フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« COOL JAZZ COLLECTION | トップページ | 病院行き »

2008年3月 6日 (木)

ホロホロ雪と利き柑橘

きょうこぶとさらを連れて散歩に出ると、空から細かい雪がホロホロと落ちてきた。
今頃?
外を見てもうコートはいらないだろうと出てきていたので、(それどころか素肌にフード付きのトレーナー1枚)焦ったけど寒くはないので、まぁこれでいいだろうと続行。

こぶも素肌(?)で、さらには洋服を着せる。
なぜさらだけかというと、さらさんはロングみたいに毛がフサフサしているため、花粉の季節は嫌がっても服を着てもらわないと、帰ってからさらに付着した花粉のおかげで苦しむことになるからだ。こぶはいつものブラッシングで十分落ちる。

先日買った銀色夏生の新刊「子どもとの暮らしと会話」を楽しみに毎日読んでいる。でも昼間はけっこう雑事で忙しくしているので、読むのはみんなが寝静まった夜にゆっくり。
お風呂からあがって髪が乾くまでの間、といつも決めるのに、おもしろくてついつい1時、2時になり、翌朝がつらい。

子育てをしたことのない私には驚くようなこともたまに書いてある。
銀色夏生の家のさくちゃんは、どうやらこんなことを言う子供らしいのだ。
銀色夏生家のさくちゃんをご存じない方、これを言ってるさくちゃんというのはまだ当時小2の男の子です。

…でその言っている事というのは、
「僕の夢はね、大きくなったら、パパやママやカーカ(お姉さん)に仕送りすること」

それで、この子はお年玉をためているらしいのだ!そして

「ぼく、世話かけてない?」と銀色夏生に聞くらしい。
銀色夏生が
「どうしてそんなこと聞くの?」「まったくかけてないと思うけど…。いい子だと思うよ」と言っても、
「ママ、…感謝してるからね。なんかね、悪いような気がするんだよ」

…なんて会話を家で交わしているらしい。

おしなべて私が子供に対して持っているイメージって、ひたすらわがままに自分のリクエストばかりを言い張り、聞き入れてくれなければ泣き喚く…そんなものだったのだけど、これを読んで、そんな子供ばかりではないのか、こんな子供だっているのか世の中には。と目からウロコの思いだった。
ほしいものを買ってもらえなくて泣き喚くなんて、ひょっとして自分のことだったのかも。
こんなさくちゃんみたいな子供なら、一人くらいは生んでおけば良かったのかもしれない。ビックリしちゃった。

銀色夏生の本はいつもそうだけど、これも終わっちゃったらガッカリだなぁ。

ところで楽天からの久々お取り寄せは柑橘7種。
でこぽん、はるか、はるみ、ぽんかん、せとか、はっさく、いよかん。
同じ柑橘系でも食感や香りのちょっとずつの違いを味わうのが楽しい。003333

白いネットに包まれたでこぽんの斜め左下の黄色いネットに包まれたのが「せとか」。
右にひとつ黄色く見える一つのが完熟の「はるか」です。

「いよかん」や「ぽんかん」はたくさん入っているので気楽に食べるけど、「せとか」「はるか」「でこぽん」は一つなので、ちゃんぴと食後に半分こだ。

大好評で期間延長になりました。
送料無料で、たっぷり柑橘系を楽しみたい方、チャンスです。

« COOL JAZZ COLLECTION | トップページ | 病院行き »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム