいのでしょう。
あぁ、ハワイにこぶさらと行けたらどんなに天国だろう!なんて考えてはいます。

夕べのフジTV、『アンビリバボー・奇跡”前世スペシャル!!”衝撃報告!!前世療法が解き明かす運命の絆!!』を固唾を呑んで見守った。
最初の、大洪水で人柱になったという話は、私の真偽判定センサーにひっかかってしまって、全部信じるにはちょっとどうなのか、と思ったけど、一番感動したのが前世で親子だった人がまるっきり別の環境にいたのに、再び空港で歩み寄ったところだった。

前世でなんらかの深い繋がりのあった人とは、今生でも親や配偶者、友達と、なんらかの関係でいることが多いということだった。

そして、人の前世は一度ではなく、何回も何人もの人生を今までに経験しているという。
私はあまりにも犬が好きなので、きっと犬か、野生のほかの動物の前世もあったのではないかと思っていたのに、きのうTVに出演していた催眠前世療法の女性の先生曰く、人はやっぱり前世でも人らしい。

前にも書いたかもしれないけど、以前、生年月日と名前でわかる前世占いというのをやったことがあるけど、その時は、私はやはり女性で、世の中を鋭く批判する女流作家だった、と出た。
ちゃんぴは楽器を弾いて旅する放浪のミュージシャンだったそうだ。
そして、前世で二人はそれぞれの旅の途中でめぐり合い、激しく愛し合ったが(大笑い)結ばれなかったそうだ。
大笑いしておいてなんだけど、ちゃんぴがギターや楽器が得意なのをこの占いの人は知らないのに、「楽器」という言葉がでてくるのは少しギョッとする。
それに、大学時代ちゃんぴは本当にロスやサンフランシスコなどを放浪していたので(お金がない時は新聞紙を体に巻きつけて寝ていたらしい)これは前世の名残ではなかろうか、とチラと考える。200610_014

昔ちゃんぴを初めて見たのは大学の研究室だったけど、何か初めて会ったような気がしなかった。
初対面の人に気疲れをするというようなこともまるでなかったし、昔から知ってるような、『あぁ、こんな所にいた』と思ったのも、今となっては変だな。

今までその関係の書籍でほぼ確信していたけど、きのうの番組で改めて思ったのは、物事はすべて必然だということ。
人と人は会うべくして会う。起きてくることも起こるべくして起こる。その人の人生に起こるべきことは、その人が生きている間に、一分一秒の狂いなく、すべて適当な時期にすべてが起きてくるということだ。
焦ったり気を揉んだりしても起きてこないことは起きてこないし、起こることは起こるのだね、きっと...。

そう考えると、将来ハワイで暮らしたいけど、ダメかもなんて落ち込む必要はないのかもしれない。ダメならダメだし、暮らすのなら暮らすようにいつの日か順番に流れがそうなっていくのだろう。
『落ち込む』なんて無意味なのだ。人のちっちゃい頭脳で大宇宙を(人生を)支配したり操作できるなんて考えるのはあまりにも傲慢というものなのだ。
努力したり願ったりっていうのは大切とは思う。

まったく関係のない画像だけど、イタリアントマトの『とろける牛乳プリン』を載せておきます。
冷え過ぎで決してとろけてはいなかったです。

« 新しいプリンターがきました | トップページ | 本日のお買い物とこぶとの出会い »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「不思議ワールド」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/12270580

この記事へのトラックバック一覧です: 前世は犬かと思ったのに:

« 新しいプリンターがきました | トップページ | 本日のお買い物とこぶとの出会い »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム