フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月28日 (水)

蓼科わんわんパラダイス(2)長門牧場編

012222
朝早く、さらが階下で泣いてる声で目が覚めた。「鳴いてる」でもないし、「吠えてる」でもない。ちゃんぴ曰く、夕べは約1時間おきくらいにウロウロして私を探してたらしい。私も一階で寝てもよかったけど、二階で本を読んでるうちに眠たくなってしまったのだ。で、ベッドがあまりにも居心地が良すぎて、そのまま…というわけ。もっとも私もそれで熟睡したわけじゃなく、夜中に屋根の上を何かの小動物がダダダダ…と駆け抜ける足音がしたりで、そんな足音を間近に聞きながら、今のはなんだろう?なんて色々と想像していた。

二日目、とても良いお天気。写真奥の建物がコテージのフロント棟で、チェックアウト後もドッグランで遊んでいる。

068888

069999

朝食は持参したパンやコーヒーで軽くすませた。ホテル棟に行けばバイキング朝食を取ることもできるが、車での移動、こぶさらをまたもやサークルに入れることなど考えると、このままヌクヌクとみんなでコテージにいたほうが楽なので。

蓼科牧場へ行き、本当はここからゴンドラリフトに乗ると、御泉水自然園という良い場所に行けるのだけど、ただいま閉鎖中(29日あたりから営業らしい)。なので、みんなで散歩だ。

074444

075555

077777

次に長門牧場に向かった。

079999

080000

083333

この牧場は初めてだったけど、俗化されてなくて大変気持ちのよいところだった。ここで牧場で作られているソーセージやチーズを買い、こぶさらのご飯を入れてきた、空になったクーラーに保管。

たまに鐘を鳴らす人がいて、その鐘の音がとっても牧場気分を盛り上げてくれるのだった。
078888

テラスでピザを食べていたラブとパピちゃんのオーナーさんとしばし歓談。本当はこのお家にはつい先日まで3匹いたらしいのに、そのうちの一頭を亡くしたばかりだということを知る。とっても優しい物静かな男性オーナーさんで、犬も穏やか。やっぱりオーナーのキャラを反映するようだ。ギャンギャンさらぽんのオーナーは誰…?反省…。

うちもピザ(5種類のチーズを使ったピッツァフォルマッジ)と生ハムのサラダでランチにした。このピザのチーズがもう絶品で、二人であっというまに平らげる。

092222

093333

女神湖の木道は毎回このあたりに来るたびに歩いているので今回は車窓より。

106666

復路はまたもや双葉に立ち寄り、今度はラーメンを食べたけど、下り線の「こく黒」のほうが数倍おいしそうだったなぁ。ドッグランには小型犬2匹の先客がいたので、こぶ家は入るのをやめておいた。

日曜日なので、高速料金はお徳だったし、その割りに渋滞もなかった。5時半に帰宅。今回の旅行で思い知ったのはやはり寒さで、リゾート地に別荘なんて持ってる人は大変だろうなぁってこと。知り合いにも犬とログハウスに住まうことをずっと夢見て、御殿場にやっと念願のログハウスを建てたというのに、冬の寒さに惨敗し早々に売りに出してしまった方がいる。メンテも大変だろうし、夏の暑い時期にちょっと遊びにいくのが正解かな?

*****

「美味しかったよ~」って、贈り物用に大変喜ばれています!伝統の手作り製法!長門牧場のこだ...

贈り物だからこそ、評判のチーズをお勧めいたします!長門牧場 ナチュラルチーズ・ヨーグルト...

「ここは外国の草原?」と思わせる広大な農場で一年中放し飼いの牛、美味しいに決まってる!長...

2010年4月27日 (火)

大雪リベンジの行き先は(1)わんパラ制覇に向けて

少々長いです。読んでくださる方はあなたの健康を損なわないように(煙草か?)、休憩を入れてボチボチとお読みになってくださいね。
コメントもご無理なさらず、どうかお気楽にね♪

*****

すっかり恒例となったこぶ家の春の強化合宿。なぜ「強化」なのかは当人もうまく説明できないのであまり深く触れないで、と…。思わぬ大雪に見舞われた為、御殿場まで行くも中断となった旅行の一日目をやり直すべく、先週末出かけてきた。

行き先は、「蓼科わんわんパラダイス」!

ホテルアンビエント蓼科コテージ

本当ならキャンセルチャージを取られるところ、コテージの方がご親切に日程変更扱いにしてくれていた。おまけに、このコテージ宿泊者はホテルのほうの大浴場と露天風呂を使えるのだけど、そのお金もタダだった。あぁやっぱりわんパラだわ。

ちなみにこぶ家は、残す高山わんパラを制すれば、すべてのわんわんパラダイスを回ったことになる。今回この蓼科に行くに当たってはりくままのブログ「りくちんの妊娠日記」の中の蓼科わんパラを参考にさせてもらった。(何を?ってご飯が多いとか、夜は暗くてホテルに風呂に行くのは大変だとかそういうこと。いやいや明るいうちにお風呂に行っといてよかったね、と二人でしみじみしたのだった)

008888

最近、お天気の上がり下がりが激しかったので、また雪が降ったらどうしよう?なんて危惧していたのが嘘のように、一日目はピーカンのお天気だった。でもコテージに着いたら「先ほどまで雪が降ってましたので、ドッグランはちょっとグチャグチャかもしれません」なんて言われてビックリ!えっ!?そうだったの?

休憩は一回だけ、いつもの釈迦堂ラーメンを狙ってひたすら飛ばすも、駐車場にスペースが見当たらないので、そのまま指をくわえて通過。先の双葉S.Aへ。
するとやはり江原さんがおっしゃっていたように、「物事に偶然はない、すべては必然なのです」と実感することが…!なんと昔は確かこんなスペースはなかったのに、というような素敵な犬用の散歩道ができていた。ところどころにハーブが植えられ、犬用の「ンちBOX」なんかも設置してある。帰りも使ったが、上り線にはドッグランまであったのだ!
もう釈迦堂はやめて、これからこぶ家は双葉にする。

ここでランチにする。かわりばんこで店内を偵察してきて、みんなで裏のお庭でそれぞれ好きなものを食べる。ちゃんぴは「こく黒ラーメン」で私は何にしようか散々迷ったあげく、ピザとあんドーナツ。なんてベタなメニューなんだ…!こぶさらは手作りジャーキーと水分補給。

017777

コテージに到着。フロント前にドッグランがあり、こぶはいつものマイペースで歩いていたけど、さらが大はしゃぎでまるで爆竹球のように爆走していた。こぶもさらも疲れたのか、部屋にサークルをセットすると、自分達から入り、ハウスで一寝入りしていた。
暗くなると車を泊めるのも大変と確かりくままのブログに書いてあったので、到着早々二人で車で5分くらいかかる「ホテルアンビエント蓼科」(わんパラのホテル)の大浴場へ行く。露天風呂もまだ明るかったのできれいな景色が見られた。

ところで、私達のコテージ(TD-62)はかなりの年季が入っていて、最初外観を見たとき「エエェーーーッ!こ、ここに一晩泊まるの?大丈夫なの?」なんて二人でびっくりしたけど、いざ中に一歩入ってみると、見た目よりは広く、お掃除が大変キチンとなされているのがわかり、トイレも簡易水洗だけど清潔で何の不自由もない。

045555
キッチンには食器類、サランラップまで完備。

046666
ワンコグッズもこんなかんじで。

047777

二階はベッドルーム。さらにハシゴみたいなのを引き出すと、三階にまで行けた様子だけど、ちゃんぴと相談し行かないことにした。なんだか怖い。

048888
これは二階から見たダイニングキッチン。左がキッチンで、テーブルの手前に和室がある。このほかにお風呂とトイレ、洗面所がある。

階段が隙間があいていて、犬には危ないので二階には私が寝て、ちゃんぴは一階でフトンを敷いて寝た。

この日の夕食はケータリングを頼んであって、「すき焼き、寄せ鍋、鶏鍋、しゃぶしゃぶ、鉄板焼き」から、鉄板焼きにした。以前にりくままのブログで、ご飯は生米を自分で焚く、また、多かった旨の記載があったので『りくまま、ありがとう。参考にさせてもらうよ』と心の中でイヒイヒと「さとうの炊きたてごはん」のパックを持参、生米はお持ち帰りにしようと目論んでいたのに、コテージに到着すると、ナント炊飯器から煙が…!フタを開けると、すでにご飯が二合分炊いてあり保温になっていたのだっ!

こぶさらには自宅からクーラーに入れて持参した手作りスペシャルステーキ弁当をチンし、いつものように人肌に冷ましてからあげた。

021111
いや、ヒトもいただきましたよ。こぶ家では決して買わないような高級和牛を惜しげもなく。しかも、こぶ家の半年分(大げさ?)くらいの量を…。焼いても焼いてもまだ減らない牛肉に豚肉にソーセージにお野菜…しかも銀紙の中はお魚の蒸し焼き。その上、箸休めにタコの酢の物のようなものまでついてきて、ご飯のほかに焼きそばも…。家から持参したおやつには手をつけず、よけいな荷物になったのだった。

それにしても食事が終わってTVを観ていると、寒くて寒くてまるで冷凍庫の中にいるようだった。こぶさらも冷凍チワワのようにあまり動かなくなってしまい、置いてあったストーブ二台に点火した。マンションではこの十年、暖房不要なのでブルーの炎を、とても珍しく眺めた。部屋に立ち込めた灯油の匂いがなぜか非常に懐かしく、コテージ気分をいやがおうにも高めてくれた。体を温めるために部屋のお風呂にもお湯を張り、交代で入った。

長くてすみませんが、二日目に続く…。

2010年4月18日 (日)

魔法の手

キャベツとレタスが嘘のように高い!きのう買ったレタスは298円だったし、キャベツも同じような価格だ。
こういう時の主婦の見方は「モヤシ」なんだけど、けっこう穴場なのが「冷凍野菜」。野菜相場が値上がりしても冷凍野菜は値上がりしない。

さて、うちに素敵なプレゼントが到着。
いつもブログで仲良くさせていただいてる「Search for a Good Thing」のちょぱかぶらさんからこぶさらのお洋服をいただいた。

このお洋服はただのお洋服ではなく、なんとちょぱかぶらさんのお手製なのだ!さらのほうには女の子らしいピンクのレースまで縫い付けてあって、縫製もしっかりしてて、もうホントびっくり!

004444

柄オソロのこぶさらで色違いなのだ!ちょぱかぶらさんの愛犬であるかわいいかわいい「チョッパー君」ともお揃いらしい。

いつも服を着せようとするといやがるこぶも、この日はなぜか無抵抗(眠かったからか?)。しかも着せた後も脱ごうと試みたりはせず、いつまでも着ていた。
生地が伸縮性に富んでいるのできっと快適だったのだろう。サイズも試着後に購入したものよりもピッタリ!

ちょぱかぶらさんの器用さについては、前々から彼女の日記でうかがい知ることはあったが、でもこんな柔らかな生地をきれいに縫えるちょぱかぶらさんに、改めて脱帽…。

この写真の直後に、仕事場から飲み会に参加するちゃんぴが車を置きに帰ってきて服を着てるこぶさらを発見。チンマリと良い子に服を着てる二人を見て「あ、おNEWの服だぁ!かわエエ!ウヘ、おまえ、いい子だな」と、エヘラエヘラ親バカ丸出しで喜んでいた。

彼女にはこのほかにおいしいおいしいお菓子と、お手製のお味噌までいただいた。
お手製のお味噌の作り方についてはこちらに載っている。手作りお味噌には憧れるけど私はとても不器用なのできっとすぐにカビでも生やしてしまうだろう。ちょっとやってみたいな、という方はちょぱかぶらさんのサイトを参考にされてどうぞチャレンジしてみてくださいナ!

このお味噌の作り方のほかにもピザおいしいおせち料理、はたまた大福までも載ってます。100均グッズも彼女の「魔法の手」にかかるとたちまちかわいいお洋服に変身。こりゃもう私からすると異星人のようだわ…。ちょぱかぶらさん、素敵なプレゼントどうもありがとう!

*****

当記事「魔法の手」、みなさま多数ご閲覧のおかげでココログランキング31位ランクインしました。ありがとうございます。

2010年4月14日 (水)

つぼみを追いかけて

027777

先週、夕食のしたくをしているとチャイムが鳴った。マンションの理事長のHさんだ。
「訃報の連絡です。405のKさんが昨日亡くなられたそうです。それでお通夜は…」
あまりにびっくりして私は
「えっ!?いやそれはないですよ。おとといKさんとはエントランスのところでお会いしてご挨拶をしてちょっとお話したばかりで…。あ、Kさんのお母様ですか?」
「いや、Kさん御本人です。本当なんですよ、心筋梗塞だそうです。お宅へお邪魔して来ましたが、まるで普通に眠られているようでした」
「それでお通夜は湘南○○会堂、午後6時。告別式が…」

もうその後はボーっとしてちゃんとは聞いてなかった。

『コクベツシキ』ッテ?ソレガオワレバ、ピンピンシテタKサンハ モサレテ ハイニナルノカ?

ってことは、犬ごはんをこしらえてるこの私も同じように、あさってには骨壷に入っていてもおかしくないのか。

直前にエントランスでお会いしたとき、むしろいつもよりお元気そうでバリッとしてたし、もうすぐ亡くなるようなオーラはまったく感じられなかった。
まだ小学生、中学生のお子さんのお父さんで、年だって私より若いかどっこいか、くらいのものだ。

この頃親戚の叔母が急に体調を崩したりと身辺の変化が多くて、一人になると、『保障された命なんてどこにもないんだ。その前兆もないことだってあるんだ』という思いがどうしても迫ってきて、平穏な毎日にあぐらをかいている自分がヤケに傲慢に思えてしまう。

030000

そしていつも行き着くのは『ましてこの子達の小さな命は…』。
そうなると、『来年のこのきれいな桜をまたみんなで見られるのか』と、にわかに焦りにも似た気持ちが私を突き動かし、近所のきれいな桜はすべて車で見せにまわっている。

042222

041111

山も上のほうに行くとまだつぼみもあるので、こういった枝をみつけるとなんだかうれしくなるね。

061111

でも平地の暖かなところはすでに葉桜状態で、ピンクのじゅうたんだ!

065555

桜の花びらが風に乗ってサーーーーっと動くのがこぶの興味をそそったのか、目を細めてそれをずーーっとみつめていたよ。

*****

日本もドイツのように法律を整備してほしい。「ドイツ殺処分ゼロ」

2010年4月 2日 (金)

(2)モーターボートでぶっ飛ばそう!

さて、その食事会場で我々が遭遇した凄まじきおばちゃんパワ-。偶然その前の日か何かに、TVで勝俣が関西のおばちゃん軍団とハワイで遭遇し、「冷たっ!ハワイの海、冷たっ!」とか、いかにおばちゃん達が騒々しくうるさく実況中継するかというのを聞いて、爆笑しながら観ていたのだけど、同じようなことが実際自分達の身近なところで起ころうとは…!

我々がバイキング会場に入ったその15分後くらいに、さきほど大型バスで到着したのが見えたのだけど、そのおばちゃん達の一団がドドドドーーーッと入ってきたのです。そして、それまでは暗黙の了解で端から順番にスムーズに流れていた列に突然おばちゃん達が割り込み、
「とめちゃーーーん!こっちこっちーーー!こっちのほうがいろんなの、あるでーーー!!」とか、
「ほら見てとめちゃん!!ポテトサラダに海老が入ってる、めずらしなぁ、こんなん」とか実況中継の好きなおばちゃんやら他のメンバーも大騒ぎするやら、列を逆流するわですごいことになったのでした。憎めないんだけど…。

そして、山菜ごはんの入っていたごはんのお釜をバーーーンとすごい音をたてて閉めて、その真横で食べていた怖そうな熟年夫妻のご主人のほうが「うわぁぁぁ」と呆れてちょっと怒っていたようでした…。

子供軍団もクシャミをご馳走に向けてバラ巻くわで、これから春休み、夏休みは遊園地そばのホテルはちょっと考えようと思ったのでした。

024444

写真はデザートの一枚。手前左のプリン、なかなかでしたよ。これでも持ってくるのやっとって感じだったのです。おばちゃん達に押されて…フフ~。もっと沢山あったんだけどな。

030000_2

翌日、朝食レストランから見えた富士山。富士山て見るたびに色々な姿をみせてくれるのでいつ、何回見てもまったく飽きることがないですね。和洋のおかずが沢山並び、時間もちょっぴり遅めだったので、前夜の騒ぎは嘘のよう。

027777

ちゃんぴは一皿目は洋でまとめ、次に今度はおかゆや和のおかずをたくさん持ってきて食べてました。

031111

朝食後、食べ過ぎて自分の部屋を通過したのも気づかずにズンズンと廊下を歩くちゃんぴ。おーい、どこ行くだ!

今回は富士山をたっぷり見ることが目的だったのでもう帰ってもいいのだけど、ひとつ「カチカチ山ロープウェイ」に乗ってみたいということで麓に車をとめて階段を上がっていくと、ワンコはケージに入れなければ乗れないことがわかり、スゴスゴと撤退。

053333

「どうせあまり人がいないのにね、抱っこでいいのに。それに、どうせ乗れないんだったら階段を上がる前にわかるようにしといてよ」なんてブスッくれながら歩いてると、どこからか「お姉さんお姉さん」と呼ぶ声が…。お姉さんじゃなくおばちゃんなんだけど、図々しく声のする方を振り向くと…。

モーターボート乗り場のおじさんだ。「モーターボートはどうですか?」ということで、この寒いのに手漕ぎでボートかい、と思っていると…。

050000

どうやら白鳥のむこうに見える屋根付きのモーターボートらしい。これに乗らないかと。

よし!こうなったらモーターボートを貸切だ!といくつかあるコースの中から5000円のコースを選び、湖の中ほどまで乗せてもらい富士山の説明をしてもらうことになった。

037777

032222

033333

すごい勢いで滑り出したボートはダダンダダンと揺れ、一瞬これは食べ過ぎたちゃんぴにはヤバイのではないか…と緊張した。

こぶもさらも緊張の面持ちで、私はというと、『アレ?そういえばライフベスト、これ、着なくてエエノ?』的不安でいっぱいに…。

046666

047777

ウヘ、オレ ヨッタカモ

048000

ママ、コノ オオキナ オトハ ナニ?

040000

だいぶ走って湖の中ごろまで行くと、ボートをとめて丁寧に湖や富士山について説明してくれた。河口湖が水深何メートルかは忘れたけど、聞いた時はライフベストも着けずにおぼれたら大変なことになるな、と思った。このボートチャーターが今思えばこの旅行の一番のヒットだったかも~!とっても楽しかった。

長編にも関わらず、貴重なお時間をさいていただき、どうもありがとうございました。今月中には1泊目に泊まるはずだったホテルに行ってきます。CXLチャージを取られなかったことで、一層そのホテルに親近感が沸いているところですが、さて今度は無事にたどり着けるのでしょうか?

2010年4月 1日 (木)

(1)こぶ家春合宿Part1は富士山からだ!

022222

大雪のため1泊目が急遽中止になり、翌日家を昼過ぎに出発して到着したのは山梨県の河口湖でした。

ここは道路状況が順調ならば家から1時間もあれば行ってしまう場所なので、わざわざ泊まりでいかなくともよいのですが、当初の予定で一泊目のホテルから戻ってくる途中、ここでちょっと富士山パワーを浴びて帰ろうということだったのです。

昼過ぎに出ても3時のチェックイン前に着いてしまったので、ホテル付近でお散歩です。

001111

002222

おっと失礼!こぶさらは仲良く同時に本日のお仕事。

011111

素敵なパンやさんをみつけたので、いくつか買いました。ドライトマトの乗ったお食事系ペストリーがとってもおいしかった!こぶさらは持参した手製の砂肝ジャーキーでおやつです。

本日お世話になったのは「フィットリゾートクラブ」です。たくさんあるプランの中から1泊2食ワンの宿、富士山麓バイキングのプランを選んでみました。お部屋タイプは66平米のフォースです。

フィットリゾートクラブ

012222

ベッドルームは二つでこちらのほうは、こぶさらの留守番時のサークルの部屋に使用したくらい。

013333

私達の使用したほうのベッドで、この奥がバスルームになってます。

014444

ベッドの足元のほうにTVとリビングキッチン。キッチンは食料の持ち込み禁止だけどそんなこと知らなかったし、うちはワンの食事を持ち込み。電子レンジがなかったので、苦肉の策で湯煎であたためてあげました。キッチンカウンターはあるけど、火元はありません。

016666

ワンコグッズもご覧のとおりに揃っていたけど、シーツの替えが置いてない…。うーむ、なんだかお部屋が広くて使いやすいわりに、親切なんだか親切じゃないんだかわからないホテル、というのが何につけても今回最後までつきまとった印象でしたね~。 もちろん犬料金は取られてるんですけどね、ソフト面でもうひと頑張りといったところでしょうか。

019999

この日は満室で、バイキングは3回に分かれ、我々チームは最終回の8時です。予定では食事までのあいだに温水プールで泳ぐつもりだったけど、スイミングキャップをレンタルしなきゃならなくてメンドくさいのでやめ。ホテルの敷地内の雑木林を皆でお散歩にしました。

020000

ゴルフコースの外周をまわるかんじなんだけど、ずいぶん歩いて最も深い森の前に来た時、こぶが木の一点をみつめたまま微動だにしなくなってしまいました。こぶが見ているのは一箇所。私も見に行ってみたけど別にただ木が生えてるだけ。「こぶ、何か見えるの?」と聞いてみても何も言いません(そりゃあね)。リードを引いてもまったく来ないので、ここでちゃんぴと選手交代。私がさら担当、ちゃんぴが仕方なくこぶを抱っこになったけど、こぶはそれでもさっきの一点に後ろ髪(ないか!)をひかれてる様子(怖。

部屋に戻り、こんどは交代で温泉大浴場に行こうということに。先ずちゃんぴ。戻ってくると「いやぁ参ったねぇこりゃぁ…」。なんでも子供でいっぱいで、そう広くはない大浴場内は子供がギャーギャーと騒ぐ声で入った途端、ここは保育園かと思ったそうな。シャワーブースは確保できたものの、「俺、てっちゃんわざわざ行かなくてもいいと思うよ、っていうか行かない方がいいかも」。

思い出しましたよ。前にもこんなことがあったっけ、あれは確か夏の「ホテルグリーンプラザ軽井沢」あれは夏休み中だった。そうか、遊園地近くの休み中のホテルはこういうことになるのか!きっと遊園地とセットか何かの格安プランでもあるに違いない。ここでやっと学習した二人。

大浴場はさほど広くないというのは事前に知っていたし、未練もないのですぐに諦め、悪くない部屋のお風呂にすることに。そんなこんなで夕食時間になり、こぶさらをサークルに入れ、TVをつけっぱなしにして(こぶさら留守番時にはいつもこうします)、レストラン「ガーデニア」に向かいます。

ここでもまた子供だけではなく、大変なおばちゃん達に翻弄されるのだ、なんてこの時誰が予想できたでしょうか…!?

フッフッフ続きます。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム