フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 格好のお昼寝ポイントみっけ! | トップページ | 無念ANAマイレージと白いロールケーキ »

2006年11月 8日 (水)

里親募集のワン達

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、このブログページの右上に先月から『里親募集』のリンクを貼っています。
ココログのほかの方のブログで見かけて私も貼ることにしたのです。
まさくんというブログのお友達が貼り方を教えてくれ、一番目立つ所に貼ることにしました。

リロードするたびに違う仔が現れます。
そのたびに気になり、どのような経緯でこうなったのかを見に行っています。

とても辛く苦しいことで、書くのも辛いですが、前にも書いたとおり、去年だけで北海道を除く日本全国で殺処理された犬は13万900匹です。
こんな残忍な信じられないひどい話があっていいものでしょうか。
犬を「殺処分」ってどういう意味でしょう。

安楽死だからいいのよ、なんて気楽に持ち込んでいる人もいるみたいなので、何回も書きますが、安楽死なんかでは決してありません。
しかも、現在使用しているものより一酸化炭素のほうが時間的には短いのに、経費の都合でより長くかかり苦しい二酸化炭素を使っているそうです。
地方に行くと、もっと残酷な方法で行っている所もあるようです。

犬に息をすることも許さない世の中なんて...!
私はこのことが続く限り、どうしても最終的にはこの世の中を認めることはできないです。
動物を裏切り、残酷な目にあわせ、自分達だけは無事に生き延びようなんて絶対に許せないです

きょうの仔も経緯を見ようとクリックすると、こぶとさらを足して2で割ったような仔が現れました。
推定年令3歳の男の子です。
大変な怖がりと書いてありますが、当たり前です。
だって右目が見えないのに加えて、こんな境遇になってしまったのですから。

犬って、お顔を見ると、背負ってきた境遇が書いてあるような気がします。
右目を事故で負傷し、失明状態で警察に保護され、殺処分対象になったそうです。
きっと、手に負えなくなった誰かに捨てられたのでしょう。
犬はぬいぐるみではなく、私達とおなじように、生きているんです。
病気もすれば、事故にもあうし、年とって認知症にもなります。

先日は「ペット飼育禁止」マンションで暮らしていて、オーナーに咎められたせいで、殺処分施設に持ち込まれた6歳のチワワの男の子が載っていました。
なぜ、「ペット可」の家に越す、という選択ができなかったのでしょう。
それができなくても、保健所に持ち込むなんて絶対に絶対やめて下さい。
連れてきた時から、バレたら捨てようと思って暮らしていたのでしょう。よく6年も一緒に暮らした相棒を裏切れるものです。

きょうもたくさんのワン達が裏切られ、保健所に持ち込まれています。
でもそれでもワンは、裏切った人間を恨まず、きっと迎えに来てくれると思って待っているのです。

捨てた人、殺人と同じですよ。どんな理由があろうと許せない。犬がどんな気持ちになるのかわからないなら、同じ目にあわせてやりたいです。

そしてきょうのこのチワワ君は、大阪方面で里親を募集しているそうです。
どうかこの仔を一生守ってあげられる人、どうかどうかお願いします。もちろん繁殖に使うなどはやめて下さい。

このサイドバーの里親募集リンクから里親さんがみつかり、幸せになった仔もいっぱいいるそうです。
犬ブログをお持ちの方、そうでない方も、できましたら是非あなたのブログにも貼って下さい。
一人でも多くのワンが一生安心して暮らせますように...!

きょうはさらのお昼ね写真を載せておきます。200611_056

« 格好のお昼寝ポイントみっけ! | トップページ | 無念ANAマイレージと白いロールケーキ »

「ペット」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム