フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

おいしいこぶさん蒸し上がり!

001111 一瞬、血がひきました。

きょうはお天気が良かったので掛け布団を干したかったのですが、花粉がたくさん飛んでそうなので、精一杯室内で日に当てようとソファに布団を乗せておいたのです。

その布団が邪魔だったらしく、いつもなら自分でソファのへりに登って日向ぼっこをするこぶが、乗るとき鼻を鳴らして私を呼びつけ、へりに乗せてくれと言ってきたのです。

ヨイショと抱っこしてへりに乗っけて小1時間。

ほかのことに夢中になっていて忘れてました。
『こぶ、自分じゃ降りれないな』と思い、行ってみたらいなくなってたのですから。
スワ!ソファと壁の間に挟まって落ちたか?!
そしてフト下を見ると仰向けのこぶ。
あぁ、よかったせめてソファの上で…。でもでも…。

てっきりこれは自力で降りようとして落下転倒して頭でも打ったのかと…。

恐る恐る布団をめくってみると…。002222

なんだ、早よ言え。
おまけにその態度は何だ?
舌を出して母ちゃんをおちょくっとるか?

006666 布団を掛け直してあげると、再びネムネム…。
もしお布団がバナナの葉っぱなら、さしずめこぶさん、あなたはカルーア・ピッグだよ。

2008年2月28日 (木)

世界卓球『サぁ』

前に書いたか?私は中・高と卓球部だった。

連日TVTOKYOで元気な愛ちゃんを見ていると、つい自分が卓球部だった頃を思い出し、また卓球を始めてみたくなるけど、ここらへんには親子卓球みたいなものしかないみたい。

あの平野といい福岡といい、完全に女を捨て般若にでもなったかのような形相から吐き出される「サぁ!!」の雄叫び…。
TVの前にいるこぶが驚いてたまに耳をピンと立ててTVに見入っている。
女に生まれて何もあそこまで色気を捨てなくても…とは思うけど、自分の昨今の頼りなげな心の内容を鑑みた時、あの「サぁ!!」が今の自分に一番欠けている物ではないかと思う。

…のと、ちょっとイライラさせられる出来事があったので、きょう行った美容院でちょっと短くリクエストし過ぎてしまった。
今までのとれかけのアンニュイなパーマの中途半端なエアリーボブが妙に甘ったるく感じられ、「もう、切っちゃって下さい。短く!」なんて適当なことを言ってあとは寝てたら、本当に卓球選手のようになった。

ところで、あの「サぁ」。
依然は最初はマスコミでも何と叫んでいるのかと何択か選択肢を作って議論している時もあったけど、卓球をやったことのある人ならすぐに「サぁ」であることはわかったはず。
そして、あの「サぁ」には何種類ものアレンジがあるのだということも…。

学生時代は「カト球」といってカトリックの学校だけを集めた卓球の大会があって、ふたばだの光塩だの、うちの学校だの様々な学校の卓球部が集まって優勝を競った。
その試合での応援にもその当時から「サぁ」が用いられ、うちのクラブは選手が得点すると、
「さぁよし!チャチャチャッチャ!」と少し重めだった。(チャチャチャッチャは手を叩く部分だ)これがほかの学校になると
「さぁよし!チャチャッチャ!」と手拍子のリズムが変わる。「さぁよし!チャッ!」という潔い学校もある。
余談だけど、世田谷区で団体戦2位まで勝ち進んだこともある。さすがに勝って感激、チームのみんなと輪になって泣くなんてことはなかったけどね。

あの頃のファイトと根性を少しだけでも思い出さねば、ときょう思ったのだった。
そして美容師さんとのお話でびっくり、近所のドッグランにかの三浦和義が来ていたというではないか…!美容師さんが愛犬ヨーキーを連れて行ったら小型犬2匹を連れて来ていたらしい。
「もうドッグランどころか、出てこられないんじゃないですかね」なんて二人で話し、ショートになり過ぎた頭で書店に寄り購入した一冊。
銀色夏生「子どもとの暮らしと会話」

2008年2月27日 (水)

ハワイのおいしいスウィーツ-ハウピア

ずっと作ろう作ろうと思っていたハウピア、ついにおととい作ってみました!

ハワイ通の方に教わったレシピのほかに、検索してみるとたくさんのレシピが出現して、コーンスターチ、お砂糖の割合が様々だったけど、私はココナッツミルク400ccに対してコーンスターチ、お砂糖ともに大さじ3で試してみました。
水を加えているレシピもあったけど、水は使わないで作ってみることに…!

びっくりしたのは、ココナッツミルクの缶詰って初めて開けてみたけど、最初ドボドボっとセメントの塊みたいなのが出てきたこと。
『え!?これでいいの?古いのかな?』なんて訝しげに作ってみたのですが、率直な感想として、出来上がりは幼少時おたふく風邪にかかった時、母が塗ってくれた湿布剤のようなかんじ…。
いやいや、あくまでも「色と質感が」ですけどね。出来上がり写真としてもっと白いのを見ていたもので、ココナッツの薄め方が足りなかったのかな?

生のパイナップルをトッピングしてみました。005555

いかがでしょう。

こんなに簡単でまさかこんなにおいしいとは想像もできなかった…!

2008年2月26日 (火)

(4)駅弁リベンジ3連発編

038888 飲みかけのペット茶とビスコが帰りの旅のお供になった。
電車はスルスルと動き出す。

今回は気楽で自由なホテルと気持ちの良い温泉がなによりの旅だった。
食事もバイキングで好きなものを好きなだけいただいた。003333

○○ランドやイチゴ狩りは今度にする。なんといっても房総は車が便利だ。

部屋がアップグレードされてたのも予想外のラッキーだった。

でもでも…。
私の胸のうちから果たされなかったある思いが消えてゆくことはなかった。

034444_2 そ・れ・は…。

そう、往きの駅弁だ。それと、往きも帰りもさざなみ車内販売がないというのも平日とはいえ、ちょっとガッカリポイントだった。気の利かないアナウンスのタイミングといい、これでクレームが来ることはないのかな。
クレームが来るほど観光客が多くないというのが本当のところか?

とにかく私が東京駅に着いたらやることは決まっていた。
きょうの夕食の為に駅弁を買うこと。
ちゃんぴは、見た目などよりお肉が入ってないと「どこに何が入ったかわからない」などと不届きなことをいう人なので、これは駅弁の要素はあまりないけど迷わず「ハンバーグ弁当」にした。

私はお魚のがよかったので「お魚弁当」にした。あぁ、なんという単純な選択。魚と肉よ。
それらを購入しその場を去ろうとしたけど、チラと見えた天むす弁当…。エエィ!これもだ!
東京駅からの新幹線の車内で食べることにしよう。昼を抜いたのだからこれくらいは許されるだろう。

…というわけで、あまり駅弁らしくないお弁当ですが写真を載せておきます。
天むすは劇混みの帰りの新幹線自由席でも窓側席を確保で、たくましく食べました。
さよなら房総、また来るね!

041111 043333 044444

2008年2月25日 (月)

(3)色々な鉄っちゃん

013333_2  このホテルはチェックアウトが12時だから朝はバタバタしなくてすむのも良いところ。

バイキングの朝食会場に10時頃にでかけると、団体さんがチェックアウト後なのは勿論、個人客もまばらで、それどころか従業員の方もほんの少数。
朝食券を勝手にかごに入れて、好きなものをお皿に持ってきて、広いお座敷で悠々と朝食を楽しむ。025555

12時10分発の館山行きバスに乗り、40分で駅に到着。
帰りこそ駅弁を買おうと思ったけど、朝のバイキングで2食分くらい食べてしまったので、お腹が全然減っていない。

さざなみの特急券を買うと、駅をブラブラ見て歩いた。
くじら弁当なんていうのがあった!031111
貴重な味わいって?!

さて、さざなみは帰りも指定券を買わなくてもガラガラ。032222

また2時間電車の旅だ。
ジュースを買おうと思ったけど、ペット茶が1本あったからこれを飲み終えてから車内で買えばいいやと乗ったのが運のツキ。
出発2分前に、車内販売はないこと、車内に自販機もないことがアナウンスされた。

この日はポカポカ陽気で車内も乾燥しているので、これはいけない!やっぱりさっき買おうと思った桃の濃厚ネクターを買っておけば良かった。
よし!買いに出る!と思うと、見ていたかのように「まもなく出発いたします。お客様はお掛けになってお待ちください」と車掌さん…。

ところで、私の一人旅はほとんど飛行機と電車を使うけど、各地の色々な電車に乗っているうちに昔よりも「鉄道」というものが本当に好きになってしまったようだ。
聞くところによると、鉄道ファンにも色々なパターンがあって、乗り鉄(実際に鉄道に乗ることを楽しむ人)、飲み鉄(鉄道の中で一杯やるのを楽しむ人)、撮り鉄(鉄道の写真を撮る事を楽しみにしている人)、それから、妄想鉄なんていうのもあって、これは時刻表などで接続時間を考慮しながら列車を選び、実際に自分がその旅に行っているように妄想して楽しむ人のことをいうそうだ。
それから、コメントをいただいたitoyoshiさんに教えていただいたところによると、押し鉄(スタンプを押して楽しむ人)なんていうのもあるようなのだ!
鉄道ファンの人がしばらく鉄道から遠ざかっていると「久しぶりに鉄分補給に行ってくる」なんて言い方をするそうな。

あなたは鉄道、好きですか?好きな人は何鉄?033333

続く…。

2008年2月24日 (日)

(2)南国ホテル、パパヤ♪

015555 さて、車中では売店で買った菓子パン、それからペット茶で慎ましやかに過ごし、館山に到着。
ここから路線パスで40分、安房白浜に向かいました。

きょうはじゃらんの無料宿泊券で選択した「南国ホテル」です。
近年大流行の格安で年間を通じて同一料金というあれです。

8000ポイントを消費したので、シングルルーム一泊二食で8000円ということになります。
ネットで詳細を見ると、ツインルームは低層階で、眺めも良くありませんから割り切ってお泊まり下さいなんて怖いことが書いてある。019999_2

まぁ、いいのだ。温泉に入れれば。眺めはなにも外から見ればいいのだから、そう気にしないで行ってこよう。
そう思って家を出たのですが、いざチェックインしてみると低層階どころか9Fの広縁付きの和室(10~12畳)にアサインされていて、一人ではかえってこの広さを持て余す、というなんともうれしい結果だったのです。
じゃらんのポイントで泊まるということは相当旅慣れた人、ここは良い部屋をあてがった方があとあと無難、とでも思われたのでしょうか。
駅弁では予想外の敗北でしたが、うれしくて南国ホテルパパヤ~♪パパヤ~♪と踊りだしたい気分でした。

この日は大型バスが1台とそのほかにも個人客でごった返しており、お食事は6時からバイキングですけど、少し時間をずらしてお出掛けになられたほうがいいですよ、とフロントの人に言われた通り、団体さんの食事時間を待って大浴場に行ってみるとなんと、ガラスキ。
大浴場と、続きの露天をたっぷり堪能できました。
お風呂の後に食事会場をちょっと見ると、入れない人が多数行列して待っていました。
8時頃行くと、団体さんが引ける頃で、料理もちょうど続々と追加されていました。009999

満腹で部屋に戻り、夜の野島崎灯台を写真に撮っていると、『イージス艦に衝突された漁船の親子は今頃どこにいるのだろう?早くみつかってほしい』と思っているうちに非常に心細くなり明かりをつけたまま寝ました。

続く…。

2008年2月23日 (土)

南房総へ(1)未練の駅弁編

一足お先に南房総白浜に春のお花を見てきました。今回のホテル代はじゃらんのポイントで無料です。029999

写真はよろしければ、クリックでデカ版で見られますよ。

新幹線で東京駅へ。そこから特急さざなみ号で館山まで約2時間。
この日のメインイベントの一つは東京駅で駅弁を買うことで、けっこう楽しみにしていたのです。ところがナント菓子パン一つの列車の旅になるとは誰が想像したでしょう!

顛末はこうです。

新幹線のホームから出て、JRの駅員さんにさざなみはどこから乗ればいいのか聞いたのです。すると、
「あぁ、さざなみは、あそこに京葉線と書いてあるでしょう?左行ってください」と軽く言うので、その時どういうわけか
『あ、そうか。そこ、左行けば乗れるのね』と、てっきりすぐ近くなのだと思い込み、色々なおいしそうな駅弁やさんがたくさんあったので、そちらにすっかり魂を奪われ
『こっちだと魚の切り身も入ってるけど、唐揚げはない』とか、『こっちはかやくご飯のほかに手まり寿司もある』『これはおかずとご飯が二段だな!』『彩が春らしく、この幕の内に決めようか』『あ!あそこのも見てこよう!』など相当数の駅弁を比べては真剣に迷っていたのです。短くない時間が過ぎていきました。023333_2

すると、偶然後ろを通りかかった人が「ウヘー遠いー」なんて言っているのを聞いて
『何が遠いのかなー?』と思い、フト『念の為に京葉線のホームの手前まで行ってみよう。それからまた戻ってきて買えばいい』と…。

駅員さんに言われた通り、左方面をまた曲がると、思いもかけない光景が広がっていたのです。
いつも千葉に行く時は車だったし、電車で千葉に行くなんて10年くらい昔の友達の結婚式以来だったので、わからなかった…!
私の目の前には、どこかのメトロの駅の乗り換えなど及ばないほどの急な長いエスカレーターや、長い長い動く歩道が延々と続いていて、どこまで続くのかわからないほどずっとずっとはるかむこうの様子なのです。

戻ってきて駅弁を買うのはとっくに諦めたどころか、さざなみにも間に合わないかも…!これは参った、思わぬ大誤算です。静かに動く歩道にいる人の右脇を走り、喉はカラカラ…。
それでも、駅弁のことが頭に浮かび、京葉線のホームで買えばいいと思っていました。

地下にあるホームにやっと着くと、列車は今にも発車するような顔をしてホームで待機していて、駅弁やさんはありません。
出発の時間まで8分くらいあって、別の電車の乗務を終えた運転士さんみたいな人が座布団を持って歩いていたので、車内販売はあるかどうか聞くと、「さぁ?ごめん、ないかも。わからないなぁ」

駅の売店はあったけど、普通のコンビニ弁当しかなかったので買わずに、お茶と菓子パンをひとつ買い、自由席に乗りこんだ、というワケなのでした。
とってもとっても悲しい旅の始まりなのでした。

続く…。

2008年2月22日 (金)

特急さざなみ

特急さざなみ
チャージ終えて日常に帰る途中…。
でもまだまだお楽しみをみつける。

2008年2月21日 (木)

和製Hawaiiにて

和製Hawaiiにて
和製Hawaiiにて
ただいま、温泉とおいしいものでパワーチャージ中。

2008年2月20日 (水)

梅ほころんで

015555_2 毎度!こぶだよ。

母ちゃん、きょう梅の花が咲いたよって俺達を花見に連れてってくれたんだ。029999_2

母ちゃん、きょうの写真はデカ版で編集したから、よろしければクリックしてどうぞ、だって。02323232

まだまだつぼみのままの梅もあったんだ。030000_3

蕾もギュっと丸くてかわいいな。02020202

そんなことより、お兄ちゃん!

なんだよ。

ママったら、またあした何か企ててるって。

企ててる?なんだい、また例の放浪癖が収まんないんじゃないんだろうな?

それなのよ。なんだか、海を挟んでお隣の県まで温泉に入りに行くらしいのよ。

orz…!ってことは、俺達の明日のおやつは?

きっと抜きになるのよ、また…。

チッ!…ったく、しょうのない母ちゃんだなぁ。

そうね。かばんにポッキー1箱と本を詰めてくんだってサ。

*****

…というわけで、すぐに戻ってまいりますが、少しお暇をいただきます。

2008年2月19日 (火)

西洋人と東洋人の距離感

嗚呼、またTVショッピングでT-falのお鍋取り上げてるよ。『取っ手の取ーれるー♪ティファール♪』
焦げ付きの心配もないし、重ねて収納できて場所もとらないし、冷蔵庫に付属のフタをつけてそのまま入れられる。
しかも送料を入れなければ1万円以内で買える。今だけのくすんだピンク色ってのも可愛いなぁ。
買い換えたいお鍋が3点以上あるならば、これを買ったほうが断然得なのはわかる。
でも、この間も手持ちのお鍋とのダブりで迷って結局やめてしまった…。

きょうは色々と忙しかったので、車を使わず近場ウロウロのお散歩になった。
すると、60代後半と思しきこのあたりのおばさんが、こぶさらにかわいいねーと話しかけてきた。
このあたりの相模弁バリバリの地のおばさんで、おばさんのおしゃべりをずっと聞いている時も『あぁそうそう、【○○してられんね~】ってこのへんの人ってよく使うなー。』とか『あぁ、この言い方!そうそう、助詞を省くのか!』『何、この変な安心感って?』なんて変なところに関心がいってしまって、でも日頃からこのあたりの人の話し方にとっても親しみを感じているので、けっこう良い気分でおばさんの話に付き合っていた。

去年旦那さんを亡くされたこと、その旦那さんの病歴から入院暦(詳しい日付!)、透析を受けていたので療養食を作るのですごく苦労したこと、食パンは塩分の関係でダメだけどこのパンなら良くて、このあたりならこのパンを買えるのはどこそこの店…、どこそこの病院はこれくらいで追い出されて、子供は40代の男二人でまだ結婚してなくて…。おまけにそのおばさんの今までの病気暦から何から何まで最初1メートルほどの距離を保って話していたはずなのに、私が相模弁に聞き惚れている間に二人の間の距離が30センチほどの所まで迫っているのだ!
別に怪しげなおじさんでもないしそこのところの問題ではないのだけど、話はどんどん興じてきてなんだか飲み込まれそうな勢いである!
ついでに今日初対面なのに、その家の内部事情大辞典になってしまった!Img046

そういえば添乗でアジア方面に行った時もこれと似た圧迫感というか距離感を感じたことがあって、親しみを持ってもらっているとか、そういう問題は抜きにしてアジア方面の人って概して人との距離が近い、というか…。

こう言えばわかりやすいか…。たとえば電車などに乗ってる時も、自分の前の空間って、そこは確かに空間ではあるんだけど、入ってきてほしくない自分のエリアっていう空間がある。
せめて、手すりにもたれて本を読むくらいのスペース分くらいは…。
それがアジア人の場合あまり気にしない人が多いなぁ、って感じる。タクシー乗り場でもデパートでもビッタリと人に寄って来る。
これが欧米方面に行くと、その人のエリアを相手も無意識にわかっていて、ちょっとエリアに近づきすぎたりすると「Sorry!」とか「Pardon」なんてことわる。

この物理的距離感ってそのまま精神的にも当てはまるような気がしてならない。
良く言えば分け隔てのない親しみのあるアジア人に比べて欧米人の場合は「個」が重要だし大切にしている。
良し悪しは一概には言えないけど、私は純粋な日本人で日本で育ったのにどうして欧米的距離感のほうがスンナリくるのだろう?別に気取っている訳じゃないんです。002

イチゴの苗を寒さから守ろうと思って先日ホームセンターから買ってきた温室をやっときょう組み立ててみました。
いつも大物は放っておけば自動的に組みあがっていたのに、玄関から全然なくならないと思っていたら、ちゃんぴはギックリびくびくで生活していたのだったよ!

この温室、いくらに見える?1000円よ、あなた!

2008年2月18日 (月)

続プチラッキーと昔の根性は今何処

先日の日記でちょっとしたラッキーが続き、そしてもうひとつおもしろいラッキーがあったので、それを月の下旬に書くとUPしたので、きょうはそれをちょっと。

お正月に町田のグランベリーモールのフードコロシアムに行った際、応募箱があったので2票入れておいたら、バスの招待旅行が当たったみたいで、当選通知が送られてきたのだ。
茨城那珂湊のお魚市場でおいしいものを食べてお買い物、そのあとに水戸の梅園まで行って梅を観ましょうよ、というもの。

魚市場でのレストランで出される予定の素晴らしい海鮮丼の写真までついたパンフレットが同時に送られてきた。
本人はその写真を見て、もうすっかり行く気になったのであったが、良く見ると集合が6時50分。
多分近くの人なら6時過ぎに出れば間に合うのだろうけど、家からだと最低始発かその次あたりの電車でないと間に合わないし、朝は滅茶苦茶テンションが低い。無理やり起きて行動していると大体がどこかで腹痛になる。
おまけにニュースを観ていたちゃんぴが「水戸の梅園、今年は寒くてまだ3本しか咲いてないんだって」なんて確定付けるようなことを言うものだから、もうやめてしまった。

行程をみると、早く集合をかけるわりに朝一番からどこぞの毛皮店で1時間半も時間をとってあるし(ココで採算とる予定?)、ということで、まぁ行かなくてもよかったのかも。
でも、最後まで未練が残ったのがやはり魚市場の海鮮丼と、昔国内下積み時代に確か水戸梅園の入り口付近でわら納豆を売っているのを記憶していたことだ。

思えば、6時50分集合でもうひいてしまうなんて、本当に根性もすたれたものだ。
国内添乗時代はそんな時間は当たり前だったのに。
しかもお客さんが来るさらに何分も前から添乗員はshow-upしなければいけなかった。
寝ぼけた頭で路上でバスツアーの受付をしているとたまに、酔っ払って一夜を路上で潰したようなおっちゃんがヨタヨタと寄って来て「おい、席空いてんだろ?一人くらいタダで乗せてけよ!」なんてからまれたり…。

でもそのお陰で、関東近辺のお花見どころは、新人時代に(お花見ツアーはほとんど新人がアサインされる)隈なく観てまわったものだ。
覚えているだけでも、吉野の梅郷、水戸梅園、曽我梅園、高遠の桜、更埴のあんず、修善寺の花菖蒲…、温泉もタヌキのお宿や飛行機を使って城之崎や能登半島、東尋坊に行ったり、それらの国内旅行はすべてとてつもなく集合時間が早く、前泊をしたこともたびたびだったなぁ。
しかも、新人添乗員をいじめるお局的バスガイドというのにもたまに遭遇したし、トホホ…。
今それをやれと言われても、もうどこを叩いてもそんなエネルギーはない。004

さて、こちらはこぶの愛人のチワワのぬいぐるみ。
先住犬であるにも関わらず、さらには強気に出られ、たまにはシャーーー!と猫まがいの声まで出されて威嚇され…、そんなこぶの心を昔から慰めてきてくれた唯一の愛人。
こぶは眠くなると、これをおもちゃのかごからくわえて持ってきてちょうど首の付け根の所に良くあごを乗せて寝ています。
鼻にご注目!さらにむしりとられ、目玉もかじられて、ガリガリになっちゃってます。

2008年2月17日 (日)

迷いの午後

午後も遅くなって湘南オリンピックショッピングセンターへ、園芸用品を見に行く。
しばらく行ってなかったので道に迷い、途中で路駐し、ナビをセット。
あそこらへんは何回行っても良くわからない場所、まるで青木が原の樹海のように体内の磁場が狂う。

きょうのお目当てはL.B.Cという生活雑貨やちょっとこだわりのある園芸用品のお店。
先日買ったイチゴの苗用に、せっかくだから少しお洒落なプランターはないかなぁと思ったんだけど、品揃えがいまひとつ中途半端。かわいい鉢はあっても、プランター型はなかった。
結局、同じショッピングセンター内の100均でプラスチックのを買い、つまらなくなってまた色々なものを買ってしまった。鉢底用の網とか、園芸用のグローブなんかを。まぁ、どうせ要るものだからいいか。

でもこれならユニディ(ホームセンター)に行ったほうが気に入った物があったのかもしれない。
買い物を終えて駐車場に戻ると、自分が車をどこに停めたのかさっぱり忘れていて、また延々と迷った。
思っていた場所に行ってもないので、もう一度「店内入口」という所まで戻って記憶を呼び起こすものの、コンクリートの柱に黄色の「9」のナンバーがあったのしか記憶してなくて、もう一度「9」に戻っても自分の車はなかった。
車の中で飲もうと思って自販機で買ってあった缶ジュースを持ちながらウロウロしていたら、おなじようにトロそうなおばさんと何回も遭遇し『ハハン、あの人もきっと車を探しているんだな』と思った。きっとむこうもそう思ったに違いない。
でも何周まわっても全然見当たらないので、ショッピングセンターの人に相談しようとしたけど、ハッと思い立ち4Fから3Fに下り、「9」にいくと、いました、愛車が。
なんだ、黄色の「9」じゃなく黄緑の「9」かい…orz…。

どうもあそこらへんに行くと迷ってばかり。噂によれば戦時中には防空壕がたくさんあったらしいし、たくさん出るらしい。O.S.Cも墓場の跡地だとか。
道に迷っても、うちのほうのように目印になる山とかない平地だからタチが悪い。
駐車場で迷ってる間も暗くてすごく嫌な気持ち、悪い夢なら覚めてくれという気分だった、あ~怖かった~。007777

一丁目一番地よろずやで、駄菓子を何点か買った。

チューブ入りのチョコクリームを探したのに、なくてガッカリ…。
プリンキャラメルのわたがしとラムネわたがしは子供の頃には見たことはないけど、おいしいのかな?

2008年2月16日 (土)

南国トロロンmusic

ご機嫌なCDが届いた。

時々ハワイ情報を教えてくれる方のブログに、ばってん印入りのマウイオニオンを見学に行った時にみつけた、musicのカテゴリーにPick upされていたMARTIN DENNY。
彼のアルバム『Exciting Sounds of MARTIN DENNY・EXOTICA 1&2』。

色々な楽器を使って、時には鳥やカエルの鳴き声なども入れて、ジャズ、アジア、ラテンなどの要素も取り込み、独自のエキゾチックな南国風musicを作り出したMARTIN DENNY。
1954年にハワイに移住、1959年には「Exotica」でUSチャート1位を獲得。
ハワイに限定しない南国ムードたっぷりの曲ばかりのアルバムだけど、この中で特に好きなのが「JUNGLE FLOWER」。ここで視聴できます(ここでは3曲目)。

この音を部屋に流せば、たちまち部屋が熱帯低気圧に包まれたかのような南国のラウンジに早変わり!
この癒され感ってなんでしょう…?Img045
これって私がまさに小さい子供だった頃の、なんとなくレトロチックな要素をはらんでいる。

届いてすぐに、新聞を読みながらかけておいたら、そのうち体が自然にクネクネと怪しげな動きを始めた。
犬は不思議そうな顔をして見てたけど、そんなことは構わない。
どんどん頭が南国トリップし、ますますエキサイトしてきて手足、腰を動かしているとなんだか自分が上海の危ないアヘン売りにでもなったような気分だ。

するとそこへトイレから戻ってきたちゃんぴ。
「オイ、外からその踊り丸見えってわかってるよね」とボソッと呟いた。
そうかもしれない。部屋の明かりはつけてないけど、ルームランプがついてるからレースのカーテン越しに、桜公園に来た人々に見えているかも!まぁいいよ構わない。
うんと楽しい土曜日だ!

音楽療法っていうやつの効果もこうなると、分かるような気がする。
自分の中に押し込められた様々なネガティブなエクトプラズムがゆるゆると空気中にほどけてゆく…。
アロマ調香師みたいに、その人の好みや今の心理状態に合った音楽を選んでくれる「調音師」なんていう専門家がいてもいいのに。

ハワイ情報通のnoriさんの写真ブログはこちら。ご機嫌なパラダイスな写真ばかりです。

そして、なぜか私の購入したCDはみつからないのだけど、MARTIN DENNYのアルバムはこちらから購入できます。なんだか、品薄状態みたいなのです。

2008年2月15日 (金)

犬、ヒトそれぞれのバレンタイン

早々とちゃんぴにお酒を渡してしまったこぶママ。
仕事をしていた頃は義理チョコとかって周りの男性軍にも気を使って、何かと面倒くさかったものだ。はぁ~今は楽になってよかったなぁ、なんて考えていたら大変なことに気づいた。

我が家のこぶ丸。あいつも男ではなかったか?まぁ、手術を受けたのでオカマだとしても、戸籍というか、登録は♂。だとすれば、彼にもチョコを渡さねばっ!いやいや、犬にチョコはご法度だ。
だけど、去年はどうしていただろう?大体、犬のバレンタイン市場はどうなっていたのだっけ?思い出そうとしたのに、まったく何も浮かんでこない。

きょうは天気も良いし、洗濯機は2回まわし、掃除もすんだし、散歩も早々に連れて行ってしまった。
モンベルで見たいアウトドア用品もあるし…ということで、グランベリーモールに出かけた。

いつものようにJOKERを覗いてみるとチョコがけクッキーがあった。クッキー1個のお値段は、ヒトの朝食用のデニッシュが買えるくらいだったけど、ちょっと奮発。
ちなみに、チョコがけといってもキャロブというお豆からなんちゃってチョコレートのように作ってあるだけなので、犬に与えても安心。これを買ってこうちゃんにあげよう(写真中央)。
さらと喧嘩をするだろうから、さらにもちょっとだけクッキー。00888888

実際あげてみると、一番人気は左上のロール状のクッキーだった。
二人とも同じ結果なので、何かきっとあるのでしょう犬なりに、ポイントが…。

ちゃんぴには食後チョコレートケーキを焼いた。
16センチのケーキ型を使ったら、型に生地が張り付いてしまい、ホールでの飾りつけは諦めて四角いブラウニーのようにして小皿に乗せたけど、私ってどうしてこうピシャッときれいに作れないのだろう…。

というか、もともときちんとピシャッと作る気が薄いのかもしれないけど。020

ナイフでカットするそばからヤワヤワの生地がテロンテロンとこぼれ落ち、意図したわけではないのに、ハート型になってしまった。

しゃくだからちゃんと「これ、ハートに見えるかもだけど、そうじゃないからね」と断りを入れるあたりが、どうにも可愛くないね自分…。(おいおい、なんか意味ないねケーキを焼いた)
それに対して「あーわかった」と無機的表情で答えるのもヤメてくれィ。

ところで、きのうパソコンを開けるとこの「散歩的日常」のアクセス推移がすごいことになっていた。
なんでも、8日に書いた記事がココログ旬の話題ブログに選ばれたようでデイリーランキング3位になっていた。
確か、8日の日には「さらがピチャピチャと音をたてておやつの牛乳を飲む」とかなんとか、そんなことを書いたんだったなぁすみません。それでも読みに来て下さる皆様、ありがとうございますです。

2008年2月14日 (木)

レディさらはスリルがお好き

普段から子供っぽく茶目っ気ぶりの抜けないさらだけど、気がつけばもう来月で3歳になるのだ。
それなのに、毎日繰り返し楽しんでいるらしい遊びがある。

それは「わざと掃除機のそばまで近づいて、それでいて迫ってきた掃除機から寸でのところで逃れる」というお遊び。

『いぬのきもち』を読んでると、掃除機に対する各家庭のワンの反応はそれぞれだけど、一番多くみられるのが「興奮して吠える」というもの。
こぶ兄ちゃんも赤ちゃんの頃は掃除機をかけだすと興奮して逃げ回ったりしていたけど、2才後半にはそんなこともほとんどしなくなってしまい、今では「こうちゃん、ちょっとそこどいて」と言われるまで、わざと(に見える)デーンと構えて「ドウダ、オレハ ソンナモノニハ ビクトモシナイ ツヨイヤツナンダ」とでも言いたげな顔をしている。005555

それなのに、さらちゃんは…。

ノズルのギリギリまでわざわざ小走りで近寄り、右に逃れようかそれとも左に…?と彼女なりの頭で必死に考え、そして彼女の下した決断の方向へ猛スピードで走る!

リビングが終わると書斎、書斎が終わると和室へ…と延々とついてくる。
もし怖くて嫌ならば一箇所に固まっていればいいのに…。
そして一連の逃げが成功し、私が掃除機を片付けていると、いつも私の顔を見てミニーマウスみたいな満足げな顔で笑うのだ…!

ところで、きょうはバレンタインデーなのですか?14日だから、どうやらそうなのですね。
アメリカでは男性から女性にプレゼントがある日だそうなのに、どうして日本ではこういうことになっているのでしょうね。
私はもう福井越前のお酒をあげてしまったから、今夜はチョコレートケーキでも焼いてあげようかな、と考えているところ。
夕べはロコモコ丼を作った。今夜はあさりのチャウダーとステーキ、盛りだくさんのこぶサラダの予定。
私は2月に入ってから胃腸が崩れているので夕べもロコモコなしで、おとといのスープの残りにご飯を入れて、リゾット風にして食べただけ。今夜もチャウダーだけでステーキは無しだ。うぅぅ…。

2008年2月13日 (水)

ビールで海老をゆでてみたら?

コツは意外と簡単だった。海老を茹ですぎないこと!

ガーリックシュリンプを作ってみた。

参考にしたのは藤沢セリカ『ホノルル食堂』ハワイごはん常夏メニュー32-マリン企画(左サイドバーこぶママんちの本棚から購入できます)。

赤くなるまで茹でると海老が固くなってしまうので、きれいなオレンジ色になったあたりでお湯からあげる。

この海老の茹で方さえ誤らなければまず失敗のしようがない、と言うほど簡単なのにこの美味しさは何?!

サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフで茹で海老は食べることはあったけれど、このガーリックシュリンプは本場ハワイで食べたことはない。

以下材料です。(2~3人分)

☆ 海老(ブラックタイガーくらいの大きさのもの)15~20尾
☆ ビール350ml1缶
☆ にんにく2カケ、塩小さじ1、オリーブオイル大さじ2、レモン汁少々013333_2

殻をつけたままの下処理を施したエビをビールで茹でる。

フライパンで炒めておいたみじん切りにしたにんにくに入りオリーブオイルに塩を入れたものにエビを入れてよく混ぜる。

これだけであなたもおうちでにわかハワイ!

この日のメニューはほかにお豆のスープです。017777

これも藤沢セリカさんのご著書を参考に。

でも、使っているお豆や作り方は大幅に自己流なのだ。
ひよこ豆と青と赤の三色のお豆を使い、ベーコンとお野菜、トマトホール缶を使用。
本では水とコンソメだけど、うちでは鶏からとったスープを使った。

スープにはまるかと思われた年始だったが、ここにきてハワイ方面拡大中だ。

楽天オークションでのアロマの落札も拍車をかけているのかも…!

2008年2月12日 (火)

初午祭のお揚げさん

005_2 例年だともうとっくにくしゃみの嵐の時期なのに、今年は寒いせいなのか、執行猶予付きのマスクなしの呼吸をさせてもらってる。

そして毎年恒例の白笹稲荷の初午祭に今年も行って来た。

あいにくの雨のせいなのか、それとも今年は少し早い時間に行ったせいなのか、人手はいつもほどではなかった。003333

しかし、こういうものを楽しみに出かけるんだから、本当に年よノォ…(しみじみ)
昔は盆栽とか植木なんてちっとも興味なかったのに、きょうなんてしみじみ見入っちゃったものね。

先日オークションで落札しそこなったのと同じようなクリスマスローズが安価で山ほど売ってた。
ラッキー!買いだ!と思ってどれにしようか選んでると、おじさんが「庭植えできない家はダメよ、鉢のままだとまず枯らすねー。庭のある家は植えてほっぽっといても大丈夫よ。寒さにもヘイチャラ!」と他の人にしゃべっているのを聞いてグッと諦めた。
ガーン!庭がない…悲しい。なんだか目の前の植物がすべて対象外になったような気がして残念だったけど、知らずにオークションで手に入れて枯らすよりは良かった。庭…ほしい…。

それから参道を歩くにつれ、色々な露店が並んでて、こういうものの好きな私はまたもじっくり楽しんだんだけど、何となく種類が偏っていたみたい。
特に目立ったのは大判焼きやさんと目刺しやさん。それから縁起物やさん(ひょうたんのキーホルダーとか、招き猫など)だった。
楽しみにしてた瀬戸物屋さんは今日はいなかったなぁ。

毎年来てるわりには初めて気づいたのがお揚げさん。斜め切りにされたお揚げさんにヒモを通して、一枚150円で売ってた。
最初はなんだかわからないので、『あぁ、こうやって旗みたいに掲げて歩いて、みんなにお稲荷さんに行ってきましたってアピールする道具なのかな?それで家に帰ったら今晩の味噌汁にでも入れるのだろう』なんて思ってたら、お参りする場所に足を進めたら正解はすぐに判明!007777

こうやって、笹にぶら下げてキツネ様にお捧げしているのでしたね。
私も、いい加減もうちょっと大人になりましょう。

…と自分に言い聞かせたのであった。

2008年2月11日 (月)

もう1人のこぶママ?!

200328_01855555

三連休も今日で終わり。
本当はきょうあたり、こぶさらをちゃんぴにみててもらって、私はじゃらんのポイントで換えた無料宿泊券で一人でプチ旅にでも出ようと企てていたのだけど、2日位前からちゃんぴが「ウヘ、ヤバ!なんかギックリの前兆のような…」なんて言い出したせいで、万一に備えて家にいることになった。

ギックリ癖のある人はどうも寒さがいけないようだ、っていうのはそりゃ知ってた。
でも、「犬の散歩には行ける」とか言うから全員で繰り出したけど、焼き芋帽かぶってヘッピリ腰でヒョロヒョロ水平歩きをする姿は、なんだか他の星から来た人みたいで笑わずにはいられなかった。
笑って笑って、こっちがギックリになりそうだった。人の苦しみを理解しない鬼嫁。

依然に私が海外添乗中に1回ちゃんぴが運悪くギックリになったことがあって、それはそれは悲惨だったよう。
ほとんど生活が麻痺した、と言っていた。飢え死にするかと思ったとも。

私は鬼嫁だから、今回プチ旅に行ったかもしれないけど、今はあの頃と違い犬がいる。
もしちゃんぴがギックリにでもなったら、世話をする人がいない!なんとしても犬に不憫な思いをさせるわけにはいかないのだ!
で、犬のためにタラリーンと退屈な連休になったわけなんだけど、イチゴを植えようと苗を買ってきたり、温室を買ってきたり、それなりに楽しく過ごした。
でも、外食に出られないちゃんぴの為に真面目に家で手作りをしていたら、なんだかさぼろうと思ってた分、損した気分で月の後半くらいにズレこむかも…。どこかでサボらにゃ…やはり。

約、5年前の今頃はこんな所 ↑ に遊びに行ってたのでした。これは日本だけど、どこか分かる人いるかなぁ?

ところできのう、ふとしたきっかけで「こぶママ」とググってみたら、なんと私のほかにも「こぶママ」のハンドルネームの人がいることがわかった。

昔、「こぶ丸」で検索した時にはどこかのおせんべい会社の商品の中の一つに「こぶ丸」という、丸いお煎餅をトロロ昆布みたいので巻いたのが出てきて笑っちゃったけど、「こぶママ」と「こぶ」が平仮名、「ママ」部分がカタカナまで同じというのは、正直穏やかではない。

ググった人が「あ、こりゃ明らかに別人だわ」とわかるほど私の日記を読んでくれてる人ならいいけど、何も知らずにちょっと調べた人だったら、この別人こぶママまでをこのこぶママと勘違いして『ワオ!なんと複雑な…。一体何通りの人生をおくっている人なのだろう?』と勘違いするに違いない。
だって、そうそうよく聞くハンドルネームではないと思うし…。

この人がもしココログを開設した場合だったら、先に同じネームの人がいれば使えなかった筈と思うのだけど…。
それから、「こぶ」という名前を人間につけてる人もいて、これにはびっくり!さすがに「こぶ丸」ではなかったものの、「こぶ」ってどうでしょう人間に…。「さら」もいるのね、外人にはいいかもしれないな、「Sarah」なんて。

2008年2月10日 (日)

麻婆ポテト

麻婆豆腐を作ろうと思い立った。

挽肉を解凍し、薬味をみじん切りにした後、肝心のお豆腐がないのに気づいたのに、一向にめげずにお豆腐をじゃが芋で代用。

味付けに進み、途中で片栗粉がないのに気づいたのに、一向にひるまずに小麦粉で代用し、うまくまとまらない分をなんとかしようと、乾物の缶からおもむろにマロニーを取り出しフライパンに入れ、汁分を吸わせた私。003

この逞しさが人生にも活用できれば、凹むこともないのに。

…と思ったと同時に、この麻婆ポテトをブログのネタにさえしてしまう自分を、どうしようもなくふてぶてしいと感じてしまった日曜日の夜。

2008年2月 9日 (土)

バッカスとラミー

バレンタインデーにワサワサしてて忘れるとかわいそうなので、ちゃんぴに早々と渡してしまった。
…といっても、チョコではなくて越前は福井からお取り寄せのポン酒。一口いただいたらトロリとした贅沢な味わいで普通のお酒よりも大分濃厚でおいしかった。
そのお酒に付録としてハートの小ちゃいチョコがついてきたのだけど、それもおいしかった。

ところで日頃から季節限定品に弱い私なんだけど、LOTTEから出ているチョコレート、『バッカス』と『ラミー』も季節限定品。006

『Bacchus』は緑のパッケージで、芳醇な味と香りのコニャック(V・S・O・P・)をたっぷり包んだ口どけまろやかな一粒タイプ。
赤いパッケージの『Rummy』の方は、みずみずしいラムレーズンとしっとりとしたガナッシュチョコレート。パッケージのイラストにも若干粒大きめのラムレーズンが描いてあるのだけど、決して大げさではなくて、このみずみずしいラムレーズンっていうのがおいしくて、ついリピ買いをしてしまうのだ。

これが2つ300円なんてイトーヨーカドーのチラシに乗っていたものだから、『これは買いでしょ』と、さっそく次の日に行ってみたのだけど、やっぱり考えることは皆同じようで、『ラミー』は若干残っていたものの『バッカス』のディスプレイしてあった所はガランガランになっていて、一つも残っていない。
『ラミー』のほうも時間の問題程度しか残ってない。

私の脳は、バッカスを舌の上でゆっくりと溶かし悦に入る状況をイメージしていたので、がっかりしてしまったのだけど、ないのなら仕方ない。ラミーを2つ買って帰ろうとすると、私の横にいたプライドの高そうな帽子をかぶったおばさんが、店員さんをつかまえて「ちょっと?バッカスは売り切れですの?」と聞いた。
すると店員さんが「えーと、そこに出ているだけかと…。あ、でもちょっと見て参りますね」と言って奥に消えていった。Img044

おばさんは私に「あなたもバッカスがほしいの?バッカスはおいしいのよね。でも、ワタクシ、ラミーはちょっとダメですの」と言うと、棚の奥深くまで手を突っ込んでバッカスが落ちてないかどうか確認していた。

少しして店員さんが12個くらい奥からバッカスを持ってきて、このおばさんが聞いてくれたお陰で私もバッカスを手に入れることができた。

…で、今これを食べながら書いてるのだけど、別にお一人様300円まで、なんて書いてなかったのだし、どうしてもっと買ってこなかったのかと後悔しているところ。

もし、まだバッカス、ラミーを経験したことのない方がこれを読まれたら、是非一度買ってみることをお勧めします。
今ちょうど色々なチョコが並んでる時期だけど、150円かそこらで買える味ではないですよ、これは。
ロッテの板チョコはかなりツボです。おなじみの赤い箱ガーナも大好き!

2008年2月 8日 (金)

アカディとプチラッキー

001111 きょうはポカポカ暖かかった。
散歩はタートルネックとフリースだけでT公園にでかけた。

山の上に近づくにつれいつもの山がきれいに雪を被っていて、それがスイスアルプスみたいに見えたので、何度も脇見運転になった。

車を停めて山の写真を撮ろうと思ったけど、こういう日に限ってカメラを持ってきてなかった。
あまりにきれいで神々しかった。003333

この頃おやつの時に、牛乳を少しだけあげている。
犬は私と同じく生まれつき乳糖を分解する酵素を持ち合わせていないため、下痢を起こすことがあるので、普通犬用の牛乳を与えるらしいけど、私がいつも使っているアカディなら平気かな?とあげてみたらあまりにも喜んで、なくなってもいつまでもお皿を舐め続けている。

こぶの飲み方は大型犬のそれのようだけど、さらが牛乳を飲むとピチャピチャとまるで子猫のようだ。

ところで、2月に入ってからプチラッキーなことが続いている。
いつも買っているミニロトは先日数字2つ当たり、あとの数字3つはあまりにも近い数字でドキドキした。数字2つ当たったくらいでは結局何も当たってないのだけど、カスカスではずれてる所がやけにドキドキなのだ。
今まではロト6だったけど、私の買う番号ではミニロトのほうが近くまで来ている。
ヨッシャ!これはハワイ移住できる日も近い!(…と思い込もう。ガチョーン)

それからきょう郵便やさんがピンポンするので出てみると今度はココログからだ。
先日アンケートに答えたのだけど、ココログの革のストラップとクオカードが当選した。005

ココログのストラップ、一目見てなぜだかすごく愛着が湧いたので、さっそく愛用することにした。

それからもうひとつのプチラッキーがあるのだけど、これはとってもおもしろいラッキーで、今月下旬には日記にUPすると思う。

2008年2月 7日 (木)

81.3MHz「J-WAVE」

車の運転中はいつも81.3MHzのJ-WAVEを聴いている。

大体昼の1時前後って車に乗っている確率が高い時間帯だけど、他の時間帯よりも気のせいか曲のセレクトが自分好み。

前にも書いたけど、中でも「COLORS OF HAWAII」は大好きなプログラムで、現地在住のナビゲーター内田佐知子さんが、毎日ハワイで暮らす人々のスローなライフスタイルを伝えてくれるのだ。

このプログラムが終了しないうちに駐車場に車が着いちゃったりすると、最後まで聴く為に敢えてもう少し遠回りしたりすることも…!
このプログラム、私の生活にちょっとしたハワイの風を運んでくれとても良い気分転換になる。
ナビゲーターの内田佐知子さんの綴るブログも、現地のフレッシュな情報を知ることができておもしろい。

この番組に限らず、気に入った曲なんだけどTitleを聞き逃したなんていう時は曲名検索もできるJ-WAVE。
うっとりと聴いてて『あぁこの曲、好きなのに』と思うのにTitleが覚えられない、運転中だからメモもできないなんて時に、時間を覚えておけば家に帰ってからJ-WAVEのサイトに行き、曲名検索で時間を打ち込めば、その前後15分にかかった曲名が判明。Img00755555 

いくら記憶力の弱い私でも、ArtistかTitleの一部の何となくは覚えてるからピタッと分かった時はほくそ笑んでしまう。いい機能だなぁ…!

ちなみにきのうTitle検索したのはお馴染みのこの曲。
GOSPELLERSの永遠に、と、VANESSA WILLIAMSのALFIE。

2008年2月 6日 (水)

マウイアイランドセンツとプルメリアのアロマポット

先日終了した、大人のハワイアン雑貨『ノエオハナ』のクローズドオークションは終了間際には22名もの入札者でかなり動揺してしまい、結局正価の500円ほどOFFの値段まで吊り上げ入札しておいた。

その甲斐あって、昨晩にはアロマポットとマウイアイランドセンツ「トロピカルハニー」と、同じくハワイのアロマオイルのピカケが家に到着した。002_2   

                           

「pikake」の方は、店長の一言では「マウイアイランドセンツ」がインターナショナルなリゾートホテルなら、こちらはロコのB&Bか?!好きな人にはたまらない本気なにおいが」ということだった。
正真正銘のハワイ生まれのアロハテラピーオイル。(アロマ、ではないところ注目!)

「トロピカルハニー」の方はハワイというより、何かもっと南国寄りのセブとかバリとかのイメージかな?
インターナショナルな匂いというより、南国の空港に到着した時の気だるい花の匂い、というか…。
これは、ココナッツとハニーの甘い香りがベースだけど、その奥に柑橘系のアクセントが効いていて、ナイスブレンドという感じ。

ポットの傷は探さなければわからないほんの小さなものだったし、落札できて良かった。

バスタブにも数滴落としても楽しもう。
ディナーはロコモコにしてデザートにハウピアでも作ればもっといいけど、残念、今晩はお刺身と肉じゃがなのですね。

クリックで「NoeOHana」に飛びます。

2008年2月 5日 (火)

ヤバイほど愛しい

Image2131 散歩中に携帯で撮影。
カエリタクナイノデス」でストライキの図。

きょうはイチゴの苗を見たくて、近所に3箇所あるホームセンターどこにしようかと迷ったけど、久々Cに行ってみた。

ここはラッキーだと揚げパンやさんが来てるので、明日のパンもないしと思ったけど、Cに着くと、揚げパン屋さんはおろか、5台稼動しているレジが全部不具合らしくそれぞれ延々と行列が出来、店内は見事にフリーズしている。

お目当てのイチゴもなく、ここに来たのは完全な失敗だったのだ!

帰宅して書斎でワサワサと郵便物を整理していると、珍しくこぶが、「ダッコシテクダサイ」と、手を私の膝に2本合わせてきちんと置き、ノビノビをして「ノガサナイゾ」とアイコンタクトをしてくる。

最初は背中を掻いて欲しいだけだろうと適当に相手をしていたけど、離れてゆかない。
ハグハグをしてあげた時にこぶの額に触れたら気のせいか熱い…。熱か?風邪でもひいたのだろうか。

郵便物の中に不在配達票が2通。私のいない間にピンポンが2回もなったんだね。それで心細くなっちゃったの?

抱え上げると満足そうに自分の体を完全に私に預けて、寝るつもりだ!
この頃抱っこすると、ビローンってあっちへ行っちゃうことが多かったのに、こんなことも珍しいなぁ、どうしたのだろう?

行動は完全に束縛され、日も暮れて電気もつけられなかったけど、ずっとこぶを抱っこしていた。
シャンプーしたのいつだったか、犬の匂いがプーンとしてくる…。でも頭は切り出しカステラのようないい匂い…。ドップリとした重さ…!

愛しい…!ヤバイほど愛しい…!どうしてこんな存在が私と同時代に生存しているのか、奇跡のような状況に感謝!

2008年2月 4日 (月)

100均ショップのモールで遊ぼう

001 寒い寒い一日。

どこにも出ずみんなゴロゴロ。

このあいだ100均でみつけて、ツルツルの肌触りにウットリして何を作るでもなく10玉買ってあった毛糸。

例年、こういったものって、何となくそのへんに置いておくうちに、季節は暖かくなり、花粉が舞い、忘れ去られ…。

『そうだ!あれを身にまとって暖かく過ごそう!』

膝掛け?マフラー?マフラーのほうが首にあのスベスベが当たって楽しいだろうということで、さっそくマフラー編み方開始!
編み方は細かいことを言わずになんでもいいや、かぎ針でこのモハモハをつぶさないようにゆるくゆるく…。

…と軽い気持ちで始めたものの、モッコモコで一段目は軽く編めたものの、次の段からどこにひっかけていいのか、どこが編み目なのか、探すのにすごい苦労…。
これは新たなストレスになると思ったので即ほどき、くさり編みでいけるところまで、当てもなく編むことにした。

ただただくさり編みで編むこと、3玉分。永遠と続くくさり編みのキャディモール。
ハタ!と中止し、今度は出来上がったそのくさり編みを一本の毛糸とみなし、最初からまたくさり編みを始めた。
そうして縮まったものを、今度は手でビヨ~ンビヨ~ンとくさりに編み、完成したのがこちら。006

首に回して一回軽く結ぶとちょうどいいけど、6玉くらい使ってもっともっと遊んでも良かったかも。

けっこう早く終わってしまったので、あとはこれをさらに巻きつけて遊ぶ。

逃げる…逃げる…!009

すごく嫌な顔されました…。

でも、けっこうこの色、さらに似合ったりして…。
タヒチのお姫様みたい?(←また親バカ?)

01455555

2008年2月 3日 (日)

2月4日からは一白の年

00855555 年を重ねるに従って月日の経つのがとても早く感じられると思っていた。
どうかすれば、先月のカレンダーもめくらないままどんどん月日ばかりが早く過ぎ、次の年のおせち料理を注文する頃になっても、『あれ?もうおせちの注文?このあいだ食べたと思ったのに?』なんて決して大げさではない、キツネにつままれたような感覚に陥ることもある。

何か手品でもみているようなこの早さって?と以前から疑問に感じていたけど、2~3日前の新聞に同じようなことが書いてあり、そのカラクリも解説されていた。

つまり、子供の頃は毎日色々な新しいことを経験するけど、私達おとなになると子供の頃より新しく経験する出来事が少ない。
たとえば道路で自分が50キロで走っている時、100キロのスピードで走っている車を見れば自分の車を遅く感じ、外の車は早く感じる。
ところが、同じ50キロで走っていても他の車がもし30キロで走っていれば自分の車は早く感じられる。
脳の中には海馬という所があって、新しい経験をあまりしなくなる、ということはこの海馬に入ってくるものの新陳代謝、変換スピードが遅くなる、だからまわりの流れ、月日の流れを早く感じる。だから月日の経つのを早く感じなくする為にはなるべく新しい経験、初めてのことなどをたくさんして、自分の海馬の変換スピードを早くしてやれば良いのだ、すなわち、自分の車の外に100キロで飛ばす車(新しい体験)を見る状態にすれば自分の車を遅く感じることができるのだ、というようなことだったと思う。004444

それにしても早すぎる。4日が来れば立春。平成20年、戌子一白になる。一年を通じて水害(洪水)や水の事故に注意が必要な年まわり。
あきの方は「丙」(南南東)なので、一陽来福符を貼る人は今日、2月3日の夜中12時に真南より少し東寄りの方角に向けて貼ればいいらしい。(貼る場所は北北西なので注意!)

9月の7日から月命盤にも一白がまわってくるので、日命盤にも一白が来る8日、17日、26日、翌10月の5日は年、月、日の大中宮となる。お水取りなどをする方はこの日、チャーンス!
でも気をつけなければ、一白がダブるということは、この月の台風で水害が出やすくなるということでもあるのか?うーむ。012222

2008年2月 2日 (土)

へなちょこ春巻きとアロマオークション

018888 こんなのできたのですが、いかがでしょう。

きのうUPした理由で餃子の具をそのまま春巻きの皮で巻いてみました。

そして春巻きの皮だから揚げれば良かったのですが、全部で10本できたので、なんだかすごい量の揚げ物を食べることになってしまうと思って、油も敷かないでフライパンで焼いてみました。

だからちょっと見かけは変かもです。

中の餡はすでにフライパンで炒めてあってそのまま食べられるものだから、こんなところで火を止めました。カラシ醤油でいただきます。

さっぱりとはしているものの、あの餃子の具のおいしさは味わえます。
でもね、やっぱり餃子は餃子の皮だからおいしいのだということに気づきました。

問題の中国餃子のせいで、関係の無い国産の餃子や中華街の売り上げまでが落ちているそうだけれども、風評被害は気の毒…。

例のオークション、入札者が20人になってる!朝10時。さてどうなることか!?
少々キズ有なのだから、正価で入札するのだったら、正規品を買ったほうがいいに決まってるし、なかなか難しいところ。
送料600いくらかかるのなら、どこかのお店で似たようなのをみつけて買ったほうがよさそうなのに、もうここまで来ると、なんだか変な意地が出てきちゃってね。

2008年2月 1日 (金)

春みっけ!

ゴールドラッシュというおいしいハンバーグやさんがあるそうだ。
先日でぶやに出ていた。ちょっと観たけど空腹で行ったら絶対満足するだろうなって量のおいしそうなハンバーグ…。
特製ソースをかけたハンバーグ丼みたいのも出ていた。確かにおいしそう。

『言うだろうな言うだろうな』と思ったらやっぱり。
「チェーッ!最近さぁ、自分の好きなのばっかり作ってない~?おかず、魚ばっかりー。あぁ、ハンバーグ食いてぇ」

お刺身、ぶり照りと趣向は変えたものの文句を言われないのをいいことに、そういえば魚続きだったかも。
…と、きのうはゴールドラッシュには及ばないだろうけど、ハンバーグを作った。
デミグラスソースまで頑張ろうかと思ったけど、最後にはうるさい3人(犬2名♂♀、ヒト1名♂)が口を大きく開けて待っているのにとうとう耐え切れず、ソースは簡単にフライパンに残った肉汁とケチャップ、ブルドッグソースをMIXしただけのあっというまソースになったけど、おいしかったなぁ。(あ、犬には人間用ハンバーグはNGですから夕べは挽肉たまご野菜チャーハンです)

いつも焦げるのを心配して、焦げ目をつけたらオーブンで焼いたりもしたものだけど、きのうは最後までフライパンで。
お肉って、焦げ目がつかないと出ないおいしさっていうのもあるのね、って夕べは思った。

それからいつのまにかまた、キムチブームが戻ってきた。只今うちにあるのはユンケキムチ。
相変わらす、ちゃんぴは白くて固いトコ、私は赤くてショワショワなトコ…と、うまくバランスがとれているのでございます。012222

さてきょうはポカポカ陽気につられ、朝から洗濯、お布団干し、掃除機、床濡れ雑巾掃除と頑張った。

犬散歩から帰って犬を洗ったあと、休む暇もなく買出しへ。

中国がダメでも私の手製餃子なら大丈夫さ、と餃子にしようと思い、にら、豚挽き、キャベツ…と色々かごに入れ、最後に皮と思ったら、餃子の皮は全部売り切れていた。
変だなと売り場の人に聞いても「そこにあるだけ」と素っ気無い返事。
かごの内容を戻すのも面倒くさいので、しばらく困ったなと思ったけど、春巻きの皮が売っていたのでそれを買う。
これで今晩は、中身は餃子の春巻きを作るつもり。明日は土曜日だし、にんにくもたっぷり入れちゃうつもり。さてさて春巻き餃子はどうなることやら。

散歩では春をみつけたよ!014444 001111

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム