フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« ケーキとパンのアウトレット | トップページ | T公園のハーブと嗚呼なつかしのプラッシー »

2008年10月12日 (日)

ジュセリーノの警告と蚊を叩く音

ちゃんぴは風邪をおしながらの先週一週間で、きのうはほうほうのていで、やっと家路に辿り着き、なんとか連休にすべりこむことができた。

なので今日は、小雨の中の犬散も私一人ですませ、食事の時間以外は起きてこない。よくもあんなに連続で寝られるものだなぁ。ちょっと見てこようか、死んでたりして。

ころで、先日のジュセリーノの予言の番組、とっても怖かった。
何が怖いって、水不足で戦争が起こるとか食料がなくなるなんて、一言で「バカくさい、そんなことあり得ない」って言い切れないところが。現に水が原因の戦争はすでに海外で起こっているし。

世界恐慌の入り口なんて騒がれているけど、なんだかもう世の中何が起こるのかわからない今だから、ジュセリーノの予言の一つ一つが『本当になったら...!?』といやぁ~な深刻味を帯びていた。

011年に起きるだろうと予言されていた新型インフルエンザの流行による大量の死者数や来年夏のコレラにしても、一昔前だったら「えぇ?まさかぁ、今の日本でそんなに死ぬわけないよ」と一笑に伏してお仕舞いにできたところだけど、昨今の異常気象や夏の異様な暑さに鑑みて、海水の温度がどんどん上昇してプランクトンだっていなくなるし、コレラにつながる可能性だって否定できないなぁ。

でもエコに関しては、うちとしては家庭レベルで最大限に努力しているつもりなので、もうこれ以上はどうしようもできない。
せいぜい新鮮なお刺身を今のうちに食べておこう、って思った。

彼の予言に対しては諸説紛々で、人により受け取り方も様々だとは思うけど、見事に平和ボケした我々日本人に対して今一番効くのは「食糧難に陥る」というこのワードではないか。そして「水不足により食料調達が困難に」。

杯の牛丼ができるまでにどれくらいの水が必要か。1キロの牛を育てるためにはその11倍の穀物が必要であり、その穀物を育てるのには実に2万リットルもの水が必要だとか、高温による米の受精障害などの話の時にはゲストも真面目に驚いてショックな顔だった。
その意味ではこの一言にハッとしてみんなが食べ物の大切さをもっと意識して、冷蔵庫の野菜だって腐らせないようにしたりと良い方向へ向かえば、当たった当たらなかったという以前に、悪い番組ではないのでは?

レラは生の魚介に気をつけるとして、個人的に一番絶望的だと思ったのが、デング熱だ。
これはネッタイシマ蚊、ヒトスジシマ蚊が媒体となるらしいけど、もう逃れられないという気になった。

俺もコレラになりますか?013333- byこぶ

多分蚊に刺されたせいだろうと思うけど、過去に得体の知れない風土病のようになり、バリ島での約一ヶ月のバカンスをほとんど闘病に当てる羽目になった前歴の持ち主でもあり、とにかく蚊に刺されやすいのだ。

は一番嫌いなのはゴキ○○で、別に蚊なんてあんな小さなものは「ミツケレバタタク」くらいのものだったけど、この番組を見てからというもの、シマシマの蚊を発見すると、異様に気持ちが悪くなってきた。そしてムキになってつぶそうとする。
失敗してプ~~ンと飛んで逃げても簡単には容赦しないで徹底的に追跡する。

はでも、その魔女狩りのような、というか私が魔女みたい?な殺気じみた雰囲気がどうも怖いらしく、1回「パン!」と音がしようものなら、今までどんなにグースカ寝ていようとも、どんなに腹天でソファでリラックスしていようともサッと起きて、耳を立てて尻尾を丸め込んで肩をすくめてスゴスゴと納戸に消えてゆく。

うちだけかと思っていたら、今月来た雑誌「いぬのきもち」のくろえもんの漫画に同じことが描いてあったので『はぁ~、ほかにもパン!が怖い犬がいるんだ~』と妙に感心してしまった。
こぶが言うことを聞かない時は「パン!が来るよ!」と言うと、尻尾を小刻みに震わせ人の顔を真剣に見つめて態度を改めてくるのがおかしい。

« ケーキとパンのアウトレット | トップページ | T公園のハーブと嗚呼なつかしのプラッシー »

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あぁ、私は小心者なのでそんな予言みたら大変です。
眠れないですよ。
・・・なので見てないんですが

でも近頃起こっていることを考えると
本当にありそうですね。
ただ、防ぎようがないし、用意しようにもなぁ・・・・なんてノンキにしてますが(それがダメなのかぁ!?)

土地バブル・石油バブル・環境バブル。
最後にやってくるのが水バブル。
もう去年ぐらいから水の利権の確保に入ってるんだよ。

食料もアメリカに大量の食料爆弾をばらまかれちゃったから日本は自給率が低いのじゃ。
マクドナルドがその典型だよね。

ジュセリーノの予言って、もう現実なんだけど・・・・・

fishito君へ

えぇっ!?ito君、みてないの?
ito君てジャンヌダルクじゃなくって、ホントは小心者だったの?happy01

そう、防ぎようがない予言をきいても、ただただ怖いだけ。
できるかなぁ、と思ったことは
・非常用の荷物を準備する
・免疫力をあげるためにせめて気力を明るく保つ
・2011年に入ったら極力生の魚介類はたべない
くらいかなぁbearing

chickのりちゃん

とにかくなにが一番ヤヴァイって「水」不足だねぇ、って思ったよ。
もう「水」がないと絶対に生きていけないものね。
水の枯渇、ホラーだわこりゃshock
ジュセリーノの番組も、ホント、予言じゃなくなってきてるね、現実の実況中継みたいになってきてる...。

飽食ニッポンも6割が他国からのものじゃ、本当は全然豊食じゃないねrestaurant

初めてこちらへ遊びに来ました
「蚊」に刺されただけなのに病気になったりする世界になったら恐ろしいですよ・・・^^;
戦争もいつ起こってもいいようになっているんですよね

水は絶対必要ですよ。なかったら・・・あぁ
外国では本当に起こってますから本当いつそうなってもいい状態なのかも・・・
あまり暗いこと考えたくないです。明るくいかないとなぁ
「今大変なんだ」って事がわかりました
また遊びに来ます

penguin咲夜さんへ

咲夜さん、はじめまして!遊びに来てくれてどうもありがとうsign01

咲夜さんの言うとおり、あまり暗いこと考えたくないですね。
暗くしていると、免疫力も衰えてなんだかよくないですしね。
今TVで、客足の遠のいた下町の商店街の人達が、一生懸命に自分達の商店を盛り上げていこうっていう番組をみていました。
環境がどうなっていこうと、大切なのはとにかく自分の今いる所を良くしようって、自分らしく頑張るってことなのかな?そんなふうに思いましたよ。

咲夜さんのような中学生がたくさんいてくれれば未来は明るくなると思います。
また遊びにきてくださいね!
咲夜さんのブログにも遊びにいきますね!よろしく!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/42753929

この記事へのトラックバック一覧です: ジュセリーノの警告と蚊を叩く音:

« ケーキとパンのアウトレット | トップページ | T公園のハーブと嗚呼なつかしのプラッシー »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム