フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« GWあれこれ(1) | トップページ | GWあれこれ(3) »

2010年5月 9日 (日)

GWあれこれ(2)

004444

おりしも友達から「新宿のスポーツジムで水泳をしたらどうなのか、エ?」という電話が入り、聞いてみるとこういうこと。

あなたがこれから本格的なデブになってゆくかどうかは、今が頑張り時だ。今ならまだなんていうか、なんて言うんだっけ、こういうのここを頑張るじゃなくて、えーとホラ。
あぁ、「ここが踏ん張りどころ」?
そうそう、今泳いどけば、絶対に本格的なデブ街道を進むことはないよ。
ふぅん、別にいい。私はね、背泳ぎしかできないから。息継ぎがね、できないんだよ。もう街道ならとっくに進んでるし。それにそういう所ってさ、スイミングキャップをかぶれとか言うでしょそれが嫌なんだよねー。あれってサ、かぶると髪がさぁ…
いや、スイミングキャップとかの問題じゃなくてね…。

と、その話は保留になったのだが、私にはそんなことよりもっと気になることがあった。
実は私には去年80歳になった叔母(父の姉)がいるのだが、その叔母が体調を崩し、今まで続けてきた一人暮らしは、どうやらもう無理なのではないかということで、彼女の子供達(私のいとこです)や親族相談の結果、どうやら介護施設のお世話になることになったのだ。私はそれまで老人介護施設というと、何もかもが束縛され、自由は剥奪され、あまり明るくない景色しか想像できなかった。

自分も遠い将来(いやけっこうそんな遠くないか?)はまったく無縁であるとはいえない介護施設について、実際に見学してみてケアハウスとはこんな所だったというのと大好きな叔母のことをちょっと私的に書いてみたいと思うので、今回はいつもの日記の書き方とは異なると思いますが、(長いですそれも)興味のない方は軽くスルーーっとしてください。もちろん一言でケアハウスといっても色々な施設があると思います、これはもちろんうちの叔母がお世話になることになったハウスのことです。

008888

私には幼い頃から体の弱かった弟がいて、その弟が入退院でバタバタしたりする時期がどうしても多かったので、幼稚園の頃からけっこう親戚の家(その叔母の家)や母方の祖母の家で暮らすことが多かった。その中でもその叔母には特別お世話になっており、当然その家の実子である私のいとこにあたる一つ上のお姉ちゃん(Y美ちゃん)とは普通の親戚というより、むしろ姉妹と言ったほうがピッタリくるような仲なのだ。
叔母は生みの母ではないにせよ、私と相性というか縁がとても深く、普通の叔母感覚よりもっと母に近い、これは思うのだけど、前世できっと深いつながりのあった人だ。私は大学時代も自営業だった叔母の家でアルバイトをしていたこともあり、叔母と私とはよいコンビだ。

その叔母の家は青山にあり、A学院のちょうど脇に建っている。叔母はその人生のほとんどを青山で過ごし、青山に集まったおいしいものをほとんど口にし、舌が肥えているのは言うまでもないが、オシャレのセンスものっぴきならぬものがあり、80目前にしてみんなでお花見に熱海梅園を訪れた時には、まさか年寄りがこんなものは着ないだろうと思うような真紅のコートをバリっと着こなし、他のメンバーをアッといわせるほどのオシャレ上手でもある。

また料理が大好きで、いつもお台所からは彼女の自慢のおいしい料理が何皿も何皿も生まれた。子供ながらに『おばちゃんはきっと味にうるさいから料理がうまいんだな』なんていつも思っていた。

« GWあれこれ(1) | トップページ | GWあれこれ(3) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム