フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 根性のノシャップ岬 | トップページ | みそラーメンの悲劇-稚内空港にて »

2007年12月 2日 (日)

【動画あり】雪の朝-稚内

015555 考えてみれば、巨像恐怖症の私、どうしてホテルの建物は平気なのだろう?
そういえば、ローマから持って帰ってきた遺跡の本なるものも、まったく平気で、むしろ楽しく眺めているのに…。でも何故か、ネットの写真なんかはダメだ。
「巨像~」についての日記を書いて写真を載せた時も、ちゃんとリンクできているか確認するのにも冷や汗が出そうに怖かった。014444

稚内にはこんな「高い塔」みたいなものがたくさんある。
このほかにも、稚内公園に行けば「氷雪の門」をはじめとするモニュメント「稚内市開基百年記念塔」「九人の乙女の碑」や「南極観測樺太犬訓練記念碑」などなど…。

ところで、前日稚内の空港に到着した時の気温はマイナス2度だった。
2日目の朝も雪が降っていたけど、時々弱まりある時は降り、といった感じ。
お日様は照っていたので、きのうよりも明るい。

せっかくここまで来て、宗谷岬に行かないで帰るというのはどんなものなのか。
レンタカーを借りなかった分、タクシーででも行けば良かったのだけど、1回空港を通り過ぎてからまた空港に引き返すのは何とも忙しい気がして、今回は落ち着いて残りの時間を過ごすことに。

朝はバイキング形式の食事。前日バイキングだと言われた時には、そんなに人はいるのだろうか?と思ったけど、1Fのカフェ『Marine』へ行ってみると、昨晩はこんなにいっぱい人が泊まっていたのか!とびっくりした。みんなお勤め人風の一人だけど。

さて、携帯でフライトインフォメーションを確認すると、いきなり「全便欠航」なんていう文字が出てきて、慌ててフロントに行き確認してもらったところ、東京からは飛ぶ予定があるらしいから、来た以上は着陸できれば羽田に戻れるということ。
稚内空港に飛行機があるわけではないので、東京からの便が欠航となればこちらからも出られないというわけだ。

バス停でバスを待つ間、怖いもの見たさでHTLからすぐの北防波堤(きたぼうはてい)ドームをこっそり見に行った。018888

HTLから10歩くらい歩けばすぐの所にある。
寒風ふきすさぶ空にカモメが鳴いていた。
動画で聞こえる音は私の鼻息ではなく、吹雪いている音です。

「021.MOV」をダウンロード

← クリックでスタートしますよ

素晴らしい北海道遺産だ。それはわかるのですけど、これ以上は近寄れないの。

12:36分の空港行きバスが来た!
バスに乗る前、動画なんか撮って遊んでいたものだから、体が冷え切り、おまけに顔面に雪がモロにぶつかり口まで冷え切り、口がよくまわらないけど、運転手さんに飛行機はどうですかと尋ねた。

いや、尋ねたつもりだけど、「ウンテンヒハン、ヒ、ヒコウキドウレスカ」なんて、何かよく分からない言葉にも理解を示してくれた情け深い最果ての地のウンテンヒハン。
「うーん、条件付きだろうけど多分大丈夫だろ?完全に飛ばなければ俺達のとこに連絡あるもん」ということ。
バスに3~4人の人が乗っていたけど、みんな空港に到着するやいなや一斉に滑走路の方に注目してA320機がいるかどうか探しているふうなのには笑えた。
これで飛ばなければ、今晩のHTL取らなきゃいけないし、代替便は自腹だもんね。そりゃ眼差しも真剣です。

ANA572便は14:10出発だから、それまで約1時間売店でおみやげでも見よう。あ、その前にランチにしよう。
あまりお腹は減っていない。何しろ朝のバイキングで、ホタテフライやら焼きそばやらハンバーグ、お決まりの卵やソーセージに、ヨーグルトにはたっぷりとフルーツをトッピングし、トースト半分を回転トースターで焼いて(あの自動で出てくるアレ)、おまけにクロワッサンまでがっついてきてしまった。
カフェで軽くサンドウィッチか何かと思ったけど、カフェなんかなくて昭和レトロ風なレストランがあるだけ。
ここでラーメンに注目したのが失敗のもとでした!

続く…。

« 根性のノシャップ岬 | トップページ | みそラーメンの悲劇-稚内空港にて »

「旅行・地域」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム