フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 四国銘菓『一六タルト』 | トップページ | 新顔の踏み台です »

2008年5月24日 (土)

休日出勤

出掛けに大きな焼酎のペットボトルを抱えていたので「きょうは焼酎を呑みながら行くの?」と聞いたら、そんなわけない車に入れる水だと、別に呆れもせずに答えるちゃんぴ。
こんな調子の人と同居しているのだから、そういちいち驚いてばかりもいられないのだろう。

今日は土曜日なのに、休日出勤らしい。
夕べは、次々に湧いてくるアイディアをどうやって消化しようかと考えていたら眠れなくなってしまい、今朝も4時頃から目が覚め、もう眠れないので損みたいな気がしたけど起きてホットケーキを焼いた。
いつも水だけでのばすのに、きょうは卵を使ったらとてもフックラうまくいった。

ところで、きょうの出勤は本来なら休日なのに、代休もないおかしなサービス出勤だ。なんでも地元の清掃を手伝うという名目。
私が日本の会社を嫌う理由の一つにこれがある。
とかく人情で人を動かすでしょう。上も出ると言われりゃ出ない訳にはいかないわけですよ。

私は正社員でオフィスに通勤していた頃もあるけど、ビジネスはビジネスとして仕事中はピシッと集中して取り組むのが好き。
そして終わったら自分だけの好きな時間。能力次第で給料だって下がったっていい。集中してやったのに終えられなかった仕事のためには残業も辞さない。001
でも、タラリタラリとおしゃべりを...またはおやつを食べながら仕事をし、そして残業にもつれこみ、残業代を稼ごうなんていうやり方にはちょっとついていけないなぁ。

そして、きょうみたいに休みなのにお情けで午前中だけとはいえ中途半端に出て行くっていうのも、どうも解せない。勿論それなりの手当てがつくのなら別だけど。
なんというか日本の会社って、自分の暮らしと会社が三つ巴になるってところがどうも納得いかない。
人情で断れないってとこが特に...。
それで、ブログにはこんなに書いても、実際会社に入れば断れない自分も知ってるだけに余計イヤだなぁ。

でも、ホットケーキを食べて黙って出て行ったちゃんぴの前ではもちろんこんな文句は言えないけどね。出て行くのはむこうだし...。

« 四国銘菓『一六タルト』 | トップページ | 新顔の踏み台です »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こぶママさんへ

うーん!難しい問題ですね!仕事と家庭の両立・・・

ぼくは、マイペースでいつものごとくです。

けいいちろうでした。

☆けいいちろうさん

いつもコメントありがとうございます!
けいいちろうさんは休刊日なのですね。
夕べはけいいちろうさん宅のお庭の見取り図を見て、お母さんがお庭で寝ていらっしゃるのかと思ってびっくりしました。

あーーーーそれ、よくわかります。
情に流されずにさっさか帰る事を「協調性がない」と評価されたりしてね。そうじゃないんだけどなぁ、やることキッチリやってるし、協調性の問題ではないと思うんだけど・・・と会社勤めのときは思ってました。あまり私には向かないのかなとも。

優先順位が、海外とは全く違いますね。
給料がないと暮らしてゆけないけど、そこが先に立ち過ぎても...
やはりバランスなんでしょうねぇ。

我が家は、私のバランスと夫のバランスは全く違って、
夫の日本のサラリーマン的バランスはちょっとヤだなと思うことはたびたびあるかなぁ。
まぁ夫の方も、協調性のない私のバランスにはちょっとヤかもしれませんけどね。

あぁホットケーキ、おいしそう〜。
ホットケーキミックスでも買って来ようかなぁ。
雨降っているけど。

☆ギャノン先生

そうです。日本の組織では能力よりも協調性を重視するような風潮があるので、へたに仕事バリバリよりテレテレベッタリが好まれます。最初からわかっていたので単独で資格で動けるような仕事について正解だったと思ってますよ。
ito君が言うとおり、なんでもバランスなんでしょうね。
へぇ~。旦那様は日本的サラリーマンなのね~。
そうか~。でもまぁ違うタイプだからうまくやっていけてるんじゃないでしょうかね~。
一軒の屋根の下にito君タイプが二人いたら、もはや一緒に暮らす意味はないのかもしれないし。
綴じ蓋に割れ鍋でしょう逆さ。
あ、でもうちは割れ鍋に割れ鍋なんでしたなもう...。

こぶママさんへ
そうなんですよね。日本の、日本的な会社共同体って、
社員の自己犠牲的な協調を無言・不文律的に求めてるトコあるんですよね…。
休日なのに臨時会議とかやって、出席は強制しないとか何とか言って、その場にいなかったらそれ以降の仕事がめちゃめちゃやりにくくなったりするし、出席したって休日出勤手当なんか絶対に付かないし、
サービス残業しないとこなせないような仕事量課しておいて、超過勤務申請は「アンタの仕事が要領悪いから時間内に終わらなかったんでしょう?」とか詰問されちゃうし。

ただ、僕の職場は医療施設と言う技術職者の職場なので、テレテレ仕事するような人ははじき出されちゃって、一人で1.5人分くらい仕事して、休憩時間にも自分の仕事をして、定時に帰りたいから30分~1時間くらい早く出勤してきて仕事してるような人ばかりです。そして僕もその一人です。
出勤してタイムカードを押してから、サービス残業までしてその日の業務を終えるまで、常に仕事に追いまくられている福祉従事者の僕からしたら、同僚とタラタラおしゃべりしながら仕事が出来て、あまつさえ給料までもらえてしまう。ってのは、「なんだかなぁ…。」って思っちゃいます。
こぶママさんの記事を読んでいる限りでは、「ヌルい奴は来んなや!」って言う、モーターサイクルロードレースの世界に慣れた僕は、日本的会社共同体では生きていけないんだろうなぁ…。

ウキャキャ。ホント、そんな感じ。
家の中では、どちらもワガママな末っ子どうしなんですが
外に出ると全然違う。The サラリーマンですよ。
ちょっと尊敬します。

私は会社にいた時は浮いてまちた。
朝9時半からの会社なのに、毎朝8時半から会議があり、
お客様のところに朝イチに行くからと毎回、欠席してたら、こっぴどく叱られましたっけ。
また、ガマンして出たその会議がスゴかったんです。
コミュニケーションをはかるとかで、上司の子供の話をエンエンと聞かされたり(笑)。
ある日、私の番が来た時に「朝の会議の不毛さについて」資料を配って話したら、これもこっぴどく叱られましたっけ。
今考えるとなんともダイタンですが、これは、攻撃的だった20代の頃の話です。
今なら笑顔でさら〜っとトンズラします。

☆mizzieさん

お立ち寄りコメントありがとうございます!
そうなのですよ。この私の言いたいことmizzieさんの一行
> 社員の自己犠牲的な協調を無言・不文律的に求めてる
に見事に上手に要約されていますよ!あぁ、スッキリ!
海外での経験も豊富なmizzieさんならば、私などよりもよっぽど身に染みて理解してくださると思います。
今のmizzieさんのお仕事の現場はよけい「サービス時間」と「これは仕事時間」とキッカリと区別するのが難しいかもしれないし、ハッキリした欧米人などがむこう式にやろうと思ったら、もうきっとまわっていかなくなっちゃうでしょうね。
でもmizzieさんはえらいです。えらいというか優しいというか尊敬しています。
だって、もう帰ろうとしてるのに、おばあちゃんがとり残されてるのを発見したりすれば知らん振りできないんですものね。土曜出勤の草むしりどこじゃないです(笑
チャラチャラしたおしゃべりOLを見たりすると私はイライラするんですが、mizzieさんからみると、なんとも中途半端な中身のないヌルいアンポンタンに見えるだろうなぁ。

☆Toギャノン伊東

外ではキチッとサラリーマンで社会に適合してやってる夫君はほんとにえらい...。
私も文句ばかり言ってるけど、ちゃんぴはそうとう自分を殺してこの大食い女と犬を養うために社会に適合させていると思うとね。

ito君は協調性があるようなイメージなんだけど実は違うのかな?お目にかかったのはほんのちょっとだからわからなかったのかも。
会社で浮く...というのはちょっと想像とは違います。
それにしても朝早くから会議で子供の話とは...。
私はそういう時はあからさまに無関心な顔をしますよ。
でも「朝の会議の不毛さについて」なんてまとめちゃうito君...!
。・゜゜・(≧Σ≦)・゜゜・。ブァッハハ!
ひとしきり笑いまスタ~!
若かったんでしょうね?言いたいことはわかるんダケンド。
そしてそんなトコが少しこぶママに似てたりします。
私も腹に据えかねることがあると「ここで頭を下げればコト無きを得るんだから下げろ下げろ」と天使が言っても、その一下げができませんでしたね。
自分が不利にまわろうがクビになろうが...。社長に直談判して私だけ給料を出来高にしてもらったりもしましたよ~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/41300504

この記事へのトラックバック一覧です: 休日出勤:

« 四国銘菓『一六タルト』 | トップページ | 新顔の踏み台です »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム