フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 一生の波を表す宿命型 | トップページ | ペンネアラビアータとダンキンとさら »

2008年11月14日 (金)

秋の丹沢迷いチワワ騒動

015555_2

きょうの丹沢T公園。

山はまだこんな緑だけど、所々に紅葉した木が見受けられるといった様子。033333_2

BBQのブースにも人がいっぱいだ。

きょうもいつもの散歩になるはずだったが、気になることが。

散歩はじめに見た管理事務所入り口に繋がれていた黒のジャンボチワワが散歩終了の時点になってもまだカンカン照りの場所にそのままで、所在無げにショゲている。暑い所に一人ぼっちで、引越し荷物を結わくような白いナイロン紐につながれたまま。

最初は飼い主がトイレにでも行ってるのかなと思ったけど、長すぎ。
見ると「まよい犬です。飼い主の方は事務所まで」と貼り紙が...!

事務所の方の話ではフラフラと公園を歩いていたとのことだけど、じっと見てると10月中旬のタウン紙に載ってた「迷いチワワ」に似てる。だとすると、もうずっとご飯を食べずに寒い山中をさまよっていたに違いない。縛られてる場所に簡単なプラスチックトレイに水しかないので、ご飯をあげたか事務所の人に聞くと犬ってどんな物を食べるのかわからないなんて言う。010000_2

タウン紙に載ってた犬に似てることを告げてから、絶対にセンターには連れ込まないでくれと念をおし、急いで山を下ってこぶさらを家に連れて帰り、タウン紙の飼い主宛に「黒いチワワが公園事務所に保護されている」と留守電をしてから、こぶさらにおやつをあげ、冷蔵庫にあった私の作ったチキンジャーキー全部とカリカリのサンプル、食事用の器、それからコンビニに寄りレトルトのウェットのドッグフードを買い、また折り返し山へ向かった。022222

管理事務所の人もタウン紙を探して連絡したらしい。しかし、その人の話によると、自分の犬は30センチくらいだということで、明らかに目の前の犬とは違う。

事務所の人は私を見ると、「パンと牛乳をあげたんですがね」と言ってる。

持ってきた器に新鮮な水を満たしてからレトルトのフードをあげるとものすごい勢いで食らいつき、無くなってもしつこくしつこく器をかじっているので3パック買っていったのでもう1パック開けると、それも秒速で流し込んでた。もうとっくにないのにいつまでもいつまでも器を舐めている。ジャーキーもあげた。市販のもののような硬いやつじゃなくて作りたての手製だからジャーキーとはいってもソフトで香りが良いやつ。よっぽどおいしかったらしくて目を剥いて食べてた。

管理事務所の人は夜は事務所の人間の家につれて帰ろうかという話はしているものの、いまひとつ確証がとれず、皆が「どうしよう~」という感じだった。
でも、すごく良い女の方と男性が一人いたから信用できそうだった。この人たちなら非情なことはしないだろう。

ジャンポ君のいる日向に、道に座ってずっと一緒にいた。ジャンボ君はすっかりお腹が満たされて少し安心したのか、私の膝に両手を乗せてきて右手で私にちょっかいを出したり、懐いてうれしそうにしている。
...とはいうものの私のほうは心細く、どうしよう家にはもうすでに2匹いるし。かといって放っておけない。夜外に出しっぱなしなんてことになったらこの寒さでどうなるかわからないし...。
ジャンボ君が無邪気に私に遊ぼう遊ぼうと誘えば誘うほど可哀想で、不憫でならなかった。もう誰かに背中をわっと押されたら泣き出していただろう。030000
神様がこの仔に私を引き合わせたのはチワワ飼育に慣れてる私に託したかったからなのか...でもでも2匹でいっぱいいっぱいなのに...ああぁぁ、どうしたらいいの。

途中、動物病院や友達に相談の電話をしたりして、1時間以上ジャンボ君といただろうか。とにかく一人にしておけなかった。顔もこぶに似てたし...。

するとそこへ遠くから50台半ばと思しき一人のおばさんが走ってきた。ジャンボ君はそれをみつけると、ちぎれんばかりに尻尾を振って紐いっぱいいっぱいにおばさんに寄ろうとする。046666

私はもう興奮して「飼い主さんですかっ!?」と言うと「そうですっ!」とウルッとしていた。私もさっきまでの緊張がほどけたのと、ジャンボ君の行く末の幸福に安心して思わず泣けてきた。
ジャンボ君は飼い主さんとハイタッチをしたりなんかして、尻尾ブンブン!

聞けば、この仔はタウン紙の仔ではなく、今朝早くいなくなったそうだ。なんだ!私と出合ったのはまだ逃げ出して半日とたってなかったんじゃないか!留守電した人じゃなく、この近所の人だ。「犬がいないいない」と大騒ぎして手当たり次第に聞いて回ったら公園に繋がれてたよと教えてもらったそうだ。カンカン照りの所に繋がれて、正直ちょっとひどいなぁとは思ったけど、結果的に目立つ所に繋がれていたから近所の人の目にも留まったってわけだ。

しかし、なんだね?あの食欲は~。山中をさまよってたのかと思ったのに、ジャンボ君ただの大飯食らいだったってわけね~。それに冷静に考えれば、何日もさまよったんなら、あんなに被毛がきれいなわけないか。全然臭くなかったし、お手手もボディーもプワプワに太ってかわいかったしなぁ。
まぁいいや、良かった良かった~。うちのジャーキーは全部無くなっちゃったけどね。

...な~んて話を家でしてると、留守電の飼い主さんから電話が。
色々と話したけど、まだみつかってないらしい。次週も別の地元紙に掲載するらしい。ネット環境にないそうなので、ペット探偵その他の情報をググってプリント、直接お会いしてお渡ししてきた。喜んでもらえてよかった。

きょう気づいたこと...犬のためならよく動く。

« 一生の波を表す宿命型 | トップページ | ペンネアラビアータとダンキンとさら »

「ペット」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大げさかもしれないけど、
こぶママさんったら犬の救世主だわーーーー!!
ジャンボ君も放っておいても飼い主さんに会えたのかもしれないけど、お腹がいっぱいな時に普通に会えて良かった気がするし、ネット環境のない迷子探しの飼い主さんにもきっと光が見えたに違いない。すごいです、すごい。

大きなことを成し遂げるっていうのも大事だけど
私はこういう身近なことをキチンとできることが大事だとつくづく感じます〜。
近くや周りにいる人を幸せにできない人は
多くの人に幸せなんてもたらせない、と思うんですよね。
たまに例外もいるだろうけどね。

すごーーく「愛」を感じてしまった。
犬に対して、とにかく惜しみなく深いですねぇ。
他は、さておき(→コラ!オチか!)

xmasito君へ

いつも忙しいのに、こんな長文を読んでくれて感想までもらって本当にありがとうconfident
どうか、忙しい時は放ってやってくだせぇ先輩。

それはそうと。
そのオチの「他はさておき」ってのはito君に対する愛なのでしょうかhappy01人間クラスでの惜しみない愛で接しているつもりでやんす。dogクラスじゃなくごめんjapanesetea

ito君にすごいなんていわれて光栄なんだけんど、ito君もきっとあのジャンボをみてたらそうしてたと思うよ。ご飯を買って持ってったと思うね~confident
プリプリで黒くてかわゆかったっスlovely
どうしてこうdogには心を動かされるのかと不思議だけど、ある前世占いで私が野生の鹿だったことがあり、その時洞穴に落ちたのを野良犬に助けられてるらしいのです。
だからなのかなぁ~?とか色々思うんだけんど。
とにかくきのうは山まで3往復して家の事はナオザリに...。
きょうは地味~に散らかった部屋を片すとしますdespair

こぶママさんらしいエピソードですね。
うちの「はち」も迷子になったらお願いしようかなhappy01なにせ、義理父が散歩に連れて行くと、置いて帰ってきてしまうので… 今回の「はち」君は許可していないので大丈夫かもしれませんが。

昨日、「はち」君は病院デビューでした。混合ワクチンを打ってもらい、ちょっと環境の変化でゆるくなっていたので、整腸薬を調合してもらいました。あとは、食事のアドバイスなどしてもらい… 夜鳴きもずいぶんと治まって、あとは散歩道に慣れてくれればなぁと思ってますnotes

banana964さんへ

あ、あのあの、私は迷子探偵団ではなく...coldsweats01
お義父様ってば、dogを置いて帰って来るってそれは一体...coldsweats01物忘れとかではなく?うちの父も生前、犬が家に来てるというのに、おおらかに家のドアを開けっぱなしにしてたりして、どうも感覚がずれてるようだなぁ、ってことはありましたね~wobblyはちちゃんを任せてはいないようなので、とりあえず一安心happy02

ところではち君はデリケートな仔のようですね。きっと心の優しい仔なんでしょうねheart04
できるだけ964さんが一緒にいてあげると安心でしょうね~confident
病院にも行ってワクチンも打って安心ですねsign01

あぁ、読みながらハラハラドキドキしました。
それにしても、無事飼い主さんと再開できてよかった。
そして、ジャンボ君は、こぶママさんが来てくれたことで、きっとすごく心強かったと思います。たらふくジャーキーまで食べられて!

イイタヌもまだブログを始める前に、チクワとお散歩中に迷子犬らしき犬をみつけたことがあるのですよ。
チワワじゃなくて中型の種類不明の犬でしたが。
やっぱり、頭の中は「もしもの時は、うちでひきとるか…でもチクワもいるし…」等等。
急いで家にチクワを置いて、ドッグフードを持って迷子犬の元に戻ったのですが、もう居なくなってました。
今でもそのコがどうなったのか、きにかかります。


budイイタヌさんへ

私もハラハラの一日でしたよsad

イイタヌさんもそんなことがあったのですね。dogを発見してしまうっていうのはもう「放っておけない」私達にとっては一大事ですよね~weep
ジャンボ君に付き添ってる時も『今日この仔と離れて家に帰る時間がきてしまうのだろうか?それはありえない...どうしよう...』って考えられないくらい切羽詰ってたんですよ~。一回北海道の旅行中に車の多い路上に迷い犬を見つけた時も心がうち沈みましたcrying

今回は、飼い主が来てくれた時の安堵感はかなり感動的でしたshine
だけど、ものすごい大飯食らいの仔だったなぁcoldsweats01普段おうちでご飯もらってるの?くらいな...coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80698/43103757

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の丹沢迷いチワワ騒動:

« 一生の波を表す宿命型 | トップページ | ペンネアラビアータとダンキンとさら »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム