フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« NYの香り | トップページ | ア・ラ・カンパーニュ 表参道エチカ店 »

2008年7月14日 (月)

嗚呼夏の喪服というものは

父の新盆で青山へ行った。直前まで母みーちゃんと電話で喪服で行くか黒の平服か、地味目で行くか、迷っていたが、どうやら喪服で行くのが常識な線らしいということで、喪服に決めた。
私は喪服は一つしか持ってなくて、冬に着てたアンサンブルの上着を脱ぐと下が七分袖のワンピースなので、仕方なくそれで。みーちゃんは涼しそうな夏用喪服。

もっとも少ない時間だけ着るようにと、家でもギリギリまで着ないで粘り、黒のストッキングなど履こうなんて時には、「この暑いのに」とブーブーと「あぁ、来世はトンガとかサモア諸島のほうに生まれたいもんだね。きっと夏にストッキングなんて履かないだろうからね」などと文句タラタラ...。

それで夕べもっとも接続ロスの少ないベストな電車の時間をパソコンで出してあげるとみーちゃんは「ありがとう!それで行くわ」と言ったので、10時22分に表参道に着いた私は、28分に到着する予定のみーちゃんを待っていようと、A3出口を上がった交番の前に立っていた。

立っていたけど、みーちゃんはなかなか現れないので、乗り遅れたかと我慢し引き続きじっと待った。
表参道交差点の信号は何回も変わり、変わっても変わってもみーちゃんは現れない。
太陽はほぼ斜め真上に照りつけ、黒の喪服はどうも熱を吸収するらしく(常識か)、外気を吸収した喪服を伝って入ってきた熱気が私の体と喪服の間でさらに温められ、どんどんどんどん熱くなっていく。

これは何かの罰ゲームなのか?コンクリートの地面は気のせいかユラユラとして見え、もはや普通の思考活動は停止。これ以上は我慢できないというタイミングになると、自動的に体がお寺に向かって歩き始めた。

サラハ ストッキング011111_2 キライデシ        お寺に着くと、本堂の前にはお盆用の臨時受付があり、みーちゃんがお塔婆代とお布施をまとめて差し上げることになっていたので、からての私はなんとなく受付を通りにくい。

なので、ここでもまた仕方なく入り口でしばらく待つ。
待ったけれども11時スタートの読経に遅れてもいけないと、受付の方に「○○ですが、いつもお世話になっております。実は母と待ち合わせをしたのですが...」と言ったか言わないかのうちに「あら、お母様もうみえてお二階にいらっしゃいますよ」と言われ、思い切り後ろにひっくり返りそうになった。

お寺のクーラーのなんと心地良いことか!砂漠でプールに入ったらこんな感じかな?と思いつつも二階に上がるとまぎれもなくみーちゃんが涼しそうな喪服を着て、例のごとくあっけらかんと「あら、ちょっと早い電車で来ちゃったー。あらどうしたの○○ちゃん暑そうねー、顔なんか真っ赤よ可哀想にー」なんてケロリンとしている。
嗚呼まったく...。あのねぇ母みーちゃんよ...。013333

今年新盆を迎えるご家族が集まっての合同の会だったので、読経のあとは皆さんでちらし寿司をいただき、とても良い日だった。
ちゃんぴの名でお塔婆も新たに一つ追加してもらったし、お線香の香りの中でのお経というのも大変落ち着く。

考えていたより、新盆というのは重要な行事なのだということはわかったけど、1割の方は地味目、中にはまったく涼しそうな平服の方も...!この人数なら地味目で来てもまったく目立たなかったなぁ、とちょっとヘナヘナっときたけど、父はそういうのにうるさかったから、まぁいいか。

それにしてもお盆というのはここかしこにおいしいものが溢れている。最中にようかんにおまんじゅうにクッキーに。
写真はみーちゃんが「パパが○○○に渡せって言ってるような気がして」と、私にくれたクッキーだ。(鎌倉レザンジュ
新盆だからと、ピエロのマグネットと(意味不明)かわいいエプロンまでもらった。
初めて迎えるけど新盆というのはそうなのか?そういう日なのか?よくわからないままだったけど、お寺さんやみーちゃんがくれるくれるというものだから、すべてもらって来た。
お寺さんからはポッキー(意味不明)やハンカチ。

喪服は暑かったけどお盆はいいな!あ、でも本来の意味は物をもらうことじゃなく、オヤジがこの世に一時帰宅という訳だから、悪いことはできないなぁ。
次は一周忌か...。何年経って、どんな行事を通過しようと、オヤジよ、これからもずっとまったくリアルに覚えている私が生きてるよ。

« NYの香り | トップページ | ア・ラ・カンパーニュ 表参道エチカ店 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こぶママさんへ

変な意味で、とらないでくださいね。「黒い喪服の女」は、色っぽくみえるわたしです。
失礼しました。

けいいちろうでした。

typhoonけいいちろうさん

Oh...!夏に黒の喪服...と嘆いてばかりいたけど、そういうふうに見る人もいるのかぁぁ...sweat01
どうせなら、黒の日傘にレースの手袋でもして、もっと演出すれば良かったかなぁbleah

それはそれは、あづがったでしょうに。
でもきっとお父さんは「それでヨシ」と思っていることでしょうねぇ。
スイーツにお土産つき、というのがオドロキ。
ご本人も一緒に楽しむということなのでしょうかねぇ。

sunito君

あづいのあづくないのって...半ばしんでまスタ。
父はきっと満足したと思うのですよ。
そうそう、なにかのお誕生日会みたいでした。
最近、葬儀業界とか、いろいろなものが雰囲気変わってきていますね~happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/41827168

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼夏の喪服というものは:

« NYの香り | トップページ | ア・ラ・カンパーニュ 表参道エチカ店 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム