フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月20日 (水)

こぶシニア犬健診の巻

042222 少なくともうちの周りに限って言うと、マスクなんて誰もしてなくて、なんともノホホンとしてる丹沢だ。

人間もノホホンなら紫陽花もノホホン、犬もノホホン…。でもフィラリア対策だけはノホホンともしてられないというので、きのう動物病院へ行き薬をもらってきた。ついでに夏の旅行先にワクチンと狂犬病の証明書を提出しなければいけないので、シブシブ、ワクチンも一緒に打ってきた。私の聞きかじったところによると、ワクチンを毎年うつと、かえって免疫力を甘やかすことになると、3年に1回のプロトコルで接種してる地域もあるというのに…。狂犬病との間は最低3週間はあけたほうが良いということで、狂犬病はまた後日だけど、これも気がのらないなぁ。

先生は副院長のH先生にあたった。この先生はこぶが小さい時から診てくれている先生なんだけど、小柄な女性で、シャープな頭脳の持ち主。話の仕方、所作にしても佇まいにしても一瞬たりとも無駄のない秀才肌で、美人でスタイルもバツグン、色白肌にセミロングにはゆるめのパーマでクールな面影…。なので、H先生にあたると、診察室に入ってから数分は先生が犬の話をしているにも関わらず、ボーっと先生の観察に神経がいってしまう。そして『この先生ってきっとチーズケーキの半ホール食いなんてしないだろうな』とか『くら寿司なんかに行って○皿食べた!なんて意味の無い皿数比べなんかもしないに違いない』『普段、何を食べどんな本を読むのかな』そんなどうでもいいことを考えてしまう。きのうはちゃんぴも一緒だったので、きっと同じようなことを考えていたに違いない。

034444_2 このH先生にあたったのは久しぶりで、こぶが来月6月には7歳になるということで「シニア犬のカテゴリーに入ってきましたね。10歳を越えたらドッグドックをお勧めしますが、きょうは簡単な健康診断をしておきましょう。それで異常値が出ればさらに検査をすすめるということで」という話になり、フィラリア検査で採った血液で健診をしてくれることに。
体重が前回より500グラム増えていて市販のおやつの砂肝を与えていると言うと、それは即やめにしてください、ということ。あの先生はあのプロポーションを保つためにきっと厳しい自己節制をしているに違いない…。自分にも厳しいが、人にも実に厳しいのだ。「体重は重いけどもともと体のつくりが大きい仔だし、全体レベルで見ると胴のくびれもあるし、まぁ大目にみましょう。でもこれ以上は太れないですね」としっかり釘を刺され…。歯垢や関節、耳など一通りのチェックを終えて「血液検査の結果をお知らせしますので待合室で少しお待ちくださいね」ということに。010

ところが通常のフィラリアの検査ではあっけなく呼ばれるのに、なかなか呼ばれず大分時間が経過した…。なにしろ毎日手作り食で6歳の今まで育ててきてるので、なんだか妙に責任を感じてしまって、私の食事のせいでとんでもないことになってるんじゃないかとか想像してたら何やらワル~イ汗が…。そう、この汗は初めて一人で東名高速を運転した時に出たワル~イあぶら汗と同じ…。

しかし連れは呑気なもので私が「なん、なん、なんで…こんなに…待つのよ…。きっと悪い数値が出て、さらに詳しい検査にかけてるんじゃないの?」なんて言っても「ハハハ平気だよ。こぶは毎日元気だからね、どこも悪くない。混んでるだけだよ」とお気楽そのもの…。『あぁ、この人はいいね、毎日の細かいことや心配事は全部私で、自分は犬の甘いトコばかり楽しめて…。それに混んでるって…待合室には私達だけになってるってのに…』とグルグルグレーのスパイラルにはまりこんでいると、H先生が検査結果の紙を持って出てきて名前を呼ばれた。あぁ嫌だ…。自分の検査よりもドキドキだ!

結果、こぶはどこも異常がなく、全部数値が平均値に収まっていた!あぁまったく心配して損をしたよ。
この日のお会計はフイラリアの多頭割で2頭分×7ヶ月、検査代、ワクチン2本と耳垢が少し色づいてるというのでその薬でしめて3万6000円。あぁキツイっす。でもフィラリアにも感染してなかったし、悪い汗も出し切ったということで…。

2009年5月15日 (金)

さくらの実とお弁当

Image4871 きのう散歩をしていたら、ポロン!と私の頭に何かが当たり、地面に落ちた。見てみるとさくらんぼだ。小さくてかわいい小鳥用のさくらんぼと言う感じ。上を見上げると桜の木で、同じ実がたくさん生っていた。せっかくだからこぶの背中に乗せて携帯で一枚撮ってみた。

夕食の時にさくらんぼの話をしてみたら、それは多分さくらんぼではなくて、さくらの実だろうということ。どう違うのかと聞くと○○○○○○の木のさくらんぼは「さくらんぼ」ではなく「さくらの実」で食べられないそうで、「○」と伏字にしてある訳は、ちゃんぴ曰く「そめいよしの」らしいんだけど、調べたわけではないので一応間違っていると困るので…。

036666 こぶだけど、2~3日前にくしゃみを連発し、一日食欲がなかった。様子をみて薬を飲ませたら翌日すっかり回復し今は元気だけど、そのくしゃみのまた可愛いこと…!「ヘグシ!」といった感じで一瞬首を振動させるのよ。シャンプー後にドライヤーで乾かさなかったのがいけないのか、それともヒノキ花粉なのか?くしゃみのことを、近所の犬友に相談したら「あら、うちなんか全部、宇津救命丸飲ませてる」ということ…。お腹を壊しても風邪をひいても…だそうだ。宇津~といえばアレか、みーちゃんが私の夜泣きに困り果てて飲ませてたという…。犬にヒトと同じビオフェルミンをあげるっていうのは聞いたことがあったけど、これは初めて。いいのかなぁそんなことして…。

ところで私にしては珍しく今年は早めなんだけど、こぶ家の8月の夏合宿の宿を夕べ深夜に予約した。ポイントがほしいのでできるだけ「じゃらん」から取ろうと粘ってたけど、待っても待っても夏バージョン料金が発表にならないので、諦めて楽天トラベルからだ。この2週間くらい迷ってたけどちゃんぴは軽井沢はもう飽きたというし、新しくできた宿も考慮に入れて散々考えた末、やはりわんパラになった。今回は伊豆ではなくちょっと遠くまで行く。

そんなことで気分が高揚し、深夜2時に寝て朝は5時に起きる。今週2回目のお弁当を作る日だった。3時間しか寝てないけど、中途半端にたくさん寝るより気分はシャキッとしているものだ。チョロッと聞いたことがあるけど、1時間半(90分)の倍数で寝るのが理に叶っているそうではないか。お弁当を作ってから二度寝しようと思っていたけど、天気が良くその二度寝は洗濯機2回転の2に変わった。午後出かける予定があるけどそれまでシャッキリがもつかどうかというところ…。

水曜日のお弁当はステーキ弁当002222

気に入りの男性用お弁当箱がみつからないので、仕方なく私のお弁当箱で。
「足りなかった」と言って戻り、夜バカ食いしてた。彼の年齢の男性だと800リットルのお弁当箱がふさわしいとどこかに書いてあったっけな。002222_2

これは今朝つくったもので、このほかにおむすびが3つつく。(梅干し、青菜じゃこおかか、赤飯)
私はシャッキリしているつもりだったのに、持たせてから気づいたプチトマトとたくわんの入れ忘れ。それからおむすびに海苔を巻くこともすっかり忘れてた。作ってる時にレタスがないことに気づき慌てて水菜で代用。お肉の下に敷く。

ちゃんぴは水菜を生で出すといつも「歯にハサる」と言ってるが、「それを言うなら『歯にサさる』だろう」と返すと「西日本では刺さると挟まるとあわせて『ハサる』という」とは岡山生まれの彼の弁。「さくらの実」の話と共に、にわかには信じられないのは悲しい。

2009年5月11日 (月)

なぜ君達は草の中へ

031111

週末のT公園は前日の雨のせいか木々の緑がいつにも増して輝いて見えた。

この写真の山の稜線の向こうは相模湾。電線もなくこんなにきれいな所でもここに見えているのは私達が呼ぶところの「シャバコース」。

001111 「天空」と名づけたさらに上のほうに行くと「ポー君」といううささんがいた。さらを怖がり逃げてしまうのでお父様がバスケットに入れて下さった。それでもカメラ目線はくれないシャイなうささんだった。023333_2

012222 それにしても何故、犬というものは草の中がこれほどまでに好きなのか?

脇の砂利道を歩いてても、ちょっと目を離すと、いつのまにかロングリードをシュルシュルと伸ばして草の中へ。

013333_2 草の中を真剣に歩く。

014444_2 そうかこぶ丸、そんなに草の中はいいか。

知らないゾ?あとでカユカユになっても。まだフロントラインはスプレーしてないというのに…。もう母ちゃんはヒヤヒヤだ。

それでも君は危険をおかしてまでゆくか草むらを。

018888 どうやら草むらに真実をみたのだな?019999_2

*****

ところで今年の母の日、例年は花をあげてるんだけど(昨年は胡蝶蘭)、今年は電話で本当は何がいいの?と尋ねると「ようかん」だということ。

「………」

さすが私の母親だ花より団子。まぁ、花は花で確かに喜ぶんだけど…。それで私もヘソマガリなので、ネットで探した竹籠に入った洋菓子の詰め合わせを。
「ウィルスが蔓延してるのでしばらく横浜へは近寄るな」ということなので「おいもや」さんから直送。M_take_top1_2

義母は若い頃お花屋さんで働いていて、花の名前は何でも知っているし華道の免状も持ってる。
だから何をあげてもお花の相場はわかってしまう。
仕方ないので(?)あじさいとカーネーションの鉢を。

なんだか選んだ後、変な取り合わせだと自分でもわかったけど、もう仕方がない…なにしろ混んでて…。
それとこないだ一緒に行った「たぬきのお宿」でのクロちゃんとのナイスなツーショットを額縁に飾ってリボンをかけてあげたよ。

2009年5月 7日 (木)

映画デートさ!

連休中日、こぶ家の秘密スポット(大磯の海の見られる所)に行こうよということになり、みんなで車に乗り込むも、西湘バイパスで車が動かなくなり、いつものように短気な私は「エイ!頭きた!もういい帰ろう!なにも、こんな渋滞に付き合うことなし!」001111_2

くだりはガラガラなのでよけいに戻りたくなって途中から引き返す。

遠くにボヤーーッと見えるのは江ノ島だけど、あそこまで行くには多分、日が暮れてしまうのだろう。平日ならばスーーッと着いてしまうのにね。アホくさ!

そしてGW最終日は混んでない道を使って映画に。オット!ちょっと小ウルサイことを言っちゃえば、最近のCG処理してあるものは映画ではなく、それは新しい文化だと思ってるのだけどね。私個人的にはあくまでも映画とは、昔の「慕情」とか「第三の男」とかあんなものを指します。

絶対観ようと思ってた「ビバリーヒルズチワワ」。T0007322s
ちょっと残念だったのが、声優がミスキャストなんじゃ?と。最初にCHLOEちゃんが口を開いた時の声に「エッ!嘘でしょ?このままいくの?最後まで?」とびっくりしてしまった。せっかくのCHLOEちゃんの可愛らしさがあの油のりした成人女性声優の声と全然マッチしてない。
もっと子供(それも素人の)を使うとかにすればかえって良かったのかも、と思った。
ストーリー自体はどうってことないけど、たくさんの犬を見られるだけで充分だった。それにCHLOEちゃんの演技力は卓越したものがあったし、「鳴き声がこぶに似てるよー!」と一々ちゃんぴと内輪受けしてたら前の人に睨まれてしまった!
園芸犬も保健所からレスキューされた犬が起用されていたし、映画そのものにメッセージ性があることは素晴らしいことだと感じた。

とりわけ楽しかったのはメキシコの映像。チワワの故郷がメキシコであることはちょっと聞いたことはあったけど、メキシコには行ったことないし、ちょっと想像できなかった。砂漠でチワワがいっぱい出てきたところはまさにチワワ好きな身にはたまらないほど楽しかった。
それから、迷子になったCHLOEを必死に助けたデルガド。首輪もない彼はCHLOEを助けた後、これからどうなるのだろう、とずっと暗い気持ちでいたけど、最後に警察犬に迎えてもらえることになった時は、映画であることも忘れるくらいにちょっとウルッときてしまったなぁ。でもここはお涙の場面ではきっとないのだろうなぁと思ったので、ちゃんぴに気づかれないようにすばやくハンカチで涙を拭いた。

あ、あんまりストーリーをバラすのはきっとタブーなんだろうから、ちょっとスナックの話になるけど、映画館のスナックってどうしてあんなに高いのだろう?
キャラメルポップコーンとドリンクのペアセットとナチョスのチーズ味を買ったら軽く1200円は越えた。
…で、ナチョスっておいしいけど、パリパリすごくうるさくて周りに迷惑だと思って、大音響の場面になった時に、ポップコーンと一緒に集中的にバリバリと食べていたらそのうち胸焼けがしてきて、映画が終わってから食事をしようと話していたのに、彼のほうも「もう何も入らないわ」となり、何も食べずに犬屋敷に帰還…。

これから5月は終盤に向かって、市県民税、自動車税2台分、固定資産税、こぶさらのワクチン代、フィラリア代…と、6月のカレンダーを生きてめくることができるのだろうか?

2009年5月 3日 (日)

初夏の丹沢-GWのこぶ家と幻の野草

002222 マスクなしで普通に呼吸ができて、それでザジテンもいらず、しかもまだカンカン照りじゃないから、散歩に一番良い季節かもしれない。これもあの花粉の苦しさがあったからこそとりわけ幸せに感じられるのかもしれない。

一応、一年中UVカットの化粧品を使ってるけど、それでもT公園まで上がっていくと、帰ってくる頃には鼻の頭は赤くなってしまう。

040000 こぶさらにはまだまだフロントラインを使わず、我が家の検疫官(私です)が帰ってきてからのグルーミングでダニがつかなかったか気合でチェックし、水際阻止してる最中。一応体毛が白いので、これでギリギリまで粘りきるつもり。006666

T公園は今つつじが見頃を迎えているほか、藤の花ややまぶきなどがきれいだ。015555

このフワフワの綿みたいな集団は何でしょう?これは「おきな草」といって、遠目に見ると地味なのに、近寄って見るとシャイニーでチャーミングな姿にびっくりさせられる。018888 是非クリックして、拡大して見てみてくださいね。021111_2

ちょっとクリスマスローズにも似ているような気が…。016666

遠出をしたいのは山々だけど、こぶさらと一緒に行くとなればやはり渋滞が大きなネックになり、今のところ、普段のお休みと同じ過ごし方で、毎日こんな山歩きだ(毎年こぶ家はGWはどこにも行きませんね~)。

028888 でもこぶさらは近くの山でも、パパと一日一緒にいられるだけでご機嫌のようで…。パパモテモテ!それでパパも目尻が下がりっぱなし…。きっと人間の娘だったら髪もとかさないムサイ親父なんて「臭い」とか言われてたかもしれないよ。犬でよかったねアハハー。

で、こぶママはシューンとしている。なぜかって?これを見よ。036666_2 こんなものGW中に送りつけて、消費者心理に水を浴びせるとかって考えないのですかね?

ああぁぁ、犬はいいなぁ。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム