フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

眠いじゃないかそして痛いじゃないか!

040444 きのうは大変疲れた日だった。

買い物から帰ってきて、駐車場に車をとめ、車の窓を閉めようとしたら、ガガガガガ…!と、普段絶対にありえない大音響がして、何事かと思ってみてみると、窓の部品らしき物が取れて上まで繰り上がってきている。

その部品を取ろうと思って、今度は窓を下げる操作をしたら、もっとビックリするようなバキッ!という音がして動かなくなってしまったから、『これはもう触ったらダメだわ』と、窓が開いたまま家に戻り、大急ぎで買い物を冷蔵庫にしまってから、いつもお願いしている車やさんまで車を持っていった。

その車やさんは山の中腹にあるのだけど、山には朝の散歩でドライブしたばかり。そして先程戻ってきた買い物先も、きょうに限って山付近…。そしてまた再びの山行き…。

車は部品交換なしですぐに治してもらえ、いつも車検でご利用いただいているので、料金はいらないと言われた。
超ラッキー!

その帰り、こぶさら用の夜のお布団を買った。
いつも私の場所を占有したり変な位置にいるので、寝ている間も気になって熟睡感がない。
昼間、耐え難い眠気を感じたりするので、夕べからはこれに寝てもらおうという魂胆だ。

しかーし!
やっぱり想像通りこの布団に寝ようとはしないので、私が試しに「ホラ!こうちゃん、きょうからここに寝るんだよ。新しいから気持ちいいよ!こうしてホラ!」なんてやっているうちに、いつの間にか自分がその布団の上で眠ってしまったらしく、深夜気がつくと、犬用布団からはみ出た自分の体が段差で痛かった…。
そしてさらポンとこうちゃんは?私の枕に頭を乗せて気持ちよさそうに寝てるじゃないの…。

どうしてうちの犬はこういう犬用のものを使わないのだろう?
オイ!わがま丸にさらポンポン、眠くて仕方ないぞ!

前も夏用のヒンヤリ大理石プレートを買ってきた時使いたがらなかった。
ちゃんぴが「オイ!こぶ、こうして乗るとな、ヒンヤリして気持ちがいいんだぞ!」なんてつれないこうちゃんに使い方をアピールしていたのに、肝心のこうちゃんは素っ気なく、ちゃんぴが大理石プレートをあてがったまま寝てしまったということがあったっけ…。010111_1

2007年5月30日 (水)

俺の犬メシ-枝豆コンボ

毎度、こぶ丸だよ!きょうも読みに来てくれてありがとう。

002222_3 きょうは、俺の毎晩のメシの中でも、比較的気に入ってるものを紹介するよ。

この写真はね、枝豆コンボプレートなんだよ。
かぼちゃ、キャベツ、じゃが芋なんかと一緒に俺の大好物の枝豆が入ってるの。

それに、普通、肉はその日の肉が一種類なんだけど、これは鶏モモと砂肝が入っていて、うまいんだよね。

こんなにうまいのに、なんで母ちゃんは食べないの?

ところで、この頃、俺とさらのおやつ事情に重大な変化が…。
それはね、俺の大のお気に入りで、4年以上ももらってた「さつま芋のささみジャーキー」を母ちゃんがくれなくなったこと。
母ちゃんたらこないだの毒フード騒ぎの影響で、芋が中国製でなんだか危険な薬を使ってないか心配で嫌になったって。
それならさ、俺としてはそれに変わる芋のおやつがほしいんだよ。
何か作ってくれないかな…。だって芋は俺もさらも大好物なんだよね。

2007年5月29日 (火)

電車の中で考えた

電車に乗って色々な人間を観察するのはおもしろい。

失礼にならないように、それとなく観察。

きょう目の前に座ったおじいさん。
なんだか独り言を言いながら、折り目だらけの紙を大切そうに折り曲げて、これまた古びた鞄に大事そうにしまい込んでた。
中にはやっぱり折りたたんだ紙がいっぱい。
大切な大切なことが書いてあるのかな。

おばあさんの二人組み、飽きることのない人の悪口。
あぁ、でも違うよ。相槌を打つタイミングが…。
もうどうでもいいんだな、きっと話の内容なんか…。
多分この悪口さえもどこまでが本当だか…。

私が老人ホームに入ったらうまくやっていけるかな、こんなおばあさん達と…。

将来ヨボヨボのガタガタになっても、ヘルパーさんに来てもらって一人暮らしをしよう。
朝は自由にたっぷりの蜂蜜とミルクを入れた紅茶を飲み、昼も自由に好きなだけ昼寝をし、自由に花を育てて、好きな友達だけを自由に部屋に招こう。
そして、好きな音楽を自由に好きなだけ聴き、好きな文章だけを自由にたくさん読もう。

おばあさんにはなれそうにない。
どっちかというと私って、おじいさんタイプかも。
そうだ、おじいさんにはなれるかも…!
Image0441

きょうのヨゴリーノは季節限定の『季節のヨゴリーノ』。
いつものプレーンなヨゴリーノに、グレープフルーツ、寒天、ココナッツです。
ヨゴリーノ、素晴らしい!

2007年5月28日 (月)

ブルーハワイ

きのう日曜日にU公園に皆で散歩に行くと、思いもかけず商工会議所祭りというのをやっていて、たくさんの露店が出ていた。

そういったものが大好きな私は犬をちゃんぴに預け、色々と見て回った。001_8

植木市にはきれいな花がいっぱい、フリマもいっぱい出ていた。
無料の赤のカーネーション2本をもらい、500円でニューサマーオレンジ8個、200円で(ホントの話よ)メロン3個買った。

木陰で戦利品を試食。じゃがバタと焼きそば。
他の人たちが食べている氷を見ると、フルーツの模様のかわいいプラスチック容器に入れてもらってる。
氷よりも、その容器がほしくて、出所はどこなのかウロウロ探すと、おじさんとお姉さんが二人で頑張って氷をガシガシ削っていた。
容器は何がいいのか聞いてくれたから、フルーツ柄と星の模様を頼んだ。
シロップは好きなものをかけ放題だ。
ちゃんぴにはコーラ味をかけといた。

容器付きカキ氷、ブルーハワイ。300円で手に入れた束の間のハワイだ!003333_5

2007年5月27日 (日)

北海道ダイニング『小樽食堂』

近所にあるので、一度は行ってみようと言いながらもなかなか入ったことのなかった小樽食堂に夜ご飯を食べに行く。Image0141

本物の北海道の小樽には何年か前に一度だけ夫婦で行ったことがある。
その時は確か、小樽運河の東側の倉庫みたいなレストランで色々な海鮮ものを炙りながら食べた記憶がある。

だから、きょうの小樽食堂もそんな感じなのかと思いきや、別にただのお座敷にテーブルだった。Image0151

ちゃんぴはモルツ生を飲むというので、帰りは私が慣れないちゃんぴの車を運転するハメになった。

モルツはあっというまになくなり、次は小樽ラガー。
最初に来た料理「真いかのごろ味噌焼き」は香ばしい味噌がたまらなくおいしかった。

でも、混んでいたせいか、料理が来るのが非常に遅かった。

きょう頼んだものは
・ 八貫盛り(真いか、サーモン、海老、マグロ、はまち、ほたて、うに、いくら)
・ 巴丼(ほたて、うに、いくら)
・ 塩ラーメンImage0161

ちゃんぴ「なんだか足りねえな。どんどん頼め」と言うから調子に乗って当店の人気NO.1と書いてあった「とうもろこしのかき揚げ」を頼んだら、これも来るのが遅く、しかも想像していたのの3倍くらいの量が来た。

待っている間にベラベラしゃべるのがいけないのか、もう料理が来た頃はお腹がほぼ埋まっている。

二人で唸ってかき揚げを食べている最中に、そうだ、ダイエット中だったんだなぁなんてことを思い出し、これでおじゃんだ…とすぐに観念した。
冷ウーロンを飲みながらこれをつまんでいたら、化け物のようにお腹の中で膨らんできた。

さらに恐ろしいことには、さっきこれと一緒にもう一品オーダーしていたことを思い出した。
「ラムと北海男爵のジンギスカン焼き」…orz…

もう絶対にどこにも入る隙間がない…。
でも、それも来るのが大分遅いので恐る恐る店員さんに聞いてみると、まだ作ってない様子だったので、二人で慌ててキャンセルした。

本当は最初にデザートにと、チョコレートフォンデューと小樽プリンをオーダーしようとしたけど、これは最後にオーダーすることにしておいてよかった。
もちろんデザートなしだ。

ネタは新鮮で良かったけど、キャンセルしたジンギスカンの料金がひかれてなかったのと、かき揚げの中が一部生だったのはちょっと減点。
車に乗る直前に気づいたから良かったけどね。

2007年5月26日 (土)

雨の日にはクッキーを焼く-犬の為に

雨の金曜日、催促があればお散歩にと思っていたけど、納戸の別荘でそれぞれゆっくり過ごしているみたいなので、きょうはやめといた。

こんな日には犬のためにクッキーを焼こう。

レンジでチンしたチーズと水と少量のオリーブオイルを強力粉に練りこんで型で抜く。
もちろんお砂糖はなし。

そういえば、ずいぶん前だったか、ネットショッピングでチワワのクッキー抜き型を見たのに、あの時買っておけばよかった…。
なんで買わなかったのか…なんて思っているうちに、そうだ、結構高くてあきらめたんだったなぁなんてことを思い出す。

チワワ型はないけど、自由が丘の雑貨店で買ったうさぎ型ならある。
あと、ハート、鳥、星…なんてのがあった。

余熱完了のオーブンで160℃13分。003333_4

ちょっと焼き足りない…。
あと3分くらい?006666

こんなものかな?

香ばしい香りが部屋中に広がると、思い思いにくつろいでいたのに、ワサワサとやってくる我が家のチワーズ。

飼い主がまず味見。
香ばしくてドンクのチーズパリパリにも似ているではないか。
うむ、上出来!
立て続けに3枚食べてしまった。
(ただ今ダイエット中につきお昼をちくわきゅうり1本とコーンスープですませ、空腹であった)
009999

君達、クッキーはあげるけど、撮影に協力してもらうよ。

クッキー2個をつかんでリビングに移動する間も「ゼッタイニ ゲットスルゾ!」とピタッと付いてきた!

ハイハイわかりました。ちゃんとあげますって。011111

クッキーを鼻先に近づけると、あまりのいい匂いにすっかり理性を失った二人。012222

1個ずつでは済まずに、2個ずつに大奮発。

肉団子も好きだけど、チーズ味にも弱いのね~。

*****

きょうのクッキーは
・山羊のチーズ50グラム
・エキストラバージンオリーブオイル15cc
・水大さじ2
・強力粉100グラム

山羊のチーズくらいパンチがあったほうが焼いたときに匂いが飛ばないで良い感じですよ。レシピではチェダーチーズでしたが…。
強力粉の分量のうち、きな粉で少量置き換えたり、ひじきを混ぜたり、工夫次第で色々とアイディアは広がると思います。

チンしたあとは熱いのでお箸でサラサラとチーズと粉を馴染ませます。
冷めてきたら手でどうぞ。

型で抜く前に生地をひとまとめにしてから40分くらい冷蔵庫で休ませます。

(成美堂出版-愛犬がよろこぶ手づくりごはん参考。左サイドバー本棚から買えます)

2007年5月25日 (金)

俺の犬メシ-ワンワン肉だんご

どうやら犬というものは、大体肉団子が好きな動物らしい。
そうらしいとは前から知っていたけど、私の敬愛する南村友紀さんのキッチンドッグのレシピ本にも、お団子状のかたまりの食べ物は口に入ったときの食感が嬉しいみたいだ、と書いてある。

これはやっぱり好きなのだろう。よしよし、作ってあげるから待ってておくれよ。
今晩の夕食は肉団子だ。

こぶ兄ちゃんには大きめのお団子。
さらぽんには、小さなお口でも食べやすいようにと、小さめのお団子を作る。
チキンスープで煮たライスとお野菜の上にお団子を置いて、042 (だんごは合挽き肉とパン粉、卵)それぞれのお皿に盛り付け…。

「よし!」というと、どうしたわけか、こぶはさらのお皿へ。
さらはこぶ兄ちゃんのお皿へダッシュ。

嗚呼、世の中のなんて思い通りにいかぬことよ…!

2007年5月24日 (木)

カンカン照りのお散歩

007777_5 015555_2 019999_1 024444

…と、散々気ままにお散歩を楽しんだお二方でしたが、最後子供達につかまり、お付き合いをする二人。036

その子供達のうち一人が「おばちゃんにそっくりな人、知ってるよ!」
私内心『オバオバ…おばちゃん!?まぁ、そうなんだから仕方ないか…それにしても、このクソガキ子供達。うちの犬に汚い手でベタベタ触るんじゃないよ』
私、気を取り直して「へー誰?」
子供「あのねー。愛の劇場の人ー」
「愛の劇場?!」
「それって、何かのドラマに出てる人?」
子供「そうだよー」
「ふーん。うちのワンちゃん、うんといい子いい子してあげてね!」

2007年5月23日 (水)

ちわわに届く郵便物

きょうは真夏のように暑かった。
なんだかんだでバタバタしているうちに、午前中も遅くなってからの散歩になってしまい、犬が熱中症にならないようにと、なるべく日陰を選んで行ってきた。

ところで、うちのこぶやさらにも色々と郵便物が届く。
さらの所有者は登録上はちゃんぴで、こぶのオーナーは私ということになっているので、こぶに来るときは、私の名前の下にこうちゃんの名前が併記されたもの、さらにはちゃんぴの名前の脇にだけど、たまにはダイレクトで「○○こぶ丸様」とか「○○さらちゃん」なんて書いたものまで来る。
そんなものを見ると、なんだかククク…と妙におかしくてたまらない。

どんな郵便物かというと、Img005 こんなのとか。

きょう私がこぶのシャンプーをしたばかりだけど、こぶの誕生日は6月の22日だから6月いっぱいは50%OFFでトリミングしてもらえる。

ほかにはこんなハガキも。Img006_1 

病院からのフィラリア関連の招待状…。

これはもう先日のこうちゃんの騒ぎで別の病院でもらってしまったけど…。

2007年5月22日 (火)

こんなお財布あったらいいな

あったらいいな、と思うお財布。それはどんなにお金を使っても使っても、寝ている間にお金が自動的に補充されているお財布。

…じゃなくて。

今使っている長財布のホックがはまらなくなってしまい、新しいものを探している。
別にお札が入りすぎているから蓋が閉まらなくなってしまった、とかではなくて、デイリーに使っている銀行やクレジット関係のカードが全部で7枚以上。
そのうえ、色々なお店のポイントカード、会員カード等でパンパンに膨らんでいる。
定位置が決まっている重要なカード以外はまとめてドサッと入っている。

だから、いざ特定のメンバーズカードを出そうと思えば、そのお店の人の前で『それで、私ってマジシャンでしたっけ?』なんて錯覚するほど、シャッフルを繰り返さなければならない。
シャッフルしている手からは、たまにたい焼き10円引きのクーポンやクレープやさんのトッピングひとつ無料券などがポロポロとこぼれ落ち、格好悪いことこの上なし…。
先日は美容室でメンバーズカードを探すのに、受付の人も息を詰めてマジシャンの手元をジーッと見つめ、「あっ!今ありましたよ!」なんて見つけてくれた。

蓋のしまらないお財布なんて、風水的にみてもお金が逃げていきそうだし、運勢的にも、一つのお財布をあまり長く使うものでもないらしい。いわゆる「パワー切れ」の状態になるらしい。
そんなことからみてもきっと買い替え時なんだろうけど、いざ買い替えようとなると、自分のイメージするものはなくて、お得意のネットショッピングもできずにいる。

まず、私が今回徹底的にこだわっているのが、小銭が探しやすいものであるということ。
そして、長財布は意外にスペースを取るので、昔から馴染んでいた二つ折りに戻りたい。
色は、チョコレートかワインが良いけど、デザインが気に入ったら許容範囲であれば、違う色でもよい。
今使っているのはCOACHの札入れにお情けで小銭入れがついている、といった感じのもので、小銭入れ開口部が極めて狭く、そのくせ深い。
だから、レジが混んでいる時などは後ろの人に気を使って小銭を探すのをあきらめ、勢いお札を出す。
すると、小銭でジャラン!とおつりがくるので、どんどんコインが貯まる…。

理想のお財布とは、支払いの時に、左手でお財布を持ったとき、そのお札が落ちる心配なく同時に向きを気にせず小銭入れも開口できる状態にあるもの。
そしてその小銭入れの開口部は、できれば折り紙で箱を折ったような形で、極めて小銭が取り出しやすいもの。
たまにレジで指でシュッシュッと小銭をかきわけ楽々小銭を取り出している人を見ると、妙に羨ましいのだ…。
私の今のお財布では、希望の小銭を探し当てる頃には眉間に皺が寄っている。
こんなふうに、指をこじ入れてやっと小銭がつかめるというものは避けたい。

そして小銭が多くなってしまった時にお財布全体がパンパンになってしまって、何かが閉まらない、というのではなく、小銭入れ部分は財布に付属ではあるけれど、独立しているものが望ましいのだ。
こんな書き方では多分難しくてわからないだろうなぁ。

たまーに通販の中高年向けのカタログに、アイデア商品市場コーナーに老眼用拡大ルーペなどの横にヒッソリと載っていたりする。
でも、デザインが気に入ると色がやけに安っぽかったり、いらない馬の刺繍などがほどこしてあったりと、今ひとつなのだ。

どっちみち、今は月運大殺界なので、お財布を買い替えるなんて大それたことはしないけれど、お財布探しの苦しいネット徘徊は毎日続いている。

苦しい話ばかりでは何なので、気に入りのヨゴリーノの写真。005_5

行く度にお客さんが増えている!

ヨゴリーノにトロトロのチョコレートを一かけしてもらうと、あっというまにパリパリに固まっていました。
ヨゴリーノ「ドルチェチョック」

2007年5月21日 (月)

犬の靴下買ってみた

靴下を買ってみた。靴をみているうちに…。

日常的に履かせるというのではなく、旅行などに行って、普段より歩く距離が長い時や、やむなく夏に熱い地面を歩かせることになってしまった時などに、ちょっと靴があればよいかなと、色々と物色していたのだけど、靴を履かせるには靴下を履かせた方が脱げなくていいかも!と思いつき、ちょうど3セットで1000円の福袋があったので、お試しに買ってみた。002_1

以前散歩中に、こうちゃんのニクキウにガラスの破片が刺さって怪我をしてしまった時に、直るまで靴を買って履かせたことがあったけど、こうちゃんには、排泄後地面を激しく蹴り上げるというマーキング行動があり、そのようなときに決まってスポーン!と靴も一緒に天高く蹴り上げてしまうのだった。

写真は、一番小さいSSサイズ。
ニクキウの横幅と縦の長さを測るのが大変だった。

これはまだニクキウがプヨプヨのさらに履かせるのを想定して買ったものだけど、調子よくこぶにもはまれば、二人で共用してもらうつもり。
こぶが無理ならもう一つ上のサイズを買う。

なかなかまだ履かせるチャンスはないの。
いつも出がけの慌しい時になって思い出し、『あ!試してみよう!』と思いリビングに取りに戻るんだけど、きまって一匹に付き、二かけらしか持たないで、犬とご対面してから『あ、そうか!4かけら持ってこなきゃ』なんておかしくなる。

この商品が届いたときも、3ペアしか頼んでないのに、こんなにたくさん来ちゃって…なんて間違えたのかと思ったけど、間違ってるのは疑いようもなく私だ。

買ったのはここのお店。
他に、サンダルや、ポコなんていう靴も売ってる。
このポコというのを買おうと思い見ていたら、あまりにも色とりどりで迷っているうちに決められなくなってしまった。

*****

さて、2歳の誕生日に素敵なバースデイケーキを準備してもらったるりちゃん。
りくまま家の3人も靴下持っているだろうか。
きのうは、くらのすけ君の寝顔があまりにもこぶにそっくりでビックリだ!

2007年5月20日 (日)

湘南ブラブラドライブ

きょうはお天気が良かったので、4人で大磯の海でも見に行こうかと、車で出かけた。
ところがきょうはちょうど、大磯プリンスホテルで外車の展示会をやっていたらしく、西湘バイパスからプリンスの駐車場を見たら、仰々しい外車の数々とものすごい人だった。

そのようなものにはまるっきり興味がない我々はむしろ、その敷地内に出店していた数々のおいしいもののワゴン販売が気になった。

気にはなったけど、お散歩へ急ぐためスルー。
ところが、都会からドライブがてら外車を見に来た人々が、ついでに海でも見て帰ろうというのか、いつも車を停める無料の駐車場が満車…。

それならば、茅ヶ崎あたりまで走れば停めるところはあるかも、と車をタラタラと流したが車の数が増えるばかりで、途中でギブアップし、犬も入れる平塚のホームセンター「ユニディー」へ行き、ちょうどそこでやっていたパピーの為のしつけ教室を軽く見学。

「Oh…!うちのはもう手遅れだねー」とか「ダメダメ、そんなやり方は…」なんて勝手なことを二人で口々に呟き、ガーデニングのコーナーに移動し、しばらく花などを見た後、おとなしく退散。003333_3

本当は運が良ければどこかで、Malasada Wagonに出会えるかと思ったのに。
帰ってきてからHPでスケジュールを見たら、福岡三越で開催中のハワイイベントに出張中らしいです。

*****

フフフ…。
明日ちゃんぴがTVに出演する模様です。

チャンネルと時間を言ってしまっては、ちゃんぴの顔がバレバレになってしまうので控えますが、
ヒント→お笑い番組に注意。これだけではわかりませんよね。良いのですわからなくて。お披露目するほどのものでもないですし…。ただただ、内輪では録画準備も万全、超楽しみです。

2007年5月19日 (土)

大阪の和風スイーツ

ここのところ少し甘いものからはご無沙汰していましたので、手始めに和菓子から復帰することに。

再びロビンソンの『全国味自慢』うまいものめぐりに行ってまいりました。
会場内はおいしいものがいっぱいで、目移りしましたが、あらかじめチラシであたりをつけて行ったので、まずは第一候補の、大阪府大阪市福島区にある『芭蕉堂』さんの本造り笑来美餅(わらびもち)コーナーへ。005555_3

ちょうど試食を勧めて下さったのでプレーンなきな粉タイプと抹茶、黒ゴマをすすめられるままにパクパクと…。
こちらのきな粉タイプはプレーンとはいっても丹波の黒豆を丁寧に石臼で挽いて作ったきな粉だということで、写真からではわからないかも、ですが、きな粉のところどころに黒い粒々が混ざっています。

三種混合タイプの大箱はないので、プレーンと抹茶のセット重量400グラム、1050円を購入。

きょうのブログに載せようとお兄さんに言うと、「お願いします。バンバン載せちゃって下さい。HPもあるので」
私「じゃ、HPとリンクしておきましょうか」
お兄「パンパンリンクお願いします」
…ということでした。

でも、バンバン楽天とリンクしておきます。

ところで、HPに行ってみたら、私とお話したお兄さんはどうやら店長さんだったみたいですね。

トロリーンプルプルのわらび餅、これから暑くなる季節には冷やすとまたおいしいと思います。
こちらの芭蕉堂さんのわらび餅は、大きめにカットしてあってプレーンタイプも抹茶タイプも大変おいしゅうございました。

笑来美餅です。よろしかったら。

2007年5月18日 (金)

名犬コールティの復活

01011111 夕べ、食後に薬を飲ませるようにと先生に言われたのに、こうちゃんはきのう一日、何の食べ物も、それどころか、水一滴も飲まなかった。

私は、家にある犬の医学関係の本を引っ張り出したり、ネットでの検索は父の病気からこうちゃんの症状に変わった。

帰宅したちゃんぴは「オイ、こぶ。どうしちまったんだ」とこぶの体を撫ぜたりお腹を押してみたり、こうちゃん以上にシュンとして、今にも泣き出しそうなほどガックリきていた。

食べてはいないけど口をこじ開けて、嫌がるこうちゃんに無理やり薬を飲ませた。
2種類の錠剤で、一つは今まで飲んだことのないような結構な大きさだった為、何度も失敗して白い錠剤はドロドロに砕けた。
仕舞いにはこうちゃんは鼻に皺を寄せて怒り出すし、こちらはこちらで絶対に飲ませたいしで、何回も口をこじ開けて、手がこうちゃんのよだれでダランダランになって格闘した。

夜中ウロウロとしている様子はなかったらしく、私は起きずに良く眠れた。
今朝、起きてこうちゃんの様子をみると、何も食べてないのにお腹はカチンカチン…。相変わらずしっぽは下に垂れ下がり、私と目が合うと、なぜかすまなそうな顔をして納戸の別荘に逃げこんでしまった。

『どうしよう、きょうこのままンちが出なかったら、いつもの病院に相談に行こう。なんであんなにお腹がカチンカチンなんだろう…』と打ちひしがれ、こうちゃんとさらを車に乗せ、T公園へ向かった。

暑かったので車の窓を開けていたら、大型犬が車の脇を通りかかった。
すると、さっきまでケチョンとしていたこうちゃんが急にいつもの調子に戻って「ブァウワーーンッ!」と一吠え!
『ホエッ?』と驚く私をよそに、シッポはクルリンモードに戻って車のダッシュボードに両手を付き、目を大きく見開いて大型犬を観察している。

公園に着くと何事もなかったように、いつものようにタッタカタッタカ走り出し、中型犬並みの長い優良ンち完了!
私は張り詰めた気持ちがいっぺんに飛んで行き、こうちゃんの様子をメールでちゃんぴに報告した。
どうやら最近私がバタバタしているので、敏感なこうちゃんは私の様子にちょっと反応してしまったのかもしれない。この仔は子供の頃からそういうところがあった。
あまり会いたくない人に義理で会うのにこうちゃんも一緒に連れて行ったりすると、帰宅後吐いたりすることもあった。
なんだか、こうちゃんは私の気持ちのリトマス試験紙のようだ。
散歩もこの頃、お手軽にすませてしまっていたし…。父のことに必死で検索ばかりしていたしね。

ご心配下さった方にはすみませんでした。
夕食も食欲旺盛でした。01377777_1
こうちゃん、一日の絶食で復活しました。
これからは、こういう時にアタフタしないように、少し犬の医学書などを読んで知識をつけたいと思います。

2007年5月17日 (木)

名犬コールティのピンチと天使のような看護師さん

弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、なんてことわざがあるけど、夕べはまぶたもピクピクするのでたくさん睡眠時間がほしかったのに、またもや落ち着いて寝られない事態が発生した。

夕ご飯の時間まではまったく普通で元気だったこぶが、夜の10時頃から様子がへんになり、一晩中ウロウロして落ち着いて寝てくれない。
早朝、雨が降っていたけど散歩に連れ出すと、ンちもしないしシッポ巻き巻きモード。
お腹を壊しているのではなさそう…。
初めてのジャーキーをあげたのがいけなかったのかなぁ…。

しきりにノビノビのポーズをとって、なにか、どこかが痛いのかなと体中を触ってみるけど、反応はない。
嘔吐はないので、イレウスは考えられなかったけど、手遅れになったら怖いので病院に行くことに。

嗚呼、しかし、かかりつけのいつもの病院は木曜休み…。
仕方ないので、いつもここら辺の散歩仲間うちで評判の悪い病院は除いて、車で行けそうな所に電話をすると、すぐ診てくれるとのことだったので、道順を聞いて連れて行った。

若い男の先生だった。
色々診察をして下さって、心臓には異常がないし、どこも痛がらないし、でも、聴診器で聴くと、腸がしきりにゴロゴロいっているので、一番考えられるのは腸炎でしょうということだった。
腸の注射と胃酸を抑える注射計2本。
それと、ついでにさらと二人分の血液検査をしてもらい、フィラリアの薬をもらってきてしまった。004444

ここの病院は採血のあと、人間みたいにちょっと絆創膏で止めてくれた。
さらぽんはそれが気になって仕方ないといった様子。

こちらの先生はとても注射が上手で、2本目の注射は痛いです、と言われたので、泣くかもと身構えてたが、平気だった。
いつもは「ちょっと染みますよ」と言われる時は、必ず大げさにヒヒヒーーンと泣くのに…。

ナースが3人こぶとさらについてくれ、そのうち一人が、不安そうなこぶの体を包んで、背中を撫ぜながらずっと話しかけてくれ、こぶは目を細めてまんざらではなさそうだった。
オイ、コラ!まさか仮病ではないでしょうな。母ちゃんは寝てないのだゾ!
それにしても、病院はデラックスだったし、絵本に出てくる天使のようなナースでありました。006_2

恐る恐るこぶのことを太りすぎかと打診してみると、「まぁ、肋骨は触れるし、体格が良いタイプですからね」と言われた。
うーむ…。これをどうとろう…。

薬をもらって帰宅。

ワンと暮らしているのなら、いつもの病院が休みの場合の次の手を考えておいた方がいいですね。
私の場合、あまりにもノホホンとしていました…!
こんな時頼りになったのは、近所の散歩仲間のクチコミとタウンページでありました。
ハァ~、眠くて頭どうかなりそうです。

2007年5月16日 (水)

まとまらない思考

003333_2 父のことで連日ネット検索しているせいか、右目のまぶたが頻繁にピクピクして気持ちが悪い。
なんだか、神経がもう限界だよ~と訴えているような…。
普段は犬のIQレベルでも可能なくらいの生活しかしていないのに、急にしまってあった神経を取り出し、酷使しているものであまりにも落差が激しい。

そんな中でも、好きなものとか、あっ!これはというものにはアンテナがピピッと反応する。

それは、何か。
すみませんが、やっぱりおいしいものなのです。
きょう、おいしいカレーの特集をTVでやっていて、有名人気ブログのこうちゃんが作っていた、トマトのザク切りをたくさん入れたキーマカレー。
トマトから水分がいっぱい出るので水を加えずに煮込み、ガラムマサラを効かせ、すごくおいしそうだったな。
それからたいめいけんの茂出木さんが作っていたカレーは、にんじんとバナナとりんごをミキサーにかけてピューレにしたものを加えていた。
たいめいけんのHPに行ってみたら、看板メニューなどのレシピまで公開してあって、これは今度是非作ってみたいと思ったのだった。
うちのFPも活躍のチャンスだ!

こんな精神状態の時でも、ある程度までくるともう、脳が『ちょっとは休みなさい』と好きなものに反応する楽しい時間をくれるみたいだ。

それから私のアンテナにひっかかった意外なもの。
私は歌謡曲というのはあまり好きではなく、聴かないけど、松田聖子のバラードは別。
松田聖子の新曲のバラードのメロディがなんとも美しかった。
やっぱりなんだかんだ言われても、松田聖子のバラードは私の中ではちょっとイイモノなのだ。

思考が散漫でまとまらないので、今に変なことを書き出すかもしれない。(ナヌナヌ?いつも変?)
きょうはこれでやめよう…。

まとまらないついでに、今晩予定の献立は
するめいかのお刺身、肉じゃが、海苔の味噌汁、こまつなの胡麻和え、なのだ。

2007年5月15日 (火)

日本の医療事情、ふたを開けると…

なんだかきょうはこの私らしくない題名を書いてしまったのだけど、実はきのうから、父の入院のことから派生し、今の日本の医療事情のお粗末さとか地域格差、老人の医療とか特に小泉さんになってから後の国の方針、入院期間(日数)と保険の点数の問題やら何やらの問題がいっぺんに噴出してきて、それらを考えながら早く決断しなくてはいけない問題などもあり、胃がキリキリしこちらが病気になりそうだ。

父のことでセカンドオピニオンをとるうちに、普段接しないような大学の偉い教授とメールのやりとりをしたり、直に医師とお話をしたりするうちに、今まで考えたことすらなかったような、なんともやりきれない事情がたくさんわかってきた。
とても素晴らしい先生や、いい加減な医師がいることもわかった。
どうもこれからは、患者もタラリンとしているのではなく、良い先生を責任を持って探さなければいけない。

そして多分、こういうのって本人もしくは家族が病気になって、本当に切羽詰った段階にならないと普通は考えもしないことだから、将来自分達とおなじように困る人がたくさん出てくるだろうな。気づいた時には色々動き回る余裕もなく…。
そしてその人達も、こんな困った問題がいっぱいあるのだということにびっくりして、よくもこんなところに今まで安心して税金を払っていたなぁ、なんて絶望するかも。

いや、もうすでに困っている人はワンサカいるわけで…。
現場の先生も大変困っておられる。
たとえば、今の病院の日数が満ちる前に手術の病院を選び(素人に手術方法すら選ばせ)、そこさえ長期間はいられないのでギリギリに入院できるように調整する等など…!

家族の病状の心配だけで精一杯なのに、こんなことまでこちらが考えなきゃいけないんですかね?

そんなこんなで、痩せますな、うん。これだけは良いことです。
もう甘いものを食べようなんて気にもなりませんわ。こうなってみると、スイーツに埋もれていたあの日々は、幸せで幸せでなんという極楽トンボだったのでせう。
こうなってみてわかるけど、ある程度の心の余裕がないと、甘いものも楽しめないということだ。
たまにはこういうピシッと緊張した日々もないと、本物の阿呆になるところだった。
もう、なってるか…。
014444きのうからの感想としては、大きく二つ。
もっと政治家は老人医療、福祉などに予算を割くべし。
○○先生のナントカ還元水などに税金を使うべきではない。

うちはこれでもたまたま弟が医師であるので、まだ便利なツテがあったし、父には看病する家族、子供がいる。
そうではなく、パソコンもなく検索もできず、住まいも田舎で、家族のいない老人でも、お金がなくても、心配しないで全国どこでも安心して最適なレベルの医療が受けられる国になってほしい。

政治家は「愛国心を育てる」なんてヤボなことをいうのではなく、「愛国心を持てる国をつくる」のが仕事なはず。
そんなふうになってくれたら、税金を払う時にブウブウ言うのはやめるよ。

2007年5月14日 (月)

Suicaでおそばも

Image0021_1 きょうは父の見舞いに実家経由で出かけたので一日かかった。

小田原のホームで電車待ちをしている間、こんなかわいいSuicaのペンギンがおそばやさんの前に立っているのが目にとまった。

このペンギン君、個人的にかなり気に入っている。
お顔が、昔のお絵かき歌の、かわいいコックさんに似ているから。
これは、さかざきちはるという絵本作家がデザインしたアデリーペンギンだそうだ。

日記に書くのに、名前がわからないので、調べようと思ったら、特に名前はないそう…。
たまにこの子を「スイッピ」と呼ぶ人もいるみたいだけど、作者によればそれは間違いだそうで、作った時から特に名前はつけていなかったそうだ。

キヨスクによってはこのペンギン君のグッズが売ってるけど、かなりの人気で品薄状態だそうだ。
私も、ボールペンとか、ミニハンカチが売っているのをみたことがある。

名前がないのはさみしいな。
きょうのこのペンギン君、左手が店の入り口に突き出していて、店に出入りする人に手がいちいち触れていた。
その様子が、あたかも「頑張って、いってらっしゃ~い!」って言ってるみたいに見えて、すごくかわいかった。

2007年5月13日 (日)

紫陽花と花の苗

きょうはT公園駐車場に紫陽花を発見した。

まだ5月なのに、そして自分の中では桜が散ったのもついこの間と思っていたので、少し意外な感じが。005555_2 007777_4

公園の出口に焼き芋やさんがいたけど、暖かかったきょう、買う人は見られず…。

そして、うちに昨日植えた花の苗です。

以前にここにあった花は全部枯れたのに、突如新しい花が咲いたので、それと同じ種類のものを買ってきて植えてみた。017777_1

左の方が自然に咲きだした花。右が追加で買った苗。
左の花、枯れた後は、水もあげていなかったのに、すごい生命力…。
人間も自然も、咲くものは構われなくても咲くものなのかも、なんて思った。

019999

018888

下の2枚の写真も昨日植えた苗です。

ちゃんぴがきのう「オーイ、これから植えるけどさー、花の配列はどうしたいー?」と呼ぶので、ピンクや白を私好みに並べたら、
ちゃんぴ「だめだよォ。俺はせっかく黄色が真ん中に来るようにと思っていたのに…」
私「じゃぁ、呼ばないで好きなようにすれば良かったでしょ」と言うと、もくもくとシャベルで穴を掘って作業していた。

この種類「サフィニア」は一株から驚くほど大きく成長するので、このプランター一つには2株が限度。
どれくらい大きくなるか、楽しみだ。

うまく大きくなれば、池前の公園まで遊びにきた人にも楽しんでもらえるかも…。

2007年5月12日 (土)

【ちわわ動画付き】バームクーヘンをよこせ!

001111_1 散歩するには絶好なお天気。
4人で繰り出したのはU公園。015555_1

そして帰宅後、おやつに犬用バームクーヘンの小さいのを半分ずつ。

一口でペロッと食べ終わってしまうこうちゃんに比べ、さらぽんの方はいつもながらマイペースで少しずつ。035333

自分の分がなくなってしまったこうちゃん。

目の前のさらぽんのバームクーヘンをよこせと言い出しました。

「ダメよ。こうちゃんの分はおしまいでしょ?もう食べちゃったんだから仕方ないねー」と言って聞かせたものの、自分が先程同じものを食べていたことは、もうすっかり忘れたかのよう。
仕舞いにはカメラマンに暴力を振るいだす暴力丸に変貌!

「045.MOV」をダウンロード


クリックで動画がはじまります。
週末の土曜日。我が家のわがまま丸の動画でお楽しみ下さい!

2007年5月11日 (金)

季節限定くだもの歯磨きペースト

またまたワクワクするようなものをみつけちゃいました。

といっても、いつもの甘いものではなくて、きょうはこんなもの。001_7

花王(株)から出ている、クリアクリーン。
こころ華やぐ旬のフルーツ季節限定の歯磨き粉です。
「マスカット」「パイン」一本ずつ買いました。
これはれっきとした大人用ですよね。

旬のフルーツ季節限定なんて書いてあると、一瞬、果汁入り?なんて思うんだけど、考えてみれば、そこはあくまでも歯磨き粉ですから…。
チューブの裏の説明書きを見ても「果汁○%」なんて書いてあるわけないしね!
あれ?ならば、なぜに季節限定?

…なんて小難しい理屈はともかく、実は、大人になってからも、たま~に子供用の果物テイストの歯磨き粉を使っていたことがありました。
ぶどう、とか、メロンとか。そうそう、バナナなんていうのもあったっけ。

歯医者さんいわく、歯磨き粉などというものはあってもなくても同じで(歯周病用の特殊な治療用は別として)、正しくブラッシングすることのほうが大事。
ただ、口がさっぱりしたいなら、その用途でチョビっとブラシに乗せればよいのだ、と言われたことがあります。
それならこんな楽しい歯磨き粉で歯磨きタイムを楽しくしてもいいですよね。

使用感ですが、きょう買ったばかりで、まだ試食(?)はしてないのです。

2007年5月10日 (木)

嗚呼、小競り合いというものは

たまに夫婦でつまらないことで小競り合いになることがある。
きっかけは本当にささいなことなんだけど、「そうじゃなくてね、まったく…」なんて苦労しながら本当の正しいことをシンプルにわかってほしくて、5分、10分と口から泡が出るくらいに苦心してやっと通じたかなと思うと、「だからこうこう…こうなんでしょ?」なんて論旨をすりかえるようなことを言われると、もうガックリくる。

銀色夏生『ばらとおむつ』の中でカンチのこと、銀色夏生が

なぜ、こういうところがわかんないんだろう。人の気持ちになって考える、ということが本当にできないんだなあ。

っていう件が出てくる。
これはカンチの観てるTVの音がうるさくて、もっと小さくしてよと言ったら、小さくしてくれたかと思ったら、今度はそれより大きな音でギターを弾き始めた時にカンチに対して感じたことなんだけど、カンチはギターの音ならいいのかと思った、なんて言ってる。

そうそう、この手のイライラなんだよね。
カンチは多分、悪気があって、とか、怒らせようとしてやってるんじゃないと思うんだけど、ことごとく違っちゃってる。
カンチの融通のきかないところとちゃんぴの頑固さにはちょっと共通するところがあって、すごくおかしいし、そのイライラを銀色夏生が文字の限りを尽くして人にわかってもらいたいと懸命に書いているところが、すごくわかって膝を叩きたくなるくらいおかしい。

それでもなるべくわかってほしいと思ってつまらないことでも言葉の限りを尽くして懸命に言うわけなんだけど、途中から、これは性格の違いとかではなくて、この部分を理解する脳の作りが根本的に違うとか、くらいまで不思議に思うことがある。
男と女の違いではすまされないような…なにか、もっと…どちらかが宇宙人とか…。
まぁ、小競り合いもしているうちがハナか…。
違うよ、と思ったらちょっとずつでも言っていかないと、黙っていたら晩年になって
「あなた!(なんて言わないけど)そんなふうに思っていたなんて!」なんて致命的なことになりそう…。002222_2

マンション前の池にいた鴨の親子。
なんだか、どこかのTV局が撮影に来ていた。
それに気づかずカーテンを開けてご一行を見ている人がいたら私です。

2007年5月 9日 (水)

魅力満載の北海道展

013333

何度足を運んでも、やっぱりまた足を向けてしまう北海道展。
またすぐどこかでやるだろう、という安心感はあるのに、それでもその都度、せっかくだから…と数点のお買い上げ。

きょうの写真は先日の小田原ロビンソンデパートで開催されていた時のもので、最初の一つ目はやっぱりプリン。

今回購入したのは、私も初めての「小樽スイートハウス」さんの『牧場プリン』です。
売り場の方に、「よくかきまわしてから食べてくださいね!」と言われ、そのとおりに良くマゼマゼしてからいただきました。
プリンというか、カスタードクリームのような濃厚さの漂うリッチで滑らかな舌触り。
期待を裏切らないおいしい手作りプリンです。
HPの商品紹介のページにもとってもかわいいお菓子がたくさん並んでいました。

二つ目は燻製たまごです。010111

こちらは「(株)北斗」さん。
よく、体に良いから海老のしっぽは残さないで食べましょうなんて言われているけど、あれは「アスタキサンチン」という赤い色素のことなんですね。
この燻製たまごにも、あのアスタキサンチンがたくさん含まれているそうで、ご覧のとおり、たまごの黄身は赤みがかったオレンジ色。
天然桜チップで丁寧に燻製されたコクのある味!
こんなのがラーメンにトッピングされていたらうれしいだろうな。
と思わせたのは、普通の燻製たまごよりも、やや旨みの強いおかずがかった味がしたため。

*****

きょうも真夏のような暑さのため、散歩を夕方にしようと企てているけど、マンション前の池に泳いでいる鯉の調査に、6名くらいの調査団が来ていて、その方たちの声がすぐ近くからしてくるものだから、音に敏感な我が家のさら嬢、「ウォッ!ウォッ!」と警戒。
それに加えて、行方不明者の町内放送のただならぬ雰囲気でさらの「ウオッ!」がとまらなくなった。
こぶも耳をピン!と立てて落ち着かない様子。

2007年5月 8日 (火)

紫陽花の前のひととき

北海道の名産品色々を載せるつもりだったけど、それは明日にして、きょうはこのお散歩の写真に。
つつじとシロツメクサのハーモニーがきれいだったもので…。017777

002222_1

つつじが終われば、今度は紫陽花。
紫陽花が咲けば、こぶは5歳になる。
月日が過ぎるのって、年毎に本当に早くなっていくように感じられる。
あっ!と気づけばもう5月…。
今は梅雨前の心地よい気候を楽しめるほんのちょっとの時期。

毎年このゴールデンウィークを境にうちの掛け布団が冬物から夏物に変わる。
きょうは冬物を干して天袋にしまった。

こぶとさらのフォートレオンも投与完了。次はフィラリアに行かねば。
この子達の洋服も冬物をしまって夏物を出そう。もっとも、冬でも服を着てないことの方が多かったりするのだけど…。

お散歩の時間も今までの最多時間帯AM9~PM2の間はもっとも太陽が照り付けているので、少し夕方近くにずらす(つもり)。

きょうもこの時間帯は大体3時過ぎ。021222

それでももう二人ともへたばっていた。
散歩あとも、車の中で水をたくさん飲む。
二人一斉にチャパチャパチャパチャパ…と。

帰宅後、こぶはつめ切り。
散歩後の足を洗った後に切ると、しめっていてうまくゆく。
モタモタしてると、手をひっこめようと力を入れるので、さりげなく「チョッキンチョッキンだよー」なんて言いながらだと、不思議に大人しくしている。

犬用のつめ切りがどこかへいってしまったので、臨時に、私のと共用なのだ。ナハハハハ…。

2007年5月 7日 (月)

税金払ってサッパリだ!

005555_1 GW明けの今朝、起きてみると気分スッキリだ!
あの調子の悪さは一体どこへ消えてしまったのか…。

嗚呼!胃がムカムカしないって素晴らしい!
どこも痛くないなんて本当に素晴らしい!
こうして普通においしく朝ごはんが食べられるなんて、なんてうれしいのだろう、と思った。

内心楽しみにしていた体重計に乗ると、ナ、ナ、ナント3キロ減っているよ。ワンダホー!!

よし!この勢いで車2台分の税金を払ってしまおうと、家事、犬の散歩をすませてから、さっそうと銀行、郵便局へ。
いつも税金を払うときは恨めしさがつきまとう。
『いくらなんでも高すぎる』
『有無を言わせずこんな大金を払わせるなんて、どういうことなんだ』
『こんな大金があったらどこへ旅行ができるか』
『こんな札束握るなんて、思えば税金を払う時くらいしか味わえないじゃないか』等など…。

もうそうした気分が嫌なので、何も考えないように機械的に行動する。
払った後、こんなに金を食う車なのだからせいぜい楽しく乗り回してやろうじゃないか、という気分になり、税金を払ってすぐに家に戻るつもりだったのに、GW中寝かせっぱなしだった車のご機嫌をとることに。
大磯の海にでも行こうか、はたまた葉山までドライブしてボンジュールのパンでも買いに行くか?という考えもあったけど、「あること」を思い出して急遽山越えをして小田原までドライブすることにした。

そして向かった先は毎度毎度のロビンソンデパート。「あること」というのは、北海道展。ラッキーならまだやっているかも。
やっていたら、プリンストリートでお買い物もできる。どうか、まだやっていますように…!

GW明けでガランガランのデパート。人はいるものの、休み中のあの駐車場を探す苦労は嘘のようだ。
皆多分GWに遊びすぎて、きょうはゆっくりしているのだろう。
人が少ないのでまるで「マイデパート」。郷ひろみかマイケルジャクソンにでもなったかのようだ。Image0011

お腹もペコリンだったので、FRESHNESS BURGERの期間限定『クラシックチリチーズバーガー』とパインアップルプロテクターでランチにする。
このおいしさは何なのだ?
クォーターパウンドのボリュームのビーフパティにレッドチェダーチーズ。その上にはピリッとしたチリビーンズソース。本当に懐かしさいっぱいのホームメイドでクラシックなハンバーガーが堪能できます。
あとは下手な説明よりも、まだの方は是非食べてみて下さい!
こんな感じじゃ、3キロなんてあっというまに戻りますね…(呆

4F催事場に行くと北海道展健在。
小樽のガラスアクセサリーのお店が入っていた。
かわいいものがまた、たくさんあるある…!
絶対に買わずにはいられなくなるのでなるべく遠目に見ようとするけど、やっぱり近くで見たい→どうしてもほしくなる→買う…
ことになるのはわかっているのに、やっぱり今日も数点お買い上げ。
水槽の小型のに決めて色々浮かせようと張り切って選んでいたら、お店のおじさんが「この水槽の大きさだったら、せいぜい2~3匹でしょうね」なんてガックリするようなことを言う。
まぁ、言われてみればそうかもね。珊瑚礁に水草にたこに金魚にと、考えてみればラッシュアワーだわ。
仕方ないので迷った挙句に緑の亀さん、金魚さん、水色の魚、さんご礁、蟹さんに絞った。これでも多かったか…。

そしてどうしてもこの子もほしくなり…007777_3

ほかにもいっぱいほしいものはあったけど、キリがないので引き上げる。

そしてプリンストリートで買ったプリンについてはまた明日…。

2007年5月 6日 (日)

節約のリバウンドは!?

003333_1 このGW、自分達の楽しみのためにはお金を一銭も使わなかった。

いくら、父親が入院になった、自分が体調を崩したとはいえ、こんなGWも珍しい。旅行に行かないなら日帰りでどこかへ出かけるとか、ちょっとリッチな外食をするとか、それすらもなかった。(近場の山は除く)
だけど、そうそう不満も残らないGW。
かわいそうといえば、雨のせいもあるけど、たいした運動もさせていないこぶとさらか…。

きょうのこぶ家も全員がまったりと家で過ごした。
朝食はこぶママ製のホットドッグとサラダ、パイナップル、コーヒー(私は紅茶)。
昼はおむすびが食べたいと言い出したちゃんぴの為に、自分はまだ胃がムカムカするというのに、わざわざご飯を2合炊いて小型のおむすびを9個作った。
中身は、4個は鮭を焼いたのをほぐしたものと、市販のおむすび山みたいなのの青菜を混ぜて。
5個は、この間TVで見てずっと気になっていた、油揚げを甘辛く煮て、白ゴマと一緒に白ご飯に混ぜ込んだもの。これは、すごくおいしかったので、また作りたいと思う。
これらを海苔でくるんで大皿にホイ!と置いといたら、あっというまになくなった。

さて、こんなにも意図しない節約パターンのGW、よろしいかもしれないけど、後からくるリバウンドのほうが怖い。
「GWは一銭も使っていないのだから…」を言い訳にして、何かにドカーンと使いそうなのだ。
005555

この変な心の余裕がかえって無駄な消費を生む。
気をつけようと思いつつ、夕食には家にあった日本そばを茹で、デザートには、硬い硬い夏みかんをむいて無言で食べる。

銀色夏生の『ばらとおむつ』はきょうで全部読んでしまった。
この続編『珊瑚の島で千鳥足』も需要があれば出してくれる気配…。
需要、あるある!
でもこの人にお願いしても、もうファンレターは読まないと前に言っていたから、角川のほうにファンレターでも出しておこうか。是非読みたいもん…。

2007年5月 5日 (土)

胃腸組合のストライキ

夕べから胃の具合が変だ。
こうした、世間が休みで病院がしまっている時って、よく体調を壊すけど、こんなに調子が悪くなることはいくらお腹が弱い私でもあまりあることではない。
空気みたいなものが胃を突き上げて、もどしはしないもののなんとも嫌な気分。
左を下にしては眠れない。上を向いて寝ても胃がムカムカする。
唯一右下にしていればなんとか平気なのでそれで凌いでいる。珍しく食欲もなく、無理して食べればお腹にてきめんに来る。まるで胃腸労働組合が一斉ストライキを起こしているかのよう…。

夕べは好きなものを食べれば直るかもと思って、楽天オークションでおとしたチョコレートケーキをいっぱい食べてしまった。
それからだ、本格的に具合が悪くなったのは…。私もなんて阿呆な…!

その後口にしたものは葡萄のゼリー、いちご8粒。あとはリンゴジュースと麦茶、それだけだ。
これでうまくいけば少しは痩せられるかも!002555

ちゃんぴが水分を取れ取れ、とうるさい。さっきも「少しは食べないと死んじゃうよ」なんてけっこう切羽詰って言うからおかしくなった。

ところで、こぶ達が最近おやつに気に入ってる犬用バームクーヘン。
じゅうたんの上がボロボロになって、このあいだは蟻が来ていた。
こんな密閉された部屋のどこから蟻なんて来るのか?

2007年5月 4日 (金)

母の日のプレゼント選び

GW後半戦の2日目。001777_4
公園に散歩しにいくだけでも人の多さには覚悟しなければならない。
TVで東名高速の海老名S.Aが映ってたけど、芋洗いのようだった。
人がたくさんいるといつもうちは「とにかく、ここを出ようよ、早く出よう」ってことになって、水分補給もせずに立ち去ることが多い。
いつからこんなに混雑を避けるようになったか…。
とにかく人の波がうっとおしい。少子化が叫ばれて久しいが、人口なんてどんどん減っていけばいいのだ…。考えるのはそんなこと。
山ばかりにいるので、感覚が野生の猿並みになったか…。

ところで、毎年やってくる母の日なんだけど、今年はいつもとは一風変わったものを送ることに決めた。
母とは、服などの好みはそうそう違ってはいないとは思うのだけど、いつも服やバッグをあげると、そんなにうれしそうな顔もしないので、あげた後に『?』が残るのだ。
なるべくなら残るものの方がいいだろうと考えてきたけど、今年からはお値段うんと安く、後に残らないものをあげることにした。005_4 

それで今年贈ろうと決めたものは、お茶好きな母にお茶ギフト。
お中元かお歳暮みたいだけど、なんとなく気に入らなくて使われていないバッグや服より、これなら絶対に無駄になることはないので、割り切ることにした。

日本茶と紅茶っていう変な組み合わせにしたのだけど、実の母なので、そこらへんのコダワリはない。
今回はこんな素敵な母の日専用のラッピングを無料でしていただいた。
そのうえ、こちらでは、それぞれのシーンにふさわしいラベルを缶に貼っていただくこともできる。
今回はとてもカラフルな『ありがとう』というラベルを紅茶の缶に貼っていただいた。
中に入っているものはLUPICIAで選んだ紅茶と日本茶と、このSHOPオリジナルのココアクッキー。それと、桜の蜂蜜。それにちょっとアクセントに小型のブーケが入っている。
紅茶のほうはどっしりとしたミルクティー好きな母のためにSHOPの方に茶葉を選んでもらい、日本茶のほうは私が指定した鹿児島の知覧新茶。

うーむ…。これなら気に入ってくれるかな。

2007年5月 3日 (木)

皆で息切れ、山登り

Image0021 全員で山登り。
一番元気なのはさら。二番手はこぶ。
それでも2チワーズとも舌が出てへーへー言ってた。Image0071_1 

次に元気なのはちゃんぴ。それでも犬にはついてゆけない。
ビリッケツはこぶママ。途中で何度も止まった。

頂上に登るとたくさんの人がお弁当を広げていたよ!Image0081

せっかく苦労して登ったんだから、もう二度と下りたくないね、と思っていたらちゃんぴとチワーズは、サッサカサッサカ退散。
やっぱりおいしいものがないと、魅力ないのかな?

今来た道をまた下った。

2007年5月 2日 (水)

再びヨゴリーナ今度はミックスベリーだ!

父の様子を見に行く。
元気があるのでベッドには寝ていない。病人=弱い=素直、の頭で行くとギャフンと言わされるので、それなりの覚悟は必要。

そしてお見舞いに手ぶらで行く事態にはホトホト困っている。
きょうはお花を持っていったが、父にしてみると、そんなものはなんの魅力もないらしかった。
…というのは、今回の入院は5つほどの疾病のためだが、その中の一つ、父は糖の摂取を制限されていて、入院食で食べられるわずかな甘みは昼食時のヨーグルトのみ。
先日、医師の回診時にチラと見えてしまったカルテにも『糖の厳格管理』みたいなことが英語で書かれていた。
きょうも、甘いものは持ってこなかったのかと、父に聞かれて困った。
ネットで調べたら、糖分が制限されている方のための和菓子の店なんていうのがあって、よし、これはいけそうか?と思って、試しに聞いてみようと思って、きょうナースステーションまで行き、
「かくかくしかじかで、甘みの少ない和菓子をほんのちょっとだけあげてもいいでしょうか?」の「和菓子…」から後の文章は、看護師さんの「絶対いけません」の強い声で抹殺された。

嗜好品はただいまのところ、コーヒーだけ。しかも、一日に一杯という制限つきなので、この間せめて一番おいしいものを…とブルマンをおいてきた。

銀色夏生の『ばらとおむつ』の中にも、しげちゃんが飴が食べたくて騒ぎを起こす件が出てくるが、状況が痛いほどよくわかる。
それを言っているときの病人の顔もわかるし、言われる方の家族の困惑…。フフフ…。
場所は違っても、結構世界中で同じようなことが繰り返されているのかも…。

で、娘の私も父にお付き合いで甘いものは我慢です。

Image001_1_2 …なんてことがあるはずもなく、帰りにはお約束のヨゴリーナ!きょうはミックスベリー。
スプーンですくうときのあの、程よい独特の粘りが『また来よう!絶対に!』と思わせる。

多謝 : ココフラッシュランキング、グルメ部門昨日の57位、ランクインありがとうございます。
記事は『江ノ島散歩と生シラス』でした。

ところでえーと、これってグルメ日記だったっけ?

あれ?そういえば、今日もこんな写真が載ってるし…
どうもわからなくなってきた…。

2007年5月 1日 (火)

ヨーグルト?それともジェラート?

Image044_1 先日、今までお目にかかったことがなかったまったく新しいタイプのデザートに出会った。

yogorino』イタリア生まれのヨゴリーノ。
海老名ビナウォーク3番館 マルイファミリー1F食遊館で発見。吉祥寺店には広いテラスもあるみたいで、すでにイタリア国内に約200店舗、世界19カ国に店舗を展開している模様。

コーンフレークの上に乗ったヨーグルトジェラートに、色々なトッピングが加えられる。
ヨゴリーノおすすめの2~3トッピング付きでスモールが¥380、レギュラー¥480、コーンだと¥480。追加トッピングが一種類¥50。
私が試してみたのはマンゴーナタデココレモンシロップのスモール。

これは本当にお勧め!ジェラートを食べた後って、どんなものでも大体、ニヤッとした甘さが残ってちょっとお水が欲しくなるんだけど、これはコクがあるのに食後がさわやかですごくあっさりしている。(お水は用意されてたけどね)
一般的なアイスクリームの、カロリーが半分、脂肪分は20%だそうだ。

ここまで書いといてハッキリしないのは、結局のところヨーグルトなの?それともヨーグルトテイストのジェラートなの?ってこと。
でも乳糖不耐症の私でもおなかを壊さない、まさに天国の、理想的なドルチェだ!
もう何回でもリピートして色々なトッピングを試してみよう。グフッ!

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム