フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 火星から耳なし丸 | トップページ | 横浜な一日 »

2007年12月 7日 (金)

冬のお菓子-タルトタタン

林檎がたくさんあったので、久しぶりにお菓子を作ってみました。
先日使った冷凍のパイ生地の残りを早く使いたかったので、レシピにはパイ生地から作るようになっていたのですが、まんまと林檎だけを煮てパイを被せて焼いてできあがりです。

レシピはグラフ社『ぜいたくなフルーティーケーキ「くだものの美味しさといのちを生かして」』
葛西麗子さんの本からです。

林檎ってもちろん生で食べるのも大好きなのですが、焼いたり煮たりのほうが実はもっと好きかもしれません。
特に焼き林檎は大好物。シナモンと林檎とバターって組み合わせは鉄板です!

きょうはタルトタタンを作ってみました。
健康診断の結果がまだ来ていないので、お菓子をつくるなら今のうち!来てしまえば青くなって、こんなにお砂糖を使ったお菓子はしばらく作れないに決まってますからね。

山盛りになるほどのたくさんの林檎を、キャラメル色になるまでじっくりと焼きます。
きょうは林檎を6個使いました。型はパイレックス直径22センチタルト型です。

レシピには「砂糖とバターで炒め焼き」とあるのですが、ちょっと酸味に欠けた林檎だったので、すっぱさを補うためにレモン汁をかけすぎてしまったようで、炒め焼きというよりは、お鍋の中は初め、全体量の半分の高さくらいまで水分でジャッポンジャッポン、見てこれ!007777

こんなんじゃ、この先が思いやられます。
ちなみに林檎6個に対してバター100グラムと砂糖100グラム。
切った林檎にレモン汁をもみこんだのですが、その量が多すぎたようです。
レシピでは正確にはレモン汁二分の一個分です。

きょうは犬メシも作る日(いつも3日分くらいずつ作り置きです)だったので、犬メシ作りーの、宅急便受け取りーの2件、犬友メールの返事書きーので、ハッと気がつけば、林檎は飴色というより、黒こげのドロンドロンに…!こりゃいかん!しまったよ!弱火にしておいたのに…。

でも、ここは慌てず騒がず、冷静にパイ皮を被せて200度のオーブンで25分焼き、25分経ったらそのままオーブンの中で冷やします。008888

そしてこれをお皿にパイが下になるようにあけます。011111

うーん、どうなるかと思ったけど、本に載ってるタルトタタンと色はそう変わらないです(歓喜)。014444

ど?タラリーンでしょ?

お味見したところ、ちょっと甘すぎました。
次回はお砂糖を加減しようと思います。

ところで、何かし忘れていると思ったら、ヒト用の夕食の支度です!
こういう時はcook-doですよ。
野菜室に茄子があるから挽肉はなかったけど、豚ばら薄を使って、にんじんとエリンギ、あさつきなんかも入れてなんちゃって麻婆茄子です。
あとの献立は、弟にもらった古樹軒のフカヒレスープに卵を溶き入れたものと、もずく酢とレタスのサラダでおしまい。

← 古樹軒のふかひれスープ

このレシピ本をペラペラと見ていたら「柿のスフレ」っていうのが載っていたので、そのうち挑戦してみようと思います。

« 火星から耳なし丸 | トップページ | 横浜な一日 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム