フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 続プチラッキーと昔の根性は今何処 | トップページ | 梅ほころんで »

2008年2月19日 (火)

西洋人と東洋人の距離感

嗚呼、またTVショッピングでT-falのお鍋取り上げてるよ。『取っ手の取ーれるー♪ティファール♪』
焦げ付きの心配もないし、重ねて収納できて場所もとらないし、冷蔵庫に付属のフタをつけてそのまま入れられる。
しかも送料を入れなければ1万円以内で買える。今だけのくすんだピンク色ってのも可愛いなぁ。
買い換えたいお鍋が3点以上あるならば、これを買ったほうが断然得なのはわかる。
でも、この間も手持ちのお鍋とのダブりで迷って結局やめてしまった…。

きょうは色々と忙しかったので、車を使わず近場ウロウロのお散歩になった。
すると、60代後半と思しきこのあたりのおばさんが、こぶさらにかわいいねーと話しかけてきた。
このあたりの相模弁バリバリの地のおばさんで、おばさんのおしゃべりをずっと聞いている時も『あぁそうそう、【○○してられんね~】ってこのへんの人ってよく使うなー。』とか『あぁ、この言い方!そうそう、助詞を省くのか!』『何、この変な安心感って?』なんて変なところに関心がいってしまって、でも日頃からこのあたりの人の話し方にとっても親しみを感じているので、けっこう良い気分でおばさんの話に付き合っていた。

去年旦那さんを亡くされたこと、その旦那さんの病歴から入院暦(詳しい日付!)、透析を受けていたので療養食を作るのですごく苦労したこと、食パンは塩分の関係でダメだけどこのパンなら良くて、このあたりならこのパンを買えるのはどこそこの店…、どこそこの病院はこれくらいで追い出されて、子供は40代の男二人でまだ結婚してなくて…。おまけにそのおばさんの今までの病気暦から何から何まで最初1メートルほどの距離を保って話していたはずなのに、私が相模弁に聞き惚れている間に二人の間の距離が30センチほどの所まで迫っているのだ!
別に怪しげなおじさんでもないしそこのところの問題ではないのだけど、話はどんどん興じてきてなんだか飲み込まれそうな勢いである!
ついでに今日初対面なのに、その家の内部事情大辞典になってしまった!Img046

そういえば添乗でアジア方面に行った時もこれと似た圧迫感というか距離感を感じたことがあって、親しみを持ってもらっているとか、そういう問題は抜きにしてアジア方面の人って概して人との距離が近い、というか…。

こう言えばわかりやすいか…。たとえば電車などに乗ってる時も、自分の前の空間って、そこは確かに空間ではあるんだけど、入ってきてほしくない自分のエリアっていう空間がある。
せめて、手すりにもたれて本を読むくらいのスペース分くらいは…。
それがアジア人の場合あまり気にしない人が多いなぁ、って感じる。タクシー乗り場でもデパートでもビッタリと人に寄って来る。
これが欧米方面に行くと、その人のエリアを相手も無意識にわかっていて、ちょっとエリアに近づきすぎたりすると「Sorry!」とか「Pardon」なんてことわる。

この物理的距離感ってそのまま精神的にも当てはまるような気がしてならない。
良く言えば分け隔てのない親しみのあるアジア人に比べて欧米人の場合は「個」が重要だし大切にしている。
良し悪しは一概には言えないけど、私は純粋な日本人で日本で育ったのにどうして欧米的距離感のほうがスンナリくるのだろう?別に気取っている訳じゃないんです。002

イチゴの苗を寒さから守ろうと思って先日ホームセンターから買ってきた温室をやっときょう組み立ててみました。
いつも大物は放っておけば自動的に組みあがっていたのに、玄関から全然なくならないと思っていたら、ちゃんぴはギックリびくびくで生活していたのだったよ!

この温室、いくらに見える?1000円よ、あなた!

« 続プチラッキーと昔の根性は今何処 | トップページ | 梅ほころんで »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム