フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 暑い日の犬おやつ | トップページ | もぐり丸 »

2007年8月25日 (土)

俺の犬メシ-ゴーヤチャンプルー

こぶさらのごはんメニュー、何か新しいアイディアはないかなぁと、私の尊敬してやまない南村友紀さんの著書
『Kitchen Dog! Perfect 50 Recipes』

キッチンドッグレシピ

ボンヤリ眺めていたところ、信じられないメニューを発見!なんと、ゴーヤチャンプルーが写真付きで載っています。

ゴーヤはうちのヒト族は好きでよく食べますが、犬がこのような苦いものを果たして食べるというのでしょうか?
いたずら大好きパピー時代に、噛まれたくないソファや柱などに、ビターアップルのスプレーなんかを吹き付けたりするように、「犬は苦いものが苦手なものなのである」という固定観念がしっかりと出来上がっていました。

南村さんご自身も『苦いはずのゴーヤーを大多数の犬が好きだとは、私にも驚きでした』 (上記著書よりの引用)と書かれています。

超わがま丸なうちのおぼんや慎重なお嬢がゴーヤを食べるとは思えませんけど、ちょうど今晩のヒトの夕食はゴーヤチャンプルーにしようと思っていたところでした。

ゴーヤを少し分けてあげて、キッチンドッグのレシピにはオーストリッチ肉を使っていますが、うちは、彼らの大好物である合挽き肉で試してみることに…!
そうです。合挽き肉を使ったのはゴーヤがあまりにもおっかなびっくりなので、彼らの大好物で少し機嫌をとろうとする、飼い主のずるい『媚び』が入ってます。

そして、全滅に終わらないように、じゃが芋もプラス。さらに、木綿豆腐に肉の旨みが染み込むようにと、ゴーヤと肉を炒めたあと、じゃが芋とお豆腐、白米をフライパンに落として、短時間煮込みました。(作り方、材料はキッチンドッグとは大幅にかけ離れます!)

最後に卵でとじてできあがりです。個人的には卵はこんなに固くするのではなく、トロットロが好みなのですが、卵の白身には十分火を通さないと犬は下痢をしてしまうとどこかで聞いたので。001

さて、ヒト二人はゴーヤは絶対に残すだろうとの予想でしたが、取りあえず出してみます。

結果…ペロリと完食、お皿は洗った後のようにピカピカです。
かな~りおいしかった様子。
食べ終わった後、こぶはしっぽをプニプニと振り、体をスリスリしてきました。

さらは初め少し観察していましたが、恐る恐る食べ始め、そのうちパクパクと気に入ったようでした。

合挽き効果?それとも初めて食べたゴーヤがお口に合いましたのでしょうか?

いやいや、思い込みというのはいけないですね!
それにしても、シャーベットやゴーヤなんか出されちゃって、明日の彼らのンちはどうなるでしょう?

« 暑い日の犬おやつ | トップページ | もぐり丸 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

手づくり犬メシ」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム