フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 迷いの午後 | トップページ | 西洋人と東洋人の距離感 »

2008年2月18日 (月)

続プチラッキーと昔の根性は今何処

先日の日記でちょっとしたラッキーが続き、そしてもうひとつおもしろいラッキーがあったので、それを月の下旬に書くとUPしたので、きょうはそれをちょっと。

お正月に町田のグランベリーモールのフードコロシアムに行った際、応募箱があったので2票入れておいたら、バスの招待旅行が当たったみたいで、当選通知が送られてきたのだ。
茨城那珂湊のお魚市場でおいしいものを食べてお買い物、そのあとに水戸の梅園まで行って梅を観ましょうよ、というもの。

魚市場でのレストランで出される予定の素晴らしい海鮮丼の写真までついたパンフレットが同時に送られてきた。
本人はその写真を見て、もうすっかり行く気になったのであったが、良く見ると集合が6時50分。
多分近くの人なら6時過ぎに出れば間に合うのだろうけど、家からだと最低始発かその次あたりの電車でないと間に合わないし、朝は滅茶苦茶テンションが低い。無理やり起きて行動していると大体がどこかで腹痛になる。
おまけにニュースを観ていたちゃんぴが「水戸の梅園、今年は寒くてまだ3本しか咲いてないんだって」なんて確定付けるようなことを言うものだから、もうやめてしまった。

行程をみると、早く集合をかけるわりに朝一番からどこぞの毛皮店で1時間半も時間をとってあるし(ココで採算とる予定?)、ということで、まぁ行かなくてもよかったのかも。
でも、最後まで未練が残ったのがやはり魚市場の海鮮丼と、昔国内下積み時代に確か水戸梅園の入り口付近でわら納豆を売っているのを記憶していたことだ。

思えば、6時50分集合でもうひいてしまうなんて、本当に根性もすたれたものだ。
国内添乗時代はそんな時間は当たり前だったのに。
しかもお客さんが来るさらに何分も前から添乗員はshow-upしなければいけなかった。
寝ぼけた頭で路上でバスツアーの受付をしているとたまに、酔っ払って一夜を路上で潰したようなおっちゃんがヨタヨタと寄って来て「おい、席空いてんだろ?一人くらいタダで乗せてけよ!」なんてからまれたり…。

でもそのお陰で、関東近辺のお花見どころは、新人時代に(お花見ツアーはほとんど新人がアサインされる)隈なく観てまわったものだ。
覚えているだけでも、吉野の梅郷、水戸梅園、曽我梅園、高遠の桜、更埴のあんず、修善寺の花菖蒲…、温泉もタヌキのお宿や飛行機を使って城之崎や能登半島、東尋坊に行ったり、それらの国内旅行はすべてとてつもなく集合時間が早く、前泊をしたこともたびたびだったなぁ。
しかも、新人添乗員をいじめるお局的バスガイドというのにもたまに遭遇したし、トホホ…。
今それをやれと言われても、もうどこを叩いてもそんなエネルギーはない。004

さて、こちらはこぶの愛人のチワワのぬいぐるみ。
先住犬であるにも関わらず、さらには強気に出られ、たまにはシャーーー!と猫まがいの声まで出されて威嚇され…、そんなこぶの心を昔から慰めてきてくれた唯一の愛人。
こぶは眠くなると、これをおもちゃのかごからくわえて持ってきてちょうど首の付け根の所に良くあごを乗せて寝ています。
鼻にご注目!さらにむしりとられ、目玉もかじられて、ガリガリになっちゃってます。

« 迷いの午後 | トップページ | 西洋人と東洋人の距離感 »

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム