フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 炊飯器で-かぼちゃプリン | トップページ | たばこ祭り »

2008年9月27日 (土)

善悪混在

Image3481 きょうはムシムシしていて風もあんまりなかった。過ごしにくかったなぁ。
散歩に行った古墳公園には彼岸花が咲いていた。

きょうはちょっと簡単に哲学的なことを書いてしまうけど、ゲッとなる人はスルーしてくださいね~。

玄関の整理をしていたらちょっと前にきた郵便物がポロッと出てきて、その中の一通に自分の出た学校の同窓会報が混ざってた。大分前に来たのに、開封してなかった...。

その1ページ目に書いてあった言葉

「天国には善しかないこと、地獄には悪しかないこと、しかしこの世には善と悪が一緒にあり、悪なしの善を見出すことは決してないことを思い起こしなさい」にハッとなった。

これは私が幼稚園から高校まで通ってた学校○○○○会の兄弟、サヴォナローラが一修練者に当てた手紙の一節らしいけど、もっと簡単に言えば
「すべて善なのは神と、完成した神の国だけです。すべて善なる方が働けば、善なる結果しかありません。しかし、完全でない者(物)が動けば傷がつきます」ってことらしいんだな、難しいけど。

この言葉を引用した先生がご自分が戦時中に旋盤工として働いていた鈴鹿の海軍工場を思い出して、こう解説するに...
「バイト(刃)にちょっとでも傷があると、機械音が微妙に変わり、いそいで検査すると製品に傷がついている。機械を止め、バイトを研がなければなりません。気づかずに機械を動かし続けていると傷物の山が出来ます。不合格品です。傷がある物が動けば傷物ができるのです。

我々人間も、神でない限り欠点のない人間はいませんから、動けば周囲にキズをつけます。人は私を傷つけ、私は人を傷つけます。どんなに善意であってもこれは免れません。

...途中略...

悪い人全部から逃れようとするならば、あなたはこの世を去らなければならないでしょう...偽の兄弟に出会ったとしても、驚いてはなりません。むしろそういう人に出会わなかったら驚かなければならないでしょう」

...とこのあとも続くんだけど、もう最初からこの世とはもともとこういう混在した不完全な世界なんだと思い出せば、昨今の色々な個人的にも社会的にも不条理なことにも説明がつくのかな、と思って。
私ってどうも、変に潔癖なところがあるからなぁ、なんでも説明のつかないことにはイライラしてわがまま度が最近ますますエスカレートしてるしなぁ。

もう一回よくこのことを思い出さねばならないなって、午後にかぼちゃプリンを食べながら考えていたのサ。
この世に生まれてきてしまったんだよ、もともとがね~。

「実際、アブラハムの家、イサクの家、ヤコブの家、モーセの家、ダヴィデの家、そして私達の主イエス・キリストの家にも不敬虔で邪悪な迫害者がいました。ですから、この世に悪人のいない家など、どうして考えることができましょうか?」

「もし、気に入らないものを見たら、それはよい意向でなされたのだと考えなさい。外面にあらわれているよりも内面的によい人がたくさんいます」...ということ。

それでこの先生の話には続きがあって、暗い、悲しいニュースばかりが報道されるけど、この世には善だけのものもなければ悪だけのものもない...。自分はどんな見方をしてるのか、当てる光に注意しましょうだって。
「真理の光は私達に神がご覧になっている善い物を見せてくれます」うーむ...。

うん、それはわかる。でもね、悪い面をみて、なぜだろうと考えることなしには人間の進歩もないしなぁ、なんてまた考えたのであった。
あぁ、人の言葉を取り入れるのも良いのだけど、それはそれでまた疑問が湧くなぁ。
よく思い出すのは「足るを知れ」って言葉。足るを知ってしまって簡単に満足してしまったら、その後の進歩はもうないんだなぁ、とか。でも、これも「分不相応に欲ばかりかくな」ってことかもね~。

でも、どうかすると最近の自分て、ますます嫌なものに対してキーーーーッとヒステリックに攻め込みたくなるから、もうちょっと穏やかに対処していかないと、とも思ったのは確か。
今年ももう年賀状なんて売り出してるけど、そういえば今年の目標は
「麺類のつゆをすべて飲み干さない」それから「正論で人を打ち負かさない」だったかぁ。
どっちも守れてない気が...。

« 炊飯器で-かぼちゃプリン | トップページ | たばこ祭り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

う~ 難しいです・・・
善も悪も同居しているのは、わかりますけど・・・
日々勉強です。

airplaneケロヨンへ

えぇ、大変難しい問題です。
理屈では理解できますけど...wobbly

ケロヨンも早くブログを作りましょうheart04

この世はカオスですね。
いつも「あなたならどうする」という判断をつきつけられているのかもしれません。
右から左に受け流すこともあれば、受け止めて考えることもあるし、
判断を謝ることもいくつもあるんでしょうね。

あ、「正論で人を打ち負かさない」は大事ですね。
私もこれは気をつけなきゃと思ってます。
いい子ちゃんになって、つまんない正論しか言わないモードな時がありますわぁ。反省はんせい・・

ribbonito君

> いい子ちゃんになって、つまんない正論しか言わない

あとになってそれは反省するけど、その時はその時で、でも必死な気がする...というか「こんなこともわかってないって大変」的な心配も含めて。

きっといくつもの判断のあやまり、私も毎日やっているのでしょうけどね~。
いろんな価値観があるのはいいけど自分をしっかり持ってないとあっちにユラユラこっちにフラフラ、実に難しい夜の中ですsad

「正論で人を打ち負かさない」という言葉を見て、
以前母と「正義を武器にして人を傷つけるのは間違っている」という話をしたのを思い出しました。
この世は正しさが全てではないんですよね。
間違えた道を歩んでしまっても、人を傷つけてしまった時も、
そこには善も悪も存在しているわけですし、
さまざまないきさつがあるのですし・・・
うーん、考え始めると頭がグルグルしちゃって目が回りそうです sweat01

この世に完全な善も悪もないと聞くと、
最近の不幸なニュースの見方も変わってきますね。
あんまり深く考えるとこっちでもグルグルしてしまいそうですが coldsweats01

crownりこさん

どうも、こういうのって、グルグルしませんか?coldsweats01
そうなのか?と思えば、そうでもない。
それではこうなの?と思えばやっぱりそれも違う。
黒とか、白とかはっきり色分けできない様々な事情があるのでしょうね。
こういうモヤモヤしたのは、考えれば考えるほどモヤモヤします(説明になってないcoldsweats01
りこさんがお母様とお話した「正義を武器にして人を傷つけるのは間違っている」というのは、本当にその通りなのでしょう。
特に > この世は正しさがすべてではない
この部分がミソかと思いますよflair
でも、それがスッキリわかるようになるには、私はもうちょっと大人になる必要があるみたいです。
一体、大人になるってどんだけ年とればいいのでしょう?shock
でも昨今の新聞やニュースを賑わせている出来事、確実にやってはいけない殺人なんかもはいっていますよね。
やっぱりやってはいけない、色々な事情があろうとも。それに、犬を捨てる人も許せない。どんな事情があろうとも。(キッパリsign03

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/42603143

この記事へのトラックバック一覧です: 善悪混在:

« 炊飯器で-かぼちゃプリン | トップページ | たばこ祭り »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム