フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

今年も一年ありがとう

200612_113 こぶとさら用のおせちです。

今年もいろいろなことがあったな。
色々な所に旅行にも行った。

そしてそれらは、まるで遠い昔のよう。

総まとめをしてみようと思ったけど、大掃除やらお正月料理の準備やらで、頭の中で思い出すだけになってしまった。

明日からはまた新しい年!

次から次へと湧き上がってくる出来事。楽しきことの数々...。

時には頭を抱え込むようなことや悲しいこともあるけど、そんなこんな大きな波にドーンと押し流され今年も過ぎていった。

そして今ここにいる。

これからどこへ行くのかはわからないけど、いつでも自分自身には正直でありたい。

今年も一年、ご愛読本当にありがとうございました。
どうか皆様も、良いお年をお迎え下さい。200612_110
新年8日までは不定期更新になります。

2006年12月30日 (土)

年末スーパーにて

暮れもいよいよ押し迫ってきた。こぶ家ではきょうお鏡餅を飾った。

おせちはネットで注文しておいたので、ホワイトロースハムとかまぼこを買い足そうと、ジャスコに行く。

去年も書いたかもだけど、すごい人出!カートをなかなか進ませることができない。
一家のお母さんは仕方ないとして、悪いけどあまり用のなさそうで手持ち無沙汰なお父さん、子供、おばあちゃんからおじいちゃんまで総動員で繰り出している家もある。
きっと、一家の楽しい年中行事の一つなんだろうな、なんて考えるけど、実のところは「買出しは一家の代表一人まで」にしてほしいものである、なんて考えながら人込みの中を押していると、ブラジル人のファミリー!
このあたりにはたくさんブラジルの方がお住まいになっている。
彼らのファミリーは大体とても仲が良く、買い物でも病院でもファミリー集団で行動することが多いのだけど、きょうの買出しもそうみたい。
それはいいのだけど、カルロス君という、お父さんだか息子だかがはぐれてしまった模様で、ジャスコ中響き渡らんばかりの声で「カルローーース!!」なんて呼んでいた。_img021

そのあまりの大声に一同びっくりして、「おぉ...!カルロスはどこだ、どうしちまったんだよォ」というような顔でキョロキョロとカルロスらしき人物を探す人や、思わずひいてしまっている人もいた。
私は、というと、そんな皆の反応がおかしくておかしくて、おかしかった。

このあいだなどは、スーパータカラヤで、やっぱり同じくブラジル人らしい主婦がこんにゃく売り場の前で私に「コレハ ナニ?」と尋ねてきた。
こんにゃくが何だかわからないのではなくて、よりどりという意味がわからないみたいだ。
こんにゃく、しらたきのコーナーのものならどれでも、「よりどり2個で128円」で、1個だと78円と書いてある。

そういう意味なのだ、と説明して彼女を見ると、どうもピンときていないようなので、言葉が少し難しかったのかなと思って、もっとわかりやすい表現で説明した後、「~ということだから、2個買ったほうが少しだけお得なんですよ」と付け足した。Img021_1

すると、彼女はキッと私のほうに振り向いて「ソンナニ イラナイ!!!」と怒ってしまったよ。

フェーーン...私はこんにゃく屋さんのまわしものじゃないよ~。

ほかにも色々な国の人が暮らしているけど、踏み切りの所を横いっぱいに広がって歩いていることがあるから、車運転してると、止まらないで一気に通過したいこちらは超焦るのですよ...!

2006年12月29日 (金)

名犬吠え丸がゆく-房総しぶごえ編

200612chiba_009 いやぁ、フェリーでハワイに行けるとは...!

今回お世話になったのは千葉館山の愛犬と一緒に泊まる宿『しぶごえ館山弐号館』さんです。

無駄吠えが許される「無駄吠えDAY」にさっそくお邪魔してみることに。
栄えある無駄吠えチャンピオンにはなれるでしょうか...!

前日の予想に反し当日はカラリと晴れ上がり、吹く風は強いのですがポカポカと暖かくなりました。久里浜から東京湾フェリーに乗ります。
明日の運命も知らずに、往復乗船券を購入。200612chiba_001

久里浜から金谷まで40分。(金谷→久里浜は35分)
小型犬はリードでデッキ、バッグでCABIN可能です。(大型犬は相談してね)

こぶはフェリーはマザー牧場に行く時や、鳥羽わんわんパラダイスに行く時にも乗船しているので3回目です。
さらは初めて。神経質なさらが一体どんなことになるのか。

CABINには入らない予定だったのですが、刺激を少なくするためにさらだけをバッグに入れます。
この日の揺れが大変な ものだとはこの時はつゆ知らず。200612chiba_005  200612chiba_012 暢気にいわしバーグその他を楽しむ吠え丸ご一行。
なぜかデッキには人がいないの。

船がすすむにつれて、すごく揺れてきました。今までフェリーといえば、すべるような乗り心地だったのに、こんなことは初めて!デッキにいる私達、なんだか海に放り出されそうな危機感を感じ、急遽さらパパちゃんぴが車に戻りこぶのバッグも持ってきます。そしてCABINへ。200612chiba_008 

CABINもガラガラ。でもお客様はチラホラとはいえやはりいらっしゃるので、間違えて吠えないように、緊迫の時間でした。200612chiba_006

200612chiba_011 ちゃんぴが余裕でコーヒーを買いに行ってる間に横からバリバリメリメリというするはずのない音が...!

嗚呼...!鬼怒川温泉に電車で行った時と同様、さらがマジックテープを突き破り頭を出し、頭はおろか体全体を乗り出して、今まさに、外に出ようとしていたのでした。
そして悪いことにそれを発見したこぶが一声「ワン!」。
「オイ! オレノホウハ ファスナーデ アカナイデハナイカ!」と言ったとか、言わないとか。

ちゃんぴはコーヒーを片手に持ったまま、一向は急ぎデッキへと舞い戻ろうとするのですが、船が揺れすぎて満足に歩けません。ヨロリヨロリとやっとベンチをみつけ、同時に二人で「ライフジャケットはどこ?」と探しましたが、見当たらず。200612chiba_013 仕方がないので座って静かにしていることに...。無事下船し宿に着いたのはもう、暗くなってからでした。

案内されたのは一番奥の106号室の洋室。
大きなベッドがデーンと2つ、ありがたや!
ちゃんぴと二人で、「なんだろうね、このくつろぎ感って...?」と良く考えてみると、まさしく昔子供の頃、親につれて行ってもらった会社の保養所の雰囲気に似ているのです。
アジアンテイストのホッとする懐かしいかんじ...。

6時半から夕食なので、ダイニングへ移動します。
ハウスドッグのバロン君。200612chiba_023

その他、かわいいお友達がたくさんでした!

カメラを持っていったのに、ご馳走を撮るのを忘れ、気が付いた時にはもうほとんど食べたあと。
おだしのおいしい創作和食でした。京都の料理人さんだということ。
さらに、お酒の種類が豊富で、アル中一歩手前のちゃんぴにはうってつけの宿。早速お宿のスタッフの方の勧めて下さった、ビールと日本酒と焼酎のセットを堪能しています。
私は、「しぶごえパラダイス」という千葉特産の枇杷のソフトドリンクをいただくことにします。
これはとてもおいしい!帰りに道の駅で枇杷のジュースを買いました。

こぶさらには持参した食事のほかにお宿の夕食も予約したのですが、どうせほかのワンちゃんに気もそぞろで食べないだろうなと、一皿。豆腐ステーキ(ヨーグルトソース)です。200612chiba_014  200612chiba_015 

ちゃんぴの誕生日に大きなホールケーキもサービスして下さいました。
この日はもうお一方お誕生日の方にケーキが出て、食後は皆さんにおすそ分け。
ワンのケーキも出ました。

この日のワンの中で私とちゃんぴが特に注目したのが、このかわいいS.チワワン!お名前を『貫太郎』君といいます。200612chiba_025

お食事の時も静かにできる良い仔なのに、「なんでまた、無駄吠えDAYに?」と貫ちゃんママにお聞きすると、「えっ!無駄吠えDAY?」なんて、全然知らないで予約したようでした。う~~、かわいそうな貫ちゃん...。
貫ちゃんは怖がっていたみたい...というか、ほとんどもう泣きそうで、スタッフの方に抱っこされています。
そしてチャンスを窺っては階段で自分の部屋へ戻ろうとしている様子...。結構急な階段なのに、必死で駆け上がっていくのです。降りてくる時はビビっちゃっていました。

一方我が家のさらは、貫ちゃんパパに抱っこされています。(が、口元にご注目。吠える準備です←カワユクナイ~)200612chiba_029

いやぁ、吠える吠える吠える吠える吠える吠える吠える吠える吠える...

貫ちゃんのお家に養子に出して躾けてもらったほうが良いのかも。200612chiba_028

この日の様子はしぶごえのチエ店長さんのブログがあります。
皆様、お騒がせし本当に申し訳ありません。
次回までにはなんとか良い仔になれるでしょうか?

波と風の音で目を覚ますと、もう朝になっていました。
カーテンを開けてみると、自分達の部屋の前にこんな大きな椰子の木があったなんて、昨夜暗くなってからの到着でわかりませんでした。200612chiba_052

そして目の前は海!
ハワイの波と空を本当にアリアリと思い出すほど、素敵な光景でした。200612chiba_053

朝食(8時半)の前のお散歩。200612chiba_047

貫ちゃん登場!

貫ちゃん、明らかにこぶさらを怖がっています。
ごめんね、貫ちゃん...。200612chiba_021 200612chiba_048 200612chiba_050

前から思っていたのですが、千葉の海って、国内のほかの所より一段明るいというか、うまく言えないのですが、日本離れしているような気がします。

帰路は特に~ランドや、~パラダイスには寄ることもなかったのですが、フラワーロードをドライブしました。

走っていても高層建築物が少ないせいなのか、広々した感じですごく気持ちが良いです。
もう少し近かったらいつもいつも足を運びたい場所です。

そして、「しぶごえ弐号館」さんは若いスタッフの方の細かい気配りが満ち溢れた、やる気満々のお宿でした。

金谷港に着くと、強風の為フェリーは欠航。きのうももしかすると、欠航一歩手前ではなかったのか...?
往復チケットの払い戻しをしてもらい、おみやげを買い、陸路海ほたる系由で帰着。
今年最後の旅納めでした。Img020

2006年12月26日 (火)

コールティー雨男の船出

ハ~イ!名犬コールティーさ!お外は雷がゴロゴロいってて、すごく怖いよ。
母ちゃんたらTVばっかり観てご飯も手抜きだよ。カレーなんか作ってんのさ。
それも、もう大分前に話題になったホワイトカレーとかいうやつ。母ちゃんたら、味見しながら「シチューなのか、カレーなのかはっきりしなさい」なんて鍋に向かってお説教してたよ。200612_094

それで父ちゃんと、カレーとサラダをパクパク食べて江原さんとかいうおじさんのTVを見てたよ。そのあとも、俺とさらの衣替えをしながら、超能力捜査官マクモニーグルさんの番組を見ていたみたい...。200612kouhann_047_1

ジョンベネちゃん事件で「警察が家に来たとき、犯人はまだいた」なんてところで心底ゾーっとしたような様子だったよ。それで一人では風呂に入れねえってサ。まったくね...。
それにしても、明らかに服買いすぎだって俺思うけど、どう?
このほかにも着たくもないコートとかよ、まだいっぱいあるんだよ。

ところでさ、こぶ・マクモニーグルの推理によると、どうも明日からお出かけするみたいよ、俺達。
ハワイじゃねぇみたいだな。なんでも、ポテトチップスを体に埋めこまなきゃいけねぇみてぇだし...。
さっき母ちゃんと父ちゃんが、船は欠航じゃないかしら、とか、揺れてもし転覆したら一人一匹を守り抜きましょう、なんて打ち合わせしてたよ。怖いな、なんのことだろうよ。
なんだかわからないけど、明日天気悪そうだぜ。
俺達の旅行、この頃いつも雨...。200612kouhann_049

母ちゃんたら、まだ準備も何もしてないみたいだよ。
さらは、旅行に着ていくはずだったおニューのセーターのビーズ飾りの所を引きちぎってた。
これを母ちゃんが発見したらまた焦るんだろうなぁ...。

そんなわけでちょっとでかけてくるね!

船が転覆しないでまた無事にお家に帰ってきたらまた会おうね!

2006年12月25日 (月)

気になるもの色々

こぶ丸だよ。俺はハライタウィルスにも負けず元気。200612kouhann_042

きょうのおやつは夕べのクリスマスケーキの残りをまた少しもらったんだよ。
ケーキって本当においしいね。あんなおいしいもの、人間はいつもいつも食べてるなんてズルイね。
それに、僕が人間だったら絶対にケーキ屋さんになると思うんだけど。
...で、なんでみんな僕の顔を見て笑ってるんだろう?目の下?が、どうしたの?

ところで母ちゃんたら、きのうから俺にくれないものがあるんだけど、気になって気になって仕方ないよ。200612kouhann_035

すごくいい匂いがしてくるんだよね。夕べ父ちゃんと二人で食べてたみたいだから、俺達にもきっと来ると思ってたんだけど、俺達には普通の鶏のボイルだったぜ。つまらない。
なんでも、タンドーリとかいうチキンだって。

それからもうひとつ、母ちゃんがパソコンしてる時にこの頃いつも触ってるものがあるんだけど、一体あれはなんだろう?200612kouhann_033

フワフワボニョボニョしてて、俺がかじろうとするとダメって取り上げられるんだよ。

こぶ丸君へ。これはね、さらパパが職場の忘年会でもらってきた景品だよ。モミモミするとストレス解消になるの。

ふーん、食べられないんなら、俺には関係ないけどね。

俺はね、もうこれから毎日ケーキが出ればいうことないよ。

200612kouhann_043

*****

夕べ、片づけが終わってお風呂から出てくると、もう真夜中の1時半でした。

いつもならみんなとっくに寝ているのに、なぜかこぶだけがソファの上でパッチリ目を覚まして、まるで私がお風呂から出てくるのを待っていたかのようでした。

大型犬のようなこぶに寄っかかりながらピカピカ光るクリスマスツリーを二人で一緒に眺めて、本当にロマンチックなイブの夜になりました。

2006年12月24日 (日)

イブもやっぱり山歩き、ワンワンケーキのおまけ付き

200612kouhann_025 さら「オニイタン キョウハ イツニモマシテ サンポガ ナガイト オモイマセンカ?」

こぶ「オマエモ ソウ オモウ?モウ クタクタダヨナ...。」

きょうは、夜においしいものが待っているので、いつもよりカロリーの消費量をあげようと、ちょっと長めの山歩きでした。

ダクタリ動物病院、院長先生監修の「サンタとわんちゃんのクリスマスケーキ」の来る日です。

直径11.5センチの愛犬用ケーキ、人間用と一緒にショッピングセンターで予約しておきました。こちらです。200612kouhann_029

コラーゲン入りのいちご味のムースが100%植物性の低脂肪ホイップクリームでデコレートされています。(2500円)

少しずつカットしてこぶさらにあげたところ、さらはキョトンとしていましたが、こぶはあまりのおいしさに、目をむいて大変なことになっていました。
お鼻とひげにはクリームを一杯つけて、びっくり顔で私達を見るので、爆笑ものでした。
まぁ、年に一度はこんなケーキもよいでしょう。

私も少し味見してみたのですが、人間用みたいにベットリしたクリームではなく、あっさりした味と食感で、ムースも全然まずくない。人間が食べても十分いけます。
これなら人間用を注文することもなかったかもなぁ。これをみんなで分ければよかったのかも...!

人間は、テオブロマの「ショコラ de ノエル」200612kouhann_032

久しぶりのローストチキンはタンドリーに味付けしました。
こちらは犬にはあげられないので、こぶさらは今晩は鶏胸肉の茹でたものです。

でもなんだか、食べてばかりのクリスマスは嘘っぽい。学校を出てからというもの、御ミサにも出ずにこんな感じです。
心の中ではいろいろなことをお祈りしました。(特に不遇な環境にいるワンのこと)
そのあと、楽天から届いた「チワワスタイルvol.5」を読むと、老犬介護の記事が。
そうか7歳からは老犬なのか...。でも犬にも個人差はあるしなぁ...。
こぶはもう来年には5歳になるのか。早すぎるナァ、この間うちに来たばかりなのに。
これからも毎日一緒に、楽しく暮らそう。そう思ったのでした。

明日はちゃんぴはゴルフ。きょうも朝早くからクラブを磨いていました。
「クリスマスに私達をおいてゴルフに行くお父さんなんて、もうお家に入れるのはよそうねー」とこぶさらと話し合いました。

2006年12月23日 (土)

愛犬とハワイ、その遠きみちのり

今年の8月にココログのアクセス解析がバージョンアップされました。
ブックマークして下さっている方や、リンク元から来て下さっている方を別として、どんな検索ワードでこのページに遊びに来て下さるのかそれをたまにみるのですが、中に一つ気がかりなことがあります。

最近は「こうちゃんの簡単料理レシピ」が大ヒットしたため、相田幸二さんのこうちゃんと間違えてここに迷い込んでくる方もいて、間違った方、こうちゃんはこうちゃんでも料理のできない犬のこうちゃんですみません。

それはいいのですが、継続的に、ハワイで犬と泊まれるホテルを探している方がいらっしゃるということです。PC環境などからみても、どうも同じ方です。しばらくないな、と思っていると、ある日また同じワードで検索をかけているところをみると、まだみつかっていないのかと、他人事とはいえ心配になります。
ハワイに愛犬と旅行したいのに宿がみつからない、そんな状況が想像され、実際私だったらどうやって探すだろう、なんて考えてしまいます。
国内なら、ネットの膨大なデータを利用したり、書店に行けば犬と泊まれるホテルの本だっていっぱいありますが。

うちの場合も、海外旅行は犬が来てからというもの、めっきりご無沙汰になってしまいました。日本のペットホテルに預けて行っても気になって気になって、本当に楽しむというのはちょっと無理な気がします。
ハワイに最後に行ったのはなんと、2000年という始末...。Img018

そんなある日、読売新聞の「よみうりペット」で愛犬とハワイに行くという特集が組まれていて膝を叩いて飛びついて読んだのですが、こぶとさらを連れて行くにはいくつもの難関が待ち構えていて、途方に暮れてしまいました。

本格的な移住や、最低1カ月以上のロングステイならまだしも、せいぜいが1週間から10日くらいの旅行の為に、こんな煩雑な手続きを踏むとは...!

長くなるので全部は書けないのですが、マイクロチップの埋め込み証明、蛍光抗体ウイルス中和検査に合格すること、各種予防接種の証明などです。
ほかは日本でクリアできても、ウイルス中和検査のために動物病院で採取してもらった血清が腐りやすい為、カンザス州立大学に24時間以内に届くように送るのがいろいろと面倒くさそうです。
せめてこの血清の検査を日本で実施し、同時に国内で証明書を発行してくれるわけにはいかないかな。

それらをパスしても、航空会社のクレートに入ったまま長時間のフライトに耐えなければいけない...!
あの音に神経質なさらが、飛行機のエンジン音に耐えられるでしょうか...?うーむ。
でもひょっとすると、ホノルル便の夜のフライトでこぶさらがクレートで眠ったままいてくれれば6時間くらい耐えられるかも。

いやいや、仮にそれでハワイに無事着いたとしましょう。
またまた現地で無駄吠えをしたり、屋外とはいえあちこちでチッコをしたりしたら、ヒンシュクものでしょうね。Img017

こぶやさらは悪くない。悪いのは躾担当の、飼い主であるヒトでした。
やはり国際犬として恥ずかしくないような躾に最初からエネルギーを注ぐべきでしたね。

あ!一項目クリアできているポイントがありました。
フードやおやつなどを日本から持ち込むことはできないので現地のショッピングセンターで入手できるようなアメリカ型フードに慣らしておいたほうが良いと書いてあるけど、この点では、最初から手作りごはんなので、ショッピングセンターで難なくチキンやライス、野菜は手に入ると思うのでした。
おやつなんかは、現地のものにすぐに馴染むと思うしね。200612_073

はぁ~。国際犬へのみちのりは果てしなく遠い。
こぶ、さら、来年は少しこれを目標に母ちゃんと頑張ってみるかね?
きょうの写真は6年前にハワイに行った時のものです。

農林水産省動物検疫所
ハワイ動物検疫所
カンザス州立大学

一番下の写真はうちの国際犬です。
セレブ犬の「名犬コールティ」と「レディ・トゥルトン・さら」

2006年12月22日 (金)

心ヌクヌク猫村さんのカレンダーとチワワ本

きょう、パソコンを開けてみて一番に目に飛び込んできたのが、「きょうの猫村さん」のカレンダー予約案内の楽天からのメール。
一も二もなく即予約完了。

猫村さんの卓上カレンダー。ちゃんと一ヶ月ずつっていうから本当に楽しみ。
どんな12通りの絵だろう?と思うと、坊ちゃまの絵ははずせないだろうとか、村田家政婦の茶の間でみんなとTVを見てる所はどうかなぁ、とかいろいろと想像も膨らむ。

送料がかかったらバカくさいと思ってもう一冊注文しておいた「チワワスタイル」のvol.5。こういうチワワ本は、みつけるとパッと買う。
そして眺めると、かわいいチワワがいっぱいいて、どの仔も本当にかわいくて、思わず誌面をなでなでしてしまう。
ちゃんぴも眺めては目を細めて「てつ、来て来て!見てみろよ、こいつ、ヒェ~~ィ!」とか「こいつ、さらと血が繋がってねえか?」等と言ってはいちいち見せにくる。

vol.5の内容は「リード使いの達人になる」だそうだ。これを読んでリード使いの達人に近づこう。
でも、大抵、「ロングリードは制御が間に合わなくて危険!必ず短いリードを」とか保守的なことばかり書いてあって、がっかりするんだよね。
広い公園に出られない日でも、ロングリードで、必要以上に恐れないで巧みなリード裁きで愛犬に制御のストレスを与えない散歩(人によっては犬との上下関係の訓練に良くないなんて言いそうだけどね)、その秘密はロックのすばやい使い方にある。
フフフ...実は少し自信あり。
そりゃあなた、毎日訓練しているのですもの。というか、この一年毎日休まずにやっているのって、それくらいですもの。トホホ...。

そしてきょうのこぶとさらの心ヌクヌクはこちら。200612kouhann_021

コツコツと貯めたPETCITYのポイントで交換した3500円分のクーポン、交換期限が今月いっぱいだったので、忘れないうちに、しかもニャンニャンデーに、おやつと一緒に買って来た。(再びポイント2倍)

ベッドの新調なんて、久しぶり。最初レジに展示品を持っていったら、在庫があるか見てきますと言われて、同サイズの新品がなくて、仕方なく一回り大きいダックスサイズになったけど、かえってダックスサイズになってよかった、と思った。

さすがさらには大きいけど、こぶにはちょうど良かった。

明日は23日か。
まだ年賀状を買っていない。夜からは丸鶏の解凍にかからねば...。

2006年12月21日 (木)

冷凍庫満杯

やっぱり、あれなんでしょうね。
家中が片付かないのって、ちゃんぴのがらくたのせいばかりにしてましたが自分の性格のせいなんじゃないかって、つくづく反省しているわけなんです。

今、この性格に起因する一番差し迫った危機は、冷凍庫が満杯ということ。
いっぱいなのに、ショッピングセンターでお得なものを発見すると絶対に買ってしまう。そして冷凍庫へ。(溜め込む性格?)

うちの冷蔵庫は19年前、結婚する時に買ったもの。3ドアタイプで上から冷凍庫、冷蔵庫、野菜室、ってあれです。
犬が二人になった今では明らかに足りない冷蔵スペース。氷も勝手にできないし、悪くすれば冷凍庫を開けた途端に、なにやら氷山のような冷凍の固まりが降ってきて、命が危ない時さえあります(?)
でも、壊れてもいないものを捨てて新しいのに買い換えるっていうのがあまり性に合ってないので、ダマシダマシ使っているのです。

何故、家電量販店で買ったにもかかわらず20年も壊れないかというと、宇宙の波動を呼び込んで壊れないようにする力のあるシールを貼ってあるからなのでしょうか。
このシール、体の悪い箇所に貼るのと電化製品などに貼るのと二種類あるのですが、このシールを貼ったものは、嘘のように絶対に壊れてないのです。
ちなみに、足の指を骨折した時、これを貼っていることは黙っていたのですが、医者が直りが早いと驚いていたっけ。

冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、TV(TVに至ってはちゃんぴが独身時代に部屋で使っていたもの!)に19年前、貼りました。
洗濯機なんか、新婚時代は「洗濯はおそと」の安アパートに住んでいた頃、台風、雨風に散々さらされているはずなのに、それから2回の引越しを経験しても、まったく平気です。
唯一貼らなかった電気ジャーポットだけはもう、4~5回は買い換えていますが...。

話が逸れましたが、冷凍庫が満杯という話です。
楽天のお取り寄せも冷凍庫を考えながらのオーダーになってきました。
今一番スペースを占めているものはこれかな?200612kouhann_014

先日ローストビーフがうまくいったのに気を良くして、次は久々にイブにローストチキンを自分で焼いてみようと買ってきました。
こぶさらの冷凍ご飯のスペースに無理矢理押し込めています。
この、無理矢理っていうのがどれくらいの力かと言うと、いつでしたっけ、力任せに押し込めたら、バリン!と中のプラスチックの棚が割れました!

冷凍庫だけ売っているのは知ってるけど、それを置く場所がありませぬ。
いつも夢みてはいます。『はぁ~、あれがあればこんな苦労はしなくていいなぁ』って。
アイスクリームやピザ、冷凍の野菜、シチュー、こぶさらの手作りご飯が一気にパシッときれいに大量ストックできるのに...。
それにそれに、犬が来てからやめてしまったケーキや餃子の頒布会も、スペースさえあればすぐにでもまた再開したいのに...。

クリスマスのケーキもどうせいっぺんに全部は食べられないから冷凍になることを考えると、気が遠くなりそう!冷凍が無理なら、食べきるしかないですかね。(←買わなきゃいいでしょ、それだけよ)(←影の声)

2006年12月20日 (水)

名犬コールティーのオーバーコートとクリスマスツリー

先日クリックしておいたコールティーのオーバーコートがメール便で届きました!
丈はドンピシャだし、お腹のほうはグリも大きくてチッコもかからないだろうし、襟ぐりにはボアが付いてて、なかなかいい感じ。
これで寒い日も安心です。

コールティーは外出用のコートは持っていたんだけど、すっかり小さくなっちゃって着られなくなったのでトゥルトンに下げました。200612kouhann_001

コールティーは手足が長いので辛うじてお袖から出ているけど、これは手足の短いトゥルトンには下げられないと思うな。

なんだか思っていたより高級品で、これを着ると、いっぺんにセレブ犬に変身!
もうこんなのを着たら、知らないワン君にガルガルするなんて、品のないことはできないよね、名犬コールティー?

そして、やっと出したクリスマスツリー。200612kouhann_010

例によってTVの裏に設置。
裏にオーナメントが落ちると面倒なので、見えるところだけ飾り付けをしました。

そしてカーテンレールの端っこには靴下を下げました。

飾り付けをしている時、トゥルトンが一部始終、横で不思議そうに見学していたのはいいのだけど、ちょっと落とすと、パッとくわえて持ち去るのでこれまた時間がかかりました~。

部屋を暗くして写真を撮ってみたけど、ライトだけはピカピカ光りました。

優柔不断でグズな私は、この季節が苦手です。ツリーを出しましたなんて、もう20日じゃないですか!
それに、年賀状もまだ買ってない。うーーむ。

2006年12月19日 (火)

家中で睡眠不足なのよ

私の住んでいるこのあたり、よく行方不明のお年寄りが出ます。
そのたびに市役所で緊急放送を流します。
それはいいのですが、こぶとさらがその放送が流れるたびに聞き耳をたててジッときいているのですが、途中からワンワンワンワン吠え出して、ただならぬ気配だというのを察するみたいなのです。

夕べも、かなり遅くなってからその放送が流れ、にわかに落ち着かなくなり、その騒ぎは夜中まで続きました。
妙に興奮する二人...。
さらはちょっと物音がするたびに「ウオッ!」と言うし、ウロウロして落ち着きませんでした。

こぶもなかなか寝てくれなくて、自分が寝ないものだから、私とちゃんぴも寝るな、とでも言わんばかりにちょっと寝付くと鼻で小突いて起こしに来ました。
いつもは夜中にはチッコなんかしないくせにしてみたりして。仕方ないからシートを取り替えたりなんかしていたら、全然寝た気がしません。200612_062

それでもきょうは荷物が来るな、と思ったので昼寝もしないで待っていたのですが、良く考えたら明日でした。

君達はいいよ...。
眠かったら眠っていればいいんだからね。トホホホホ...。

夕食は、何を作ったらいいのか頭が回転しないので、フリーザーにあった豚薄を解凍して、ザク切りキャベツと一緒にカツ丼風の味付けで煮て、最後に卵でとじてみました。
ヘンテコな料理...!こんなのありでしょうか。
ちゃんぴも又、眠そうな顔ですが、うまいうまいとたくさん食べていました。
こういう時ってよくあるけど、夢遊病者のように半ば無意識に色々包丁で切って、しまいにはけっこう形がついたものができあがっているからおもしろい。

2006年12月18日 (月)

パスタポットと金のたらいのその後

今年のお買い物の中でも、アイディア部門に属する「パスタポット」と「金のたらい」ですが、ここらへんでちょっと残念な結果報告です。

「パスタポット」のほうは、今晩4回目の使用でした。
初めて使った時はどうにもこうにもプラスチック臭さに閉口したのですが、2回目からはその臭さはほとんど気にならなくなりました。
残るテーマは歯触りだったのですが、これは3回目、細いパスタを使った時は、比較的うまくいきました。
きょうは、うまくいくのではないかとミートソースも早くから仕込み期待したのですが、これがうまくいかなかった...。やはり、歯触りがちょっといけません。
せっかくのソースまで台無しでした。

お鍋で茹でないであのポットにお湯を注ぐ時のちょっとした後ろめたさが、そのまま食感に出るといった感じです。
やっぱり、なんかズルしているような気分なんですよね。
パスタは歯触りが命であることを考えると、今後はブロッコリーやほかのものに使用することになると思います。

そして次の「金のたらい」。
このセールスコピーは「あなたを半永久的にお風呂場のあのいやなカビ掃除から解放します」ではなかったでしたっけ?
記憶があっていれば、これはちょっと無理のあるコピーということになります。
でももしかすると、昼間でも窓を開けて換気などしないで、このたらいのイオンだけをガンガン満たすようにすれば、あるいは効果が出たのかもしれない。
もしコピーが「お掃除の間隔が長くなりウンと楽になります」ならOK。
お察しの通り、バスルームのタイルの目地の部分にカビがうっすらと...。でも、これを置いていなかった以前に比べれば、本当に生え出すまでが長かったことは事実です。

この二つは正しく機能すれば、私の家事の負担が大幅に減るものでした。
それだけに期待も大きかったのですが、パスタポットのほうは定価の75%offの1410円で、たらいのほうは51%offの3800円に下がっていたのを購入というところから、冷静に考えればどこからかケチがついたので価格を下げて在庫処分ということであったのかもしれません。
実際の所、51%offなら許せる結果ですが、(お掃除の間隔は相当延びたのですから)これが定価の8190円で買っていたら、さすがの私もクレームをつけるかもしれません。

まぁそんなに楽な方法はない、ということなのかもね。

きょうはやっと我が家も夏布団を干してしまい、冬布団を干しました。
今晩から冬布団です。

書店では銀色夏生の文庫を購入。
「やがて今も忘れ去られる」

大丈夫、
恐れないで
解決できないことはない

たとえ破綻しても
思いがけない結末でも
どうにかは なっていく
時間は過ぎて
どんどんすぎて
どれもがどうにかなっていき
やがてそれも忘れ去られる

やがて今も 忘れ去られる    (原文よりの抜粋)

2006年12月17日 (日)

いろいろなイライラ

1つしか欲しいものがないのに、1つだと1980円で2セットだと2980円だとしたら、どうしますか?

浴衣をおいてない施設に旅行した時のパジャマにするような部屋着がほしくてユニクロに行ったのだけど、ピンク色の一着で、もうほかはいらないのに、プライスカードにそう書いてあった。

ちゃんぴに「何か欲しいものはない?これと2セットだと2980円だって」と言うと、「そんなのはいらないから、このセーターを買ってくれ」と言われ、「お誕生日にあげたお小遣いで買ってよ」と言うと思いっきり不満顔をされ、何の関係もない雪柄のセーターをドサクサに買わされた。
昨夜、ネットでこぶの為に注文した雪柄のニットセーターと同じ柄です。
ちゃんぴは私がクリックするのを横で見ていたから、こぶとお揃いにしたかったのかも...!

仕方ないから無理矢理もう一つ自分のルームウェアをかごに入れたけど、ユニクロって行く度にクサクサした気分になるのは何故だろう?
いつも出口を出てくる時は同じ気分の気がする。

まず、フロアが広いのに、商品の表示が何もないため、探すのが大変。
スーパーみたいに、お茶はこのレーン、お菓子はこのレーン、というように遠くからでもパッとわかるようにしてほしいのに...。
ほしいものを探してグルグルしていると、子供はギャーギャー叫びながらバタバタ走っているし、人とぶつかるし。
きょうなんか、置いてあった脚立に足を引っ掛け、向こう脛をしこたま打った。

きょうみたいに2セット売りの企画ならばそのセットものはすべて同じ場所においてくれるとか。
レディースはフロアの一番右端で、セットのメンズものは?と思うと、チョロっと置いてあって「これだけ?」と思って探すうちにキッズ物が出てきたりで、結局はフロアの一番左端...。
効率が悪いというか、そのうちどうでもよくなってほしいものも買わないでイライラして出てくることがよくある。

200612_092

一方、こちらの方のイライラは何が原因で...?

夕食後。

それは多分、同じタイミングであげたクッキーを、自分は食べるのが早いから早々になくなり、さらがボヤボヤと長持ちするのが気に食わないのだ。
自分がすごく損をしている気分になるらしい。
たまに「ガーー」と唸っている。

食後の一戦観覧希望者はクリックして下さい。

「2006.12 090.mov」をダウンロード ← 動画です。

ではお休みなさい!

2006年12月16日 (土)

この秋、初焼き芋

200612_042 T公園にお散歩です。
いつもここからスタートです。
右の方に見える道をグングン進み、下のほうを一周し、再び坂道を上がって、奥に見えている「風の吊り橋」を渡って、再びこの場所に戻ります。

けっこうな距離があるのです。
駐車場に戻る頃にはいつも、背中に汗がジワっと滲んでいます。

きょうは駐車場のお隣に、新鮮野菜を売るテントが出ていたので、ちょっと覗いてみると「石焼き芋」がありました。
買わないワケがありませぬ。2本250円でした。
ベンチでランチです。これと、麓のファミマで買ったおむすび(一人2個)とお茶です。
そうそう、噂の「のだめ弁当」はなかったなぁ。
焼き芋はこぶとさらにもあげます。200612_048

食べたあとは、また4人でモクモクと歩きます。
すっかり紅葉して、落ち葉がたくさん!200612_052 200612_051 200612_053

バーベキューをしている人もいました。

もみじは、黄色、赤、たまには緑も...。
宝石箱のようでした!

小1時間は歩いたでしょうか。
こぶは枯葉を踏みしめる音が好きらしく、いつもわざとガサガサと大げさな音をたてて歩きます。

さっきの焼き芋はあまりにもおいしすぎました。

コンビニで売っている焼き芋は、塩水に漬けたりして甘さを増すよう工夫しているようですけど、おじさんに何かコツはあるのか、出口でお聞きします。
すると、別にコツはないけど、お芋は「紅小金」を使っているのだということでした。
むせない焼き芋、しっとりした焼き芋。

うれしい秋のごちそうでした。200612_055

2006年12月15日 (金)

元の名前は?

ちゃんぴの帰宅が遅いと、こぶとさらが落ち着かなくて、こうして日記を書いていても、こぶが下から「遊んでくれ」「かまってくれ」とせっつくので、なかなか書き終えることができません。

ところで、自分のワンの名前をそのまま元通りで呼んでいるおうちって少ない気がします。
○○○ポン、○○○ブー、とか...。
うちの場合も本名は「こぶ丸」なのに、こぶちんとか、今ではすっかり「こうちゃん」というのが定着しましたが、なぜか、「コールティー」という時もあります。
「名犬コールティー、おいで!」と言ったりするのです。すぐに来ます。

さらの場合は元の名前を推測するのが困難なほどに変貌してしまっています。
本名「さら」なのだけど、「さ」っていうのがけっこう言いにくくて、「たーちゃん」と呼んでいた頃がしばらくあって、「たら」「たらぽん」などと変化し続け、今では「トゥルトン」になってしまいました。
「トゥルトン」なんて言うくらいだったら「さら」と言ったほうが、よっぽと楽な気もしないでもないのですが、なぜか「トゥルトン」。200612_007

さらの仕草や歩き方が「トゥルトン」にふさわしいのです。

あなたのおうちのワン、元の名前のままで呼ばれていますか?

ところで、この時期はクリスマスプレゼントに犬や猫を突然プレゼントしたりする人がいるようですが、(たとえば、おじいちゃんからお孫さんへ...等等)私からのお願い。
相手宅の環境が本当にワンちゃんを飼える環境なのか、ワンちゃんが楽しく快適に暮らすのにふさわしい環境なのかじっくり考えてみてからにして下さい。

ワンちゃんは生体であって、ぬいぐるみではないのです。
この先10~20年、お散歩を含めて毎日のお世話ができるのかどうか。
ワンちゃんのお世話は思いのほか大変なこともあります。
あやふやなまま、目先の可愛さにつられて、つい衝動買いをしてしまって、無責任な飼い主にぶつかり、可愛そうな思いをするのは結局ワンちゃんなのです。

身勝手な人間に飼育放棄されて捨てられ、この時期も処分場にいるワンちゃんやニャンコのことを思うと、私は本当に胸が塞ぎます。
先月はうちの一番近くのセンターだけで98匹が持ち込まれました。その9割が一週間足らずで殺されてしまったのです。
クリスマスソングが楽しそうに流れれば流れるほど、いつもいつも彼らのことを思います。
この悲しみは多分、私が死ぬまでずっと胸に居続けて消えることはないと思います。
そんなワンニャンが一人もいなくなる世の中になれば、教育基本法で愛国心などを強制しなくとも、自然と国を慕う心も芽生えると思います。

なんだか、きょうの日記さみしい終わり方になって、読んでいただいている方には申し訳ありませんが、心からのお願いです。
(ここに来ていただいている方にはそんな方はいないとは思いますが)
犬猫、動物を捨てないで!

2006年12月14日 (木)

おせちを注文した

ちゃんぴの誕生日も終わり、さてクリスマスツリーでも出そうかと思ったけど、特にさらが家に来てからツリーの置き場所に困っている。
去年はなんとか、TVの裏側に置いたのだった。
今年も?
雪とかデコレーションがTVの後ろに落ちたりすると、また大変で、考えているうちにきょうはやめてしまった。

夕べ、おせちをネットで注文した。
去年は店頭締め切りでやむなくネットで申し込もうとパソコンの前に座ったら、おもしろいブログサイトにどっぷりと浸りこみ、読み込んでいるうちに締め切り時間は過ぎ去った。
それで、黒豆を自分で煮たり、煮物や紅白なますを作ったり、あとの物はバラで買って来て、自宅のお重箱に詰めてどうにかこうにかカタチをつけた。

今年は店に行こうと思っていたけど、その店がネットでも受け付けているらしいので、ネットで注文した。
越前福井の日本料理「一乃松」さんの一段重だ。
色々目移りしたけど、これを見たとき、なんだかとても明るい気持ちがしたので。
栗きんとんと黒豆が少なめなのが少し気になったけど、美味・珍味が目移りするほどにぎっしり詰まってる。

おせちのパンフレットを見ると、オモニのおせち(韓国)とか、宮廷おせち(韓国)、中華おせちなんていうのもある。
オモニのおせちは5800円で安いけど、キムチばっかりが鬼のように来るみたいだ。
内容は、韓国のリ、牛コムタンスープ、ボッサムキムチ、チャンジャ、カクテキ、ヘッミントック、そして冷凍の参鶏湯が2つ。
いくらキムチ好きなこぶ家でも、うーむ...。

犬のおせちもあるけど、たいしたことなさそうなのでパス。
こぶとさらには愛犬用クリスマスケーキ(2500円)というのを注文したので、おせちは手作りにする。
甘いさつま芋の(もちろん砂糖なし)きんとんや、こぶや(犬のこぶではなく、昆布)おかかでダシをとってチキンの煮物などを作る予定。

結婚したばかりの時は、おせちを買うのだと言ったら義母に「まぁ...!」と、呆れられた。
なぜなら、ちゃんぴの実家では黒豆はもちろん、栗きんとん、昆布巻き、田作り、酢だこから紅白なますから何から何まで、関西風の上品な、しかし、おだしのしっかりと効いた上等のおせちを毎年手作りするのが決まりだったのだから。
でも今では義母だってデパートのお重を取り寄せてるではないか!フフフフフフフフ...。

そして忘れてはいけないものが、お正月の日本酒だ。
こちらはこぶ家御用達の金井酒造の「白笹つづみ」の樽酒(モーツァルトを聴いた日本酒)を冷やでいただく。
木の香りがして、喉元をフワッと通り過ぎてゆく。
アルコールが苦手な人もきっとこれを飲んだらいっぺんでポン酒のファンになってしまうのではないだろうか、というほどの逸品なのですよ。

きょうの写真は4年前のこぶ丸です。20021213_003_1

2006年12月13日 (水)

パエリアとローストビーフに挑戦

ちゃんぴの誕生日でした。

本当はミートローフのリクエストが出ていたのに、買い物しに行った店にミックスベジタブルがなかった為、今年は別メニューでいくことに。
脂肪分の少ないビーフのモモ固まりを買って来て、初めてローストビーフを焼いてみました。200612_040 200612_038

ローストビーフってどんなにややこしいんだろう、と思っていたのに、いざ料理の本を開いてみると、ナンダ!塩コショウをすり込んでオーブンに入れるだけでした。

むしろ、ソースを作るのが大変な様子。
ここは市販のものを買ってきました。

出来栄えはちょっと火が通り過ぎたようでした。
(お肉がもっと山のように丸かったらうまくできたと思う)

パエリアは、冷凍のシーフードミックスを使っています。
これは、多分、大昔も作ったことがあるような気がするけど、サフランたった小さじ二分の一でご飯2合がこんなに黄色くなる。
すごいものだなぁ...!

パエリア、ご飯2合なのに、十分なボリュームで、鶏肉も入っています。

あした、あさってもこの晩餐会の残り物で楽にいけそうです。

ところで、今も飲んでいるのですが、サントリーの銀座カクテルのシリーズ、めっちゃおいしい。
マンゴを買って試してみたらあまりのおいしさに驚いて、ラ・フランスとメロンも急いで買いました。
こんなおいしいものは、限定販売ですぐに消えてしまいそうだったからです。
なんでも、銀座千疋屋が選んだフルーツでつくったそうだけど、これ、これからずっと売ってくれるのかな。夢のよう...!

2006年12月12日 (火)

サロン・ド・てつ

私は家で何故か「てつ」と呼ばれています。
「サロン・ド・てつ」というのは、犬専用のこぶママ美容室です。

きょうはこぶをシャワーで洗いました。
こぶは水を嫌がる仔なので、しっぽ丸め込みモードでバスルームの隅へ隅へと逃げまくって、それを中腰で追いかけながらシャンプーをするこちらはとっても大変です。
腰が痛くなります。
顔にちょっとでもお湯がかかると大騒ぎだし、本当に大変です。

やっと終わってやれやれとドライヤーで乾かしながら考えていると、さらのシャンプーをもう大分していないことに思い至りました。
前回はプロの方にお願いしたのだったけど、あれから一回もシャンプーしてないかも!

エーイ!ついでにさらも、きょうシャンプーだ!
こちらは、バスルームではなく、洗面台で簡単にできるので、さらを連れてきましたが、大分体中の毛が伸びていた(この仔の血統書、スムースで書いたの誰?!)ので、洗面ボゥルに新聞紙を敷いて、トリミング用のはさみでチョキチョキ切り出しました。

はさみが余りよく切れないせいか、はさみの上をさらの毛が滑ってなかなか思うようにカッコ良く切れませんでした。
なんだか、肉を切ってしまわないか心配で...。

どうにもこうにもギザギザになって、動きが取れなくなり、しっぽを鉛筆みたいにしようと思ったのですが、なかなかうまくはいきませんでした。200612_1

骨カスカスのところまで切りました。

そのあと、新聞を読んでいて発見したのですが、トリミングのプロにならない人用の、短期のコースがあるみたいではないですか。
ちょっと興味がありまする。

きょうのこぶ家の夕食の献立

犬用
・ 鶏モモとさつま芋、砂肝、人参、キャベツ、大根、めかぶ、白米のおじや
・ 柿のデザート

ヒト用
・ 小鯵の唐揚げ、せんキャベツ、トマト
・ 蕪の炊いたん、五目あんかけ
・ めかぶと沖縄のイカのお刺身の小鉢
・ 温やっこのとんぶり乗せ
・ 茄子の味噌汁
・ ひじきご飯(友達にひじきご飯の素をもらった)
・ 富士柿のデザート

キムチはもちろん、レギュラーで毎晩食卓に乗るんでござんす。

2006年12月11日 (月)

新入りおもちゃの争奪戦

ワンワンDAYでした。
コツコツとポイントをためてGETした3500円分のクーポンを使おうかなと、ちょっと遠いPETCITYまで行ってみました。
そこの方が地元よりも品揃えがあると思って。

でも服やベッドはかえって地元の方が多かったので、クーポンはまた次回ということで、おやつのお買い物をしました。

おもちゃも一つ新しいものを買いました。
こぶはもうおもちゃなんかには興味はないだろうと思ったので、さらの分だけを買って帰ったのがウンのツキ...!

夕食後にさっそく新しいおもちゃを見せてみます。
意外にもこぶもこれに興味を示し、激しい争奪戦を繰り広げるハメに...!

しっかりとおもちゃを守ろうとするさらを遠目に見るこぶ。
作戦を練っています。「ヤツハソノウチ ネムクナルニ キマッテルサ」200612_026_2  200612_023_1 200612_028_1

さらの目がトロロ~ンとしてきたのを見計らって、自分も眠いふりをして近づくこぶ。200612_033_1

さらが用心し始めました。

さら「ナンダカ ヤナ ヨカン!」200612_032

さら「ヤッパリネ ユダンモ スキモ アリャシナイワ!」

このあと、激しい争奪戦が繰り広げられました。

その様子をご覧になりたい方は動画があります。

「2006.12 036.mov」をダウンロード

2006年12月10日 (日)

服を嫌いなこぶとこぶのおさがりさら

200612_017 いつものように散歩に出ようと、こぶとさらに声をかける。

普通は喜んで寄ってくるところだけど、この頃は声をかけた途端に、こぶがサッとテーブルの下に隠れる。

なぜか?
服を着せられるのが嫌だから。

この頃、冷える日はお洋服を着てもらうのだけど、機嫌の悪い日は、もう少しで噛まれそう!というくらい、悪い顔をする。

一方さらの方は、身長の伸びもめざましく、近頃の服はほとんどお兄ちゃんのおさがり。
きょうもお兄ちゃんが昔よく着ていた、今ではすっかり色あせたトリコロールカラーのTシャツ...。200612_021
クリスマスにでもまた、新しい洋服を買ってあげようかナァと思っている。

2006年12月 9日 (土)

なんでも蒸かす

きのうボーナスが出たんだけど、これできょう外をウロウロするのは気が大きくなっていて極めて危険なので、天気も悪いことだし、努めて地味な休日を過ごした。
去年なんか、気前良くちゃんぴに大金のおこづかいを渡して、ボーナスから引かれてなかった分が次の月の給料から引かれてたりなんかして、真っ青になった。
しかし、あれは詐欺のようなものだよね。一度、ぬか喜びさせといてサ、後から幻でしたなんて...。

朝は、おばけのような大きなブロッコリーを蒸かして、マヨネーズとからし醤油で食べた。
ついでに蒸し器に卵も入れておいたら、黄身のトロリンとした蒸かし卵がじょうずに出来上がっていた。
バニラクリームのクリームパンというのも食べた。
トースターでイングリッシュマフィンに焦げ目を付けて、半分はチーズとハムで半分はマーマレードで。
それからりんごとキウイ。
休みの日は楽天でいつも取り寄せている澤井珈琲店のコーヒー豆をちゃんぴが挽いてコーヒーを淹れてくれる。

お昼は肉まんとカレーまんを蒸かし、ミルクティーと。

そして夜、今度は紫芋とさつま芋を蒸かした。
ほかのメニューはさばの一夜干し、肉じゃが、韓国海苔、キムチ、大根と豚バラの煮物(夕べの残り)、きゅうりとハムのサラダ。

蒸かすのに使った蒸し器だけど、専用の蒸し器なんてうちにはないので、中華鍋に蒸し網をセットして。
一日中その「なんちゃって臨時蒸かし器」を出しっぱなしだったので、お腹が減ったら適当なものを見つけてきて蒸かす。
これはいいわ、楽で。

それから家付けの電話器の電子音楽の着信音がなんとも耳障りでかなわないので、ちゃんぴに変えてもらった。
原曲はクラシックのものだけど、もともと電話嫌いの私はその曲さえも嫌いになってしまった。
今度はごくシンプルな呼び出し音。まぁ、やがてこれも嫌になるのだろう。

(この写真はフレッシュなものではありません)200612_016

夕べ、EPSONのプリンターを使って人にあげる写真をプリントするのに、やっているうちに色々と欲が出てきて、かわいい枠組みなんかをダウンロードすることが必要になった。
トリセツを読むのはいやなので、ちゃんぴにちょっと尋ねたら、ここぞとばかりもったいぶって教えてきた。

最初は聞かないとわからないからしようがない、とおとなしく聞いていたけど、あまりに恩着せがましく教えてくるから、「そんなえらそうな言い方をしないで、必要なことだけを事務的にクールに教えてよ」と注文をつけたら、「じゃ、いいのね、聞かなくて」なんて、ますますえらそうに威張ってきた。

季節の大道具小道具の天袋からの出し入れ、パソコン、デジカメ関係のこと、車のこと、家中の電気関係、配線関係、電話関係のことは私の弱みだ。
これらでなにかイレギュラーのことが起きた時の私は、手も足も出なくて、いかにも情けない...!

そのかわり、家中の者がお腹をすかした時は私の天下だ!
今度威張ってきたら、「じゃ、いいのね、食べなくて」と言おう。
いや、待て!そしたら「じゃ、いいのね、稼いでこなくて」とか言われるのかな。このォ!

2006年12月 8日 (金)

とらやとアンデルセンのコラボ

200611_153 先日、青山アンデルセンにて、特別の但し書きのしてあるあんぱんをみつけてしまったので、さっそく購入。

どんなあんぱんかというと、アンデルセンさんのHPより。

青山あんぱん
小倉あんぱん・こしあんペストリー
各1個 ¥210(税込)


東京・赤坂の和菓子の老舗「とらや」の伝統のあんをアンデルセンならではのパン生地で包んだ究極のあんぱんです。
こしあんをさっくりとしたペストリー生地で包んだあんペストリー。

いただきます!

食後5秒もすると、今まであんぱんを食べていました、なんて微塵も感じさせないほどスーッとなくなって、忘却の彼方へ...!
何の甘さも残らない。

まるで手品のような優しいあんぱん。

またおいしいものがひとつ増えました。困った困った...。

2006年12月 7日 (木)

走る走る...また走る

200611_138 ココログが更新できなかった間の分まで走ってやるゼィ!
とばかりにダッシュするこぶ丸。

走っては止まり、匂いをクンクン。
そして、また走ってクンクン。200611_147

また走っては土を激しく蹴り上げるこぶ丸!200611_137

私とさらはこぶのクンクンをいつも辛抱強く待つ。

時には蹴られた土をまともに被ることもあるから大変!

200611_150

T公園の木々もほとんどがもう紅く染まっていました。

散歩にちょうど良い季節って、いつもあっという間に終わってしまいますね。

あとはもう寒い寒い冬本番を待つだけなのかな?

もっとたくさんピクニックとかしておけば良かったと思うけど、なんだかバタバタしているね、今頃はいつも。

2006年12月 4日 (月)

お知らせ

200612_004

毎度こぶ丸だよ!

いつも母ちゃんの日記を読みに来てくれてるみんなへお知らせだよ。

ココログは12/5 10:00 ~ 12/7 15:00までメンテナンスの為に日記の更新ができなくなるんだって。

バックナンバーはいつでも読めるみたいだから、どうぞ遊びに来てね!

いつも、どうもありがとう。

鶯宿温泉『森の風』のお祭り広場

ホテル『森の風』の、夜のお祭りです。200611morio_044

ホテル社員の方々による和太鼓です。
「2006.11.mori-o 041.mov」をダウンロード

「2006.11.mori-o 042.mov」をダウンロード

次は踊りです。少し、みちのく気分になれるかも。

「2006.11.mori-o 043.mov」をダウンロード

写真は餅つきの様子です。
途中までしかいなかったのですが、このお餅はお客様に振舞われるとか!

楽天で、みちのく日記書いてます。
よろしかったら読みにきてね!

2006年12月 3日 (日)

マッチ売りのこぶ

オッス!こぶ丸です。

きょうはなんだか寒いのね。
散歩に出た時もきょうばかりは俺、母ちゃんが洋服着せてくれるの拒まなかったぜ。
さらもおとなしく着せてもらってたよ。

きょうは、大ニュースがあるんだ!りくままさんちに、かわいいチワワの赤ちゃんが生まれたって。
りくままさんちのくらのすけ君とるりちゃんが俺とさらにそっくりだって、ブログを読むの楽しみにしているみたいだったけど、ついこの間りくちゃんが妊娠しているのがわかったから、生まれるのはまだまだだろう、って油断してたんだよ。
そうしたら、りくままさんもビックリしたみたいだけど、ある朝、りくちゃんが一人でお産をしていたんだって!
とっても小さな赤ちゃんだよ。俺も生まれた時はあんなに小さかったのかなぁ。
この頃は、散歩してると「豚みたい」なんて声も聞こえてくるけどさ。200612_003

ところで、母ちゃんたら夕べ、おととい1日だったのに、俺とさらのフィラリアの薬飲ませるの忘れてたみたいでサ、気付いた時すごく焦ったみたい。

そしたら父ちゃんが、「大丈夫だよ。11月が31日まであったと思えば」なんて言ってたけど、母ちゃん、慌ててレバ団子作って、中に薬を隠して飲ませてくれた。

これで俺達の今年のフィラリアは終わったってわけ。

一つ楽しみなのはね、母ちゃんがなんだか「犬用のクリスマスケーキが...」どうのこうのって父ちゃんと話してるのが少し聞こえてきたんだ。
これって、買ってくれるっていう意味なのかどうかはわからないけどね。

いや、本当に寒いよね。みんなもあったかくして風邪ひかないでね。

2006年12月 2日 (土)

宮沢賢治童話村

11月27日、花巻の宮沢賢治童話村へ。

賢治の作品のこんなにかわいい模型が展示されていました。(撮影自由)
クリックすると、大きく見られます。
ピンボケ多数でごめんなさい。200611morio_011
一枚目は、セロひきのゴーシュのからくり人形200611morio_013200611morio_014 200611morio_015 200611morio_016 200611morio_017

あとの5枚は『注文の多い料理店』です。
作品展示の下にボタンがあって、それを押すとからくりがグウォーンって動くのです。
ピントがぼけているのは、たまにそのせいもあります。

*****

只今楽天日記で旅日記を書いていますので、よろしかったらそちらもどうぞ!

2006年12月 1日 (金)

紫芋のさつまスティック

200612 なんだか、落ち着かない変な日。

時々こんな日がくるけど、一日終わってみると、パッチワーク用のいい生地をみつけてポチポチとキルティングしたのに、結局気に入らなくて全部ほどいてバラバラになったような気分。

普段かかってこないような人からの電話とかが相次いだし。
うちなんか、かかってこない日は本当に一件もかかってこないのに、かかってくる日はなぜか集中する。
これって...こういう現象ってたまに起こるけど、潮の満ち引きかなんかに関係しているのかなぁ。

セールスの電話も多かった。
ナンバーディスプレイに表示された知らない番号のはとらないようにしているけど、たまに気分が上がり調子な時とかにヒョイってとってしまうことがある。
そしていつも『取らなければよかったのに~』と後悔...。

覚えのない宅急便も来た。
でも、これはよく考えると日付指定できなかったオークションで競り落としたもの。

12月ってこんなだな、いつも。
楽天日記のみちのく第二弾も落ち着かなくて書けなかった。

夕食も本当は天麩羅を揚げてさばを焼いて納豆も食べる予定だったのに、結局最後の電話が夕食の仕度時間にかかり、仕度できなくなってカレーライスを作った。
しかも、ご飯のスイッチを入れようと思っていたところに電話が来たので、さぁ、食べようという時になるまで、ご飯のスイッチを入れていないことに気付かなかった。

まったく後悔しそうな一日になったので、義母にたくさんいただいた紫芋をスティック状に切って揚げて、友達になぜかたくさんもらったレモンシュガーをいっぱいふりかけた。
ちゃんぴがやけに気に入って、半分以上モグモグと良く食べていた。
普通のお砂糖より、レモンシュガーの方が良い香りがしてちょっとしゃれたお芋になった。
きょうの良かったことは、このレモンシュガーくらいだな。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム