フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« みかん園内をおじいさんとデートするの巻 | トップページ | 小雨の中のお祭り »

2007年9月28日 (金)

ペットはあなたのスピリチュアルパートナー

アマゾンはいつもながら到着が早い。すごい!

きょうはさっそく午前中に、注文してあった3冊が届いた。
どれも読みたいものばかりなので、一冊を読んでいるとほかの2冊が気になり、気になるものに変えると別のものが気になるといった具合で落ち着かないけど、最初に腰を据えたのがやはり江原さんのこの本。

ペットはあなたのスピリチュアルパートナー

江原さんご自身も犬2匹と暮らしていらっしゃるらしい。きょうは目次を無視して順不同に読んだ。

人間に魂が存在し、死んでも魂は永久に生き続けるということは知っていたけど、動物は死んだらそれでおしまいなのかと、悲しい思いを抱いたことが私自身の中であった。
だけど、以前に何かの番組で、相談者と一緒に暮らしていて今は虹の橋を渡ったワンが、相談者のまわりをピョンピョン跳ね回っているというのを聞いて、『そうなのか、あぁ良かった。動物にもちゃんと魂があって、死んだらそれで終わりってことじゃないんだ』と思ったものだ。

きょうはまたまた感動的なカウンセリング実話が載っていた。003333

「動物達の恩返し」というところ。
相談者と暮らしている長患いをしている犬のことだ。
何度も危篤状態になってはもちこたえている。
獣医師によればもうすでに内臓の働きも停止しているそうで、寝たきりでもう立つ事もできない。相談者はこの仔はどうしてここまで頑張ってくれているのか、辛くてみていられないと江原さんに救いを求めて訪れたのだった。

そこで江原さんが霊視をしてみると、この相談者が言った言葉が忘れられないのだと犬が伝えてきた。
その言葉というのは、もともとこの犬は、放浪していたところをこの相談者に拾われて面倒をみてもらったのだ。
そして相談者は「恩返しだと思って私の面倒をずっと見てね」と口癖のように語っていたらしい。

だから気になってその犬が霊界に旅立てないのだと伝えると、相談者は「もう十分守ってもらったから、大丈夫。ありがとう。無理に頑張らなくてもいいからね」と語りかけるとしばらくしてすっと息を引き取ったということだ。

動物って、動物って…、犬って、なんて健気なんだろう!そんなことは知っていたけど、この手の話は読むたびに涙が出るのよ。
こぶ丸よ、お前も母ちゃんをそこまで守ってくれるのかい?
きょうも、鼻がズビズビ出てきたのでティッシュでかんだら、こぶがそんな私を無表情で下からジーーッと見ていた。

ちょっとずつ読もう、ちょっとずつ。巻末に付録までついている!002222555

きょうも気持ち良くお昼寝するヘソ天丸。
上はお嬢、レディさら。

« みかん園内をおじいさんとデートするの巻 | トップページ | 小雨の中のお祭り »

「ペット」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム