フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 心ヌクヌク猫村さんのカレンダーとチワワ本 | トップページ | イブもやっぱり山歩き、ワンワンケーキのおまけ付き »

2006年12月23日 (土)

愛犬とハワイ、その遠きみちのり

今年の8月にココログのアクセス解析がバージョンアップされました。
ブックマークして下さっている方や、リンク元から来て下さっている方を別として、どんな検索ワードでこのページに遊びに来て下さるのかそれをたまにみるのですが、中に一つ気がかりなことがあります。

最近は「こうちゃんの簡単料理レシピ」が大ヒットしたため、相田幸二さんのこうちゃんと間違えてここに迷い込んでくる方もいて、間違った方、こうちゃんはこうちゃんでも料理のできない犬のこうちゃんですみません。

それはいいのですが、継続的に、ハワイで犬と泊まれるホテルを探している方がいらっしゃるということです。PC環境などからみても、どうも同じ方です。しばらくないな、と思っていると、ある日また同じワードで検索をかけているところをみると、まだみつかっていないのかと、他人事とはいえ心配になります。
ハワイに愛犬と旅行したいのに宿がみつからない、そんな状況が想像され、実際私だったらどうやって探すだろう、なんて考えてしまいます。
国内なら、ネットの膨大なデータを利用したり、書店に行けば犬と泊まれるホテルの本だっていっぱいありますが。

うちの場合も、海外旅行は犬が来てからというもの、めっきりご無沙汰になってしまいました。日本のペットホテルに預けて行っても気になって気になって、本当に楽しむというのはちょっと無理な気がします。
ハワイに最後に行ったのはなんと、2000年という始末...。Img018

そんなある日、読売新聞の「よみうりペット」で愛犬とハワイに行くという特集が組まれていて膝を叩いて飛びついて読んだのですが、こぶとさらを連れて行くにはいくつもの難関が待ち構えていて、途方に暮れてしまいました。

本格的な移住や、最低1カ月以上のロングステイならまだしも、せいぜいが1週間から10日くらいの旅行の為に、こんな煩雑な手続きを踏むとは...!

長くなるので全部は書けないのですが、マイクロチップの埋め込み証明、蛍光抗体ウイルス中和検査に合格すること、各種予防接種の証明などです。
ほかは日本でクリアできても、ウイルス中和検査のために動物病院で採取してもらった血清が腐りやすい為、カンザス州立大学に24時間以内に届くように送るのがいろいろと面倒くさそうです。
せめてこの血清の検査を日本で実施し、同時に国内で証明書を発行してくれるわけにはいかないかな。

それらをパスしても、航空会社のクレートに入ったまま長時間のフライトに耐えなければいけない...!
あの音に神経質なさらが、飛行機のエンジン音に耐えられるでしょうか...?うーむ。
でもひょっとすると、ホノルル便の夜のフライトでこぶさらがクレートで眠ったままいてくれれば6時間くらい耐えられるかも。

いやいや、仮にそれでハワイに無事着いたとしましょう。
またまた現地で無駄吠えをしたり、屋外とはいえあちこちでチッコをしたりしたら、ヒンシュクものでしょうね。Img017

こぶやさらは悪くない。悪いのは躾担当の、飼い主であるヒトでした。
やはり国際犬として恥ずかしくないような躾に最初からエネルギーを注ぐべきでしたね。

あ!一項目クリアできているポイントがありました。
フードやおやつなどを日本から持ち込むことはできないので現地のショッピングセンターで入手できるようなアメリカ型フードに慣らしておいたほうが良いと書いてあるけど、この点では、最初から手作りごはんなので、ショッピングセンターで難なくチキンやライス、野菜は手に入ると思うのでした。
おやつなんかは、現地のものにすぐに馴染むと思うしね。200612_073

はぁ~。国際犬へのみちのりは果てしなく遠い。
こぶ、さら、来年は少しこれを目標に母ちゃんと頑張ってみるかね?
きょうの写真は6年前にハワイに行った時のものです。

農林水産省動物検疫所
ハワイ動物検疫所
カンザス州立大学

一番下の写真はうちの国際犬です。
セレブ犬の「名犬コールティ」と「レディ・トゥルトン・さら」

« 心ヌクヌク猫村さんのカレンダーとチワワ本 | トップページ | イブもやっぱり山歩き、ワンワンケーキのおまけ付き »

「ペット」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム