フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


2012年1月24日 (火)

久々の雪と近況

皆様、大変おそまきながら、新年あけましておめでとうございますsign01

きょうは丹沢のほうも、ここ市街地でも珍しく朝から雪が降り、珍しく少し積もっていますよ。
002222

我が家のこぶ丸、さら、散歩にも行けずじまいでソファの上で丸まっています。

001111_2

お正月は今年は京都よりおせち料理を取り寄せ、近くの神社に出かけて軽く初詣をしただけで、あとは家族でヌクヌクゴロゴロとこたつで過ごしました。

003333

002222_2

004444

例年ならばここらでちょっと温かい温泉にでも行きたいな、なんてメンバー全員で繰り出すところなのだけど、こぶ丸が去年の5月のフィラリア時の簡易健康診断で心臓に軽い雑音がするとのことで精密検査を受けたところ、ごく初期の心臓の増帽弁閉鎖不全症ではなかろうか、との結果が出たため、ワクチンも狂犬病も二つとも接種をみおくり、宿泊時に旅館などに提出するワクチン接種証明書の発行ができない状態なのであります。

それでもホテルによっては問い合わせをすると、「あ、お注射がうてないのですね、結構ですよ」と気安く言ってくださり、そのお陰で去年の夏も二ヶ所で夏季合宿ができたから、とってもありがたい。なんだか小型犬に多い病気だそうでそういう問い合わせが多いらしく、大きなところほど話がすぐに通る。

…とはいえ、やっぱり杓子定規でがんじがらめなホテルの場合だと「接種できないという証明書をお持ちくだされば…」ということになってくる。
ズボラな私がぼやぼやしているうちに日程の調整もダラダラになり、そうこうしているうちに、「なにもいいっかー。家でみんなでいればぁ」なんてことになるパターンだ、最近は。

008888_2

こぶ丸のほうは血圧のお薬で毎日調整している。食欲もバリバリだし、本当に病気?って感じだけど、たまにせきこむので、これは、かの病気の初期症状に間違いないと、ネット検索でもしてみれば、素人ながらそれは容易に想像できる。

病院内部にお友達がいるのだけど、担当してくださったM先生のこと「ああぁぁ、M先生ねぇ、また一番慎重な先生にあたったねー」ってことだ。
M先生がいない日にお薬を取りに行ったらほかの女性の先生が検査の所見を見て「ああ、別にワクチンでも何でも打てますよ、大丈夫です」ってことだった…。

でもワクチンの話はまた別件でそんな毎年うつ必要もないものみたいだし、アメリカなどでは、色々な理由からすでに3~4年に一度のプロトコルで実施しているとの噂もきこえてくるし、あえてこの状態の家のこぶに打とうとは思わないのでしばらく様子見だ。

001111_3

そうだ!夏合宿のあとに熱川のZOROという犬OKの宿にも泊まった。あとで写真を載せておくので、お時間のある方はどうぞ見にいらしてね。

それではまた書くことにします。最近放置になってしまい、楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ない…。
また折をみて更新するようにします。それでは…。

2011年10月14日 (金)

迷子犬です

O0480085411544091894_2

埼玉県上福岡市あたりで保護された首輪をした7歳くらいの柴犬(オス)君

保健所や警察への届け出がなく、保護した方は自宅では預かることができないので、現在はお姉さまの経営する板橋区のペットサロンさんにいるそうです。

飼い主さんを探そうにも届け出がないので、時間もかかることでしょう…

今は、とりあえず短い期間なら・・という引き取り手の方がいらっしゃったそうですが、この方もマンションにお住まいで長くは預かれないとのこと・・。

そこで、長く預かれる方・・里親として迎えてもよい・・という方を至急、募集しているそうです。

7歳まで共に暮らしてきた家族と、どういう事情で離れてしまったのか・・・

詳細はこちらで確認してください↓


板橋区常盤台ペットサロンぽち

以上、他ブログからの転載です。

お心当たりのある方至急ご連絡ください。

ご協力ありがとうございました!

10月10日掲載のイタリアングレーハウンドの里親様が決定いたしました!

転載にご協力くださった皆様、及び、ツイートしてくださった方、心より感謝いたします。

これからも皆でできることは協力してやっていきましょう!

本当にありがとうございます。

2011年10月10日 (月)

緊急です

友達の友達の友達からの転送です。

飼育放棄犬  10月20日期限で保健所おくりになるそうです。

Photo

関東地方

イタリアングレーハウンド

 茶     ディーノ ♂ 6才

 グレー   ラブ   ♀ 5才

何れもとても良い仔だそうです。 コメント欄まで連絡ください。

また、この記事のコピペOKですので、どなたさまでも、どんどん転載してくださいますように。ツイートしてくださるのもありがたいです。

2010年12月12日 (日)

Toro(とろ)生ドーナッツと親父のイタズラ?

001111

りくままの日記でみてからずーーっと気になってたToro生ドーナッツ。父方祖母の27回忌でナムナムを無事すませ、目当てのL'OCCITANEで買い物をすませ、親戚一行で昼食会場(青山荘)に向かう途中に、あれっ?という感じで突然現れた。

これ、前回来たとき確かなかったと思ったけど…。青山もずいぶん久しぶりってことなのかな?

031111

親戚全員に叔母が買ってくれた。ほかの皆は「どれがいいの?」と聞かれてもっとたくさん入ったBOXを「コレー!」なんて無邪気に催促してたけど、一応ダイエット中のこぶママは静かに「これ…で…いい(あー、ホントはこの倍の量のがいいのに)」と4個入りをリクエスト。ドーナッツというより、スポンジの上にババロアが乗ってる感じ。食後ちょっともしないうちに、『今までスイーツを食べてました感』は驚くほど消える。

ところで、実はこのドーナッツを買ってくれた叔母(父の妹のMおばちゃん)は3年前の父の葬儀の際、あのような事態に陥ってしまい、以後お経が怖くなり、法事関係の行事には一切顔を出さなかった。この法事の日のメンバーはそっくりそのまま親父の葬式の時のメンバーだが、誰一人としてあの日のあまりの不思議さに、迂闊に口に出すものではないのだという暗黙の了解からか、決して触れることはないまま、つつがなく一日が過ぎた。

…で、きょう。この法事の日の写真をプリントアウトして母宛に持っていくという仕事が残っていたので、ちょうどその作業を始めた。メンバーが写っている写真をそれぞれ各何枚と大量のプリントアウトは順調に進んでいたのに、今度はその叔母(Mおばちゃん)の写った写真のだんにきたら、おかしなことにパソコンが一切の動作をしなくなってしまった。インクがないのでも、紙詰まりでもない。そのMおばちゃんが写っているとスーッと動かなくなってしまうのだ。
奇しくもきょうは親父の命日。あのお騒がせ大好きなB型親父が、また何かあの世からサインを出したくて、イタズラをしているのだろうか?

写真は、帰りのEchikaにいたキュートなうさぎさん達。

029999

2010年11月29日 (月)

枯れ山と干し芋の日々

007777

アッと気づけばまた更新があいてしまった!本当に月日はあっというまに過ぎゆく。こないだもらった年賀状をまとめて整理しようかな、なんて考えているうちに、もう来年の年賀状が売り出しになり、ウサギさんの置物やカレンダーなんかも店頭に並んでいる。本人は納得できないままに、きのうは主婦雑誌の新年号(新年だけ買ってますいつも)なんて買ってしまい、もう今年は間もなく終わるのだと思い知らされる。

010000

こぶ家はというと、相変わらず山歩き。この頃、「おやつに干し芋」がマイブームで、自分も好きだけど、こぶさらも一緒に食べている。お芋は大体大好きなので、あげてもあげてもすぐに食べてしまいもっともっとと人の膝に片手をチョコナンと乗せてきたり、お芋が歯にくっつくらしくて、食後に変な口の動かし方をしているところなんかが笑える。

最近思うけど、自分も知らない土地に出向いて道に迷ったとき、犬の散歩をしてる人をみつけると、無意識のうちに、あ、この人に聞けばよいのだろうと思ってしまうように、散歩してるこぶママに道を尋ねる人が多い。駅前なんかで道を聞かれる分にはウェルカムなのだけど、こうして山登りをしてるときに、どうしたことか、木や花の名前を尋ねてくる人が多いのには閉口する。

考えてみれば結婚してこの地に移り住んで23年にもなるのだから、卑しくも丹沢の住人として、もう少し自覚と誇りを持って山野の花木のガイドブックなどで勉強してみるのもいいかもしれないな。

008888

野アザミ以外、きのうは幸い、一番何もない時期の山だったので、装備などからみて遠くからみえたのだろうなと推測できる団体にも「この花はなんというのですか攻撃」にあうこともなく、散歩は無事終わった。

016666_2 こんな怖い看板に少しブルッとはしたけれど…!

そのあとはこぶさらを爪切りに連れてゆく。

019999

耳、肛門線、お爪の三点セットで1000円だ。これを高いとみるか安いとみるか…。まぁ、トリマーの方にはご苦労さまです。だって、さらの爪は黒くてどこからが神経なのか、私ではわからないし、こぶは肛門線の処置時にたまにおおげさに痛そうな悲鳴をあげたりなので、私はこれは十分に安いと思っているのだ。

020000

きょうのおやつは干し芋ではなく、パルシステム(最近おためしで始めてみました)さんから届いた安納芋の焼き芋だ。

2010年10月 2日 (土)

久々の山行き

001111

やっと凌ぎやすくなった。こぶ家の山散歩も久々。自分の住むこの市は○○盆地とも言われる。どんなに寒い真冬でも暖房器具がいらないというこのマンションの真夏の苦しさをわかっていただけるだろうか。熱気が盆地のくぼみに入り込み、抜けていかない。

この夏の間は散歩は日が暮れてから、まるで「ナイトサファリ」のように4人コソコソと歩いてた。もうこんな泥棒みたいな散歩は嫌だ!

きょうは明るい陽の光を浴びてただ歩くのがこんなに気持ち良いのかとつくづくそう思った。

このところの私はなんだか古い殻が一皮むけて新しい世界に近づいていっているようなそんな心境。なんでなのかはハッキリとはわからないが、確実に新しい心境に一つ近づいた。
小さなことだけど、音楽がとてもその役割を果たしていると思う。

002222

ある日はJAZZフェス2010にでかけ、「この音を大音響で聞ければどんな心境の時でものりきっていけるだろう」くらいに感動した。余談だけど、今月そのコンサートはBSで放映されるみたい。会場の階段を口に何かモグモグしながらアホ面抱えて歩いているところを大きくカメラに捕らえられたからひょっとしたら映るのかも…と思うと怖い。服装は黒のラメラメのタンクトップにスモークパープルの麻のジャケット、カプリパンツ。もちろんこぶは連れてないけど…。

そして今はDHCのおまけについてきた錦織健の「イタリアへの誘い」があまりにもよくて、PCをやる時はいつでも聴いている。オペラは「ポール・ポッツ」のコンサートなんかにも行ったりしたけど、その他はマリアカラスを少し程度で、食わず嫌いだった。「ネッスン・ドルマ」(誰も寝てはならぬ)はもちろんだけど、「カタリ・カタリ」、涙がぽろぽろこぼれるくらい…。以前はちょっと重ダルく土臭いと感じていたナポリ民謡が今の心境にちょうどフィット。何故?

これを聴いてると、ネットもほどほどにして(一部の釣りゲームは別)、死ぬまでにできるだけ良い音楽と本に親しまなければ、と強く思う。きっときょうから必死こいて良い音楽を聴き、良い本を読んでも、死ぬまでに間に合わないくらいの良い物が世の中には溢れているのだろう。本当に価値のあることをしなければ…!最近、自分に不要なものはどんどん切り捨てていってる。それに自然と離れてゆくものだ。人生は考えているほどに長くはない。

008888

そして同時に今、やろうかなと迷ってることがあるけどそれはまだ迷い中。ちなみに仕事とかお稽古事とかそういうものではないけど、頭に浮かんだ以上は実行した方がいいのかな、というもの。

ダイエットは…相変わらずの置き換え法だけど、お盆や週末などでちょっと甘く流れていくことがあったけど、始めてから3キロのみ減。今のところリバウンドはなし。引き続き長い目で継続するつもりだけど、もっとグングンと痩せないものかなぁ…。

こんな感じ、こぶママの最近。

2010年8月 6日 (金)

東京湾ロイヤルウィング

016666

暑い暑い火曜日、東京湾クルーズに行ってきた。「ロイヤルウィング」のプランで横浜港大さん橋国際客船ターミナルから出航している。

国際客船ターミナルというのに行くのは初めてで、みなとみらい線日本大通り駅より7分と書いてあったので、その通りに電車の乗り継ぎを設定したのに、実際に歩いてみたらその倍の15分でもアワワワという感じだった!

006666

こちらの写真はロイヤルクルーズの船ではなく、「飛鳥」。マカオに向けての出航準備中。

色々なプランがあるけど、今、私は1日に一食にしているので(ほかはDHCで置き換え)、さすがにランチやディナーのバイキングは厳しいだろうということで、ティークルーズの時間帯で点心Aコース(アルコール付き)にして、あとはソフトドリンクフリーをつけた。いつもダイエットは容易に挫折しているのに、実際効果が出ているかどうかは別としても、ある方の願掛けも兼ねているので、もう開始してから27日が経過するけど、今回はまったく挫折してない。

009999

それはいいとして、前菜に続いて写真の揚げ点心2種、蒸し点心4種、それからロイヤルウィング特製のババロアがきた。
最初の生ビールのほかに、ソフトドリンクは飲み放題にしたので、下船するまでに色々なものをガブガブと飲んだ。お料理は少なくみえるけど、全部食べると満腹に…。

ラベンダールームという涼しい部屋に席があり、途中、ピアノの生演奏やバルーンアートなどの演出もあった。

013333

端の席から順番に「ライオンとネズミと、キリンと犬と…」という説明が聞こえてきたので、長々と説明させるのは大変と、自分達の席に来た時に、即「犬で!」それから少し大変かもと思ったけど、「できればチワワで!」と注文したら、「それならお客様、ネズミにしましょう。たまにネズミと注文したお客様が出来上がりを『むしろチワワだ』とおっしゃるので」ということなので、楽しみに見守っていると、写真のようなものが出来上がった。なんだか、ミスド系チワワ?

015555

018888_2

022222

023333

クルーズは1時間半くらいで、このあとは中華街でもブラブラする予定だったけど、あまりの暑さに下船すると「もう帰ろう」モードで、目もウツロ。横浜でジュースでも飲もうということになり、「デザート王国」に寄る。

026666

1日1食中の私はこの日はこれで1日1.5食くらいになってしまったが…。やっぱりチョコレートフォンデュははずせないので、失礼して、マシュマロやバナナをいっぱい食べてしまった。

しかし、ダイエットの効果がなかなか出ないってのは、一体なぜなのだろう?散々食べといてアレだけど、悩みは深い。

2010年7月23日 (金)

夏のプチ合宿

014444

うちのこぶさんも梅雨時の誕生日を過ぎ、今年の夏は8歳ということで、実際には元気なんだけど、例年のハードな夏合宿はちょっと今年からは考えよう…とは以前からちゃんぴと相談してたのだけど、今年は近場に一泊、週末を利用して行ってきた。

020000

伊豆の天城高原にある「ホテルハーヴェスト天城高原」。

家からも近いし、サッと行けていいかな…と、かな~り脱力気味に決めてしまったけど、いやこれはこれはちょっといい所をみつけちゃったな、という感じ。

何より敷地が広くてゆったりリラックスできる。もちろん散歩の場所にも不自由はないし、日本型のコセコセした宿泊施設というよりは、欧米滞在型のリゾートという佇まいも気に入った。

スタッフ全員がプロのサービスというか、付かず離れずのとても気持ちの休まる距離にいて、それでいてスマートなんだけど事務的というのではないし、何不自由ない。

子供がギャーギャー騒ぎまわってるということもなかったし、晴れていれば富士山も見えるし、清潔な温泉大浴場も完備してる。

042222

そう、この富士山、期待して行ったのだけど夕日といっぺんに見える時に鐘を鳴らせば願いが叶うなんて書いてあるものだから、かなり粘った。

009999

023333

粘ったのに、富士山は見えず、どういうわけか翌日のお天気の良い昼間でも姿は拝めなかった…。ガーーーン…。

きれいな夕陽は見ることができたので、これでなんとかチャラってことにしよう。

時間の経過と共に、本当に感動的な色の変化を見せ、私も無言でシャッターを何度も押し続けたけど、家に帰ってきてから見ると、なんだかやっぱりリアルで見たときの色は表現できてないような感じ…。よろしかったらクリック拡大してご覧下さいね。

033333

お料理はフレンチか和会席、どちらか選べたので最初の予約はフレンチで入れたけど、なぜか直前にそちらのプランはCXLして、和食にした。
レストランでいただいたけど、写真を撮るような砕けた雰囲気でもなかったので、今回はなし。

朝食は和洋バイキング。最近ダイエットをしてるので、昔のようにえげつなく和も洋もドッサリとお皿にもらってくるというようなことはしないで、洋をちょこっと。でもさすがにおいしそうな伊豆の干物ははずせない…というわけで、ソーセージやサラダ、卵のココット、クロワッサンの脇にキンメと鯵の干物が並んでるという、なんとも不可解な私のお皿…。

地理的には日帰り圏だし、さしたる観光欲もなく、猛暑の中をスーーーッと帰宅。リピート確実のホテルをみつけられて、収穫はあった。次回は是非この鐘を鳴らしてみたいものです。

043333

***** 盛夏特別付録

こちら女も惚れるフロントのKさん。お姿は勿論、声もとてもかわいいの。
こぶはナデナデしてもらって狂喜乱舞でした。コレッ!

032222

2010年7月16日 (金)

愛しい「このコ」

きのうは所用で表参道へ。

Image5261_2

ANNIVERSAIRE LOUNGE にてお茶のひとときのあと、ヒルズをぶらぶらしてたら、ジュエリーショップのウィンドウのむこうに、キラキラ光って、ひときわ人の目をひくペンダントが…!

ハタチちょっとくらいの店員さんが中から出てきて、これは私も特別目にかけてるんだと、石について熱い口調で説明してくれた。
なんでも、同じものでもこれだけ輝き方が特別で…と。見る角度によっては7色に見えるのも好きな理由だそう。

この日の朝も、みんなに見てほしいなぁと思って、彼女がきれいに布で拭いて特別目立つところに置いておいたそうだ。

彼女はその思い入れの強い石のことを説明するときに、何度も何度も「このコ」「このコ」という言い方をしていた。

私達が愛犬に対しても「このコ」って言うように、ひとって自分の愛しいものや大切なものには、つい「このコ」って言いたくなるんだな、って…そんな午後の表参道なのでした。

より以前の記事一覧

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム