フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


« GWあれこれ(2) | トップページ | GWあれこれ(4) »

2010年5月 9日 (日)

GWあれこれ(3)

そんなこだわりのある叔母が果たして介護施設などに順応してやっていけるのだろうか、という心配はあったが、いとこの話によると認知症のはじまりなのでは?というような症状もあるというので、何しろ一人にしておくのは火の元が心配である、というような理由で色々と探し回り、いとこの友達のツテから、あるケアハウスに入居が決まり、順番待ちを大幅に短縮してもらうことができ、先日入居を果たした。

叔母の家の引越し作業は私はちょうど旅行にぶつかったので、手伝いに行けなかったので彼女が施設に入居してから早々に、子供の日に彼女に会ってきた。いとこと一緒に。GW中はいつにも増してマイペースな暮らしで、バリバリ夜更かしを楽しんでいたので、スパルタ姉さん(いとこです)の提示してきた「○○駅に11時」という条件は、ヨーロッパ添乗から帰ってきた次の日にオーストラリアに行きなさいというアサインにも等しかった。

…けど大昔子供だった頃、いとこが泊まりに来て、明日は帰るという晩には私は来るべき別れの朝を悲しみ、よくギャーギャーと大泣きしたものだ。明日の朝は早いにしても、いとこ姉ちゃんに明日には会えるというワクワク感は何十年も経ち、良い年になった今でさえ、何千回会っても、そのたびにワクワクするのだから不思議っちゃ不思議だ。なぜなのだろう?ほかの人もいとこに会うのはほかの友達とは違うワクワク感ってあるのだろうか?それとも自分には本当の姉がいないから特別そう思うのだろうか?

006666

さてそのスパルタ姉ちゃんは私に輪をかけてうまいものを探求する心が強く(まぁ食い意地が張っていてアハハ)その日もまだ昼前なのに、自分の最寄り駅にある餃子やさんに案内してくれた。坦々麺のおいしいお店だそうなのだが、スパルタ姉ちゃんの息子であるK君(きんぴら嫌い)が、とんねるずのみなさんのおかげでしたの「食わず嫌い王」で、手土産としてそこの焼餃子を持っていって以来、もともと人気のある店だったのがますます混雑してしまい、その日も開店前からの行列、店を出た時も行列ができていた。

スパルタ姉ちゃんは私に坦々麺と餃子を食べさせたかったようだけど、その日の私の胃には重すぎ、水餃子5個のみにしたら、スパルタ姉ちゃんの機嫌は心なしか悪くなったようにみえた。だけど、その水餃子は店主が特別に作ってくれた裏メニューで、肉だけでなくエビが入っていて、そのプリプリとした食感は手作りの皮と相まって、間違いなく今まで食べた中で一番おいしい水餃子だった。

叔母は今頃ハウスで待っているはずだ。早く会いたい。ハウスとはどんなものなのかもとっても気になる。

« GWあれこれ(2) | トップページ | GWあれこれ(4) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム