フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 大中宮と小田原岡西のおはぎ | トップページ | ペリカンじゃないよ、ア・オ・サ・ギ! »

2008年9月10日 (水)

ミニばらと間一髪のさら

去年枯らしたベランダに置いてあったミニばらが咲いてくれた。
やる気マンマンで、肥料から専用の土、薬などをホームセンターで仕入れて大切に育てたのに枯れ木になってしまって『ばらはやっぱり難しいなぁ』と凹んでいたけど、水遣りは欠かさなかったら、いつのまにか又新しいツボミが、そして花が開いてきた、うれしいものだな、ありがとう。004444_4

きのうは方位をとりに小田原に行ったがそのあと犬散の時に実は怖い事態に遭遇した。

道路に立ててあるコンクリート製の車止めにこぶ丸のリードがからみつき、もともと折れていたその重いコンクリの車止めが倒れてきてちょうどさらの胴体のところに激突した。さらは地面にペタンと這いつくばり、平たくなった。

私は頭の中が真っ白になり、次の瞬間、悪くて死、中程度で内蔵圧迫、軽程度で骨折、など色々なことが頭をよぎったが、「さら!大丈丈!?」と抱え上げると何やらキョトンとしてはいるものの、再度下に降ろしてあげると何事もなかったかのようにヒョコヒョコと歩き出した。

私は『嘘でしょう?』とまるで今起こった事実が手品のように思えた。車止めを起こしてみると、それ相当の重さはあり、痛くも何もないといったことはありえない感じだったが、推測するに根元の支えている部分の厚みと棒の部分のわずかな隙にうまくさらの体が入り込んで難を逃れたと思われる。
てっぺんの部分が頭にでも激突していたらきっとこれでは済まなかったと。

家に帰っても注意してさらを見ていたけど、普段と何も変わらない。ちゃんぴにも、きょうこういうことがあったから注意しててね、と伝えておいたけど、あれから1日経過しても食欲は旺盛だし、ピンピンして跳ね回っている。あ~、良かった。神様に守られたかんじ。
何かこういうことが起きると、毎日平凡に元気にしていられることがどんなに有り難いか、身につまされる。きっと神様がその気になれば私なんかの一人や二人、次の日は簡単に生きてないだろう。

そういえば関係ないけど、きのう小田原で飛び込みで美容室でカットしてもらった。Img066666 終わってから「先ほどお預かりしたネックレスでございます」と渡されたので、パッとつけたら、そのつけ方が速かったらしく、美容師さんがすごい驚き方をしていた。「えっ!?もうつけたのですか?速過ぎです!」と。
そうか、こういうことをよく言われるところをみると、やっぱり私って動作がすごく速いらしい。
ほかによく人から言われるのに、食事している時「そんなにお箸を喉の奥深くまで突っ込まなくていいんだよ」というのがある。
これはそうかな、と思って浅く入れるようにしてみたら食べ物を落としてしまったので、未だに人より深めに入れる。

« 大中宮と小田原岡西のおはぎ | トップページ | ペリカンじゃないよ、ア・オ・サ・ギ! »

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久々にカワイイイラスト登場ですねー。(これが大好きheart04
ここのところ、似顔絵シリーズだったので、嬉しいです。ンフフ。

ネックレスは、私の場合は全く逆です。
手先が無器用なので、なかなか自分でつけられずに
見かねていつも美容師さんがつけてくれます。
家を出るときも、ネックレスにはいつもイライラっと。

バラ、すごくカワイイなぁ。
しかも鉢植えで世話していたところが咲くなんて
嬉しいでしょうね。しやわせやもheart01
あ、我が家はまだ未だに鉢には手が出てません。sweat02

さらちゃん、本当に大丈夫だったのですね。
ぺしゃんこになったのは、野生の防御反応なのかな。
無事でなによりです。

wineito君

ありがとう、さらはケロッと無事ですcoldsweats01

ネックレス、最近やっとコツをつかんだのよ。
...と思ったら今度ははめにくいブレスレットがきて、それに悩まされているわ。

ヘタ絵、うれしいなんて言って貰えて照れますhappy02
なんだかクシャクシャッと描くのがたまに楽しくて。
ito君のイラストも見たいなぁ。

鉢は観葉植物なんかが簡単でよいのではないかしらん。
折鶴らん、なんかどうかしら。

綺麗なバラが咲いてよかったですね。日頃の行いがいいのでしょう。行いがいいといえばサラちゃんは奇跡ですね。電車に轢かれたと思ったら車体と線路の間に体がすっぽり入って助かったというようなもんです。よかったよかった。でも一瞬焦ったでしょうね。「うっうわー、さらが~」「あら?元気だ!何で?どうなってるの?」「・・・」「でも、よかったぁ~」

beerとんぼさん

さら、おかげさまで無傷で奇跡のようですsign03
あのコンクリ棒が倒れた次の瞬間に、もう毎日の平穏無事がどんなにありがたかったか、悟りましたbearing
不平不満だらけでいけなかったなぁ、と瞬間的に。
でも、それが何もなかったのですから、とんぼさんがおっしゃるように、本当に電車にひかれたと思ったらなんだもなかったのと同じで手品のようでしたよ...。
ありがとうございますcrying

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/42426530

この記事へのトラックバック一覧です: ミニばらと間一髪のさら:

« 大中宮と小田原岡西のおはぎ | トップページ | ペリカンじゃないよ、ア・オ・サ・ギ! »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム