フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


2009年6月29日 (月)

雨の週末

週末っていうと我が家ではどうしても外食気味になってしまうのだけど、きのうの日曜日は雨ってこともあり、オークションにはまってしまったり、こぶさらの夏服への衣替えなどしながら、久々家でじっくりと過ごした。

それでついでに、忘れてた「ミリオンドリーム」の結果をネットで調べたら1万円当たってた!001111_3

いつも末等の300円だから1万円というのはかなり珍しい。

ビックリしたことにこの下4ケタ9087のほうはボックスでいうと100万円が当選していることになる。003333
まぁ、ちゃんと並んでてくれないと何の意味もない番号だから捨てたけど。一瞬「きたかな?!」とは思った(大汗

昼は「蟹ときのこのスパゲッティー」なんかを作ってみた。010000

「本当に蟹はいってるの?」と思うかもだけど、ずわいのほぐし身の缶詰を叔母にいただいてたのを思い出して使ってみた。イタリアンパセリはベランダで育ててるもの。

そうそうベランダで思い出したけどこの写真…。ホームセンターで買ってきたイチゴの鉢でイチゴは失敗したと思ってたのに、また葉っぱが出てきたから、イチゴの葉っぱかと思ってお水をあげてたら、どうも感じがシソっぽい。012222_2

前にベランダでシソを育ててたから、風で何かが飛んでたまたまイチゴの鉢に着床したのかな?でも、うまい具合に2本出ているけど間隔はイチゴが植わってた時と同じで、なんだか不思議~。

で、食べてみたらシソのようなそうでないような…。
ちゃんぴに食べてもらったらやっぱり同じ感想を言って、うーむなんて唸ってる。「いろんなのがあるからむやみに食うな」と言われた。

でも、立派な葉っぱだし、シソなら枯れてしまう前に手巻きか何かで使いたいんだけどなぁ。もしわかる方いらしたら、おしえてください。でも、食べた人が唸ってるくらいだから難しいだろうなぁ。

2008年8月15日 (金)

ベガスの恋に勝つルールと夏の家ベーカリー

なんだか、異様なアクセス数だと思いリンク先を見て判明。おととい書いた「サマージャンボ当選」の日記が、ココログアクセス総数ギャンブル部門デイリーの5位にランキングされてしまったようだ。
派手なテーマに騙されて、せっかく来てくれたのに「なんだ6等、3000円かよ」なんて怒った人もいたかも。怒った方すみませんでした。次、頑張りまっす。

きょうは、「ベガスの恋に勝つルール」をみて来た。
夏休みということで映画館はかつてないほどの混雑ぶりだった。あそこの映画館でチケット買うのに並ぶなんて初めてだった。
エスカレーターを降りたらすごい人ごみに一瞬ひるんだけど、なんのことはない「【花より男子】満席です」の表示が出てたから、自分には関係ないなぁとすぐに思った。
それと、子供連れの「ポニョ」なのだろう、あの人出は。
「ベガス」の入りは13時30分の回で、6割程度。

私の右ひとつ隔てて座ってた熟年のおじさんが途中からイビキをかき初めて、ところどころ聞こえなくて困った。
暑くて頭がヘロヘロになり何も考えないでただ笑っていたい人にはうってつけの映画だったかも。所々、罪のないおかしさでそれなりに笑えた。内容はないけど、見て損したとは思わない。

それと、映画を観てて思い出した!以前添乗先のラスベガスのフラミンゴヒルトン(現在はフラミンゴ・ラスベガス)で朝食をとっていたら、当時、HTLのYAVAPAIレストラン前に大きなスロットマシーンが置いてあって、何かすごいのが揃っちゃった人がいた(中年の太ったおばちゃんだった)。おばちゃんってば「キャー!!!」って叫んで半端じゃない騒ぎぶりで、こっちまでがうれしくなるような大変な喜びようだったな。人が大勢集まってきて、あれって今思えばどれくらい当たったのだろう?

そういえば前の晩、ショーが終わってから私もほぼ貫徹でスロットマシーンで遊んだけど、かなり儲かったことも思い出した!空港でも、ボーディング直前までGATEにスロットマシーンが置いてあって、本物のコインが出てくるのね、ジャラジャラと。あれ、楽しいです。うーんもう一度、新しくなったラスベガスに行きたいなぁ。

ランチは(きょう、日本での話です)タリーズコーヒーでサーモンマリネサンドとブラッドオレンジのジュースを。サンドウィッチはせっかく良い食材だと思ったのに、なんだかしょっぱくて惜しかったな。ジュースはもはや言うことなしのおいしさ!

006666 ロビンソンデパートで手作りカレーの材料を探してたら、「夏の家ベーカリー」なんていう珍しいパンやさんのクランベリーパンを発見、即買い。
「夏の家」という、ハワイホノルルの創業80年の料亭のベーカリー部門みたい。
我が家には今、パンが溢れかえっているのでフリーザーに入れた。
きょうはケーキも買わずにこんな買い物のみで犬屋敷に帰宅。

どんなカレーを作ったのかは次回の日記で。

2008年8月13日 (水)

サマージャンボ当選!

やっと...やっと...憧れの永住の地、マウイに永住できることになった!
そう、サマージャンボで2億円が当選したのだー!

って、いつかは書いてみたいなぁと思ってたまに宝くじを買ったりするのだが...。クジ運は全然ない。
第544回全国自治宝くじ「サマージャンボ」、きょう発表だった。003333_2
...でもでも、今回は珍しく末等ではなくて6等当選してた。

下二桁「72」。
6等は3000円。これに末等のもれなく当たる300円を足せば、今回は3300円当選。とりあえず元金は戻ってきたってことか。
まぁ、このお金はまたこぶボンボンとさらポンポンの砂肝ジャーキーに消えるかな。

よく、宝くじって大当たりが近くなると数字がいくつも微妙な絡み方をしてくるっていうのを聞いたことがあるけど、今回は1枚ちょっとドキドキするのがあった。

みずほ銀行調べによると、1000万以上の高額当選者は1日に12人出ていて、2時間に1人の割りだそうだ。
で、1000万以上の当選者に行ったアンケートを見てみたら、当選の秘訣はやっぱり「運」だということ。
使い道に関する回答では1位が貯蓄で39.5%。2位が借入金の返済で25.6%。3位が、土地や住宅に使うと答えた人で、18.7%だった。

皆さん意外と「今を楽しむ」ではなく「将来」に気が向いている。そして、今の生活は変えたくなくて、精神面で豊かさが増すように使い道を工夫したいとのことだ。
でも精神面で豊かといっても、アンケート上位に趣味や旅行は入ってないし...。

このアンケートを見てたら、なんだかシューンとしてきた...。
そうだな...。1000万くらいじゃ、ローン返済に当ててそれで終わりそう。マウイ島どころじゃないわ。
「ここでないどこか」じゃなく「ここで」の暮らしに愛着を持ち粘る...というのが日本人の国民性かな。

このアンケートが日本人ではなく、アメリカ人だったらどうなのだろう、なんて色々と想像したのだった。
もっとこう、夢のある使い方をする人がいそうだなぁ。

2006年5月17日 (水)

突然の幸運に戸惑わないために

20065_196 宝くじ一千万円以上の高額当選者が3時間3分に一人出現しているそうだ。

日曜日の朝日新聞。

うわさによると、あの有名な西銀座デパートチャンスセンター1番窓口。
ほかの窓口はすいていてもここだけは、何かのくじが売り出されると2時間は並ぶそうだ。

でも、確率的にはどこで買ったって同じはずなのだから、これはどういう現象なのだろう...

新聞によると、高額当選者が購入時にこだわったこと

第1位。。。高額当選が出た売り場
第2位。。。連番・バラの割合
第3位。。。売り場の雰囲気
第4位。。。買う日にち
第5位。。。販売員
第6位。。。購入金額、枚数
第7位。。。売り場の方角
第8位。。。窓口番号
第9位。。。買う時間
第10位。。。占い、運勢
第11位。。。服装          だそうだ。

1番窓口に並ぶ人というのは、何か縁起のようなものをかついで並んでいるのだろうから、宝くじに対して熱心なのだ。窓口番号のほかにこの中のどれかも気にしている率が高い。
だから、当選発表の日を忘れ、当たりくじをそのままにしておくということは考えにくい。
1番窓口が当たりやすいというのは、当たりくじが放置される率がほかの窓口よりも少ないから、結果「よく当たる」ということになるのかな?
逆に、当たりくじをそのまま放置している人がこの国にたくさんいる、ということだ。

私は、方位取りをしたり、占いもするが、宝くじを買うときは別にこのうちのどれも気にしないで買う。
風水で「きょうはこんにゃくを食べてから宝くじ売り場に行こう」なんて書いてあると、「こんにゃくを食べて当たるならいくらでも食べてやるさ!」と妙にシラけてしまう。

ところで、高額賞金はそこらへんの窓口ではもらえない。
それなりの場所に足を運ぶことになるが、そこで、奥の別室に通される。
そしてそして、高額賞金が当たった人にしか配られない幻の冊子!

『その日から読む本、突然の幸運に戸惑わないために』

というのがあって、中を覗くと、こんなことが書いてあるそうだ。

「当選しても自分は自分と心得よう」

うーん、わかるなぁ、この言葉。

よく、高額当選した人のその後の人生が大きく狂ってしまったというような話を聞くけど、でも、もし私だったら高額当選したら、散歩的日常(ブログでなく、こんな毎日)は続くだろうか?
続くような気もする、半分は。
相変わらずタカラヤに100グラム49円のチラシの入った日にこぶとさら用のチキンを買いに行くと思う。

でも、もうここにはいないだろうって気もするし、なぜか想像するのは怖い。
クジ運は昔からないから心配は無用だけど...

2005年6月10日 (金)

ロト6当たった(1000円、トホホ)

izumiya_022 これで、1000円が当たったのは2度目かと思いますが、1000円トホホとはいえうれしいものです。

年末ジャンボやグリーンジャンボはたまーにしか買わないけど、ロト6は、私、こぶ、ちゃんぴーの誕生日で途切れず買っています。

今回は数字3つが的中で1000円でしたが、ここに越してくる時新しい電話番号になった記念に、その番号でナンバーズ4を買おう買おうと思っていたにもかかわらず、バタバタと忙しくて買いそびれ、ある日の新聞を見て、『買おう』と思ったちょうどその時に買ってさえいれば、当たっていたということがわかったことがあり、これにはもう悔しがる気も起きないほどにガッカリきてしまいました。当選金148万円でした。

でもこの経験で、『人間は行動する、ということが大切であり、せっかくヒラメいても行動を起こさないのなら、ヒラメかなかったと同じこと』ということを学習しました。以来迷わず行動していますが、ぜんぜん当たりません。

なんだか、くじ運がないみたいです。私の周りではけっこう当てていい思いをしている人もいます。
友達のお父さんは昔、万馬券を当てて家を建てました。知人もショッピングアーケードの福引でハワイ旅行を。誰だか忘れましたが結婚式の引き出物でもらった宝くじが高額当選したという話も聞いたことがあります。私の母も三角くじとかではよくいいものをもらいます。
細木数子大先生によれば、欲の張っただけの人は当たらないとか...

そうだ、これを書いていて思い出しましたが、私も昔、中学生くらいの時、パン屋さんの開店時のクイズでオーブントースターを当てたことがありました!抱えるほどの大きなフランスパンの重さ当てクイズでしたけれど、それはピタリ賞の特賞でした。当選発表は店に張り出しだったのですが、末等だけ見て帰ろうとした所一番上に自分の名前が書いてあって真っ赤になったのを覚えています。

大体はいつもポケットティッシュです。シュン...
(花は、カリフォルニアローズ・フィエスタです)

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム