フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 名犬コールティのピンチと天使のような看護師さん | トップページ | 大阪の和風スイーツ »

2007年5月18日 (金)

名犬コールティの復活

01011111 夕べ、食後に薬を飲ませるようにと先生に言われたのに、こうちゃんはきのう一日、何の食べ物も、それどころか、水一滴も飲まなかった。

私は、家にある犬の医学関係の本を引っ張り出したり、ネットでの検索は父の病気からこうちゃんの症状に変わった。

帰宅したちゃんぴは「オイ、こぶ。どうしちまったんだ」とこぶの体を撫ぜたりお腹を押してみたり、こうちゃん以上にシュンとして、今にも泣き出しそうなほどガックリきていた。

食べてはいないけど口をこじ開けて、嫌がるこうちゃんに無理やり薬を飲ませた。
2種類の錠剤で、一つは今まで飲んだことのないような結構な大きさだった為、何度も失敗して白い錠剤はドロドロに砕けた。
仕舞いにはこうちゃんは鼻に皺を寄せて怒り出すし、こちらはこちらで絶対に飲ませたいしで、何回も口をこじ開けて、手がこうちゃんのよだれでダランダランになって格闘した。

夜中ウロウロとしている様子はなかったらしく、私は起きずに良く眠れた。
今朝、起きてこうちゃんの様子をみると、何も食べてないのにお腹はカチンカチン…。相変わらずしっぽは下に垂れ下がり、私と目が合うと、なぜかすまなそうな顔をして納戸の別荘に逃げこんでしまった。

『どうしよう、きょうこのままンちが出なかったら、いつもの病院に相談に行こう。なんであんなにお腹がカチンカチンなんだろう…』と打ちひしがれ、こうちゃんとさらを車に乗せ、T公園へ向かった。

暑かったので車の窓を開けていたら、大型犬が車の脇を通りかかった。
すると、さっきまでケチョンとしていたこうちゃんが急にいつもの調子に戻って「ブァウワーーンッ!」と一吠え!
『ホエッ?』と驚く私をよそに、シッポはクルリンモードに戻って車のダッシュボードに両手を付き、目を大きく見開いて大型犬を観察している。

公園に着くと何事もなかったように、いつものようにタッタカタッタカ走り出し、中型犬並みの長い優良ンち完了!
私は張り詰めた気持ちがいっぺんに飛んで行き、こうちゃんの様子をメールでちゃんぴに報告した。
どうやら最近私がバタバタしているので、敏感なこうちゃんは私の様子にちょっと反応してしまったのかもしれない。この仔は子供の頃からそういうところがあった。
あまり会いたくない人に義理で会うのにこうちゃんも一緒に連れて行ったりすると、帰宅後吐いたりすることもあった。
なんだか、こうちゃんは私の気持ちのリトマス試験紙のようだ。
散歩もこの頃、お手軽にすませてしまっていたし…。父のことに必死で検索ばかりしていたしね。

ご心配下さった方にはすみませんでした。
夕食も食欲旺盛でした。01377777_1
こうちゃん、一日の絶食で復活しました。
これからは、こういう時にアタフタしないように、少し犬の医学書などを読んで知識をつけたいと思います。

« 名犬コールティのピンチと天使のような看護師さん | トップページ | 大阪の和風スイーツ »

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム