フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« ニセこたつと焼き芋のゴロゴロ休日 | トップページ | 喪服と白犬の関係 »

2008年11月26日 (水)

「これだけの理由で」って?保健所の犬のレクイエム

ご愛読ありがとうございます。きょうはコメント欄は伏せます。

今日の15時に内外タイムスより発信された、過日起きた元厚生事務次官宅連続襲撃事件についての記事だが、

「過去に保健所にペットを殺処分された」、これだけの理由で

とあったが、言葉の使い方を間違ってはいないだろうか?私はもちろん殺人を肯定しているものではないし、犯人を擁護している者でもない。事の重大さは理解した上で、このフレーズにのみこだわって言うが、この過去の事実だけをみれば、自分の犬を自分が留守中に勝手に保健所に連れていかれ殺されたことは本当に、「とるに足らない」ことなのだろうか。

この犯人の父親がやったことだが、自分や家族に懐いていた犬なのに、体が大きくてよく吠えるので「近所の人に危害を加えると大変だと思って...」保健所に処分を依頼したという。そのことによって、まだ子供だった犯人の心に浅くない傷を与えたことは確かだ。
その結果かどうかは知らぬが、物の見方は歪み、人間嫌いになり、近隣住人とも様々なトラブルを引き起こし、最後にはまさに父親が過去に言っていた「人に危害を加える」人間になったではないか。

私は、内外タイムスの記者や、ワイドショーで「これっぽちの不可解な理由で」と、鬼の首を取ったかのように勝ち誇り、安っぽく言い放っているゲストに対して、「この過去の出来事がこの犯人の性格形成にまったく0.001%も関係していないと言い切ることはできないと思う」と言いたい。

もしも、上記斜線のフレーズそのものの意味は重く見るが、経済的、社会的に必ずしも自分の満足いかない立場に置かれているのも理由なのに...という意味で物を言いたかったのなら、誤解されないようにもっとほかの言葉を足すか文章の構成を変えたらどうなのか。

それからこれを機に、「子供が飽きたから」とか「粗相をするから」とか「海に遊びに行くのに邪魔だった」とか「子供ができたので」とか「年取って寝てばかりいるし足腰立たないから」とか「フローリングを新しいのに張り替えて、もう犬の爪あとがつくのは嫌だから」とか、「もうチワワのブームは去ったから」とか「病気にかかって治療費がもったいないから」「家族のアレルギーが...」とかもっともらしい理由をつけて安易に犬猫を捨ててる人、よく聞いてください。こんなことは辛くて書くのも嫌だけど、保健所→殺されるというのを知らない人や「どうせ安楽死だから」と思っている人もいるので、何度でも書きます。運良く里親さんが見つかる子もいますが、ほんの氷山の一角です。

捨てるんだったら自分でガス室のボタンを押しなさいよ。安楽死なんかじゃありませんよ。保健所に連れて行くってことは、自分を一途に慕ってくれた犬に対して「死ねっ!」って言ってることです。これは、これ以上はない究極の裏切りです。病気の犬を捨てた人、ただでも体がつらい犬が精神的にも仕打ちを受けなければならないのですか?
長い年月、自分と生活を共にした高齢犬が、なぜ、保健所の冷たいコンクリの上でもがいて窒息死しなければならないんですか?
涙ダラダラで犬同士が苦しくもがいて引っ掻きあって傷だらけになり、それでもガスで死にきれずに生きたまま焼かれる仔もいるんです。最終的に白いチップになり麻袋に入れられるまで全自動で機械的に土日を除き毎日日本中で普通に行われています。

犬はアクセサリーでもないし、自分の思い通りになるぬいぐるみでもありません。だからたまには人間の都合の悪いことをすることもあります。だけど、それは自分のしつけの失敗です。
彼らには人間のように感情もありますし、こちらの気分もよく読み取ってくれますし、おいしいものに喜んだり、気持ち良さそうに昼寝をしたりするんです。高台に登れば片足を上げてうれしそうに景色を見たり、目を細めて風の匂いをかんだり、照れて目をそむけたり、バツが悪いと隠れたりします。「おいしかったよ」という時は、言葉がしゃべれないので代わりに足を舐めにきます。そんな相棒を捨てていいんですか?

自分のしたことは形を変えて、必ず自分のもとに戻ってきます。
それに、捨ててる親を子供が見たら(「もう飽きた」と親共々アホな子は別として)子供によっては一生忘れないですよ。もしも私の親が私の犬を保健所に捨てたと知ったら、老後の面倒みるなんてマッピラごめんです。

今、日本が非常に暮らしづらくなってきて、恐ろしい事件がいっぱい起こっています。自殺者も年間膨大な数に上っていると聞きます。
国では「道徳の授業時間数を増やせ」なんておバカなことを言ったり「命を軽視しないような教育を」とか言ってるけど、ちょっとおかしくないですか?
捨てるアホなら国も国です。
こんなシステムで毎日当たり前のように命を殺している事実はどうなるんでしょう?問答無用で死刑になった罪のない動物達をどうしてくれるんでしょう?

犬を捨てるのは犯罪なのに、実際に捨てた人は何か刑罰を受けているのでしょうか。昔から日本人には残酷な血が流れてはいるけど、犯人だらけの冷たい日本人がどうも好きになれないです。犬を傷つけても「器物破損」でしかないのです。日本では犬は「器物」です。そして、そこかしこに、すぐ横に、犬を捨てる人、年間ン十万人です。

こんなこと繰り返してていいんですか?

« ニセこたつと焼き芋のゴロゴロ休日 | トップページ | 喪服と白犬の関係 »

「ニュース」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム