フォト

愛犬のおくすり

  • フロントライン,カルドメックなどペットの薬が種類豊富!
  • 犬の心不全の治療や予防、また、高血圧の治療にも用いるACE阻害剤

至福の音楽

こぶママんちの本棚

チケぴでワクワク

無料ブログはココログ

MANACARDS


2009年12月 7日 (月)

懐かしの学食と手作りジャーキー

土曜日は父の三回忌で青山までナムナムに。12月の土曜ということもあり、予約はいっぱいで1時からということになり、中途半端な時間に法事が終わりそうだねと、終わってから自由においしいものを食べようと私にしては珍しくホットペッパーなどでイタリアン、和懐石、フレンチなどなどのクーポンを収集し、さてこの中からどこにしようか?なんてワクワク出かけた。

さて当日、お寺の控え室に着いてみると、実においしいお茶請けが置いてあり(干し柿【干し柿って私の大好物の5本の指に入るんですウフ】の中に柚子餡の入ったものと、栗のホクホクした一粒きんとんみたいなの←もう思いっきりツボだわねん)、お茶をのみのみ、それらを堪能するのに夢中になってしまった。ちゃんぴや母みーちゃんてば、「そんなにうまいの?オレの分も食えよ」「あらやだ、じゃ、これもあげるわ」なんて言うもんだから、パクパクやってるうちに、お経が始まる頃になると満腹感がこみ上げてきて、法事が終わってもお腹はいっぱい…。

ちゃんぴには「なにやってんだよぉ、バカだなぁ」と散々なじられたけど、もう食べてしまったものはしょうがない…。みーちゃんは腰がギックリ気味だわとかなんとか言って、磯子の自宅までタクシーで帰ってしまった。

紀ノ国屋でクリスマスのお菓子などを見てるうちに小雨も降ってきた。「腹がへんないんじゃ、何も食べないの?」とかなんとか言われ、傘もない我々が飛び込んだのは懐かしの学食。私はたま~に来てるけど、ちゃんぴはホントに久しぶり。

彼が頼んだのは豚肉のナントカ定食。私はきつねそば。002222 001

ステキなレストランに行こうなんて計画してたけど、「学食だって安くていいじゃん」なんて言いつつ、ちゃんぴはあっというまに平らげると、「オレの好きだったここのミートソース変わってないかな、ちょっと食ってみよう!」と麺コーナーのほうへ歩いていこうとするではないか…!

「ちょっと…!もう定食食べたでしょ…ちょっと待って~」
「全然たりない」003333_2 

…というわけでミートソース300円なり。昔ついてたサラダはなし。以前は自由にかけられた粉チーズは今は厨房側にあり、「かけますか?」と聞かれる。(ウゥッ!不況のせいなの!?)。

「オレ達の頃はこれ、250円だったんだよな」
「えぇ?そうだっけ?覚えてないよ。前に来たときはサラダつきだったけど」
「味、変わってないぜ~~~、ウヘ~~~懐かし~~~!!」と感激しながらこれをアッというまに平らげる。

このあとどこかでケーキとコーヒーでも…と外に出たけど雨がますます降ってきて地下にもぐりエチカへ行くもすごい混雑。新宿まで逆戻りしてロマンスカーで帰宅。車中でちゃんぴは缶ビールとシュウマイで一杯やり、グーグー寝てしまった。私は雨を見ながら缶コーヒーだ。嗚呼なんという安上がりな学食ランチと車内うちあげ…!

土曜日留守番だったこぶさらには、きのう手作りのジャーキーを作った。007777_2

鶏胸肉を薄くスライス。オーブン170度で30分。

きり方がまばらなため、あるものは少し焼きが足りなく、あるものはOKと…。

焼いてる間中こぶはキッチンで待機、冷ますか冷まさないかのうちに「クレクレ」の催促。

しかたないからちょっと冷めてるのを一つ…。009999

*****

犬も晴れ着でお正月

艶やか晴れ着2009★寧々★メール便送料無料【お正月・初詣・年賀状・着物】【10P02Dec09】

男子は袴で男前!

パリッと男前に!!新作!天下無敵の男振り袴【はかま】飾りのカラーは何が付くかお楽しみ!【..

年越し特集2009
おせち通販、激旨グルメは年越し特集
おせち通販、激旨グルメは年越し特集
定番から人気おせちランキングまで
注目ショップのこだわりの逸品
注目ショップのこだわりの逸品
名店こだわりのグルメをお取りよせ
年末年始に食べたい絶品グルメ
年末年始に食べたい絶品グルメ
年越しそばや冬の代表カニまで!

2009年4月 4日 (土)

給食のフィギュア

きのう夜、ネットで旅行の下調べなんかしてたら、デスクまわりや書斎の汚さに我慢ができなくなり、整理を始めてしまった。それで始めてしまったが最後、なんだかんだで深夜3時くらいまでバタバタと片づけをしていた。30%くらいはきれいに整理できたものの、どうしてこういうことを昼間にテキパキとやらないのだろう?

…で、埋もれた紙や古雑誌の中からなくしたと思っていた色々なものが出てきてすごくうれしくなったり、みんなもうとっくに寝ているのに「あっ!なんだー!あったよーこんなところに」なんてブツブツ言ってたのだけど、ミニチュアお団子とかも出てきた。004444

これは何かのペット茶のおまけだろうか?ちゃんぴがくれたもの。
この時期、あるペット茶に気の効いたおまけが色々とつき、そればっかり飲んでた気がする。

しかし、何と言っても一番気に入っているコレ。

給食のフィギュア。約20年前の給食を再現したものらしい。20年前っていうと今のアラサーオーバーくらいの人たちがお世話になってた世代の給食なんだな。002222_2

給食用のトレイの上には、お箸とスプーン。アルマイトのお皿に入った肉団子のスープに魚のフライ、牛乳。それとデザートにパイナップルまでついているの。そして左上に見えるのはミルメイク。

ミルメイクなんて出たことも飲んだこともないけど、これ何?多分牛乳に溶かす粉?だとしたら、牛乳にサッと振り入れて、どうやって混ぜるのだろう?謎は謎だけどね、うーーーーーーん甘えるんじゃないっ!私なんかね、上に膜の張った脱脂粉乳を飲んでいたのじゃ!それも飲めなくて、5時間目になっても飲めなくて、廊下に机ごと出されたりして…。(嗚呼トラウマ物語)

それにこんなシャレたビニールの袋なんかに入ってデザートが出てくるなんてことはなかったな。せいぜいが、四分の一にカットされたグレープフルーツとか、りんごとかだった。
あっ!それに瓶の牛乳じゃなくて高学年の頃になったらテトラパックの牛乳だった。

苦手な給食だったけど、こういった給食のフィギュアは何故か一番好きなシリーズ。楽天で検索してみると売ってた売ってた!そうか、ガムのおまけでついてきたものだったんだ。

【22%OFF】リーメント 250みんなでいただきますっ! 10入

このシリーズで「机の中にぶどうパン」っていうのがあったけど、嫌いな物を机の中に隠す人って確かにいたいた…。よく掃除の時ひからびた食パンが出てきたり。アハハ…懐かしい。

*****

話は違うのですが、飼い主による飼育放棄です。こぶそっくりで、一瞬こぶなのかと目を疑ったくらい。誰か誰かこの仔を幸せにしてください。

2008年10月17日 (金)

プラッシー48本到着

きょう車を運転中、踏み切りのちょっと手前で友達の車とすれ違った。
友達は一人で運転してたけど、あれは絶対歌っていた口だね。こっちにも気づかず、悦に入ってた。ワハハハハ...!
私もたまに車内のラジオから気に入りの曲が流れてくると情感たぷ~りで大声で歌っちゃうことがあるけど、すれ違ったドライバーが見たらおかしいんだろうなぁ、やっぱり。

さてさて、先日注文してあったプラッシーが、きょう、散歩に出ようと思っていた直前に我が家に届いた。

逸る心をなんとかなだめて、ここは「帰ってからのお楽しみ」ということで3本ほどを冷蔵庫へ。

散歩から戻ると、さっそくイソイソと冷蔵庫へ。002222_2
グビグビグビグビ...。ヒヤーーッ!うまーーーーっ!
そうそうこんな味だったなぁと、子供の頃の記憶が一瞬にして蘇った。
「味」と「香り」っていうのは、へんな理屈よりも直接的に記憶に密接に結びついてる気がする。サッとその時代へ戻るってかんじ。

仕事から戻ってきたちゃんぴが48本のジュースの箱の前で呆れている。
「かばん屋を始めるのかと思ってたけど、ジュース屋になることにしたの?」。

まぁ、黙らせるには飲ませるに限ると「まぁまぁ、一本」と勧めると「ウヘー懐かしい~、そうだよこんな味だったわー。瓶の方が味はあるけど、重いから仕方ないもんな」としきりに懐かしがっていた。

うーん、やっぱり同年代の配偶者ってこういう時にはいいかもね~。うちはちゃんぴが一つ上だけど、普段はどっちかというと頭の押さえつけ合いでバトルになることも多い。
でも、「プラッシーがさー」て言っても「へっ?」なんて言われたらすごくさみしいもの。観て育ったTV番組なんかも全部一緒だし。ロンパールームとかね。鉄人28号のリモコンの音とかも記憶が一致で、音を真似して大笑いしたことがある。あっ!歳バレバレ...!

プラッシーの語源は「プラスビタミンC」って知ってた?
クリックで購入できます。

2008年6月20日 (金)

聖母マリアのよいこども

ちょっとずつではあるけれど、部屋を片付け始めると、思いがけずも懐かしいものを発見したりして、そのたびに整理の手は止まる。

子供時代の手紙をしまったお菓子の赤い缶の中から、懐かしいお手紙の数々。
お友達の誕生日会の招待状。
「集合場所 : 上野毛の改札口。集合時間 : 11時」なんて...あぁ、思い出す!
みんなオシャレして、白い毛糸のタイツなんかはいたりして...。手にはプレゼントを抱え...。なんと健気な子供時代だったろう!涙出るよ。

その中からヒッソリ、ピアノの先生からもらったカードが出てきて、Oh...!!飽きっぽくムラッ気の多い性格ってこの頃からだったのね、と妙に感心してしまった。Img060000

いただいたのはこのカード(少し小さく編集してあります)。
当時9才の私にあてて、裏にメッセージが書かれている。
ここで出てくる「メール」とういのはよく「シスター」と呼ばれている方達のこと。

「○○○ちゃん
 四年半のあいだよくメールといっしょにピアノのおけいこができましたね。 ある時には何もしない、ある時にはむちゅうになってする。 始めは○○○ちゃんがおけいこがいやになってやめるのではないかなぁとメールは考えたことがありました。 でも今はメールがそんな事を考えなくてもいいほど ○○○ちゃんが進歩したのです。 どうぞ四年生になっても一度やり出したピアノを熱心にいっしょうけんめいにするよう努力して下さい。 又いつかきかせていただくことができるでしょうね。 たのしみにしています。 聖母マリアさまのよいこどもであるように、又おめぐみがいただけますようにお祈りしています。
           メール・マリア・○○○○ 19○○・3・22 東京


以上なんだけど、これを読むだけで金曜日、4Fの音楽室に階段を上がってく時の様子を思い出す。高窓から午後の陽が差し込んでいて、それは上に行くほど明るく、熱くなっていった。4Fではメールが待ってて、だんだん緊張してくる。
けっこう「おなかいたい」とかなんとか、さぼったりもしたっけ。
ピアノ室という狭い2畳ほどの洋室が音楽室の片隅にあって、その部屋はピアノの塗り物の匂いがきつかった。
そしてピアノの鍵盤は真っ白ではなく、象牙色でところどころが黄色く変色していたな。
どこの音か忘れたけど、確か右手のホームポジションのどこかが一部割れた音がしていた。

それにしても...。
メール、大人になった私は聖母マリアのよいこどもでしょうかブハッ!たしかにお陰さまで数々のお恵みに与ってはいますが...。

2008年2月17日 (日)

迷いの午後

午後も遅くなって湘南オリンピックショッピングセンターへ、園芸用品を見に行く。
しばらく行ってなかったので道に迷い、途中で路駐し、ナビをセット。
あそこらへんは何回行っても良くわからない場所、まるで青木が原の樹海のように体内の磁場が狂う。

きょうのお目当てはL.B.Cという生活雑貨やちょっとこだわりのある園芸用品のお店。
先日買ったイチゴの苗用に、せっかくだから少しお洒落なプランターはないかなぁと思ったんだけど、品揃えがいまひとつ中途半端。かわいい鉢はあっても、プランター型はなかった。
結局、同じショッピングセンター内の100均でプラスチックのを買い、つまらなくなってまた色々なものを買ってしまった。鉢底用の網とか、園芸用のグローブなんかを。まぁ、どうせ要るものだからいいか。

でもこれならユニディ(ホームセンター)に行ったほうが気に入った物があったのかもしれない。
買い物を終えて駐車場に戻ると、自分が車をどこに停めたのかさっぱり忘れていて、また延々と迷った。
思っていた場所に行ってもないので、もう一度「店内入口」という所まで戻って記憶を呼び起こすものの、コンクリートの柱に黄色の「9」のナンバーがあったのしか記憶してなくて、もう一度「9」に戻っても自分の車はなかった。
車の中で飲もうと思って自販機で買ってあった缶ジュースを持ちながらウロウロしていたら、おなじようにトロそうなおばさんと何回も遭遇し『ハハン、あの人もきっと車を探しているんだな』と思った。きっとむこうもそう思ったに違いない。
でも何周まわっても全然見当たらないので、ショッピングセンターの人に相談しようとしたけど、ハッと思い立ち4Fから3Fに下り、「9」にいくと、いました、愛車が。
なんだ、黄色の「9」じゃなく黄緑の「9」かい…orz…。

どうもあそこらへんに行くと迷ってばかり。噂によれば戦時中には防空壕がたくさんあったらしいし、たくさん出るらしい。O.S.Cも墓場の跡地だとか。
道に迷っても、うちのほうのように目印になる山とかない平地だからタチが悪い。
駐車場で迷ってる間も暗くてすごく嫌な気持ち、悪い夢なら覚めてくれという気分だった、あ~怖かった~。007777

一丁目一番地よろずやで、駄菓子を何点か買った。

チューブ入りのチョコクリームを探したのに、なくてガッカリ…。
プリンキャラメルのわたがしとラムネわたがしは子供の頃には見たことはないけど、おいしいのかな?

2008年2月16日 (土)

南国トロロンmusic

ご機嫌なCDが届いた。

時々ハワイ情報を教えてくれる方のブログに、ばってん印入りのマウイオニオンを見学に行った時にみつけた、musicのカテゴリーにPick upされていたMARTIN DENNY。
彼のアルバム『Exciting Sounds of MARTIN DENNY・EXOTICA 1&2』。

色々な楽器を使って、時には鳥やカエルの鳴き声なども入れて、ジャズ、アジア、ラテンなどの要素も取り込み、独自のエキゾチックな南国風musicを作り出したMARTIN DENNY。
1954年にハワイに移住、1959年には「Exotica」でUSチャート1位を獲得。
ハワイに限定しない南国ムードたっぷりの曲ばかりのアルバムだけど、この中で特に好きなのが「JUNGLE FLOWER」。ここで視聴できます(ここでは3曲目)。

この音を部屋に流せば、たちまち部屋が熱帯低気圧に包まれたかのような南国のラウンジに早変わり!
この癒され感ってなんでしょう…?Img045
これって私がまさに小さい子供だった頃の、なんとなくレトロチックな要素をはらんでいる。

届いてすぐに、新聞を読みながらかけておいたら、そのうち体が自然にクネクネと怪しげな動きを始めた。
犬は不思議そうな顔をして見てたけど、そんなことは構わない。
どんどん頭が南国トリップし、ますますエキサイトしてきて手足、腰を動かしているとなんだか自分が上海の危ないアヘン売りにでもなったような気分だ。

するとそこへトイレから戻ってきたちゃんぴ。
「オイ、外からその踊り丸見えってわかってるよね」とボソッと呟いた。
そうかもしれない。部屋の明かりはつけてないけど、ルームランプがついてるからレースのカーテン越しに、桜公園に来た人々に見えているかも!まぁいいよ構わない。
うんと楽しい土曜日だ!

音楽療法っていうやつの効果もこうなると、分かるような気がする。
自分の中に押し込められた様々なネガティブなエクトプラズムがゆるゆると空気中にほどけてゆく…。
アロマ調香師みたいに、その人の好みや今の心理状態に合った音楽を選んでくれる「調音師」なんていう専門家がいてもいいのに。

ハワイ情報通のnoriさんの写真ブログはこちら。ご機嫌なパラダイスな写真ばかりです。

そして、なぜか私の購入したCDはみつからないのだけど、MARTIN DENNYのアルバムはこちらから購入できます。なんだか、品薄状態みたいなのです。

2007年4月18日 (水)

リカ旅ブログもう見た?

007777 午後から雨が降るとの予報に、早めに散歩に出た。
きょうはU公園。

桜の宴のあとに、うっすら残るピンクの花びら。

こぶとさらもつかず離れず散策を楽しむ。

話は違うけど、気になっていたリカ旅ブログを訪れてみた。

あのリカちゃんが旅をしているブログなのだけど、リカちゃんファッションがとっても楽しみ。
ちゃんとスーツケースを持って空港を歩いてるひとコマもあった。

リカちゃんとかバービーちゃんとかいろいろいるけど、私が小さい頃よく遊んでいたのはタミーちゃんというアメリカのお人形。
着せ替えのお洋服もいっぱい持っていて、サングラスとかハンドバッグとかもたくさんあったのに、あれは今どこにあるのだろう?結婚する時に捨ててしまったのかも。
モンチッチは持ってきたのに…。

ところでそのリカ旅ブログのリンクを色々見ていたら、私はてっきりいると思い込んでいたリカちゃんのお兄さんというのがいないではないか…。
確か、小さい頃お友達の家で皆でリカちゃん電話というのをかけて、リカちゃんのお兄さんが出たと思っていたのだけど、記憶違いなのだろうか?
リカちゃんのボーイフレンドというのがいたから、その男の子の間違いなのかな?

ほかに遊んだお人形といえば、(フッフッフッ…なにしろ古いからね。これ以上この話を続ければ、トシがバレバレかも…)お天気みどりちゃんなんかもあったなぁ。
これはお人形といっても、フェルトというか、繊維みたいなものでできていて、ぺたぺたと着せ替えやアイテムを貼り付けて遊ぶものだった。
で、くっつかなくなると裏面を歯ブラシでこすったりなんかして…。

あぁ、懐かしい…。ひとつ思い出すと、その当時のものがいっぺんに芋づる式に出てくるのだけど、スパイ手帳っていうのがあってね。文字を書いた紙が水に溶けたり、書いた字が消えたり、特殊なペンでなぞると字が浮き出たりして、懐かしいなぁ。
バッジもついていたような気がするけど、どうして女の子のくせにそんなものがおもしろかったのか。
スパイになって何をしようとしていたのかも、まったく不明。

2007年2月 3日 (土)

ペコちゃん手帳とネクター買占め

ちょっとおでかけし、夜道の家路を急ぐ。

ン?5メートルほど通り過ぎてから、脳裏に残った、明々と光るジュースの自販機のドリンクサンプルの絵を反芻した。
そして慌てて5メートル分戻る。

『やっぱり!』

不二家のネクターではありませぬか。
あなた様は、あの大好きな大好きな不二家のネクターではありませぬか!

迷うことなく、120円を投入しゴロゴロロン!と転がり出てきたネクター缶。
『あぁ、会いたかったよ、こんな所にいたんだね。どうだい?元気だったのかい?』
思わず頬ずりしたい気分で、もう一本。ゴロゴロロン...!
そしてまたまたもう一本。
100円玉がなくなった。必死に小銭入れから10円玉をかき集めて、子供のように自販機に放り込んでいった。

そして4本買ったところで「売切れ」の赤いサイン。20072_035

蛾の幼虫だろうが恐竜の卵だろうが、そんなもの構いませんよ。
ネクター君、そのトロトロンとした、桃そのもののような君の私はどんなにファンだったことか。

そして、うれしいことはこれだけではなかった。

以前からずっと愛読しているイイタヌさんの日記にUPされていたペコちゃんのノートがうちに届いていた!
これは、本物のイイタヌさんがこぶママの結婚20年を祝して、わざわざこぶ家に郵送して下さったのだ。20072_036
イイタヌさんの日記に書いてあるけど、これは不二家のお店の人からもらった大切なノート。
イイタヌさんの日記を見て、『はぁ~いいなぁ~』と思っていたものだ。
イイタヌさん、うれしすぎます。ありがとう!

きょうはとっても心がホッコリし、一日の最後に皆でこぶ家の豆まきをした。
そして12時になったら一陽来福様を貼る。明日からが本当の新年だ。
「一陽来福の貼り方」でずいぶんと皆さんに検索で来ていただいているけど、来年の恵方である「北北西」に向けて(だから実際貼るのは家の中でいちばん南南東)なるべく高い所に貼りますよ。20072_044

2006年5月12日 (金)

昭和の懐かしのお誕生日会

060512200340 小学生時代、お誕生会というのが楽しみでした。

仲の良い子のお誕生日が近づくと、「招待状」というのがもらえました。
ほとんどが手書きで、その子が一生懸命に一人ひとりに作ったもの。カードでなく、便箋に手書きのものもありました。
時間と待ち合わせの場所(小学校も電車通学だったので、その子の家は近くにはなく、大抵はどこそこの駅)なんかが書いてある簡単なものなのですが、皆プレゼントを手に、よそ行きのお洋服を着て、その子の家に伺ったものでした。

でも、超セレブのHちゃんのお誕生会はおうちではなく、原宿の南国酒家の個室でした。
私がふかひれのスープなるものを初めて口にしたのも、そういえばHちゃんの誕生日会で、だったな。

きょう使わせてもらっている写真は、河出書房新社から出ている宇山あゆみさんの『楽しきわが家』からの転載です。クリックで大きく見られます。本は左サイドバーの本棚をご覧下さい。

今でもうちでは何かの時はこの昔ながらのバターケーキを買っていますが、昔その頃はほとんどがこのバターケーキだったような記憶があります。
Sちゃんの誕生日会では毎年ケーキではなく、お母さんお手製の、たくさんのフルーツが入ったホールケーキ型のゼリーで、これをそのお母さんがお食事の後に取り分けてくれるのですが、それがすごく楽しみだったものです。

ケーキを切る時間あたりにプレゼントを渡すのだけど、私の誕生会の時は仲の良かったAちゃんのお母さんが当時にしては珍しい編みぐるみ作家だったので、Aちゃんからのプレゼントは毎年大きな編みぐるみでした。

いつも7~10人くらい集まっていたけど、なぜかお誕生会って途中からけんかになることもあって、4対4くらいに分断してどっちの味方に付くだの、今にして思えばくだらないんだけど、懐かしいなぁ。

それで、帰りにはおみやげみたいなのを持たせてくれて、お菓子とか文具とかなんだけど、Hちゃんのうちは、Hちゃんがいちごグッズにはまっていて、いちごのスカートや、いちごのかばんとか、いちごのミラーとか、ちょっと豪華なものだった。

今時の子供の誕生会ってどんなものなのかな。
こんなセロファンにくるまれたサンドウィッチなんかじゃなく、きっと豪勢な店屋物のお寿司とかケンタなんかなのかも...!

2006年1月11日 (水)

崎陽軒のひょうちゃん

きょうはワンワンデー(ポイント二倍)だったので、散歩のあと、こぶさらのおやつをまとめ買いに行きました。
さらがいつも、私達がおせんべいを食べている時、とても興味を示すので『わんわんせんべ』を買ってみました。お三時にあげてみると、とても喜びカリカリカリカリとその歯触りを楽しんでいたようでした。
ほかに、クロロフィル入りのグリーンガム、砂肝ジャーキー、ささみ巻きお芋、チーズスティック、おかかのふりかけなどを買いました。

ところできょう、カップボードの整理をしていたら、こんなものがでてきました。
そうです、崎陽軒の「シウマイ」(「シュウマイ」じゃない)にいつもそっと付いてくるひょうちゃんです。2006 別にコレクターというわけではないのですが、捨てられずに缶に入れているうちに、少したまりました。
良く見ると、色々な表情をしていておもしろいです。
これは510円の「シウマイ」15個入についてくるもので、1000円くらいのシウマイを買えば、もっと大型のものが付いてきます。

これを作っているのは崎陽軒ではなく、愛知県にある「ヤマキ電器」という電器屋さんだそうです。

崎陽軒ではひょうちゃんサブレ3枚150円なんかもあるそうです。

今晩は、かやくご飯を炊いて、大根を煮、サバを塩焼きにして、お豆腐のお味噌汁にしました。それから「鏡開き」だったので、かやくご飯をお代わりしたいところを我慢して、お汁粉をいただきました。ごちそうさま。

旅に出よう!

温泉へゆこう!

エコ割で飛ぼう!

スノードーム