フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« (1)こぶ家の強化合宿-信州蓼科温泉編 | トップページ | (3)蓼科キュイジーヌ、ウィンターメニューの巻 »

2007年3月29日 (木)

(2)こぶ丸も仲居さんも温泉旅館大爆走!の巻

ママ!さら、何かが起こりそうな予感がするの。102444_1

さて夜の6時、これからお夕食をお部屋にお持ちしますという電話があり、間もなく先ほどの仲居さんがワゴンでゴロゴロと私たちの部屋に食事を運んできました。
年の頃50代後半ほどのこの仲居さんは、物腰や接客などから、かなりベテランとみました。

今まで私達は、部屋食でお部屋に係りの方がみえる時にはリードで椅子の足などに結んでおくか抱っこをしていたのですが、その日に限って変な気をきかせたこぶママは、仲居さんが仕事がしやすいようにと、ドアストッパーをドアの下に差し込もうとしたのです。

その時は部屋に通じる襖は閉めきられた状態で、私はドアストッパーをサッとドア下に入れたら部屋の中にすぐに戻り、つなぐつもりでいました。ハーネスだけは着用した状態です。

ところがそのストッパーがなんだかおかしなことに、コロコロと転がって全然思うようにうまくはまってくれないのです。
そして皮肉なことに、そのタイミングにちゃんぴが襖をサッと開けてしまいました。

大きく開いたドアを押さえてかがんだ私の腕に触った何やら毛むくじゃらの感触…。
それはほんの一瞬のことでした。094444

こぶ丸が廊下に走り出てアレヨアレヨという間にエレベーターホールへと爆走し、ちょうど運よく(運悪くか…)ドアの開いたエレベーターに飛び乗ったのです。
(矢印方向がエレベーターです)(←あっ、もちろんその騒動の最中は撮影なんてしていません。これは後から撮ったものですよ)
追いかけるこちらにも聞こえるほどびっくりした大きな声で「ワァーー!どうしたの!?これ、チワワだよー!!」なんて言っています。
ホールまで追いつくと、エレベーターには若いカップルが乗っていて、私は「アーーーー!!すみません!!エレベーター行かないでーー!!」と叫んでいました。
そして無事、こぶを捕まえることができたのです。

…の筈でした。
ところが、そうそう簡単にはいかない我が家のうなぎ丸。
エレベーターを降りたうなぎ丸、私の手をスルリと振り切って今度は、エレベーターホールから今来たのと逆方向に私たちの部屋の前を通り越して廊下の突き当たりに向かって爆走したのでした。
もう、こうなってくると「こぶ、待て」なんて言っているレベルではありません。

仲居さんの声がします。
「お母ーさーん!!こっちこっちーー!!」
慌てて追いかける私の前を料理を放り出した仲居さんが必死に追いかけています。
慌てた中にもなぜか冷静な私がいて、この時の遠く走るこぶの姿がなぜか滑稽だったのを覚えています。
子供がお母さんにブタレそうな時、よく首をすくめるような格好をしますけど、あの時のこぶがまさにそんな感じで走っていくのでした。
私は今までこぶに体罰を加えたことは一回もないのに、こぶは自分がなんだかしちゃいけないことをしているのだとわかっていて『いけねェ、いけねェ』と自覚しながら走っていたのではないか、そんな気がします。093333_1

さて、この廊下の突き当りには部屋出し客用の料理の中継地点のような準備室があって、そこから、何の騒ぎかと飛び出てきたほかの部屋の仲居さんに、うち担当の仲居さんが大きな声で「つかまえてーー!!」と叫びました。

すると今度は、つかまえようとした仲居さんの手をスルリと抜けて、うなぎ丸がその準備室に乱入したのです!
私が追いつくと、準備室には男、女の係の方計3~4名いらして、皆同じくびっくりして「あらま!!来ちゃったの。どこの仔かしら?」「あれれ!?」なんて慌てています。

私が瞬間的に何よりまずいと思ったのは、おいしそうに並んでいるワゴンの上のお料理をこぶが食べてしまわないかということでした。
でもこれは、散歩の時拾い食いをしないようにだけは厳しく躾けてあったせいなのか、幸い手を出すことはありませんでした。
男性の係員の方に二本足で立ってじゃれついて「遊んで下さい」ポーズをとっているのです。

「失礼します!!」と言ってハァハァハァ…と準備室に入り、行き止まりで逃げ場を失ったこぶをようやく抱き上げたのでした。

仲居さんは大笑い、私は青ざめ浴衣は大きくはだけ汗だく、こぶはハァハァハァハァ…と肩で息をしていました。
帰ってきて夕食時の写真を見ると、テーブルにお酒がないではないですか。
温泉に行ってちゃんぴがお酒なしで食事をするなんて、ありえないこと…!
この時、お酒の注文も忘れるほど二人がどんなに動揺したか、容易に想像がつくというものです。

次の日記では、お酒のない(旅館側の食前酒だけ)健康的な夕食の写真を載せようと思います。

続く…。

« (1)こぶ家の強化合宿-信州蓼科温泉編 | トップページ | (3)蓼科キュイジーヌ、ウィンターメニューの巻 »

「ペット」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム